« がんばれ | トップページ | プレイバック '07 F1 -1- »

2007年11月18日 (日)

光と闇と

曇りの日に影は出来ない。

影は晴れの日に、ありありと姿を現す。

光と影は表裏一体で、

光が強ければ強いほど、

影はその輪郭を強くする。

希望。

光というにはあまりにまばゆいその存在。

そのまばゆさは、闇の存在をリアルにするのだ。

その闇は底が無く、

どこまでもどこまでも沈んで行ってしまう。

もがけども道は無く、

気付けば足下に闇の主が絡み付いている。

闇の主、それこそが

──死に至る病。

彼は人生の同胞。

彼は決していなくなりはしない。

光が強い時ほど、彼は人知れず背後に立っている。

彼を嫌ってはいけない。

彼を知らなければ、人の痛みを知る事が出来ないからだ。

かといって心を許してはならない。

距離を保たねば。

彼の言葉に耳を貸し手はいけないんだ。

甘いささやきにそそのかされては。

だけど、

彼の言葉はあまりに甘美で慈愛に満ちている。

だめだ。

だめだってば。

だめ、だよ。

いつのまにか、光はあんなにも遠くなっている。

|

« がんばれ | トップページ | プレイバック '07 F1 -1- »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25436/8991387

この記事へのトラックバック一覧です: 光と闇と:

« がんばれ | トップページ | プレイバック '07 F1 -1- »