« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

2007年8月31日 (金)

復帰

ようやくネットワークのトラブルが

解消しました。

もう稲刈りの季節ですねぇ(*´ー`)

Img361

| | コメント (0)

2007年8月27日 (月)

'07 F1GP Rd.12 トルコGP 決勝

決勝リザルト
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
Pos. Driver 国籍 Constructor & Engine Time
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 1.フェリペ・マッサ BRA フェラーリ 1:26:42.161 
 2.
キミ・ライコネン FIN フェラーリ + 2.275
 3.フェルナンド・アロンソ ESP マクラーレン・メルセデス + 26.181
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
 4.ニック・ハイドフェルド GER BMW + 39.674
 5.
ルイス・ハミルトン GBR マクラーレン・メルセデス + 45.085
 6.ヘイキ・コヴァライネン FIN ルノー + 46.169
 7.ニコ・ロズベルグ GER ウィリアムズ・トヨタ + 55.778
 8.
ロバート・クビサ POL BMW + 56.707
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
 9.ジャンカルロ・フィジケラ ITA ルノー + 59.491
10.デビッド・クルサード GBR レッドブル・ルノー + 1:11.009
11.アレクサンダー・ヴルツ AST ウィリアムズ・トヨタ + 1:19.628
12.
ラルフ・シューマッハー GER トヨタ + 1 Laps
13.
ジェンソン・バトン GBR ホンダ + 1 Laps
14.アンソニー・デビッドソン GBR スーパーアグリ・ホンダ + 1 Laps
15.ヴィタントニオ・リウッツィ ITA トロロッソ・フェラーリ + 1 Laps
16.ヤルノ・トゥルーリ ITA トヨタ + 1 Laps
17.ルーベンス・バリチェロ BRA ホンダ + 1 Laps
18.佐藤 琢磨 JPN スーパーアグリ・ホンダ + 1 Laps
19.
セバスチャン・ヴェッテル GEB トロロッソ・フェラーリ + 1 Laps
20.
山本左近 JPN スパイカー・フェラーリ + 2 Laps
21.エイドリアン・スーティル GER スパイカー・フェラーリ + 5 Laps
 。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
  マーク・ウェバー AUS レッドブル・ルノー + 49 Laps
 。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
Did not finish

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
ドライバーズチャンピオンシップ
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 1.ルイス・ハミルトン    84p
 2.フェルナンド・アロンソ  79p
 3.フェリペ・マッサ     69p
 4.キミ・ライコネン     68p
 5.ニック・ハイドフェルド  47p
 6.ロバート・クビサ     29p
 7.ヘイキ・コヴァライネン  19p
 8.ジャンカルロ・フィジケラ 17p
 9.アレクサンダー・ヴルツ  13p
10.ニコ・ロズベルグ      p
11.マーク・ウェバー      8p
12.デビッド・クルサード    8p
13.ヤルノ・トゥルーリ      7p
14.ラルフ・シューマッハー   5p
15.佐藤琢磨          4p
16.セバスチャン・ヴェッテル  1p
17.ジェンソン・バトン     1p
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
ランクアップ
ランクダウン
ポイントゲット

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
コンストラクターズチャンピオンシップ
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 1.マクラーレン 148p
 2.フェラーリ  137p
 3.BMW     77p
 4.ルノー     36p
 5.ウィリアムズ  22p
 6.レッドブル   16p
 7.トヨタ     12p
 8.スーパーアグリ  4p
 9.ホンダ      1p
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2007年8月26日 (日)

'07 F1GP Rd.12 トルコGP 予選

予選リザルト

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
Pos. Driver 国籍 Constructor & Engine Time
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 1.フェリペ・マッサ BRA フェラーリ 1:27.329
 2.
ルイス・ハミルトン GBR マクラーレン・メルセデス 1:27.373
 3.
キミ・ライコネン FIN フェラーリ 1:27.546
 4.
フェルナンド・アロンソ ESP マクラーレン・メルセデス 1:27.574
 5.ロバート・クビサ POL BMW 1:27.722
 6.
ニック・ハイドフェルド GER BMW 1:28.037
 7.
ヘイキ・コヴァライネン FIN ルノー 1:28.491
 8.
ニコ・ロズベルグ GER ウィリアムズ・トヨタ 1:28.501
 9.ヤルノ・トゥルーリ ITA トヨタ 1:28.740
10.ジャンカルロ・フィジケラ ITA ルノー 1:29.322
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。 。。。。。。。。。。
11.アンソニー・デビッドソン GBR スーパー アグリ・ホンダ 1:28.002
12.マーク・ウェバー AUS レッドブル・ルノー 1:28.013
13.デビッド・クルサード GBR レッドブル・ルノー 1:28.100
14.
ルーベンス・バリチェロ BRA ホンダ 1:28.188
15.ジェンソン・バトン GBR ホンダ 1:28.220
16.アレクサンダー・ブルツ AST ウィリアムズ・トヨタ 1:28.390
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
17.ィタントニオ・リウッツィ ITA トロロッソ・フェラーリ 1:28.798
18.ラルフ・シューマッハー GER トヨタ 1:28.809
19.
佐藤 琢磨 JPN スーパー アグリ・ホンダ 1:28.953
20.セバスチャン・ヴェッテル GEB トロロッソ・フェラーリ 1:29.408
21.
エイドリアン・スーティル GER スパイカー・フェラーリ 1:29.861
22.
山本 左近 JPN  スパイカー・フェラーリ 1:31.479
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

| | コメント (0)

2007年8月25日 (土)

'07 F1GP Rd.12 トルコGP P3

フリー走行3回目 リザルト

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
Pos. Driver 国籍 Constructor & Engine Time Lap
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 1.ルイス・ハミルトン GBR マクラーレン・メルセデス 1:27.325 12
 2.
フェリペ・マッサ BRA フェラーリ 1:27.366 15
 3.
キミ・ライコネン FIN フェラーリ 1:27.506 16
 4.フェルナンド・アロンソ ESP マクラーレン・メルセデス 1:27.743 13
 5.ニコ・ロズベルグ GER ウィリアムズ・トヨタ 1:28.056 16
 6.
ニック・ハイドフェルド GER BMW 1:28.184 18
 7.
ロバート・クビサ POL  BMW 1:28.224 21
 8.
ジャンカルロ・フィジケラ ITA ルノー 1:28.261 20
 9.
マーク・ウェバー AUS レッドブル・ルノー 1:28.337 15
10.
ヘイキ・コヴァライネン FIN ルノー 1:28.364 17
11.
アレクサンダー・ブルツ AST ウィリアムズ・トヨタ 1:28.413 16
12.デビッド・クルサード GBR レッドブル・ルノー 1:28.448 14
13.
ラルフ・シューマッハー GER トヨタ 1:28.481 20
14.
ヤルノ・トゥルーリ ITA トヨタ 1:28.520 21
15.
ジェンソン・バトン GBR ホンダ 1:28.548 16
16.
ルーベンス・バリチェロ BRA ホンダ 1:28.715 18
17.
アンソニー・デビッドソン GBR スーパー アグリ・ホンダ 1:28.755 16
18.
ヴィタントニオ・リウッツィ ITA トロロッソ・フェラーリ 1:28.937 20
19.セバスチャン・ヴェッテル GEB トロロッソ・フェラーリ 1:29.408 19
20.
佐藤 琢磨 JPN スーパー アグリ・ホンダ 1:29.436 14
21.
エイドリアン・スーティル GER スパイカー・フェラーリ 1:30.044 22
22.山本 左近
 JPN  スパイカー・フェラーリ 1:30.712 21
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

| | コメント (0)

がっでぇええええむ!

ネットワーク環境にトラブル発生|||||/( ̄ロ ̄;)\|||||||

ちょっと休むかもです"(/へ\*)"))

| | コメント (0)

'07 F1GP Rd.12 トルコGP P2

フリー走行2回目 リザルト

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
Pos. Driver 国籍 Constructor & Engine Time Lap
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 1.ルイス・ハミルトン GBR マクラーレン・メルセデス 1:28.469 28
 2.
キミ・ライコネン FIN フェラーリ 1:28.762 21
 3.
ラルフ・シューマッハー GER トヨタ 1:28.773 23
 4.ヤルノ・トゥルーリ ITA トヨタ 1:28.874 28
 5.フェリペ・マッサ BRA フェラーリ 1:28.884 25
 6.
フェルナンド・アロンソ ESP マクラーレン・メルセデス 1:28.947 24
 7.
ニコ・ロズベルグ GER ウィリアムズ・トヨタ 1:28.995 27
 8.
ヘイキ・コヴァライネン FIN ルノー 1:29.025 28
 9.
アレクサンダー・ブルツ AST ウィリアムズ・トヨタ 1:29.093 27
10.
ロバート・クビサ POL  BMW 1:29.368 31
11.
デビッド・クルサード GBR レッドブル・ルノー 1:29.435 12
12.ジャンカルロ・フィジケラ ITA ルノー 1:29.456 28
13.
ニック・ハイドフェルド GER BMW 1:29.792 30
14.
ジェンソン・バトン GBR ホンダ 1:29.945 26
15.
ルーベンス・バリチェロ BRA ホンダ 1:30.055 31
16.
佐藤 琢磨 JPN スーパー アグリ・ホンダ 1:30.104 27
17.
マーク・ウェバー AUS レッドブル・ルノー 1:30.315 25
18.
アンソニー・デビッドソン GBR スーパー アグリ・ホンダ 1:30.530 24
19.ヴィタントニオ・リウッツィ ITA トロロッソ・フェラーリ 1:30.702 24
20.
セバスチャン・ヴェッテル GEB トロロッソ・フェラーリ 1:30.801 16
21.
エイドリアン・スーティル GER スパイカー・フェラーリ 1:31.153 32
22.山本 左近
 JPN  スパイカー・フェラーリ 1:31.175 32
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

| | コメント (0)

2007年8月24日 (金)

'07 F1GP Rd.12 トルコGP P1

フリー走行1回目 リザルト

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
Pos. Driver 国籍 Constructor & Engine Time Lap
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 1.キミ・ライコネン FIN フェラーリ 1:27.988 22
 2.
フェリペ・マッサ BRA フェラーリ 1:28.391 20
 3.
フェルナンド・アロンソ ESP マクラーレン・メルセデス 1:29.222 20
 4.ルイス・ハミルトン GBR マクラーレン・メルセデス 1:29.261 10
 5.ヘイキ・コヴァライネン FIN ルノー 1:29.346 19
 6.
ニコ・ロズベルグ GER ウィリアムズ・トヨタ 1:29.403 23
 7.
ラルフ・シューマッハー GER トヨタ 1:29.414 24
 8.
ジャンカルロ・フィジケラ ITA ルノー 1:29.541 19
 9.
ニック・ハイドフェルド GER BMW 1:29.641 20
10.
ヤルノ・トゥルーリ ITA トヨタ 1:29.685 26
11.
ロバート・クビサ POL  BMW 1:29.710 23
12.アンソニー・デビッドソン GBR スーパー アグリ・ホンダ 1:30.384 17
13.
デビッド・クルサード GBR レッドブル・ルノー 1:30.398 23
14.
ジェンソン・バトン GBR ホンダ 1:30.483 17
15.
ルーベンス・バリチェロ BRA ホンダ 1:30.580 25
16.
ヴィタントニオ・リウッツィ ITA トロロッソ・フェラーリ 1:30.612 21
17.
佐藤 琢磨 JPN スーパー アグリ・ホンダ 1:30.624 15
18.
アレクサンダー・ブルツ AST ウィリアムズ・トヨタ 1:30.876 12
19.マーク・ウェバー AUS レッドブル・ルノー 1:30.917 22
20.
セバスチャン・ヴェッテル GEB トロロッソ・フェラーリ 1:31.383 22
21.
エイドリアン・スーティル GER スパイカー・フェラーリ 1:31.445 31
22.山本 左近
 JPN  スパイカー・フェラーリ 1:32.270 35
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 

BMWは来シーズンのラインアップを発表。

今年と同じくニック・ハイドフェルドと

ロバート・クビサの二人。

アロンソの争奪戦からは手を引いた模様。

そのアロンソにはトヨタがオファーを出したとの噂。

スパイカーはクラッシュテストをパスできず、

Bスペックを投入を次戦イタリアGPへ見送る事に。

| | コメント (0)

決別

出会いがあれば別れもある。

互いを高め合っていられればこそ、

関係は成り立つのだ。

依存するのはいい。

程度の問題だ。

楽な方に流されていれば、

いずれ己の首を絞める。

別の道を歩む事で、前に進める事もある。

たもとは分たれた。

つらくとも後悔しちゃいけない。

さあ、がんばろう。

| | コメント (0)

2007年8月23日 (木)

光明?

んなものぁ見えんよ。

辺り一面の闇さ。

だけどそれがなんだっていうのさ。

光明が見えなきゃ見つければいい。

必ず見つかるさ。

探し続ければ。

だったら探しに行こう。

なぁに、ラピュタを見つけるよりは簡単さ。

そのラピュタでさえ、パズーに見つけられたんだから。

わけないよ。

だからイージードライブで行こう。

鼻歌歌ってさ♪(^ー^)

| | コメント (0)

2007年8月22日 (水)

なにがなにやら

どうにもこうにも心がまとまらない。

独りが淋しく思うけど、

誰にも会いたくなかったりする。

人を信じられなくなって来てしまった。

みんながおぃらを嫌ってる気がする。

だれもおぃらに声をかけてくれない。

人の輪の中に入って行けない。

笑顔に裏がある気がする。

サイテーだな!

やになっちまぅぜ、おぅぃえぃ( ・_・)ノ☆

全てが悪い方にしか考えられない。

だれもがおぃらを嘲ている気がしてならない。

どーしちまったかねぃヽ(ー´_`-)ノ=3

だぁけどまけないぜぇ。

下を向くもんか。

前を向け。

前を向け。

立ち止まってたまるか。

| | コメント (0)

2007年8月21日 (火)

さようなら、山口小夜子さん。

あなたの美しさは

永遠に変わらない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月20日 (月)

今日思った事

下を向く心と上を向こうとする気持ち

| | コメント (0)

2007年8月19日 (日)

心に響いた一言

棚からぼたもちお金持ち

| | コメント (0)

2007年8月18日 (土)

心に響いた一言

人として軸がぶれている

| | コメント (0)

2007年8月17日 (金)

なんてこたぁない

気の持ちよう。

怯むな。

迷うな。

さあ、前へ。

| | コメント (0)

2007年8月16日 (木)

ぐつぐつぐらぐら

ちょっと精神的にキツかった。

考えれば考えるほど八方ふさがりで、

友達もいなければ話し相手もいない。

支えてくれる恋人なんているワケもなく。

どんどんどんどん自分の中に

溜め込んでいってた。

遊びたくとも、やはり友は居らず、

お金もないからなにもできず。

遠方の友もメールをせどレスポンスは無い。

(後日あったんですが)

久しぶりにみんなで会う

算段をしていたんですがねぇ……。

結局集まらない。

「嗚呼、とりのこされてしまったんだなぁ……」

──世界に自分一人。

100年の孤独、か。

すっかりネガティブスパイラルに

落ちいってましたとさ。

そこに暑さが追い打ちをかける。

触れれば破裂しそうになっておりました。

いかん!

いけませんよ!

鬱になりかけていました。

何でもいい、独りでもいい、

闇雲に部屋を飛び出しました。

知らぬ道を選び選び、

どこか遠くへ行ってみよう。

気づけば鴨川にいました。

自分探しの旅とかそんなんじゃない。

今の環境から飛び出したかったのです。

行動するのは大事ですね。

見知らぬ土地を訪れるとなんだかとっても新鮮。

非日常。

バイアスを解放するにはとっても必要なんですね。

勢いに任せたのも良かった。

失いかけていた勢いが少し戻って来たのです。

夜、花火を観る。

何年ぶりだろう。

心に平穏が少し、帰ってきた気がします。

煮詰まっていた頭も少しは冷めたかな。

大丈夫、明日を強く生きて行きます。

下を向いてしまうときこそ顔を上げよう。

たとえ空元気であろうとも。

人間、上を向いていれば大丈夫。

いつも心に太陽を。

こんなときこそ笑ってやる(@^▽^@)

| | コメント (2)

2007年8月15日 (水)

限界!

げぇーんかぁあああああああい!!

もぉーーーーー無理です(・_・、)

この暑さにゃ限界です ( ̄Д ̄;)

外よりも暑いおぃらの部屋。

昼間は何も出来ません(´Д`)

夜も暑くて寝苦しいし、

朝は暑さで目が覚める。

日中は寝不足でだるいし、

このままじゃ体が壊れちゃいます(σ_・。)

こんな生活耐えられない、無理ですo(TロT)o

同じ無理なら別の無理します。

なので、無理して買っちゃいました。

文明の利器、

エアコォオオオオオオン(o≧∇≦)oo(≧∇≦o)

いまから納品が待ちきれなぃO(≧▽≦)O♪

| | コメント (0)

2007年8月14日 (火)

300

この日4本目となるシメの作品。

巷から聞こえてくる評判はよろしいもので、

楽しみにしていたのですが……

 

『300(スリーハンドレット)』

 

案内されたのはまたしてもあの

スピーカーがめろめろの劇場_| ̄|○

シネコンで4本観に行って

3本が同じ劇場ってどないなっとんねーん(|||ノ`ロ´)ノ

スピーカー直ってないやろが≡〇)`Д゚).・;'∴

スピーカー直ってないやろが≡〇)`Д゚).・;'∴

怒りを押し殺し、劇場の人に訊ねてみる(-"- )

やっぱりスピーカーは直ってないとの御返答。

ふざけるなぁ!!(╬◣д◢)

……もうつかれた(σ_・。)

あきらめておとなしく劇場に向かいました(・_・、)

おぃら運が悪過ぎ……(〃_ _)σ‖

 

歴史上、実際に在った『ペルシア戦争』における

『テルモピュライの戦い』を描いた

コミックを映画化したもの。

歴史的背景どころか、その歴史すら知らなかったので、

結末は知らぬまま。

おぃらにとってはさいわいでした。

それにしても、300人 vs 100万人って

ハッタリが利いてていいですね (゚▽゚*)♪

実際の数字は諸説紛々ですが、

圧倒的不利にあるコトは間違いありません。

「これぞ逆境」

島本先生なら燃えてきそうな展開です(*´艸`)☆

そして世界観は板垣恵介的。

実に野蛮なのだけど、それがかっこいい!!

プライドとアイデンティティをかけた戦争。

力に屈しないロックンロール。

この映画を観て思った事は、戦争と自由。

戦争は基本的には反対です。

戦争は虚しいだけで何も生みませんから。

でも、スパルタの人たちは戦争を選んだのです。

日本ならば戦争を回避して降伏するでしょう。

これは文化の違いから来るのではないかと思うのです。

日本に置ける平和とは戦争が無い事を示しますが、

世界は同じとは限りません。

例えばべトナムは、自由と言う平和を手にするために

アメリカと戦争したのです。

戦争を避けた所で、自国の文化が虐げられれば

それは平和とは呼ばない。

そういう考えもあるのです。

戦争を肯定するつもりはありません。

でも、もう一度、戦争と平和について

考えてみてもいいのではないでしょうか。

そんなコトを考えさせられました。

この映画の『サミィの評価』ゎ

 

 

  80pts

 

 

深いです。

言葉よりも感じて欲しい映画ですね。

あと、単純にエンタテインメントとしても楽しめます(め‿ฺめ*)✿ฺ

レオニダス王を筆頭に、

スパルタの戦士のかっこいいことかっこいいこと(め∀め*)

なにより敵側のクセルクセス王役のロドリゴ・サントロ

なんともエキゾチックで色気のある役者さんでしたね♪

妖艶な魅力に引き込まれました❤ฺ(*◡‿◡✿ฺ人)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月13日 (月)

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団

この日3本目。

さすがにおしりがちょっと痛い ( ̄Д ̄;)

だけどその程度じゃ帰れない。

なにせ原作の大ファンだからです(@^▽^@)


『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』


とはいえ、期待と同時にあきらめも混在していました。

前作はいまいちでしたから。

恐らく今作もそうであろうと。

そしておぃらの心配は、残念ながら的中してしまうのです(●´・_・`●)

これは必然でした。

最早ハリー・ポッターは映画でやるには限界があるのです。

原作の文量は増えていても、上映時間は伸ばせません。

人間の集中力には限界がありますから。

それでも実に150分と言う長編です。

本来ならそれでも足りないほどのボリュームなのですが、

実際の映画は散漫な印象になっています。

映画化するにあたり、まずしなければならないのが、

エピソードの取捨選択です。

全ては入らないのならば、当然切り捨てなければならない

エピソードが出てきます。

しかしこれがムツカしぃ。

原作は、一つひとつのエピソードが複雑に絡み合い、

全てが結末へと作用しているからなのです。

ヘタに切り捨てれば話が成立しなくなってしまう。

そしてファンごとに思い入れのあるエピソードが異なりもするのです。

結果、多くのエピソードが詰め込まれるコトになったのです。

ではなぜ盛りだくさんな印象ではなく、

散漫な印象になってしまったのか。

盛り込むエピソードの数が多くとも、

定められた時間は変わりません。

すると、一つひとつのエピソードを簡潔に

描かざるを得なくなってしまうのです。

つまり、広く浅くなってしまっているのです。

内容を追う事に追われ、ドラマが希薄になってしまったため、

全体の印象はすかすかになってしまいました。

さらに、原作を知らない人や前作を観ていない人は

置いて行かれてしまう状況です。

初見の人に対する説明に時間が割けないのです。

観るまでもなく、そうなるコトは想像に難くありませんでした。

それをわかった上で観に行ったのはやはり、

原作がスキだからの1点です。

駆け足でストーリーは進行し、

密度を失ったドラマは焦点をぼかし、

中途半端な作品となってしまいました。

それでもおぃらは満足しています。

事前に予防線を張っていたのと

イメージを具現化して観られましたから (゚▽゚*)♪

この映画の『サミィの評価』ゎ

 

 

  63pts

 

 

ひとつの作品としてみたときの完成度の低さは否めません。

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』はどこから観ても、

一作だけ観ても楽しめます。

映画とはこうあるべきじゃないかと思っています。

観る前に予備知識が必要というのは不完全ではないかと。

抜本的な改革をしない限り、

この中途半端さは今度さらに強まるでしょう。

問題なのは作品のボリュームとエピソードの取捨選択。

ボリュームの問題は前後編に分けるコトで解決するでしょう。

エピソードの取捨選択に関しては思い切りが必要です。

量よりも質を重んじた方が良いのではないでしょうか。

もちろん、それがどれだけむつかしいかはわかっています。

でも、小説と映画は違うものですから。

原作のファンは納得しないかもしれませんが、

ストーリーをいじってしまってもいいのでは?

原作が持っている雰囲気や空気感を大切にした方が

成功するかもしれません。

まぁ、前後編に別れるコトも、ストーリーに手が加えられるコトも

無いと思います。

次作も同じ問題を抱え、

同じように作られるでしょう。

最終作はひょとしたら分けられるかもしれませんが。

どのみちおぃらは劇場へ観に行きます。

ハリー・ポッターという作品を愛していますから(め‿ฺめ*)✿ฺ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月12日 (日)

舞妓Haaaan!!

この日2本目。

『ピアノの森』に続いて観に行ったのが

 

     『舞妓Haaaan!!』

 

……えと、本題に入る前に。

某シネマコンプレックスで鑑賞していたのです。

『ピアノの森』を観た劇場はスピーカーがめろめろでした。

さすがに他所は大丈夫だろうと思ってたんですょ。

『ピアノの森』を観終わって、

直後(10分後!!)に『舞妓Haaaan!!』を観るコトになってたんです。

あらかじめチケットを買い求めていたので、

いったん入り口まで戻ってチケットをわたし、

『舞妓Haaaan!!』の劇場に向かう算段だったんです。

チケットをわたし、係の人が案内してくれた劇場が……

なんと今『ピアノの森』を観た劇場Σ( ̄ロ ̄;)

まてぇええええええい!!(|||ノ`ロ´)ノ

スピーカーめろめろやったやなぃかい(╬◣д◢)

今の今で治っとるワケ無いやろが≡〇)`Д゚).・;'∴

あったまきたんでくってかかってやりましたょ。

劇場の人の回答は

「払い戻しで対応させていただきます。

鑑賞される場合は満額いただきます」

納得いかなねぇええええええええ(|||ノ`ロ´)ノ

そうそう映画を観に行く機会なんて作れないし、

映画の日で安くなってるって言うのもあったしで

引き下がるコトにしました( ・_・)ノ☆

名前を出して糾弾してやりたいトコロですが、

基本的には素敵な劇場ではあるんで

ここはおさめるコトにしたいと思います(-"- )

 

それに、作品的にそんなに影響無いと思ったんです。

いざ幕が上がると……

まさしくその通りでした(*´艸`)☆

おぃらは基本的には

「映画は映画館で観るもの」

と思っています。

でも、この映画は

「映画館で観なくてもいい映画」

の部類に入ると思います ┐(´ー`)┌

ま、予想済みだったし、

おぃらにとっちゃどうでもいいコトですが┌(_Д_┌)┐

そして予想通りな展開、ってゆーか

テンションでぶっ飛ばして行く展開。

一つ予想を外したのは、

思ったほどではなかったってコト。

十分おもしろかったし、いっぱい笑ったんですがね。

宮藤官九郎の脚本はいつもドラマが薄いんですが、

今回は無いと言っても過言ではないほど。

でも、世の中はそんな頭のいらない

ライトテイストがお気に入りみたいですから。

良し悪しは別にして、おぃらもスキですょヾ(✿❛◡❛ฺฺ)ノ

映画としてのありがたみはありませんが(^-^;)ゞ

■川春樹氏は

「テレビ局が作る映画は毒にも薬にもならん」

と、づいぶんお高いトコロからおっしゃられておりましたが、

映画は大衆のものですから、

高尚なものばかりじゃなくてもいいんじゃないかと

おぃらは思っておりますm(-_-m)〜

そうそう、宮藤官九郎の脚本の特徴と言えばもうひとつ、

舞台畑(もしくは出身)の人が多いコト。

この作品もご多分に漏れておりません。

映像野の役者とは空気が違うんで

独特でおもしろいですね(♞ฺฺ‿ฺ♞ฺ)✿ฺ

この映画の『サミィの評価』ゎ

 

 

  68pts

 

 

それなりに楽しませていただきました (゚▽゚*)♪

この映画を一言で言い表すならば、

 
     阿部サダヲ劇場

 
この一言に尽きるでしょう。

すべてが阿部サダヲを引き立たせるために存在しております。

ストーリー然り、キャラクター然り。

柴咲コウの演技が良かっただけに

もっと観たかったな、って思いは残りました。

もっと言えば、おぃらの大スキな酒井若菜にいたっては、

クレジットに名前が出ていても

どこに出て来ているかわからないかもしれないほどΣ( ̄▽ ̄;|||

舞妓さんのカッコさせると、だれがだれやらわからないんです(´・ω・`)

台詞も超少ないし、扱い悪いざんす……(σ_・。)

ヒロインが活躍していないっていうのは、

失敗と言ってもいいかも知れません。

舞妓の世界もエッセンスだけを抽出して扱っております。

そのため奥行きがありません。

でもストーリーの性格上、致し方ない部分でしょうね。

むしろもっと削ってもよかったような気すらしますが、

舞妓・芸子の世界観を大事にしているのでしょう。

しかし、出来上がったのは阿部サダヲの

ネタ見せというか、見世物小屋というか、

プロモーション映画と言うか……(ー∇ー;)

ま、おもしろきゃいいんです!

結論としては、

「阿部サダヲはおもしろい!!」

です(め‿ฺめ*)✿ฺ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月11日 (土)

ピアノの森

映画を観てから随分日が経ってしまいました(ー∇ー;)

PCも治ったコトだし、

おそまきながらUPします(♞ฺฺ‿ฺ♞ฺ)✿ฺ

 

     『ピアノの森』

 

楽しみにしてたんですょ (゚▽゚*)♪

今はなき『ヤングマガジンアッパーズ』で連載が始まった頃から

このマンガが大スキでした(め‿ฺめ*)✿ฺ

映画はアッパーズで連載していた小学生時代のもの。

その中のエピソードを上手に取捨選択し、

それを見事に練り上げ、

珠玉の脚本としたのです。

原作の雰囲気は忠実に再現している所も特筆したい。

一色まこと特有の泥臭さはマイルドに仕上げ、

美麗な映像と心打つ音楽がさらに間口を広げることに成功しています。

それにしてもアニメと脚本のクォリティが飛び抜けて秀逸でした。

森の中で神に愛された少年がピアノを弾く

という画だけでこの作品は半ば成功したと言っても

過言ではないでしょう。

キャラクターの配置、ドラマの構成、

どれも見事と言うより他なく、

素地の良さを引き立てています。

よどみなく、それでいて集中が途切れる事なく

ストーリーが展開して行く。

連載中のマンガの一部をクリップしたものではあるけれど、

一つの完結した物語としても、完全に成立します。

ひとつ、非常に残念なコトがありました。

それは、映画館のスピーカーがめろめろだったコトΣ(´□`;)

台無しじゃないか!(|||ノ`ロ´)ノ

上映終了後、映画館の人が出て来て平謝りしていたので

不問にしたんですが、やっぱりおさまりつきません(╬◣д◢)

そんなひどい音声状態だったにもかかわらず、

ピアノの演奏シーンは自然と涙がこぼれて来たのです(σ_・。)

最高のカタルシスでした(u‿ฺu✿ฺ)

この映画の『サミィの評価』ゎ

 

 

  85pts

 

 

非の打ち所が無いような、本当に素晴らしい作品でした。

上戸彩や神木隆之介らが声優を務めていたようですが、

まったく気になりませんでしたね。

世界観を壊す事無く無難にこなしていたと思います。

この日このあとさらに3本の映画を観たんですが、


     今日イチ!!


音声がめろめろだったコトもあって、

もう一度観たいと痛烈に感じた作品でした❤ฺ(*◡‿◡✿ฺ人)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年8月10日 (金)

清水ライブ日比谷

アンダーグラウンドがよく似合う男、

清水宏が野外に打って出ました。

それも日比谷野外音楽堂に!!

 

   清水宏の真夏の大作戦!!
〜やる気マンマン!日比谷ワンマン!〜

 

これを観に来れた人はしあわせです。

奇跡のようなライブでしたO(≧▽≦)O♪

普段とはあまりにシチュエーションが違いました。

陰鬱な劇場(おぃらはスキですが(^-^;)ゞ)ではなく

開けた空の下、

300人を超える人たちが集ったのです。

開放的で御祭り気分 (゚▽゚*)♪

お客さんたちのテンションが高いのが

ひしひしと伝わってきます(u‿ฺu✿ฺ)

Img354

  

 

 

 

 

 

時は前日の晩までさかのぼります。

前回のライブで今回の先行チケットを購入しておいたのですが、

おぃら、それをなくしてしまったのです(〃_ _)σ‖

申し訳ないとは思いつつも、清水さんにでんわしてみるコトに。

おぃら「稽古中かな? 留守電にメッセージしとくか」

と思いきや、あっさりと電話にでたΣ(゜Д゜ノ)ノ

清水「もしもしサミィですけど(鼻をつまんで)」

……なんだよ、余裕あんじゃん(  ̄´Д` ̄)

ずぇったいテンパっちゃってて、

精神状態がえっらいコトになってると思ったのに( ̄ω ̄;)

そのあとも散々おぃらをいじり倒す始末 ( ̄Д ̄;)

そんなこんなでチケットを確保。

今までに無い落ち着きに、

清水さんの自信を垣間見たのですヾ(*^▽゜)

 
ってなワケで、開演を前に

おぃらの期待は膨らむ一方でしたε=ε=(人^ω^)(人^ω^)+。゚+。

幕が開き、清水さんがステージへと現れる。

客席は今までに無い盛り上がりを見せ、

清水さんもその空気に飲まれたように見えましたσ(め∀め*)

しかし、絶妙にお客を盛り上げ全速全開(≧∇≦)ノ♪

おぃらの心配は杞憂に終わりましたσ(゜-^*)

……と、思ってたんですが(ー∇ー;)

事件はそのあとのイラン人落語の時に起こりました。

お客からお題をもらって、

三題噺をやろうってコトだったんです。

客席に降りて来た清水さんがお客をいじりながら

お題を集めます。

その時、ふと嫌な予感がしました。

おぃらは通路に面した角に座っていたのです。

近づいてくる清水さん。

──まさか。

こちらに真っ直ぐ向かってきます。

──まさかまさか。

清水さんはおぃらにマイクを向けてきました。

 
やっちゃったー|||||/( ̄ロ ̄;)\|||||||

 
絶対ないと思っていただけに、頭が真っ白になるおぃら(одо)

清水さん、おぃらだって気づいてなかったのね(ー∇ー;)

ぱくぱくしてるおぃらと目が合う。

 
   「あ。」

 
気づいた清水さんは飛ぶように他所へと飛んで行きました(o_o;)

やっぱり空気に飲まれてたのね( ̄ω ̄;)

でもそのあとは絶好調o(*'▽'*)/☆゜'・:*☆

ルポトークの『ヒップホップダンスに挑戦』なんか

もう絶品(((p(≧∇≦)q)))

ノリにノった清水さんは時間をオーバーΣ( ̄▽ ̄;|||

そんなですから、もちろん挨拶も出来ずじまい(´・ω・`)

最後はわたわたと帰途についたのです( ´_ゝ`)

でも満足度、幸福度はスカウターが壊れるくらいヾ(´▽`*)ゝ♪

あの場にいられたコトを感謝します❤ฺ(*◡‿◡✿ฺ人)

清水さん、ありがとうございました.。゚+.(´▽`)。+.゚+・゜

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月 9日 (木)

PC

治ったぁあああああO(≧▽≦)O♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 6日 (月)

'07 F1GP Rd.11 ハンガリーGP 決勝

ハミルトン 完勝ヽ(^◇^*)/

 
キミは追いすがるも届かず2位。

脅威の追い上げを見せたアロンソも4位止まり。

 

・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚

 
決勝リザルト
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
Pos. Driver 国籍 Constructor & Engine Time
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 1.ルイス・ハミルトン GBR マクラーレン・メルセデス 1:35:52.991
 2.
キミ・ライコネン FIN フェラーリ + 0.715
 3.ニック・ハイドフェルド GER BMW + 43.129
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
 4.フェルナンド・アロンソ ESP マクラーレン・メルセデス + 44.858
 5.
ロバート・クビサ POL BMW + 47.616
 6.ラルフ・シューマッハー GER トヨタ + 50.669
 7.ニコ・ロズベルグ GER ウィリアムズ・トヨタ + 59.139
 8.
ヘイキ・コヴァライネン FIN ルノー + 1:08.104
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
 9.マーク・ウェバー AUS レッドブル・ルノー + 1:16.331
10.ヤルノ・トゥルーリ ITA トヨタ + 1 Laps
11.デビッド・クルサード GBR レッドブル・ルノー + 1 Laps
12.
ジャンカルロ・フィジケラ ITA ルノー + 1 Laps
13.
フェリペ・マッサ BRA フェラーリ + 1 Laps
14.アレクサンダー・ヴルツ AST ウィリアムズ・トヨタ + 1 Laps
15.佐藤 琢磨 JPN スーパーアグリ・ホンダ + 1 Laps
16.セバスチャン・ヴェッテル GEB トロロッソ・フェラーリ + 1 Laps
17.エイドリアン・スーティル GER スパイカー・フェラーリ + 2 Laps
18.ルーベンス・バリチェロ BRA ホンダ + 2 Laps
 。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
  ヴィタントニオ・リウッツィ  ITA トロロッソ・フェラーリ + 27 Laps
  アンソニー・デビッドソン GBR スーパーアグリ・ホンダ + 29 Laps
  ジェンソン・バトン GBR ホンダ + 35 Laps
  山本 左近 JPN スパイカー・フェラーリ + 65 Laps
 。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
Did not finish


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
ドライバーズチャンピオンシップ
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 1.ルイス・ハミルトン    80p
 2.フェルナンド・アロンソ  73p
 3.キミ・ライコネン     60p
 4.フェリペ・マッサ     59p
 5.ニック・ハイドフェルド  42p
 6.ロバート・クビサ     28p
 7.ジャンカルロ・フィジケラ 17p
 8.ヘイキ・コヴァライネン  16p
 9.アレクサンダー・ヴルツ  13p
10.マーク・ウェバー      8p
11.デビッド・クルサード    8p
12.ニコ・ロズベルグ      p
13.ヤルノ・トゥルーリ     7p
14.ラルフ・シューマッハー   p
15.佐藤琢磨          4p
16.セバスチャン・ヴェッテル  1p
17.ジェンソン・バトン     1p
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
ランクアップ
ランクダウン
ポイントゲット

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
コンストラクターズチャンピオンシップ
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 1.マクラーレン 138p
 2.フェラーリ  119p
 3.BMW     71p
 4.ルノー     33p
 5.ウィリアムズ  22p
 6.レッドブル   16p
 7.トヨタ     12p
 8.スーパーアグリ  4p
 9.ホンダ      1p
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 
・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚

 

ハミルトン、見事!

ミスを犯す事無く最後まで守りきりました。

これはTVで観ているよりはるかに大変なコトです。

コーナーの連続で休むヒマが無く、

60℃を越える温度で95分をすごし、

レコードラインは車一台分しかなく、常に集中しなければならない。

少しでも気をゆるせば、キミが襲いかかってきますからね。

忘れちゃいけないのは、彼はルーキーだってコト。

最早この言葉を出すのは愚問のようにも思えますがね。

これでまたシーズンの行方がわからなくなりました。

キミは勝ちたかったでしょうね。

アロンソとのギャップを詰める

またとない機会だったワケですから。

でも最低限の仕事はしました。

アロンソとのギャップを3詰めました。

これでF1もバカンスに入ります。

キミ、あまり呑み過ぎないでね(めへめ*)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年8月 5日 (日)

'07 F1GP Rd.11 ハンガリーGP 予選

予選リザルト

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
Pos. Driver 国籍 Constructor & Engine Time
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 1.フェルナンド・アロンソ ESP マクラーレン・メルセデス 1:19.674
 2.
ルイス・ハミルトン GBR マクラーレン・メルセデス 1:19.781
 3.
ニック・ハイドフェルド GER BMW 1:20.259
 4.
キミ・ライコネン FIN フェラーリ 1:20.410
 5.ニコ・ロズベルグ GER ウィリアムズ・トヨタ 1:20.632
 6.
ラルフ・シューマッハー GER トヨタ 1:20.714
 7.
ロバート・クビサ POL BMW 1:20.876
 8.
ジャンカルロ・フィジケラ ITA ルノー 1:21.079
 9.ヤルノ・トゥルーリ ITA トヨタ 1:21.206
10.マーク・ウェバー AUS レッドブル・ルノー 1:21.256
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。 。。。。。。。。。。
11.デビッド・クルサード GBR レッドブル・ルノー 1:20.718
12.ヘイキ・コヴァライネン FIN ルノー 1:20.779
13.アレクサンダー・ブルツ AST ウィリアムズ・トヨタ 1:20.865
14.
フェリペ・マッサ BRA フェラーリ 1:21.021
15.アンソニー・デビッドソン GBR スーパー アグリ・ホンダ 1:21.127
16.ィタントニオ・リウッツィ ITA トロロッソ・フェラーリ 1:21.993
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
17.ジェンソン・バトン GBR ホンダ 1:21.737
18.ルーベンス・バリチェロ BRA ホンダ 1:21.877
19.
佐藤 琢磨 JPN スーパー アグリ・ホンダ 1:22.143
20.セバスチャン・ヴェッテル GEB トロロッソ・フェラーリ 1:22.177
21.
エイドリアン・スーティル GER スパイカー・フェラーリ 1:29.861
22.
山本 左近 JPN  スパイカー・フェラーリ 1:23.774
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

| | コメント (2)

2007年8月 4日 (土)

'07 F1GP Rd.11 ハンガリーGP P3

フリー走行3回目 リザルト

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
Pos. Driver 国籍 Constructor & Engine Time Lap
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 1.フェリペ・マッサ BRA フェラーリ 1:20.183 15
 2.
フェルナンド・アロンソ ESP マクラーレン・メルセデス 1:20.414 11
 3.
ルイス・ハミルトン GBR マクラーレン・メルセデス 1:20.461 11
 4.ニック・ハイドフェルド GER BMW 1:20.565 18
 5.キミ・ライコネン FIN フェラーリ 1:20.741 15
 6.
ニコ・ロズベルグ GER ウィリアムズ・トヨタ 1:20.868 16
 7.
ヤルノ・トゥルーリ ITA トヨタ 1:20.878 22
 8.
ラルフ・シューマッハー GER トヨタ 1:20.933 21
 9.
マーク・ウェバー AUS レッドブル・ルノー 1:21.220 13
10.
アレクサンダー・ブルツ AST ウィリアムズ・トヨタ 1:21.323 15
11.
アンソニー・デビッドソン GBR スーパー アグリ・ホンダ 1:21.501 20
12.ロバート・クビサ POL  BMW 1:21.666 18
13.
ヘイキ・コヴァライネン FIN ルノー 1:21.666 22
14.
デビッド・クルサード GBR レッドブル・ルノー 1:21.752 15
15.
佐藤 琢磨 JPN スーパー アグリ・ホンダ 1:21.839 18
16.
ヴィタントニオ・リウッツィ ITA トロロッソ・フェラーリ 1:21.909 21
17.
ジャンカルロ・フィジケラ ITA ルノー 1:22.131 22
18.
ジェンソン・バトン GBR ホンダ 1:22.202 23
19.セバスチャン・ヴェッテル GEB トロロッソ・フェラーリ 1:22.394 20
20.
ルーベンス・バリチェロ BRA ホンダ 1:22.596 18
21.
エイドリアン・スーティル GER スパイカー・フェラーリ 1:23.560 22
22.山本 左近
 JPN  スパイカー・フェラーリ 1:24.062 24
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

解雇と思われていたスコット・スピード。

3rdドライバーとして契約は続いている模様。

一方のヴィタントニオ・リウッツィ。

彼も今シーズンを限りに契約は終了。

すでに周知の通り、セバスチャン・ブルデーが

シートを得ることになる。

リウッツィは将来を嘱望されていただけに、この結果は残念。

しかし、才能の伸び悩みを見せていたのも事実。

今後F1界に帰ってくるのは難しいだろう。

| | コメント (0)

'07 F1GP Rd.11 ハンガリーGP P2

フリー走行2回目 リザルト

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
Pos. Driver 国籍 Constructor & Engine Time Lap
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 1.フェルナンド・アロンソ ESP マクラーレン・メルセデス 1:20.919 29
 2.
ヘイキ・コヴァライネン FIN ルノー 1:21.283 39
 3.
ルイス・ハミルトン GBR マクラーレン・メルセデス 1:21.338 32
 4.ニコ・ロズベルグ GER ウィリアムズ・トヨタ 1:21.485 40
 5.ニック・ハイドフェルド GER BMW 1:21.517 37
 6.
キミ・ライコネン FIN フェラーリ 1:21.589 29
 7.
フェリペ・マッサ BRA フェラーリ 1:21.620 39
 8.
ジャンカルロ・フィジケラ ITA ルノー 1:21.698 36
 9.
ヤルノ・トゥルーリ ITA トヨタ 1:21.857 35
10.
ロバート・クビサ POL  BMW 1:21.906 37
11.
ラルフ・シューマッハー GER トヨタ 1:21.912 29
12.アレクサンダー・ブルツ AST ウィリアムズ・トヨタ 1:21.987 35
13.
マーク・ウェバー AUS レッドブル・ルノー 1:22.325 28
14.
デビッド・クルサード GBR レッドブル・ルノー 1:22.483 33
15.
アンソニー・デビッドソン GBR スーパー アグリ・ホンダ 1:22.510 41
16.
ジェンソン・バトン GBR ホンダ 1:22.550 47
17.
佐藤 琢磨 JPN スーパー アグリ・ホンダ 1:22.556 42
18.
ルーベンス・バリチェロ BRA ホンダ 1:22.727 29
19.ヴィタントニオ・リウッツィ ITA トロロッソ・フェラーリ 1:23.136 42
20.
セバスチャン・ヴェッテル GEB トロロッソ・フェラーリ 1:23.148 39
21.
エイドリアン・スーティル GER スパイカー・フェラーリ 1:23.673 34
22.山本 左近
 JPN  スパイカー・フェラーリ 1:26.307 29
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

| | コメント (0)

2007年8月 3日 (金)

'07 F1GP Rd.11 ハンガリーGP P1

フリー走行1回目 リザルト

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
Pos. Driver 国籍 Constructor & Engine Time Lap
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 1.ロバート・クビサ POL  BMW 1:22.390 25
 2.
フェリペ・マッサ BRA フェラーリ 1:22.519 18
 3.
キミ・ライコネン FIN フェラーリ 1:22.540 21
 4.フェルナンド・アロンソ ESP マクラーレン・メルセデス 1:22.585 18
 5.ルイス・ハミルトン GBR マクラーレン・メルセデス 1:22.654 19
 6.
ニック・ハイドフェルド GER BMW 1:22.891 24
 7.
ニコ・ロズベルグ GER ウィリアムズ・トヨタ 1:22.983 19
 8.
ジェンソン・バトン GBR ホンダ 1:23.294 20
 9.
ルーベンス・バリチェロ BRA ホンダ 1:23.601 20
10.
ラルフ・シューマッハー GER トヨタ 1:23.802 27
11.
アンソニー・デビッドソン GBR スーパー アグリ・ホンダ 1:24.102 13
12.ヤルノ・トゥルーリ ITA トヨタ 1:24.318 30
13.
アレクサンダー・ブルツ AST ウィリアムズ・トヨタ 1:24.321 12
14.
デビッド・クルサード GBR レッドブル・ルノー 1:24.474 17
15.
ヘイキ・コヴァライネン FIN ルノー 1:24.733 18
16.
セバスチャン・ヴェッテル GEB トロロッソ・フェラーリ 1:24.905 26
17.
ジャンカルロ・フィジケラ ITA ルノー 1:24.920 19
18.
ヴィタントニオ・リウッツィ ITA トロロッソ・フェラーリ 1:24.976 20
19.佐藤 琢磨 JPN スーパー アグリ・ホンダ 1:25.307 13
20.
マーク・ウェバー AUS レッドブル・ルノー 1:25.584 14
21.
エイドリアン・スーティル GER スパイカー・フェラーリ 1:26.332 29
22.山本 左近
 JPN  スパイカー・フェラーリ 1:28.118 30
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

山本左近、スパイカーにてF1に復帰。

今シーズン最後まで参戦。

成績不振を理由に、トロロッソはスコット・スピードを解雇。

かわりにBMWの3rdドライバー、セバスチャン・ベッテルを起用。

元来ヴェッテルはレッドブルの支援を受けていたドライバーで、

BMWへは貸し出されていた。

なお、ヴェッテルは来シーズンもトロロッソから参戦する。

| | コメント (0)

ぎゃーす(><。)

PC壊れたー(;ロ;|||)

| | コメント (2)

2007年8月 2日 (木)

やっほぃ♪

毎月1日は映画の日ってコトで、

ひっさびさに映画三昧の日を送って来ましたょヾ(〃^∇^)ノ♪

観た映画4本♪ゝ(▽`*ゝ)(ノ*´▽)ノワーイ♪

さすがにおしりが痛くなりました……(ー∇ー;)

観た映画は

 

『ピアノの森』

『舞妓Haaaan!!』

『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』

『300(スリーハンドレッド)』

 

の4作。

感想は明日から書きます。

あ。

もちろんネタバレなしです (゚▽゚*)♪

よかったらお目汚し下さいませ❤ฺ(*◡‿◡✿ฺ人)

| | コメント (0)

2007年8月 1日 (水)

メンテナンス

ココログのメンテナンス、終わりました。

明日から再開します♪

どうバージョンアップしたのか楽しみ(๑→‿ฺ←๑)

| | コメント (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »