« おぃらを連れてって | トップページ | '07 F1GP Rd.15 日本GP P1 »

2007年9月27日 (木)

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序

実は『Taxi4』が観たかったんですが……。

『ベクシル』も終わってしまったし。

と言っても、消去法ってワケじゃないですょ(^-^;)ゞ

 

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』

 

これ、好きだったんですょねー(人´∀`).☆.。.:*・

テーマも時代を先取る物であったし(u‿ฺu✿ฺ)

がしかし、ひとつの疑念が。

「なぜ今また?」

過去の映像は流用せず一新するらしいし、

映像技術も進化しています。

でもそれだけじゃ弱い。

前作を制作するにあたり庵野秀明氏は

「我々は何を作ろうとしているのか?」

と言ったそうな。

それに対し今回は

「我々は再び、何を作ろうとしているのか?」

との所信表明をなさってる。

「なぜ今また?」

に対する回答が得られると言うコトですね。

……。

……ん( ̄▽ ̄;|||?

んんん( ̄ω ̄;)?

いや、確かに映像は綺麗になってるし、

かっこ良くって観ていて楽しい。

でも、それって表面的な物でしょう?

結論を申せば、

おぃらの疑念に対する回答は得られませんでした。

TVアニメ公開から10余年。

あれから世の中は引きこもりやニートが溢れ、

『人との距離の取り方・接し方』

と云うテーマは時代に則していると思われたのですが、

いざ観てみると、古くさく感じたのです。

映像が綺麗に進化した分、

それは余計に感じられたのかもしれません。

映像の進化に対し、テーマの進化は見られなかったのです。

ケータイやパソコン・ネットが普及し、

コミュニケーション・ツールが

多角的な広がりを見せた今となっては、

その先が求められるのでしょう。

この映画の『サミィの評価』ゎ

 

 

  78pts

 

 

映像の進化とテーマの停滞を差し引きしました。

テーマの物足りなさはありましたが、

映像なども含め、総合的にはかなり楽しめました。

次作以降、ストーリーが変わってきそうだし、

期待はしたいと思います。

|

« おぃらを連れてって | トップページ | '07 F1GP Rd.15 日本GP P1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25436/8140660

この記事へのトラックバック一覧です: ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序:

« おぃらを連れてって | トップページ | '07 F1GP Rd.15 日本GP P1 »