« 消えたこころ | トップページ | 通院 53 +α »

2010年9月19日 (日)

カウンセリング 32 +α

虚無感について。

よくこころにぽっかり穴が空くって言いますよね。

おぃらの場合はこころどころか、

頭のてっぺんからつま先までからっぽなんです。

身体の隅々までからっぽにぎっしり埋め尽くされてる……。

虚しい。

只只管に虚しい。

そして、失って仕舞った『人を愛する』と云う感情。

其の淋しさが追い討ちをかける。

カウンセラーの先生も言葉に成りません。

夢は有る。

でも、今は其れを持ってしても、自分をモチベイト出来無い。

万難を排して今の道を選択し、

其の梯子を上って居る最中に梯子を外されて仕舞った。

標を無くして仕舞ったのです。

結局打開策は見つかりませんでした。

標は無くとも寄辺は有る恵まれた身です。

世の中には堪え難き不遇の身で在りながら

笑顔で居る人も居ると云うのに……。

世は斯くも理不尽だ。

|

« 消えたこころ | トップページ | 通院 53 +α »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25436/36810416

この記事へのトラックバック一覧です: カウンセリング 32 +α:

« 消えたこころ | トップページ | 通院 53 +α »