« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月31日 (金)

さようなら2010年

今年も早いもので、もうすぐ終わりを告げます。

良いコトも悪いコトも有りました。

2度の入院や自殺未遂など、

どちらかと云えば悪い1年だったかも知れません。

しかし、此の経験を糧に未来へと繋げて行きたいですね。

来年は出来る限り何も考えず、

のんびりと暮らして行くつもりです。

皆様にも御多幸有ります様に。

其れでは良い御歳を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月30日 (木)

皮肉なものだね

新居で新年会を予定して居るのですが、

一時は人数が増え過ぎてどうしようかと難儀して居たのです。

トコロが。

此処へ来て人数が減って来ました(´・ω・`)

はて、用意はどうしたものか……"(/へ\*)"))

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月29日 (水)

ネタ無し

起きてごはん食べて薬飲んでお風呂入って寝るだけ。

此れが幾日も続いて行くのか……。

焦っちゃダメだけど、早く社会復帰したいものです。

が、今暫くはゆっくりと。

隠居も悪く無いですけどね(^-^;)ゞ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月28日 (火)

グリエルミンピエトロ

あ、タイトルには特に意味は無いです(^-^;)ゞ

覚えてる人が居て呉れたら嬉しいな(´¬`)

新たに始まった生活。

其れにも特に意味は御座居ません。

淡々と過ぎ行く日々に意味を見出して行けば良いのです。

何れ振り返った時に、此の無意味な日々が

何がしかの意味を成して居るコトを祈って。

Que pase un buen dia.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月27日 (月)

独り暮らし

始めました。

まだ部屋の配置など定まって居なく、

今一しっくり来ない感じです(⌒-⌒; )

ま、その内徐々に決まって行くでしょう。

まずは一歩踏み出しましたよっと(・∀・)ノシ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月26日 (日)

通院 63 +α

セロクエルや引っ越しとの格闘について話しました。

それと頻発する禁断症状についても。

セロクエルは25mg錠1錠では足りず、

2錠では午前中は薬が残って仕舞います。

そこで、12.5mgの粉薬を出してもらうコトで解決しましたhappy01

引っ越しに関しては自分で頑張り過ぎず、

もっと周りを使って甘えさせて貰おうかと。

問題は禁断症状です。

何故此処まで響いて仕舞うのか。

サインバルタで此処まで響いて仕舞うコトは

余り例が無いコトなんです。

何れパキシルも減らして行かなければ成りません。

パキシルの影響は比較に成らない程です。

その辺の心配は残りますが、

此ればっかりは様子を見ながら進めて行くしか有りません。

困ったものだなぁ……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月25日 (土)

カウンセリング 37 +α

引っ越し作業に身体が追い付いて行かず、

四苦八苦して居ると話して来ました。

段ボールに詰めても詰めても無くならない

本やCD、DVD。

其の道のりは果てしなく、終わりが見えて来ません。

終わりが見えて来ないが為の徒労感が酷いのです。

先生は終わりを目指すのでは無く、

其の時其の時の目標設定をして

自分のペースで進めるのが良いでしょうと

仰って下さいました。

にしても今日は話が脱線しまくりました(´▽`*)アハハ

本や音楽の話ばかりして居ましたね。

其れは其れで気晴らしに成って良かったですけど(´¬`)

ま兎も角。

慌てず頑張り過ぎず、マイペースで気楽に

引っ越し作業をして行く様心掛けてみます(*´ー`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月24日 (金)

バッテリーエンプティ

一昨日昨日とマンガの段ボール詰めをして居たのですが、

詰めても詰めても出て来るマンガ。

確認出来てるだけでも600冊以上の単行本が有ります。

下手すりゃ700冊オーバーかも(ー∇ー;)

他にも本やCDがぞろぞろ出て来ます。

勿論まだ終わっていませんが、つかれました_ノ乙(、ン、)_

今日は充電!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月23日 (木)

受け入れ難い現実

来期からとうとうバルサのユニフォームに

スポンサーロゴが入ります。

『カタール財団』

やはりユニセフはこの為の試金石だったのか……。

そんな下衆の勘ぐりをしたくも成ります。

バルサはソシオのもの──。

此の伝統を高々年間数%の予算の為に

放棄してしまうのか。

クラブ創設以来一度として破られたコトの無い伝統を。

此の事実をどう受け入れろと。

ロセル会長は何を考えて居るんだ。

ソシオ達は此の事実をどう受け止めて居るのでしょう。

おぃらは砂を噛む思いです。

そりゃクライフだって怒りますよ。

前々政権後期、

カンプ・ノウの観客が一斉にガスパール会長(当時)へ向けて

盛大に打ち振られた白いハンカチ。

苦々しい表情でそれを受け止めるガスパール。

そんな光景が頭を過りました。

ソシオ達はロセルへ向けて白いハンカチを振るべきです。

クラブの財政事情と云う現実も有るでしょうが、

111年の伝統を破ってまでするコトですか。

おぃらはロセル会長の解任を望みます。

蜂起てよソシオ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月22日 (水)

『ザック』に対する違和感

日本代表監督に就任したアルベルト・ザッケローニ。

彼の愛称『ザック』。

マスコミは彼のコトを挙って愛称の『ザック』と呼称します。

おぃらが其れにずっと違和感を覚えて居たのですが、

其の原因が解りました。

おぃらはザッケローニをイタリアはセリエA(1部リーグ)のクラブ、

ウディネーゼを率いて居る時から注目を始めました。

『カテナチオ(イタリア語で閂の意)』で代表される様に

堅い守備の戦術が主流の中、

超攻撃的な戦術を用いて結果を残した監督です。

そしておぃらの愛するクラブ、ACミランを就任1年目で

スクデット(セリエのタイトル)へと導いて呉れました。

其の頃から『ザッケローニ』から『ザック』へと

おぃらの中で彼の呼び方が変わって行きました。

おぃらは其れだけの長い時間を掛けて

『ザッケローニ』から『ザック』へと変化して行ったのです。

にも拘らず、日本のマスコミは唐突に『ザック』ですからね。

確かに彼は押しも押されぬ特A級監督です。

然し、一般的な日本人には馴染みが無かった筈。

ザックのコトを良く知りもせずに『ザック』と呼ばれるのは

複雑なのです。

彼の何知って居るのだと。

彼に対する敬愛から『ザック』と呼ぶのは彼も喜ばしいでしょう。

ですが、昔から彼を知って居るおぃらとしては

彼のコトをもっと良く知ってから『ザック』と呼んで貰いたいと、

個人的には思って仕舞うのです。

更に其の考えが通振って居るみたいで嫌だから、

余計に居住まいが悪いのです。

日本にもっとフットボールが根付き、

『サッカー』ではなく『フットボール』と呼ばれる日が来たら、

こんな違和感を感じ無くも成るのでしょうね。

ま、『サッカー』で言葉は根付いて仕舞って居ますから、

『フットボール』と呼ばれる様には成らないでしょうけど……。

世界で『フットボール』のコトを『サッカー』と呼称して居るのは

日本とフットボール不毛の地、アメリカだけですからね。

文化として根付いて居ない証拠なのでは、と。

今と成っては只の言葉遊びかも知れません。

有る程度は根付いて来ましたから。

まだまだフットボール後進国で在るコトには間違いは有りませんけど。

日本が世界標準のフットボール文化を得られる日を夢見て──。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月21日 (火)

文藝春秋さんよりお届けもの

拝啓

日々ご清栄のことと存じます。

この度は Sports Graphic Number へご投稿いただきまして、

誠に有難うございました。

大変遅くなりましたが、御礼の品として、

ナンバーオリジナルグッズを同封いたしました。

ご笑納いただければ幸いです。

これからも読者の皆様の期待にお答えできるような

雑誌作りに励んでまいりますので、

どうぞ宜しくお願い申し上げます。

敬具

平成22年12月吉日

Sports Graphic Number 編集部

101221214255

と云うコトでトートバッグ頂きましたヽ( ^ー^)人(^ー^ )ノシ♪

右上のiPod touchは大きさの比較用に(゜▽゜*)♪

やた(★>∀<)(>∀<★)ノシ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月20日 (月)

セロクエル強過ぐる……_ノ乙(、ン、)_

新しく処方された眠剤、セロクエル。

50mgでもまだ強く、午前中は起きられません(*v_v*)zzZ

引っ越し作業も遅々として進まず、

頭を抱えています"(/へ\*)"))

飲む量と寝るタイミングを掴むのに

些か時間が掛かりそうですね┐('〜`;)┌

其れにしても、明日は生憎の雨か……( ´_ゝ`)

今夜は早く寝て、雨が降る前に少しでも進めなきゃΣp(めへめ*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月19日 (日)

程と云うものが有る

新しく処方された眠剤、セロクエル。

効果覿面です(★>∀<)(>∀<★)ノシ♪

問題は効き過ぎるコト。

起きてからも眠くて何もする気になりません( ̄〜 ̄;)

今夜は2錠で様子を見てみるとしましょう。

今日は何も出来なかったけど、

明日はちゃんと荷物の整理をしようΣp(めへめ*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月18日 (土)

通院 62 +α

夕べは眠剤を切らして居てヒドぃ目に遭いました(×_×)

躁状態に成って来て自分を抑えられず、

何を仕出かすか分からず怖い思いをしました"(/へ\*)"))

更には禁断症状も出て来る始末。

眠剤がちゃんと効いて居れば

引っ越しの時にダブルで飲まずに済んだし、

夕べは眠剤を切らすコトも有りませんでした。

と、云うコトで。

眠剤が増えました。

セロクエル25mgを4錠。

まずはお試しです(^_-)--''☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月17日 (金)

足り無いのか?

どうも夜眠れません。

24時に眠剤を飲んでも、4時過ぎても眠気が来ないんです。

まぁ眠気は元々来ないんですが、

眠れ無いんです。

ん〜。

先生に相談して眠剤増やしてもらおうかなσ(・・*)?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月16日 (木)

ベッドキタ────(・∀・)────!!

一人せっせとお引っ越し。

今日は待ちに待ったベッドが届く日。

業者さんがベッドを組立てて呉れる。

出来ました、ベッド(★>∀<)(>∀<★)ノシ♪

が、思った以上に高い( ̄Д ̄;)

此の上に低反発マットとか置いたら……

60cm以上の高さに成りますね( ̄〜 ̄;)

でもこれで取り敢えず暮らせる様に成りましたーv('∀'★)ノシ

持って行くものは後少し。

後は今のお部屋を空にするだけ。

でも問題はその、部屋を空にすると云うコトdespair

む〜"(/へ\*)"))

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月15日 (水)

寝引っ越し

今日は友人に引っ越しの手伝いを頼んでいました。

大物を今日やっつけて仕舞おうと。

にも拘らず昨夜は眠剤を飲んでも眠れず、

4時過ぎに再度眠剤を服用、リスパダールも飲みました。

眠れずに居ると躁状態に成って

大変なコトに成りかねませんから。

然し此れが仇に。

起きられません。

起きようと思っても強烈な眠気に襲われ、

起きるコトが叶いませんでした。

結局友人と父が引っ越しをする嵌めに成りました。

漸く起きられたのは20時過ぎ。

友人も帰って仕舞って居ます。

申し訳無い……<(_ _)>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月14日 (火)

引っ越しと時間と重圧と

引っ越しの作業が手つかずです。

急がねば成らないと云う状況が

おぃらにプレッシャーを与え、

拒食状態に成って居ます。

コトの他ストレスに成って居て

身体が言うコトを聞いて呉れません。

そこへ来て禁断症状です。

自分で自分を追い込んで仕舞って居る状況。

如何にしたものか……_ノ乙(、ン、)_

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月13日 (月)

通院 61 +α

抗鬱薬のサインバルタを再び処方して頂いたお陰で

禁断症状はかなり緩和されました。

行く行くは抗鬱薬は無くして行く方向だと思うので、

サインバルタは飲まない日も作って行く様に

自分で調節して行かなければ成らないでしょうね。

状態は芳しいとは言えませんが、

少しずつ安定して来ました。

ただ、躁気味に成るときもあります。

そんな時は万能感と云うか全能感と云うか、

何でも出来て仕舞いそうな気がします。

そう、自殺さえも──。

勿論、鬱状態の時も在ります。

鬱状態の時は堕ちて居るだけなのでまだマシなんですが、

躁状態に転じた時は注意が必要です。

気持ちがふわふわとして来るので、

そんな時は空かさずリスパダールを飲む様にして居ます。

あの様な恐ろしいコトが二度と再び起こらぬ様、

感情をコントロールする術を身に付けないと行けませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月12日 (日)

カウンセリング 36 +α

自活する為の部屋も決まり、

これからの新生活について話しました。

薬の処方も変わり、感情の起伏も

なだらかに成ったコトもあり、

これから良い方向へ向いて行くのではないかと

先生はおっしゃってくださいました。

でも問題は引っ越しが差し迫っているコト。

早急に引っ越しをしなければ成らない焦りが

おぃらのこころに大きなプレッシャーを与えます。

引っ越しに向けて身体が動いて呉れ無いのが

目下の悩みですね。

出来るだけ無理をせず、自分のペースで

コツコツやるコトが必要だそうです。

耐え凌ぎドコロですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月11日 (土)

快挙?

株式会社 文藝春秋の発行雑誌、

『Sports Graphic Number』768号

おぃらのコラム?意見?が掲載される運びと成りました。

コラム「言わせろ!ナンバー」の

お題『日本サッカー、外国人監督のほうが優秀か?』

『SamianoRossi』名義で掲載されます。

興味の有る方は是非御読みくださいませm(._.*)m

ちなみに掲載の謝礼品として、

Numberオリジナルグッズが貰える様です。

楽しみヽ( ^ー^)人(^ー^ )ノシ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月10日 (金)

禁断症状との戦い

負け戦は確実です_ノ乙(、ン、)_

其れが分かっていても

立ち向かわずには居られない。

乗り越えなければ成らない壁。

時間はかかるかもしれないけれど、

食い下がるのみですp(´⌒`q)

己が身を護るため。

避けては通れぬ路ですから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 9日 (木)

家具あさり

自活に向け、ニトリに家具を見に行って来ました。

家具って良いですね(´¬`)

雑貨なんかもそうですが、

此れが有ったらって妄想するのがめちゃめちゃ楽しいhappy02

一日居ても飽きないですねhappy01

現実に戻ると若干絶望しますが_ノ乙(、ン、)_

欲しい物が全て手に入るものじゃ無し。

斯くも人の欲は深きもの也や。

現実的なお買い物をし、新生活に備えるナリo(*'▽'*)/☆゜'・:*☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 8日 (水)

分かりっこない

そもそも分かるだなんて軽々しく言って欲しく無い。

おぃらの抱える懊悩がどれ程根深く

暗い闇に覆われて居るコトか。

だけど。

おぃらを褒めて呉れる人が居ます。

一通のメールが届きました。

おぃらなんかのコトを凄いと、

勇気と力が在ると迄言ってくださいました。

なんてコトでしょう。

此の一通のメールにどれ程励まされたコトか。

どれ程勇気付けられたコトか。

どれ程こころが温かく成ったコトか。

おぃらは、

おぃらは生きて居ても良いんだ!

今日もおぃらのブログ、読んでくださいましたか?

おぃらはあなたのメールに救われました。

救われたんです!

此の場を借りて御礼申し上げます。

何時も見守ってくださいまして有り難う御座居ます。

何卒、御自身の身も自愛ください。

どうか健やかで──。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月 7日 (火)

本当に欲しいもの

きっと分からないでしょう。

躁鬱やパーソナリティ障害のつらさを。

人は言う。

 

「あの人は鬱で引き蘢って何もする事が出来無いけど、

あなたは動けるし、外にも出られるじゃない」

 

「薬も少しずつ減るだろうし、

いつかきっと治るって信じてみようよ」

 

そんなお手軽なものか。

おぃらは楽観もして居なければ悲観もして居ません。

現実的に状況と向き合い、

対応して行こうと思って居るのです。

 

鬱でにっちもさっちも行かず、うなって居る方が安全です。

自殺出来る程の元気も無いのですから。

おぃら達は死ぬ気が無くても、

スイッチが入ってしまえば躊躇せず自殺してしまいます。

しかも制御は出来ません。

鬱はうずくまってその場から動けませんが、

躁鬱やパーソナリティ障害は歩く事が出来ます。

しかし歩いて居る場所は地雷原なのです。

 

躁鬱やパーソナリティ障害は確かに治るかも知れません。

治ったとしても薬は飲み続けなければ成りません。

薬に依って気持ちや感情の抑揚を

なだらかにしておかなければ成らないからです。

それでも躁鬱に関しては再発の確率は85%〜95%。

"敢えて"鬱を『こころの風邪』と称するならば、

躁鬱は『こころの糖尿病』です。

完治を目指すより、如何にして付き合って行くかの方が

現実的だし大切なのです。

完治して健やかに成るコトを期待されるのは重荷です。

 

是等は実際に成ってみないと理解出来無いでしょう。

本当に欲しいものは正しい理解です。

だけど分かっているんです。

其れは得られないと云うコトが。

此の懊悩に終わりは在りません。

残念ながら……。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月 6日 (月)

左甚五郎

いやー、寝倒しました。

久方振りにまとまった時間眠りましたね。

何故か最近は眠剤を飲んでも

4〜5時間くらいしか眠れませんでした。

でも今日は10時間以上の睡眠(@ ̄◇ ̄@)。。。oO○

長時間寝て居ると精神的にも安定します。

お陰で調子が良く、禁断症状も然程では有りませんでした。

先生にお願いして眠剤増やしてもらおうかな(*´ー`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 5日 (日)

部屋見つかる

当初、レオパレスで部屋を借りるはずが

何故か審査が通りませんでした。

何が悪かったのかは分かりません。

其の理由は教えられないとのコト。

途方に呉れて居たのですが、

父の知人のアパートが折り良く空いて居るとのコト。

トントン拍子に話はまとまり、

レオパに袖にされたその日にお部屋が決まりましたhappy01

此処で新しい生活が始まるのか……(´¬`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 4日 (土)

通院 60 +α

断薬により、禁断症状に苛まれた一週間。

ベッドから出るコトすら苦痛でした。

先生も性急に減薬し過ぎたと後悔。

毎朝3カプセルだったサインバルタ

0にしたのですから無理も無いかも知れません。

しかし、あんなコトが有った後だけに、

其の判断もやむを得なかったと思います。

今は幾分落ち着いたので、

サインバルタを毎朝1カプセル復活させてくださいました。

其れで様子を見よう、と。

もう抗鬱薬は減るコトは有っても

出るコトは無いと思って居ただけに

此れは願っても無いコト。

先生も其れだけおぃらのコトを信用して呉れて居るのだなと思いました。

其の期待に答えるためにも、決して自殺だ等と

無茶なコトはしないとこころに誓いましたΣp(めへめ*)

其れからリスパダール

あの苦酸っぱさは筆舌に尽くします( ̄□||||!!

液状なので瞬く間に口内味と匂いが広がり、

思わず吐き出してしまいそうに成る程(;´Д`)ズガーン

なので、錠剤に変更してもらいました(ー∇ー;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月 3日 (金)

エラが出来た

漸く切った首の抜糸を終え、包帯も取れました。

さてどんなものかと傷口とご対面。

まあ何と痛ましいコト!

縫った後も生々しいので、まるでサメのエラの様Σ(・艸・!★)

早く傷口が綺麗に成らないかな(´・ω・`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 2日 (木)

つらい……

すっかりドラッグ中毒になってしまったおぃら。

断薬の所為で禁断症状が酷いです。

ベッドから出られません。

誰から助けて……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 1日 (水)

禁断症状始まる

抗鬱薬を減らした(サインバルタを断薬)影響が表れました。

脳の芯迄響く耳鳴り、脳髄の痺れ、遠のく意識……。

波状攻撃で襲って来ます。

ベッドに座って居るなり

横に成って居るなりしていればまだマシなんですが、

立ち上がれたものでは有りません。

しかも、横に成って居ても大きな波が来ると

口も効けなく成って仕舞う始末。

パキシル20mgだけじゃ足りません。

いずれパキシルも減らされ、

行く行くは無くなるでしょう。

果たして耐え切れるか……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »