« 存在としての大きさ | トップページ | てふてふが、飛んでゐる──。 »

2010年7月17日 (土)

憤り

つかこうへいさんを偲ぶ番組が多々放送されて居ます。

それは良いです。

しかし、偏向報道ばかりで嫌気が差します。

確かに在日で苦労された事は有ったでしょう。

が、在日の方の大半が日本国から

特権階級的扱いをされている事は一切報道され無い。

在日如何に優遇されて居るか、

其処に日本の国民の税金がどれ程注ぎ込まれて居るか。

朝鮮総連の実態や朝鮮学校で行われて居る半日教育、

民主党の売国政策等は明るみには出て来ません。

つかこうへいさん死が、優遇されて居る在日の方への

同情論を呼ぶ様な報道にはうんざりです。

そんな事の為につかこうへいさんを利用して欲しく無い。

つかこうへいさんの死は別にして、

在日の方等の実態や、其れを取り巻く胡散臭いものは

別の機会に正しく報道して頂きたい。

今は只穏やかに、つかこうへいさんの死を偲んで居たいのです……。

|

« 存在としての大きさ | トップページ | てふてふが、飛んでゐる──。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25436/35803303

この記事へのトラックバック一覧です: 憤り:

« 存在としての大きさ | トップページ | てふてふが、飛んでゐる──。 »