« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月30日 (月)

カウンセリング 19

両親へ手紙を書いたコト、

話し合ったコトなどを話しました。

両親へ綴った手紙を読んでもらったトコロ、

非常に感心して下さいました。

今後の資料としてコピーさせて頂きたいとまで

おっしゃって下さいました。

手紙を送ったコト、話し合いをしたコトも

評価して下さいました。

また、手紙を読んだコトで、

今まで以上におぃらのコトを具体的に

理解して頂けたようで、

今回のカウンセリングは非常に

建設的なものと成りました。

他人と親との違い、

生まれ育った時代背景の違い、

気持ちのすれ違い。

その辺りのアドバイスを頂けました。

それから、他人の心配をしているおぃらを

危惧して居られました。

実際最近はキャパシティオーバー気味で、

精神的に若干持って行かれ気味だったのです。

かと言って困っている人を捨て置ける質でもありません。

その辺をどうバランスして行くかが課題ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月29日 (日)

'09 J1 第33節 ジェフ vs 大分

今日は友人と遊んでいたのですが、

ホームの最終戦が有るコトをすっかり失念していましたshock

しかも、斉藤大輔選手の引退セレモニーも

有るじゃないですか|||||/( ̄ロ ̄;)\|||||||

と云うコトで、急遽参戦して来ましたcoldsweats01

しかし、何の用意もしていません。

黄色い服でもなければ物も何も無い(´Д`;≡;´Д`)アワアワ

慌ててタオルマフラーとリストバンドを購入、

参戦準備を済ませましたヾ(;´▽`A``

おぃらにはここ数年、ジンクスが有るのです。

おぃらが観戦しに行った試合では

ジェフは必ず勝利するΣp(めへめ*)

降格こそ決定したものの、

この試合を落とせば最下位になってしまいます。

それを回避する為にもフクアリに参戦し、

おぃらのジンクスを最大限に発揮、

必勝を期したワケです(゚ー゚)(。_。)(゚-゚)(。_。)ウンウン

ところが。

試合開始早々16分に先制を許してしまいますsad

そこでイヤな予感が頭を過りました。

ユニフォームを着ないで観に行った試合は負ける

そんなジンクスも持ち合わせていたのですΣ(´□`;)

いやいやそれはたまたまだと都合良く解釈し、

応援に集中\(0∀0)ゞ

しかし後半、20分に2失点目を食らいますΣ( ̄ロ ̄lll)

またしてもむくむくと沸き上がる、悪いジンクス──。

果たしてそれは実現してしまいましたcrying

0 - 2での敗北……_| ̄|○

おぃらがちゃんとユニを着て居れば(σ_・。)

試合の内容自体も悪く、

良いトコロを見つける方がムツカシィ出来でした(´A`)

残念な結果と成ってはしまいましたが、

斉藤大輔選手の引退セレモニーは感動しましたweep

まだまだ必要な選手なのに……(ノ△T)

でも本人が決めたコトですから仕方有りません。

今後は指導者として、

ジェフを足下から支えて言って欲しいですhappy01

News_5130_1

でもその前に。

残り後1試合有ります。

だからまだ、おつかれさまは言いません。

そこでも全力を傾けて闘って欲しいと思いますhappy02

WIN BY ALL!

ジェフユナイテッドO(≧▽≦)O♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月28日 (土)

虹の架橋

両親は手紙を読んで呉れました。

手紙を元に話し合いもしました。

お陰で、多少なりともおぃらと云う人間を

理解してもらえた様です。

今までのすれ違いも有る程度分かり合えました。

元々話し合いをする上で

おぃらと云う人間のパーソナリティを

理解してもらう為の手紙だったので、

話し合いは有意義なものになりました。

これからは家族の間に空いていた溝を

少しずつ埋めて行けそうです。

手紙を書いて良かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月27日 (金)

両親へ綴る手紙

昨日の大半の時間を手紙を書くコトに費やしました。

400字詰め原稿用紙に換算して

18枚にも及ぶ物です。

社会復帰へのディスタンスを歩んでいるうちに

鬱病の症状は悪化の一途をたどっています。

親とのすれ違いも少なからず有ります。

今は何もやる気が起きません。

好きなコトすら手につきません。

そんな中で、現状を打破するには

家族の支えが必要です。

その為に、

どうやって自分が形成されて行ったか、

何故現状に至ったか、

今自分が何を思っているのか、

何を望んでいるのか、

そして両親への感謝。

それらを幼少の頃から遡り、

色々なエピソードを盛り込み手紙として綴りました。

今朝、それを食卓の上に置いておきました。

恐らく読んで呉れているコトでしょう。

それを読んだ今、両親は何を考え、

どう捉えているかはまだ分かりません。

次回通院する時は、

可能ならば親を同伴したいと思っています。

その手紙を元に今後について

先生と話をしたいと思っています。

自分の半生を振り返る手紙を書いた為、

非常に疲弊しています。

今日は一日寝ていようと思います。

願わくばこの手紙が現状の打破に繋がればと

心より祈っています。

それではおやすみなさい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月26日 (木)

明日への扉

ここ最近、両親に手紙を書こうと

思いながらもなかなか書けず、

煩悶としています。

両親はおぃらのコトを心配しています。

でもそれを口にするのは難しく、

手紙を書く事に決めたのですが……。

なかなか自分のコトを書くって、

定まらなくって難しいです。

まず何から手をつけて良いか分からない。

言いたいコトはいっぱい有るのに。

出来れば次の通院までに読んでもらい、

病院に付き添ってもらいたいのですが……。

何も手をつけられない今、

これだけはやっておきたいです。

おそらくそれが明日へと繋がる気がするのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月25日 (水)

深夜高速

青春ごっこを今も 続けながら旅の途中

ヘッドライトの光は 手前しか照らさない

真暗な道を走る 胸を高ぶらせ走る

目的地はないんだ 帰り道も忘れたよ

 

壊れたいわけじゃないし 壊したいものもない

だからと言って全てに満足してるわけがない

夢の中で暮らしてる 夢の中で生きていく

心の中の漂流者 明日はどこにある?

 

生きててよかった 生きててよかった

生きててよかった そんな夜を探してる

 

年をとったらとるだけ 増えていくものは何?

年をとったらとるだけ 透き通る場所はどこ?

十代はいつか終わる 生きていればすぐ終わる

若さはいつも素っ裸 見苦しいほどひとりぼっち

 

生きててよかった 生きててよかった

生きててよかった そんな夜を探してる

生きててよかった 生きててよかった

生きててよかった そんな夜はどこだ

 

僕が今までやってきた たくさんのひどい事

僕が今まで言ってきた たくさんのひどい言葉

涙なんかじゃ終われない 忘れられない出来事

ひとつ残らず持ってけ どこまでも持ってけよ

 

生きててよかった 生きててよかった

生きててよかった そんな夜を探してる

生きててよかった 生きててよかった

生きててよかった そんな夜はどこだ

 

いこうぜ いこうぜ 全開の胸で

いこうぜ いこうぜ 震わせていこうぜ

もっともっと もっともっと見たことない場所へ

ずっとずっと ずっとずっと種をまいていく

全開の胸 全開の声 全開の素手で

感じることだけが全て 感じたことだけが全て

 

生きててよかった 生きててよかった

生きててよかった 生きててよかった

生きててよかった 生きててよかった

生きててよかった

|

2009年11月24日 (火)

ガーネット

グラウンド駆けてくあなたの背中は

空に浮かんだ雲よりも自由で

ノートに並んだ四角い文字さえ

すべてを照らす光に見えた

 

好きという気持ちが分からなくて

二度とは戻らないこの時間が

その意味をあたしに教えてくれた

 

あなたと過ごした日々を この胸に焼き付けよう

思い出さなくても大丈夫なように

いつか他の誰かを好きになったとしても

あなたはずっと特別で 大切で

またこの季節が 廻ってく

 

はじめて二人で話した放課後

誰も知らない笑顔探してた

遠くであなたのはしゃいでる声に

なぜだか胸が痛くなったの

 

変ってゆく事を怖がってたの

ずっと友達のままいれる気がした

終わってく物など無いと思った

 

果てしない時間の中で あなたと出会えた事が

何よりもあたしを強くしてくれたね

夢中でかける明日に辿り着いたとしても

あなたはずっと特別で 大切で

またこの季節が やってくる

 

いつまでも忘れないと あなたが言ってくれた夏

時間が流れ 今頃あたしは涙がこぼれてきた

 

あなたと過ごした日々を この胸に焼き付けよう

思い出さなくても大丈夫なように

いつか他の誰かを好きになったとしても

あなたがずっと特別で 大切で

またこの季節が 廻ってく

|

2009年11月23日 (月)

通院 33

相変わらず

と云った感じです。

目標を定めると、他のコトには目も呉れず、

何処までも突っ走ってしまうのです。

今の鬱状態でこれができるコトは

本当に先生は驚いていらっしゃいました。

しかし、そろそろ疲れが出て来た様ですね。

先生はもっと緩やかに社会復帰を

する様おっしゃいました。

頭では分かっているのですが、

加減が分からないのです。

疲れが出て来て足を引っ張る様になって来たのですが、

それは果たして良いコトなのでしょうか。

現在、社会復帰と人の悩み相談以外、

何も手につきません。

鬱は着実に悪化して来ています。

先生も薬を増やそうか悩んでいる様です。

漸く減って来た薬。

おぃらとしても増やしたくはありません。

ですが、人の悩みに

引っ張られる様になって来てしまいました。

他人の悩みに煩悶しています。

先生は何よりもまず、

自分を一番に大切にしてあげて下さいとおっしゃいました。

しかし、困っている人を捨て置けない質なのです。

何処か落としドコロは無いものでしょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月22日 (日)

江尻監督Jで勝利O(≧▽≦)O♪

Jリーグでは2部降格が決まり、

天皇杯でもJ2の岐阜に苦汁をなめさせられるなど

散々な昨今でしたが、

ナビスコを制したFC東京に勝ったコトは

来るべく来シーズンに向け

良い材料になったと思います。

江尻監督には批判も多いですが、

個人的には来シーズン以降も

継続して頂きたいと思っています。

J2での戦いは生易しいコトではないです。

1年でのJ1復帰をクラブは掲げていますが、

おぃらは2年でも構わないと考えています。

ジェフにはエレベーターチームになって欲しくないからです。

来シーズンはチームの根幹を作る、

基盤を固めるシーズンにして頂きたい。

チームの色、コンセプト、理念。

それらをしっかりと築き上げて欲しいですね。

J2降格が決まったとは言え、

シーズンは終わっていません。

来シーズン以降を見据えて、

しっかりとチーム作りをして頂きたい。

長期的な視野に立ってチームを

作り直して欲しいですね。

その為にはまずフロントから。

クラブとしての改革を希望します。

ともあれ。

今日の勝利はめでたい♪ゝ(▽`*ゝ)(ノ*´▽)ノワーイ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月21日 (土)

今日思った事

何故に斯くも世は理不尽に満ち満ちて居るのか

| | コメント (0)

2009年11月20日 (金)

幸福論

本当のしあわせを探したときに

愛し愛されたいと考えるようになりました

そしてあたしは君の強さも隠しがちな弱さも汲んで

 

時の流れと空の色に

何も望みはしない様に

素顔で泣いて笑う君にエナジイを燃やすだけなのです

 

本当のしあわせは目に映らずに

案外傍にあって気付かずにいたのですが

かじかむ指の求めるものが見慣れたその手だったと知って

 

あたしは君のメロディーやその

哲学や言葉 全てを

守る為なら少し位する苦労もいとわないのです

 

時の流れと空の色に

何も望みはしない様に

素顔で泣いて笑う君のそのままを愛してる故に

 

あたしは君のメロディーやその

哲学や言葉 全てを守り通します

君が其処に生きてるという真実だけで幸福なのです

|

2009年11月19日 (木)

日本海波高し

無駄骨。

無駄足。

徒労感。

ローマはまだまだ遠い……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月18日 (水)

最高の締めくくり

昨日はめちゃめちゃ楽しい一日を過ごしましたが、

最後にスーパーサプライズが待っていました。

何よりのプレゼントです。

これでおぃらはやって行ける。

おりがとう。

心からの感謝。

よし、今日は──Σp(めへめ*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月17日 (火)

休息日

友人と3人で遊びに行って来ましたhappy01

まずは松戸に有る『兎に角』

と云うらーめん屋さんで食事。

ここの目玉は油そばなのですが、

各々らーめん、つけめん、油そばと注文。

3人でシェアして食しました。

これがまた美味い(o≧∇≦)oo(≧∇≦o)

それぞれがそれぞれに美味い(≧ω≦)

3人で行ったのは大正解でしたね(め∀め*)

流石全国でも有数の人気店です。

みんな大満足です♪ゝ(▽`*ゝ)(ノ*´▽)ノワーイ♪

 

食事の後は満腹のおなかをさすりつつ

みんなでカラオケkaraoke(゚▽゚*)♪

喉が果てるまで、ひたすら唄いまくりましたhappy02

たぁのしかったなぁ(人´∀`).☆.。.:*・

このトコロの憂鬱が随分晴れてくれました(´¬`)

 

そのあとはショッピングモールを散策し、

名残を惜しみつつ解散。

独りになるとやっぱり淋しいweep

でもこれが明日への活力になったのは

間違い有りません(゚ー゚)(。_。)(゚-゚)(。_。)ウンウン

明日は社会復帰へのプログラムをまた一歩、

進めるつもりです。

みんな、今日はありがとうO(≧▽≦)O♪

また一緒に遊ぼうねーo(*'▽'*)/☆゜'・:*☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月16日 (月)

言葉なき恋唄

巷に雨の降るごとく

わが心にも涙ふる。

かくも心ににじみ入る

このかなしみは何やらん?


やるせなき心のために

おお、雨の歌よ!

やさしき雨の響きは

地上にも屋上にも!


消えも入りなん心の奥に

ゆえなきに雨に涙す。

何事ぞ!

裏切りもなきにあらずや?

この喪そのゆえの知られず。


ゆえしれぬかなしみぞ

げにこよなくも堪えがたし。

恋もなく恨みもなきに

わが心かくもかなし。


しとしとと街にふる雨は、

涙となって僕の心をつたう。

このにじみ入るけだるさは

いったいどうしたことなんだ?


舗道にそそぎ、屋根をうつ

おお、やさしい雨よ!

うらぶれたおもいできく

おお、雨の歌のふしよ!


ゆきどころのない僕の心は

理由もしらずに涙ぐむ。

楯をついたりいたしません。

それだのになぜこんな応報が…。


なぜということがわからないので

一しお、たえがたいこの苦しみ。

愛も、憎しみも棄てているのに

つらさばかりでいっぱいなこの胸。

| | コメント (0)

2009年11月15日 (日)

!Feliz cumpleanos!

01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月14日 (土)

マイケル・ジャクソン THIS IS IT

この日〆の作品

 

『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』

 

8adc96ea  

マイケル・ジャクソンの幻に終わった

ロンドン公演のリハーサルを追った

ドキュメンタリー作品です。

彼のプライベートな一面など

貴重なシーンの連続。

マイケルのファンには垂涎の映像です。

もちろん、ファンならずとも十分に

エンターテインメントとして楽しめると思います。

この映画の『サミィの評価』ゎ

 

 

  計測不能

 

 

正確には映画ではないですがね。

マイケルに関しては以前も言及しましたが、

おぃらの中では人としてのくくりの外に存在する

ある種の想像上の存在で、

極端な言い方をすれば神の様な存在です。

それをおぃらが評するコトなど出来得るはずが有りません。

ただ言えるコトは、彼以上のスーパースターは

これ以降現れるコトは無いというコトです。

彼は歌唱力も有ればダンスのパフォーマンスも

素晴らしいし、想像力も非常に豊かな

希有な存在かも知れません。

ですが彼を特別な存在にしているのは

何と言ってもそのカリスマ性でしょう。

彼と同等以上にダンスが出来る人が居たとしても、

彼と同等以上にキレのある動きが

出来る人が居たとしても、

彼と同等以上の歌唱力を持った人が居たとしても、

彼が現れた瞬間にそれらは瞬時に霞んでしまいます。

もちろん、そのような演出もなされてはいるでしょうが、

演出云々では決して言い表せない、

圧倒的な存在感が有ります。

彼はまさに現人神としか形容出来ません。

これからも彼は色あせるコト無く、

人を魅了させ続けるでしょう。

実物を観たコトは有りませんが、

それが残念でならない気持ちにさせられました。

しかし、彼が存命の間におぃらが生きていられたコトを

神に感謝するばかりです。

マイケル・ジャクソンよ、永遠なれ──。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月13日 (金)

さまよう刃

この日2本目の作品。

 

     『さまよう刃』

 

125559669010016203665

これまた重厚な作品でした。

『沈まぬ太陽』同様、

非常に考えさせられる作品でしたね。

これまた役者さんたちの演技が素晴らしい。

この作品に更に厚みをもたらせて呉れています。

自分の人生よりも大切な娘を

理不尽に奪われた感情は、

とても言葉では言い表せません。

それを寺尾聰は見事に演じきりました。

彼の演技は鋭く深く、おぃらの胸を貫きました。

まさに刃の様に──。

この映画の『サミィの評価』ゎ

 

 

  81pts

 

 

おぃらは人が人の生死を裁くのはどうかと考えています。

この映画を観てもそれは変わりません。

しかし、遺された遺族たちの気持ちは

分かるなどとは烏滸がましくて言えませんが、

察するコトは出来ます。

その気持ちを思うと犯人を殺したくなる気持ちも

分からないでは有りません。

主人公もその気持ちを胸に呻吟します。

彼のとった行いを肯定は出来ませんが、

否定し難い気持ちも有ります。

少年法についても考えさせられました。

この作品を契機に、

何がしかの変革がなされれば良いなと思っています。

この作品も是非、劇場に足を運んで頂きたい作品です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月12日 (木)

沈まぬ太陽

先日映画を観に行って来ました。

観て来たのは3本。

まずは

 

     『沈まぬ太陽』

 

20090711  

3時間を超える大作で、

間に10分の休憩が挟まれる程。

大変重厚な作品です。

渡辺謙の演技の素晴らしさも然るコトながら、

内容の濃いストーリーに長さを感じませんでした。

個人的には休憩を挟まなかった方が良かったなと。

それほど惹き付けられる作品でしたね。

この映画の『サミィの評価』ゎ

 

 

  80pts

 

 

原作は読んだコトは有りませんが、

非常に興味深かったです。

惜しむらくは、多岐にわたるエピソードの一つひとつを

もっと突っ込んで欲しかったコト。

ただ尺を考えればこれぐらいが適当なのかもしれませんが。

ボリュームの有る原作を詰め込むには

大変な苦労が必要とされるものですが、

この作品にはそんな映画にありがちな

大ボリュームであるが故の空洞化を

ほとんど感じさせませんでした。

これは大いに評価すべきトコロでしょう。

機会が有れば是非原作も読んでみたいですね。

書きたいコトはたくさんありますが、

この作品を評するにはおぃら自身の稚拙な表現では

とても表しきれません。

やりきれない思いや憤り、

そして切なさや虚しさ──。

登場人物たちのそんな感情が

ひしひしと伝わって来ました。

是非劇場で鑑賞して頂きたい作品です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月11日 (水)

森繁久弥さんが亡くなられました。

日本映画界に多大な貢献をして来た方です。

謹んで御悔やみ申し上げますとともに、

御冥福をお祈り致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月10日 (火)

また逢う日まで

結局友人とは離れ離れになる事になりました。

それが友人にとっての幸福なのです。

残念な結末となってしまいましたが、

さよならは言いませんでした。

いつの日かまた逢える日を信じて。

友よ、お元気で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 9日 (月)

今日思った事

一つの時代が終わった。

| | コメント (0)

2009年11月 8日 (日)

終戦

今日、ジェフの2部降格が決定しました。

Jリーグで唯一2部に降格したコトの無いチームが

とうとう2部降格です。

戦犯をあげるつもりは有りません。

ただただ虚しい……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

元の鞘

先日友人は感情的になっていたらしく、

再び親交を結ぶ事が出来ました。

友人も少しは気持ちの整理が出来たのでしょう。

何は兎も角良かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 7日 (土)

自らの行い その結果

友人には決別を言い渡されました。

おぃらにはもう、なんの手だでも無いのでしょうか。

呻吟で見を引き裂かれそうです。

すっかり深みに嵌ってしまいました。

もう何も分かりません。

分かりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 6日 (金)

出来る事って何

先日、外出中の友人が自殺をほのめかす発言をして

電話を切りました。

その後、何度電話を掛けても繋がりません。

メールをしても帰って来ません。

おぃらは迷わず警察に通報しました。

警察と電話でやり取りをしている時に、

その友人からキャッチが入りました。

友人は家に帰って居り、

警察が来た事に驚いていました。

友人の真意は測りかねませんが、

極度に精神が衰弱しているのは分かっていました。

自殺を図ってもおかしくない状況だと判断しました。

友人は、とぎれとぎれのかすれた小さな声で

なんとか話をする事が出来ました。

わずかに「心配かけてごめん」と

声を絞って答えて呉れました。

この日はそれで落着したのですが、

実は2度目だったのです。

 

1度目の時、

友人のご家族は通報が有った事を知っていましたが、

その友人には知らされませんでした。

その時も友人は無事、家に帰って来ていたのです。

心に少し平穏が戻った今日、

親から以前にも警察が来た事を知らされました。

 

今、友人は苦しんでいます。

家族やおぃらに心配をかけてしまった事。

家族からの目線。

世間体。

友人が抱えている懊悩。

友人の心は千々に乱れ、頭はぐるぐると混乱しています。

 

果たしておぃらのした行動は意味が有りませんでした。

2度とも友人は何もせずとも無事、

家へ帰って来たのですから。

おぃらの家から友人の家まで

2時間以上の距離が有ります。

もしも本当に友人が自殺しようとしたならば、

到底追いつく距離じゃ有りません。

おぃらは出来る限りの事をしたつもりです。

でもそれは正しかったのでしょうか。

結果論で言えば、おぃらの下した判断は

無意味であるばかりか、

友人の心を追いつめる事になってしまいました。

 

友人はおぃらの事を責めませんでした。

しかし、心に大きな傷を与えてしまいました。

それは当分癒える事は無いでしょう。

今、おぃらは呻吟しています。

この友人はおぃらに心を開いてくれて居り、

何でも話してくれました。

でもこれからはおぃらに心を開いてくれるでしょうか。

友人で居てくれるでしょうか。

おぃらにはもう分かりません。

ただただ友人に生きていて欲しかっただけなのに。

 

おぃらは正しかった。

おぃらは出来る限りの事を精一杯やった。

おぃらの判断に間違いは無かった。

自身を肯定しようとすればする程、

虚しさが溢れて来ます。

たとえ様の無い苦しみがおぃらを蝕みます。

友人は、本当に死んでおけば良かった、

と言っています。

おぃらは一体どうするべきだったのでしょうか。

 

友人の懊悩の発端は

今年恋人を自殺で失っている事です。

同じ道を歩んで欲しくないのです。

この一連の事で友人はいたたまれなくなり、

家を出ようと考えています。

自分が生きている事に絶望を感じさせてしまいました。

おぃらの「生きていて欲しい」と云う言葉も

友人には重荷な様です。

おぃらの行いが友人を苛めているのです。

どうしたら良いのか。

どうしてあげたら良いのか。

どう接するべきなのか。

 

友人には希望を持って生きて行って欲しい。

その為ならこの命、捧げても良いとすら思います。

それほどまでに、おぃらにとっては

大切な、掛け替えの無い友人なのです。

この友人はおぃらの心の支えであり、

生きて行く為の希望なのです。

生きて行く為の指標なのです。

失いたくない。

何があろうと絶対失いたくない。

おぃらの我が侭なのです。

 

誰か教えて下さい。

おぃらはどうすれば良いのか。

おぃらは……

おぃらは……

嗚呼っ。

誰か助けて下さい。

おぃらは死んでも良い。

友人が希望を持って生きて行く術を

どなたでも良いですからご教授ください。

対価を払いますからどうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 5日 (木)

相次ぐ撤退

2010年限りでブリヂストンが撤退表明をして間もなく、

トヨタが今シーズン限りで撤退を表明しました。

すでにホンダは昨シーズン限りで撤退して居り、

F1から急激に日本色が薄まっています。

残っているのはヘルメットやパーツ類の企業だけ。

ウィリアムズは来シーズン、

バリチェロとヒュルケンベルグの

ドライバーズアインアップを発表し、

そこに一貴の名は在りませんでした。

トヨタ無き後、一貴も可夢偉も来シーズンは

一体どうなってしまうのでしょうか。

'87以来続いて来たジャパニーズフルタイムドライバーの

系譜は途絶えてしまうのでしょうか。

この冬のシリーシーズン、

日本にとってはかなりの厳冬が予想されます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月 4日 (水)

通院 32

この一週間、寝てばかり居ました。

食事も満足に摂っていません。

社会復帰を焦るあまり、

その疲れがどっと出ている様です。

それがやる気を奪い、

食事を摂るコトも遠ざけてしまっています。

もっと休みを取る様言われました。

おぃらは目標を定めると

一気に突っ走ってしまう質らしく、

一段落すると、その疲れが

どっと出てしまう様なのです。

なので、もっとなだらかに、

ゆっくり身体を馴染ませて行く様に

しなきゃならないそうです。

身体を休めつつ、

なだらかに社会復帰を目指そうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 3日 (火)

カウンセリング 18

母と衝突した話を中心にして来ました。

母はなんでもおぃらの批判から話を始めます。

おぃらのコトを慮っていたとしても、

やはりおぃらには堪えるのです。

この問題は何とかせねばなりません。

ちゃんとした対話が必要なのでしょうね……。

それから、鬱状態の悪化も話しました。

社会復帰に奮闘した為、

その疲れが出ているのそう。

今は身体を休めるコトが必要だそうです。

あまり焦らない様にしなきゃいけませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 2日 (月)

'09 F1GP Rd.17 アブダビGP 決勝

ヴェッテル 有終の勝利O(≧▽≦)O♪

  142338_2

決勝リザルト

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
Pos. Driver 国籍 Constructor & Engine Time
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
 1.セバスチャン・ヴェッテル GEB レッドブル・ルノー 1:34:03.414
 2.
マーク・ウェバー AUS レッドブル・ルノー + 17.857
 3.ジェンソン・バトン GBR ブラウンGP・メルセデス + 18.467
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
 4.ルーベンス・バリチェロ BRA ブラウンGP・メルセデス + 22.735
 5.ニック・ハイドフェルド GER BMWザウバー + 26.253 
 6.小林可夢偉 JPN トヨタ + 28.343
 7.ヤルノ・トゥルーリ ITA トヨタ + 34.366
 8.セバスチャン・ブエミ SUI トロロッソ・フェラーリ + 41.294
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
 9.ニコ・ロズベルグ GER ウィリアムズ・トヨタ + 45.941
10.ロバート・クビサ POL BMWザウバー + 48.180
11.ヘイキ・コヴァライネン FIN マクラーレン・メルセデス + 52.798
12.キミ・ライコネン FIN フェラーリ + 54.317
13.中嶋一貴 JPN ウィリアムズ・トヨタ + 59.839
14.フェルナンド・アロンソ ESP ルノー + 1:34.450
15.ヴィタントニオ・リウッツィ ITA フォースインディアメルセデス + 1 Laps
16.ジャンカルロ・フィジケラ ITA フェラーリ + 1 Laps
17.ロマン・グロージャン FRA ルノー + 1 Laps
18.エイドリアン・スーティル GER フォースインディアメルセデス + 1 Laps
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
19.ルイス・ハミルトン GBR マクラーレン・メルセデス + 35 Laps
20.ハイメ・アルグエルスアリ ESP トロロッソ・フェラーリ + 37 Laps
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

  ・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
ドライバーズチャンピオンシップ
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 1.ジェンソン・バトン 95p
 2.
セバスチャン・ヴェッテル 84p
 3.
ルーベンス・バリチェロ 77p
 4.マーク・ウェバー 69.5p
 5.ルイス・ハミルトン 49
p
 6.キミ・ライコネン 48
p
 7.ニコ・ロズベルグ 34.5p
 8.ヤルノ・トゥルーリ 32.5p
 9.
フェルナンド・アロンソ 26p
10.
ティモ・グロック 22.5p
11.
フェリペ・マッサ 22p
12.ヘイキ・コヴァライネン 22
p
13.ニック・ハイドフェルド 19p
14.
ロバート・クビサ 17p
15.ジャンカルロ・フィジケラ p
16.
セバスチャン・ブエミ p
17.エイドリアン・スーティル p
18.
小林可夢偉 p
19.
セバスチャン・ブルデー p
20.
中嶋一貴 0p
21.
ネルソン・ピケJr 0p
22.ヴィタントニオ・リウッツィ 0p
23.ロマン・グロージャン 0p
24.ハイメ・アルグエルスアリ 0p
25.ルカ・バドエル  0p
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
ランクアップ
ランクダウン
ポイントゲット 

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
コンストラクターズチャンピオンシップ
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 1.ブラウンGP 172p
 2.
レッドブル 153.5p
 3.マクラーレン 71
p
 4.フェラーリ 70
p
 5.トヨタ 59.5p
 6.
BMWザウバー 36p
 7.
ウィリアムズ 34.5p
 8.ルノー 
26p
 9.フォースインディア 13p
10.
トロロッソ p
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 
・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚

 

チャンピオンを獲れなかった鬱憤を晴らすかの様な

完璧な勝利を飾ったヴェッテルO(≧▽≦)O♪

最後にはファステストラップを刻むおまけ付き。

ハミルトンがリタイアしていなくとも

間違いなく優勝していたでしょう。(゚ー゚)(。_。)(゚-゚)(。_。)ウンウン

 

2位争いも激しかったですね(o≧∇≦)oo(≧∇≦o)

ウェバーに軍配が上がったものの、

ジェンソンはチャンピオンの矜持を示してくれましたhappy01

142380

 

そのジェンソンをオーバーテイクした可夢偉。

参戦2戦目にして6位ポイントゲットです\(^▽^@)ノヤホーイ

結果もさるコトながら、その存在感を

F1界に強烈にアピールしましたΣ(゚□゚(゚□゚*)

グロックの抜けた穴を補って余ある活躍。

来シーズンはレギュラードライバーとして

よりいっそうの活躍を見て見たいですo(*^▽^*)o~♪

 

可夢偉とは対照的にスポットライトが

当たるコトが無かった一貴(´A`)

結局ノーポイントで今シーズンを終えてしまいました。

来シーズンも彼の姿を見るコトが出来るでしょうか……despair

 

同じくスポットライトが当たらなかったのが

フェラーリ勢とアロンソ。

キミもアロンソもキビシイ環境の中で

精一杯戦ったのですが……(´・ω・`)

そしてこのレースでF1から

一応の別れを告げるコトになるフィジコ。

フェラーリのサードドライバーを務める傍ら、

他所のチームでまだまだ彼の走りを観ていたいですweep

142372

 

それにしてもおもしろいレースでした (゚▽゚*)♪

今シーズン、一番おもしろかった

レースだったかもしれません.:♪*:・'(*⌒—⌒*)))

シーズンを締めくくるに相応しい

素晴らしいレースだったんじゃないでしょうかヽ(´▽`)ノ

書きたいコトがまだまだたくさんありますので、

別の機会に今シーズンの総括をしたいと思いますwink

F1に携わる全ての方々。

1年間本当におつかれさまでしたo(*'▽'*)/☆゜'・:*☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月 1日 (日)

'09 F1GP Rd.17 アブダビGP 予選

脅速!! ハミルトンPPΣ(゚□゚(゚□゚*)

 

142002  

予選リザルト

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
Pos. Driver 国籍 Constructor & Engine Time
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
 1.ルイス・ハミルトン GBR マクラーレン・メルセデス 1:40.948
 2.
セバスチャン・ヴェッテル GEB レッドブル・ルノー 1:41.615
 3.マーク・ウェバー AUS レッドブル・ルノー 1:41.726
 4.ルーベンス・バリチェロ BRA ブラウンGP・メルセデス 1:41.786
 5.ジェンソン・バトン GBR ブラウンGP・メルセデス 1:41.892
 6.ヤルノ・トゥルーリ ITA トヨタ 1:41.897
 7.ロバート・クビサ POL BMWザウバー 1:41.992
 8.
ニック・ハイドフェルド GER BMWザウバー 1:42.343
 9.ニコ・ロズベルグ GER ウィリアムズ・トヨタ 1:42.583
10.セバスチャン・ブエミ SUI トロロッソ・フェラーリ 1:42.713
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
11.キミ・ライコネン FIN フェラーリ 1:40.726
12.小林可夢偉 JPN トヨタ 1:40.777
13.ヘイキ・コヴァライネン FIN マクラーレン・メルセデス 1:40.983
14.中嶋一貴 JPN ウィリアムズ・トヨタ 1:41.148
15.ハイメ・アルグエルスアリ ESP トロロッソ・フェラーリ 1:41.689
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
16.フェルナンド・アロンソ ESP ルノー 1:41.667
17.ヴィタントニオ・リウッツィ ITA フォースインディアメルセデス 1:41.701
18.エイドリアン・スーティル GER フォースインディアメルセデス 1:41.863
19.ロマン・グロージャン FRA ルノー 1:41.950
20.ジャンカルロ・フィジケラ ITA フェラーリ 1:42.184
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚

 

速い!速い!!速いΣ(・艸・!★)

まさにアナザー・プラネットと呼ぶに相応しい

ハミルトンのラップでしたcoldsweats02

2位以下にコンマ0.6秒以上引き離してPPを獲得したのは、

今シーズン初めての出来事です ( ̄Д ̄;)

 

ハミルトンのあとには、

レッドブル、ブラウンGPが続きました。

肩の荷が下りたジェンソンは

もっとやって呉れるかと思ったんですがね(^-^;)ゞ

 

日本勢、一貴は14位、可夢偉は12位 

ちょっと残念な結果に(´A`)

可夢偉は兎も角、一貴は大苦戦でしたね(´・ω・`)

ここでポイントを獲れなければ、

来シーズンのシートは無くなってしまうかもしれません。

一貴、絶体絶命のピンチです┐('〜`;)┌

 

それにしても難しい予選でした。

刻々と変化する路面状況(ラバー、温度)に

タイヤ選択や出るタイミングなど、

チームやドライバーはさぞかし頭を痛めたコトでしょう。

観ているこちらはおもしろかったですけどねcoldsweats01

暮れ行く中行われる決勝。

ハミルトンがこのまま逃げ切ってしまうのでしょうか。

それともジェンソンがチャンピオンの矜持を示すか。

胸が躍りますねhappy01 

※コヴァライネン5グリッド降格

ギアボックスの交換による為。


・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚

決勝グリッド

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
Pos. Driver 国籍 Constructor & Engine Time
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
 1.ルイス・ハミルトン GBR マクラーレン・メルセデス
 2.
セバスチャン・ヴェッテル GEB レッドブル・ルノー
 3.マーク・ウェバー AUS レッドブル・ルノー
 4.ルーベンス・バリチェロ BRA ブラウンGP・メルセデス
 5.ジェンソン・バトン GBR ブラウンGP・メルセデス
 6.ヤルノ・トゥルーリ ITA トヨタ
 7.ロバート・クビサ POL BMWザウバー
 8.
ニック・ハイドフェルド GER BMWザウバー
 9.ニコ・ロズベルグ GER ウィリアムズ・トヨタ
10.セバスチャン・ブエミ SUI トロロッソ・フェラーリ
11.キミ・ライコネン FIN フェラーリ
12.小林可夢偉 JPN トヨタ
13.中嶋一貴 JPN ウィリアムズ・トヨタ
14.ハイメ・アルグエルスアリ ESP トロロッソ・フェラーリ
15.フェルナンド・アロンソ ESP ルノー
16.ヴィタントニオ・リウッツィ ITA フォースインディアメルセデス
17.エイドリアン・スーティル GER フォースインディアメルセデス
18.ヘイキ・コヴァライネン FIN マクラーレン・メルセデス
19.ロマン・グロージャン FRA ルノー
20.ジャンカルロ・フィジケラ ITA フェラーリ
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

'09 F1GP Rd.17 アブダビGP P3

フリー走行3回目 リザルト

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
Pos. Driver 国籍 Constructor & Engine Time Laps
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 1.ジェンソン・バトン GBR ブラウンGP・メルセデス 1:40.625 21
 2.
ルイス・ハミルトン GBR マクラーレン・メルセデス 1:40.627 18
 3.ルーベンス・バリチェロ BRA ブラウンGP・メルセデス 1:40.907 20
 4.セバスチャン・ブエミ SUI トロロッソ・フェラーリ 1:40.934 22
 5.ニック・ハイドフェルド GER BMWザウバー4 1:41.241 18
 6.ヘイキ・コヴァライネン FIN マクラーレン・メルセデス 1:41.263 20
 7.ヤルノ・トゥルーリ ITA トヨタ 1:41.301 23
 8.ロバート・クビサ POL BMWザウバー 1:41.322 20
 9.エイドリアン・スーティル GER フォースインディアメルセデス 1:41.372 22
10.キミ・ライコネン FIN フェラーリ 1:41.373 23
11.セバスチャン・ヴェッテル GEB レッドブル・ルノー 1:41.403 19
12.ニコ・ロズベルグ GER ウィリアムズ・トヨタ 1:41.478 22
13.小林可夢偉 JPN トヨタ 1:41.499 24
14.ヴィタントニオ・リウッツィ ITA フォースインディアメルセデス 1:41.675 20
15.マーク・ウェバー AUS レッドブル・ルノー 1:41.682 15
16.フェルナンド・アロンソ ESP ルノー 1:41.897 19
17.中嶋一貴 JPN ウィリアムズ・トヨタ 1:42.156 21
18.ロマン・グロージャン FRA ルノー 1:42.213 19
19.ジャンカルロ・フィジケラ ITA フェラーリ 1:42.351 23
20.ハイメ・アルグエルスアリ ESP トロロッソ・フェラーリ no time 
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 

※アルグエルスアリ未出走

マシントラブルの為、出走出来ず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »