« 日本始まったな | トップページ | 不老不死 »

2011年2月22日 (火)

'11 バーレーンGP中止について

此れは当然の結論だと思います。

寧ろ、決断を降すのが遅過ぎたのではないでしょうか。

スポーツと政治は混同するべきでは有りません。

然し、国勢を背景にした配慮と云うものは必要でしょう。

今バーレーンはスポーツを遣れる様なゆとりは無いのです。

国家の行く末と云う、極めて大事な局面を迎えて居るのですから。

F1と云うスポーツは国家事業とも言える、

オリンピックやW杯と同等の価値を持つものです。

だからこそ開催中止に踏み切るのは難しい判断だったと思います。

かといって、グランプリサーカス一団の

都合と云うものだって有ります。

スケジュールやロジスティック、メンバーの安全等、

速やかな対応が望まれて居た筈ですから。

兎も角中止は発表されました。

が。

FIAは『延期』と言う言葉を使いました。

情勢が鎮火すれば12月開催も視野に入れて居ると思われます。

其れは此れからの情勢を見守るしか有りませんね。

開幕直前のバーレーンテストはバルセロナに変更されませした。

暑い状況でタイヤがどの様に作動するかは

データに因るシミュレーションのみで、後は打つけ本番。

熱帯マレーシアではどう成るか。

今シーズンんのピレリタイヤは摩耗が早く、

どうマネージングして行くかが勝敗を分けそうですから、

金曜から注目ですね。

|

« 日本始まったな | トップページ | 不老不死 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25436/38977529

この記事へのトラックバック一覧です: '11 バーレーンGP中止について:

« 日本始まったな | トップページ | 不老不死 »