« ユーロ2016 決勝トーナメント決定 | トップページ | ツール・ド・フランス 2016 第6ステージ »

2016年6月28日 (火)

#ユーロ2016 ベスト8決まる!

アイスランド旋風吹き荒れる!

最弱と目されてきたアンダードッグのアイスランドが

イングランドを撃破、ジャイアントキリングです!

いやー、スゴかった((((;;OдO;lll))))

ですがつぶさにゲーム内容を見ると

アイスランドの勝利は必然だったように思えます。

イングランドが自滅したとも言えるかもしれません。

逆転されてからのイングランドは焦りからか

どんどん悪くなって行ってしまいました。

GKのハートは安定感を欠いていましたし、

戦術、選手起用にも疑問符です。

ルーニーは後方でボールをさばいて交通整理をしていて

それはそれで効いていたのですが、

やはりもっと前にいないと怖さはありません。

逆転され攻めに行かなければならない場面で

ルーニーを前線に送るのではなく、

ベンチへ下げてしまった時は仰天しました。

ハリー・ケインの不調も痛かったですね。

あの出来であれば、スターリングではなく

ケインを下げた方が良かったのではないでしょうか。

全体的に動きが緩慢で、ヴァーディーが生きませんでした。

ラシュフォードの投入も遅かったですね。

ラシュフォード投入で動きが生まれ、

チャンスも増えていただけに勿体無かったです。

逆にアイスランドは開始早々のPKはいただけませんでしたが、

直後に追いついたのは素晴らしかったです。

イングランドは少し集中力を欠いていたようにも見えました。

しっかり集中して守備をし、逆転ゴールを決めてからは

焦るイングランドを上手にいなしていました。

サポーターの雰囲気も最高で、面白い存在ですね。

 

そして何と言ってもスペイン vs イタリアは圧巻でした。

決勝戦と言っても良いくらいの対戦ですし、

内容もそれに相応しかったです。

チキタカ vs カテナチオ

デ・ヘア vs ブッフォン

そんな見方もできましたね。

堅牢なカテナチオの後方に存在感抜群のブッフォン。

どんなにスペインがボールを回そうとも決して崩れるコトなく

危うさはありませんでした。

スペインの出来は悪いどころか、むしろ良かったと思います。

そのスペインをイタリアは上回っていました。

残念だったのはペドロがあまり使われなかったコト。

アドゥリスも良い選手ですが、イタリア相手なら

ペドロを入れてかき回した方が効果的だったと思います。

それとチアゴ・アルカンタラ。

彼ならもっとゲームを展開できたでしょうし、

アクセントにもなったでしょう。

GKもオフェンシブなデ・ヘアより、

安定感のあるカシージャスの方が良かったかもしれませんね。

イタリアの速攻の前には脆さを露呈してしまいました。

華麗で美しくタレント豊富なスペインを

イタリアは戦術で上回る。

そんな試合でしたね。

とんでもない試合でした。

試合終了後もしばし呆然としてしまったほどです。

決勝トーナメント初戦でスペインがいなくなってしまったのは

残念でなりませんが。

しかし次はドイツ vs イタリア。

この対戦も決勝戦と言っても過言ではないゲームになるでしょう。

スペイン vs ドイツの対戦も見たかったですけどね。

どちらもジョゼップ・グアルディオラの影響を

強く受けているチームですから。

特にドイツはペップがブンデス・リーガに来てから

ものすごく様変わりしました。

堅守速攻からポゼッションサッカーになりましたからね。

そんなドイツがどうイタリアと対峙するか、

楽しみでなりません❤ฺ(*◡‿◡✿ฺ人)

 

他は概ね順当でした。

クロアチアはポルトガルに勝てると思ってたんですが、

残念ながら敗退。

ベルギーは調子を上げてきていますね。

フランスも逆転勝利を挙げ、開催国の意地を見せています。

さてさていよいよクォーターファイナルが始まります。

一番熱いのはドイツ vs イタリアですが、

他のゲームも見逃せません。

どんなドラマが待ち受けているのか。

刮目しましょうΣp(めへめ*)

|

« ユーロ2016 決勝トーナメント決定 | トップページ | ツール・ド・フランス 2016 第6ステージ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25436/66243919

この記事へのトラックバック一覧です: #ユーロ2016 ベスト8決まる!:

« ユーロ2016 決勝トーナメント決定 | トップページ | ツール・ド・フランス 2016 第6ステージ »