« 2014年12月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015年2月 3日 (火)

アギーレ監督契約解除

んー、個人的には継続して欲しかったです。

日本では大きな騒ぎになって居ますが、

何故この様な事になったのか。

問題は八百長ではありません。

まずここを知って居て欲しいですね。

 

背景として、降格争いをして居たサラゴサで指揮していた時

不可解なお金の動きがあった、と。

降格争いをして居るチームが

同じく降格争いをして居るチームの『対戦相手』に

ボーナスを支払うのはスペイン、イタリアあたりじゃ

別段珍しい話ではありません。

負ける様にお願いするのではなく、

勝ってくれとお願いするわけです。

これは八百長とは全く違うものです。

 

この不可解なお金の動きというのは、

会長から選手、アギーレ監督に支払われたお金が

会長の元に戻ったことが問題視されています。

このお金の動きは何か。

平たく言えばマネーロンダリングです。

選手もアギーレ監督も「いつものアレでしょ?」

と云った感じで捉えていたと思います。

それがボーナスでは無くマネーロンダリングに

使われて居るとは思わなかったことでしょう。

 

そしてそんな折、昨年スペインで八百長に関してことを

違法とする法改正が成されました。

その為検察側はまず実績を残したい為息巻いて居る訳です。

そこでやり玉に上がったのがサラゴサの

不可解なお金の動きだったのです。

つまるところ、アギーレ監督はその

スケープゴートと言っても差し支えないでしょう。

起訴されたとしても、おそらくは不起訴となると思います。

当時のサラゴサの会長は逮捕されるでしょうが。

 

日本の文化ではまだ考えにくいことでしょうね。

そこまでフットボールが文化として根付いて居ないですから。

非常に残念なことです。

しかし致し方ないことでしょうかね。

アギーレ監督無き今、これからどう協会は舵取りをして行くのか。

アジアカップは惨敗、ワールドカップ予選も迫って来て居ます。

協会の動きを注視してみましょう。

 

PS.

それにしても原さんはこの辺の事情は

良く理解していたと思いますが、

真逆検察がここまで本気出すとは思って無かったでしょうね。

まったく、残念だなぁ(๑•́ ₃ •̀๑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年3月 »