« 人として軸がブレている | トップページ | '10/'11 FIS W杯 スラローム ウェンゲン »

2011年1月15日 (土)

通院 65 +α

母との間に横たわる溝。

啀み合って居るワケでは無く、

寧ろ想い合って居るにも拘らず、

擦れ違い、かみ合わ無い関係。

母を連れて診察を受け、

先生の口から今のおぃらの状態を伝えて貰い、

状況を打開しようと思って居たのですが、

都合に因り其れは叶いませんでした。

来週でも良いかと思い診察を受けたのですが。

先生は何を言おうと残念ながら母は変わるコトは無いと

ぴしゃりとおっしゃいました。

離れて暮らすコトが一番だと。

其れが厳然たる現実。

しかしおぃらは絶望しませんでした。

今迄母がおぃらに合わせて呉れたんですから、

此れからはおぃらが母に合わせようと。

母は母なりにおぃらのコトを考えて呉れて居て、

最近は其れでノイローゼ気味なのだと

父から聞かされたからです。

離れて暮らせばお互いこころにゆとりが出来るでしょうから、

きっと上手くやって行ける筈。

そう信じて居ます。

其れからもう一つの問題、頻発する禁断症状と

身の回りのコトすら侭ならない程のやる気の無さ。

躁状態に転じるコトを防ぐ為に抗鬱剤(サインバルタ)を

減らす努力をして居るのですが、

其れが少し性急過ぎたのかもしれないと

先生はおっしゃいました。

自分で調整して居り、

先生は其の努力を褒めて下さったのですが。

禁断症状を緩和する為抗鬱剤を減らすコトを一旦中止し、

更に新しくリボトールが追加されました。

取り敢えず此れで1週間様子を見てみましょうと。

改善されると良いんですがね……。

|

« 人として軸がブレている | トップページ | '10/'11 FIS W杯 スラローム ウェンゲン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25436/38484925

この記事へのトラックバック一覧です: 通院 65 +α:

« 人として軸がブレている | トップページ | '10/'11 FIS W杯 スラローム ウェンゲン »