« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

2007年7月30日 (月)

ちくしょー

めしくわせろー

目が回る忙しさとは良くいったもの

本当に目が回るんだもんな

頭がぐわーんてなって視界がブラックアウトして

一瞬意識が飛びかける

ちくしょー

めしくわせろー

うおー

| | コメント (2)

ぅわあ!

はなぢはなぢΣ( ̄ロ ̄;)

人生2度目のはなぢヾ(;◎_◎)ノ

止まらないょうヾ(´囗`。)ノ

どーしたらいーの?

どーしたらいーの!?

| | コメント (0)

2007年7月29日 (日)

う〜ん

最近生活に変化が無い。

出会いも無い。

別れも無い。

発見も無い。

おまけにお金もない。

ゔ〜ん……(-"- )

| | コメント (0)

2007年7月28日 (土)

ぅあつい(´ロ`;)

せめて扇風機が欲しいです.+(*Pд`q):゜

眠れなぃよぅ(><。)

| | コメント (2)

2007年7月27日 (金)

痛恨の極み

おそらく、マイヨ・ジョーヌはコンタドールのものでしょう。

本来なら新たなるスターの誕生を祝いたいトコロですが、

なかなかそういう気分にはなれません。

優勝候補のヴィノクロフ、

その翌日にはマイヨ・ジョーヌのラスムッセン。

相次いでツールを去りました。

去年のランディスに続いて今年もです。

まさかヴィノクロフが……。

彼だけはそんなこととは無縁だと思っていたのに……。

2年続けてツールが薬物に汚染されました。

これはプロツールの発足と無縁ではないでしょう。

プロツールもそれはそれでどうかと思うのですが、

問題はやっぱりモラルです。

フェスティナ、ビランクのスキャンダルから

ようやく立ち直ったというのに。

薬物の汚染はジロにも及んでします。

プロツールのレギュレーションでは、

確かに人間の体力の限界を越えなければなりません。

ケガも多くなるし、ひたすら消耗させられます。

プロモーションも選手ありきだろうと思うのですが。

そんなことを強いるUCIは愚かなのですが、

薬物に手を染めるチームや選手も愚かです。

今は無力感、脱力感でいっぱいです。

それでもおぃらはこのスポーツを愛しています。

どうか、1日も早くロードレース界が

スキャンダルから立ち直りますように。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月26日 (木)

おそらく決定

ただいま計画中のコトがあります。

具体化するのゎ来月以降になりますが……。

さてどうなるやら(♞ฺฺ‿ฺ♞ฺ)✿ฺ

| | コメント (2)

2007年7月25日 (水)

解決せず

耐える。

どこまで耐える?

まだ耐える?

だれのため?

なんのため?

しあわせになれる?

しあわせにしてあげられてる?

何が悪い?

だれが悪い?

わからない。

| | コメント (0)

2007年7月24日 (火)

今日思った事

自分の思い

親の思い

交わらぬ思い

| | コメント (0)

2007年7月23日 (月)

'07 F1GP Rd.10 ヨーロッパGP 決勝

アロンソ 3勝目ヽ(*⌒∇⌒*)ノ::・'゚☆。.::・'゚★。

 
マッサは

最後にアロンソにパスされ2位。

キミはジンクスを打ち破れずリタイア。

ハミルトンは後方から追い上げるも

入賞に手が届かず。

 

・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚

 
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
Pos. Driver 国籍 Constructor & Engine Time
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 1.フェルナンド・アロンソ ESP マクラーレン・メルセデス 2:06:26.358
 2.
フェリペ・マッサ BRA フェラーリ + 8.155
 3.マーク・ウェバー AUS レッドブル・ルノー + 1:05.674
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
 4.アレクサンダー・ヴルツ AST ウィリアムズ・トヨタ + 1:05.937
 5.
デビッド・クルサード GBR レッドブル・ルノー + 1:13.656
 6.ニック・ハイドフェルド GER BMW + 1:20.298
 7.ロバート・クビサ POL BMW + 1:22.415
 8.
ヘイキ・コヴァライネン FIN ルノー + 1 Laps
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
 9.ルイス・ハミルトン GBR マクラーレン・メルセデス + 1 Laps
10.ジャンカルロ・フィジケラ ITA ルノー + 1 Laps
11.ルーベンス・バリチェロ BRA ホンダ + 1 Laps
12.
アンソニー・デビッドソン GBR スーパーアグリ・ホンダ + 1 Laps
13.
ヤルノ・トゥルーリ ITA トヨタ + 1 Laps
 。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。 
   キミ・ライコネン FIN フェラーリ + 24 Laps
  
佐藤 琢磨 JPN スーパーアグリ・ホンダ + 40 Laps
   ラルフ・シューマッハー GER トヨタ + 41 Laps
   マーカス・ヴィンケルホック  GER スパイカー・フェラーリ + 46 Laps
   ニコ・ロズベルグ GER ウィリアムズ・トヨタ + 58 Laps
  
ィタントニオ・リウッツィ ITA トロロッソ・フェラーリ + 58 Laps
   スコット・スピード USA トロロッソ・フェラーリ + 58 Laps
   エイドリアン・スーティル GER スパイカー・フェラーリ + 58 Laps
   ジェンソン・バトン GBR ホンダ + 58 Laps
 。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
Did not finish


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
ドライバーズチャンピオンシップ
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 1.ルイス・ハミルトン    70p
 2.フェルナンド・アロンソ  68p
 3.フェリペ・マッサ     51p
 4.キミ・ライコネン     52p
 5.ニック・ハイドフェルド  36p
 6.ロバート・クビサ     24p
 7.ジャンカルロ・フィジケラ 17p
 8.ヘイキ・コヴァライネン  15p
 9.アレクサンダー・ヴルツ  13p
10.マーク・ウェバー      p
11.デビッド・クルサード    p
12.ヤルノ・トゥルーリ     7p
13.ニコ・ロズベルグ      5p
14.佐藤琢磨          4p
15.ラルフ・シューマッハー   2p
16.ジェンソン・バトン     1p
17.セバスチャン・ヴェッテル  1p
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
ランクアップ
ランクダウン
ポイントゲット

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
コンストラクターズチャンピオンシップ
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 1.マクラーレン 138p
 2.フェラーリ  111p
 3.BMW     61p
 4.ルノー     32p
 5.ウィリアムズ  18p
 6.レッドブル   16p
 7.トヨタ      9p
 8.スーパーアグリ  4p
 9.ホンダ      1p
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 
・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚

 

キミ、またしても勝てずε=(。◕ฺˇд ˇ◕ฺ。)

ニュルの怨霊か、シューの呪詛か(ーζ‐)?

それは冗談としても、ジンクスを敗れなかったのは事実です。

そういった非科学的なコトは信じませんが、

相性があるのは確かです。

それにしても荒れたレースでした( ̄ω ̄;)

ヴィンケルホックがトップに立ったときは

最高に楽しかったです(*´艸`)☆

最近はストラテジーでカチッとしたレースが主体ですから、

こういった波乱は絶交のスパイスです(め‿ฺめ*)✿ฺ

そして、このレギュレーションさえおかしくなり

2時間を越えるロングレースを制したのは、

ディフェンディングチャンピオン、アロンソ(* ̄∇ ̄)b

もしキミが勝っていたら、シーズンの流れは

一気にキミへと傾いたでしょうが、

そこはさしものアロンソ。

絶妙なタイミングで勝利をもぎ取りましたヽ(´ー`)ノ

これで流れはアロンソのものになりましたね。

他方、マッサはここで勝てないようでは

タイトルに手が届きません。

こんなトコロを鑑みるに、

マッサはチャンピオンのボリュームが無いように思えるのです。

なにせミスが多い。

そしてムラがある。

才能はあるんですが……。

ルネ・アルヌーとかぶって見えるのはおぃらだけでしょうかヾ(;´▽`A``

散々なレースとなったのがハミルトン。

初めて新人らしいトコロを披露しました(´▽`*)

これもまた経験。

また一つ、強くなったでしょう。

 

アグリは予想通りつらいレースとなりました。

この先、どんどんつらい状況になって行くでしょう。

でも、そんな状況で燃えてくるのが琢磨 (゚▽゚*)♪

おぃらは応援するのみですヽ(^◇^*)/

 

おぃら期待のニコ。

残念ながらリタイア(*´・д・)

でもアレックスが4位に入って、おぃらご満悦ヾ(〃^∇^)ノ♪

もうちょっとでお立ち台だったのに(>_<)

おそらく来年はシートを失うでしょうけど、

いっぱいいいレースしてほしいな❤ฺ(*◡‿◡✿ฺ人)

 

来シーズンシートを失うと言えば、

最後の母国レースになるであろうラルフ。

予選での結果が出てくるようになって来ましたが、

最早勝てるドライバーではありません。

マシンにもチームにも問題はありますが、

それを打開できずにチームに責任を押し付けてるようでは

所詮2流のドライバーなのです。

かつては1流のドライバーでしたが、

どのみち超1流のドライバーにはなれませんでした。

兄は落ち目だった跳ね馬をGPの盟主の座へと引き上げたのですが……。

無論、フェラーリの復活にはモンテゼモーロがいましたから

一概に比較出来ないのはわかってます。

でも、チームを引っ張り上げようという気概は足りなかったようですね。

残念ですが、潮時です。

 

さて、次のハンガリーGP。

ここでチャンピオンが決まる気がします。

アロンソが勝てばアロンソ、

キミが勝てばキミがチャンピオンになるでしょう。

数字の上でキミはそうとう厳しいんですが、

ハンガロリンクで勝てればアロンソに行った流れを

再び引き戻すコトが出来るでしょう。

キミの強みは、

マニクール、シルバーストーン、ニュルブルクリンクで

フェラーリが速かったコト。

つまり、どこでも速いってコトです。

あ、でもドライなら、って言葉を付け加えなきゃかも(ー∇ー;)

なんにせよ、おぃらの予想はキミ・ライコネン、その人です。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2007年7月22日 (日)

'07 F1GP Rd.10 ヨーロッパGP 予選

キミ 今季2度目のPPヽ(*⌒∇⌒*)ノ::・'゚☆。.::・'゚★。

 

アロンソはミスを犯すも2位に飛び込んだ。

3位にはマッサ。

 

・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
Pos. Driver 国籍 Constructor & Engine Time
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 1.キミ・ライコネン FIN フェラーリ 1:31.450
 2.
フェルナンド・アロンソ ESP マクラーレン・メルセデス 1:31.741
 3.
フェリペ・マッサ BRA フェラーリ 1:31.778 
 4.
ニック・ハイドフェルド GER BMW 1:31.840 
 5.ロバート・クビサ POL BMW 1:32.123 
 6.
マーク・ウェバー AUS レッドブル・ルノー 1:32.476 
 7.
ヘイキ・コヴァライネン FIN ルノー 1:32.478 
 8.
ヤルノ・トゥルーリ ITA トヨタ 1:32.501 
 9.ラルフ・シューマッハー GER トヨタ 1:32.570 
10.ルイス・ハミルトン GBR マクラーレン・メルセデス 1:33.833 
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。 。。。。。。。。。。
11.ニコ・ロズベルグ GER ウィリアムズ・トヨタ 1:31.978 
12.アレクサンダー・ブルツ AST ウィリアムズ・トヨタ 1:31.996 
13.ジャンカルロ・フィジケラ ITA ルノー 1:32.010 
14.
ルーベンス・バリチェロ BRA ホンダ 1:32.221 
15.アンソニー・デビッドソン GBR スーパー アグリ・ホンダ 1:32.451 
16.佐藤 琢磨 JPN スーパー アグリ・ホンダ 1:32.838 
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
17.ジェンソン・バトン GBR ホンダ 1:32.983 
18.スコット・スピード USA トロロッソ・フェラーリ 1:33.038 
19.
ィタントニオ・リウッツィ ITA トロロッソ・フェラーリ 1:33.148
20.デビッド・クルサード GBR レッドブル・ルノー 1:33.151 
21.
エイドリアン・スーティル GER スパイカー・フェラーリ 1:34.500
22.
マーカス・ヴィンケルホック GER スパイカー・フェラーリ 1:36.940
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚

 

エキサイティングな予選でした(人´∀`).☆.。.:*・

でもやっぱりすっきりしない。

いずれストップする時が来るとは思ってましたが、

まさかこんな形になるとは……。

ハミルトン、大クラッシュにより、

病院に搬送されました。

ロン・デニスによれば、ホイールガンのトラブルだったようで、

マシンに問題は無いとの事。

予選が再開される時、アロンソの事が気掛りでした。

現在のF1のクォリティコントロールは素晴らしいのですが、

裏を返せば1台のマシンに起こった事は

もう1台のマシンにも同じタイミングで起こるのです。

マシンに問題が無いのならば明日のレースも

アロンソに関しては問題無く出走できます。

問題はハミルトン。

本人は無事をアピールしていましたが、

時間が経てばどう容態が変化するかわかりません。

おぃらの脳裏にロニー・ピーターソンの事がよぎりました。

今は当時に比べ、格段の改善が計られた医療体制ですが、

不測の事態は無くならないものですから。

ロン・デニスも重大なケガは無いとアナウンスしていますが、

明日のレースは大事を取ってもらいたいものです。

 

それにしても、キミは手のつけられない早さです(0□0;)

アロンソより燃料を積んでいたにもかかわらずあの速さ。

明日はジンクスを跳ね返せるか(?_?)

 

アロンソは重大なミスを犯したにもかかわらず、

2位につけたのはさすがの一言(;☉д⊙)

とはいえ、軽い燃料で先行逃げ切りを計りたかっただけに、

この結果はかなり厳しい。

優勝の行方は1コーナーにかかっています。

 

亜久里は久しぶりに2台揃ってQ2進出O(≧▽≦)O♪

ですが状況は安穏としていられません。

明日は忍耐のいるレースになりそうですね( ´_ゝ`)

 

地元で期待のかかったニコでしたが、

惜しくもQ3進出はなりませんでしたε=(。◕ฺˇд ˇ◕ฺ。)

でもポイントゲット期待しています.:♪*:・'(*⌒—⌒*)))

(*^-')ノ☆;:*:;☆“がんばれニコ”☆;:*:;☆ヽ('-^*)

| | コメント (4)

2007年7月21日 (土)

'07 F1GP Rd.10 ヨーロッパGP P3

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
Pos. Driver 国籍 Constructor & Engine Time Lap
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 1.キミ・ライコネン FIN フェラーリ 1:31.396 18
 2.
ルイス・ハミルトン GBR マクラーレン・メルセデス 1:31.627 12
 3.
フェルナンド・アロンソ ESP マクラーレン・メルセデス 1:32.039 11
 4.ロバート・クビサ POL  BMW 1:32.039 18
 5.フェリペ・マッサ BRA フェラーリ 1:32.217 18
 6.
ニコ・ロズベルグ GER ウィリアムズ・トヨタ 1:32.344 16
 7.
ニック・ハイドフェルド GER BMW 1:32.581 20
 8.
マーク・ウェバー AUS レッドブル・ルノー 1:32.632 16
 9.
デビッド・クルサード GBR レッドブル・ルノー 1:32.679 18
10.
ラルフ・シューマッハー GER トヨタ 1:32.788 21
11.
ヴィタントニオ・リウッツィ ITA トロロッソ・フェラーリ 1:32.841 20
12.ジェンソン・バトン GBR ホンダ 1:32.869 18
13.
ヤルノ・トゥルーリ ITA トヨタ 1:32.936 20
14.
スコット・スピード USA トロロッソ・フェラーリ 1:32.974 14
15.
アレクサンダー・ブルツ AST ウィリアムズ・トヨタ 1:33.154 16
16.
ジャンカルロ・フィジケラ ITA ルノー 1:33.214 17
17.
ルーベンス・バリチェロ BRA ホンダ 1:33.229 19
18.
ヘイキ・コヴァライネン FIN ルノー 1:33.484 13
19.アンソニー・デビッドソン GBR スーパー アグリ・ホンダ 1:33.792 20
20.
佐藤 琢磨 JPN スーパー アグリ・ホンダ 1:33.945 19
21.
エイドリアン・スーティル GER スパイカー・フェラーリ 1:34.423 20
22.
マーカス・ヴィンケルホック GER スパイカー・フェラーリ 1:36.090 19
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。 

| | コメント (0)

'07 F1GP Rd.10 ヨーロッパGP P2

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
Pos. Driver 国籍 Constructor & Engine Time Lap
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 1.キミ・ライコネン FIN フェラーリ 1:33.339 28
 2.
ルイス・ハミルトン GBR マクラーレン・メルセデス 1:33.478 28
 3.
フェリペ・マッサ BRA フェラーリ 1:33.590 27
 4.フェルナンド・アロンソ ESP マクラーレン・メルセデス 1:33.637 30
 5.ラルフ・シューマッハー GER トヨタ 1:33.668 18
 6.
ヤルノ・トゥルーリ ITA トヨタ 1:33.746 22
 7.
ニコ・ロズベルグ GER ウィリアムズ・トヨタ 1:33.845 24
 8.
ジェンソン・バトン GBR  ホンダ 1:33.880 36
 9.
ニック・ハイドフェルド GER BMW 1:34.146 22
10.
ロバート・クビサ POL  BMW 1:34.221 19
11.
マーク・ウェバー AUS レッドブル・ルノー 1:34.235 29
12.アレクサンダー・ブルツ AST ウィリアムズ・トヨタ 1:34.264 21
13.
佐藤 琢磨 JPN スーパー アグリ・ホンダ 1:34.357 26
14.
ルーベンス・バリチェロ BRA ホンダ 1:34.411 26
15.
ジャンカルロ・フィジケラ ITA ルノー 1:34.431 28
16.
ヘイキ・コヴァライネン FIN ルノー 1:34.446 25
17.
デビッド・クルサード GBR レッドブル・ルノー 1:34.504 19
18.
アンソニー・デビッドソン GBR スーパー アグリ・ホンダ 1:34.554 26
19.スコット・スピード USA トロロッソ・フェラーリ 1:35.320 26
20.
ヴィタントニオ・リウッツィ ITA トロロッソ・フェラーリ 1:35.653 24
21.
エイドリアン・スーティル GER スパイカー・フェラーリ 1:36.527 25
22.
マーカス・ヴィンケルホック GER スパイカー・フェラーリ 1:37.319 19
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

| | コメント (0)

2007年7月20日 (金)

'07 F1GP Rd.10 ヨーロッパGP P1

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
Pos. Driver 国籍 Constructor & Engine Time Lap
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 1.ルイス・ハミルトン GBR マクラーレン・メルセデス 1:32.515 26
 2.
キミ・ライコネン FIN フェラーリ 1:32.751 24
 3.
フェルナンド・アロンソ ESP マクラーレン・メルセデス 1:32.932 27
 4.ニック・ハイドフェルド GER BMW 1:32.975 35
 5.ロバート・クビサ POL  BMW 1:33.205 34
 6.
フェリペ・マッサ BRA フェラーリ 1:33.605 24
 7.
ラルフ・シューマッハー GER トヨタ 1:33.825 32
 8.
ジェンソン・バトン GBR ホンダ 1:33.936 28
 9.
デビッド・クルサード GBR レッドブル・ルノー 1:34.062 25
10.
ルーベンス・バリチェロ BRA ホンダ 1:34.142 25
11.
ヤルノ・トゥルーリ ITA トヨタ 1:34.152 34
12.アレクサンダー・ブルツ AST ウィリアムズ・トヨタ 1:34.345 32
13.
ニコ・ロズベルグ GER ウィリアムズ・トヨタ 1:34.563 32
14.
アンソニー・デビッドソン GBR スーパー アグリ・ホンダ 1:34.567 30
15.
マーク・ウェバー AUS レッドブル・ルノー 1:34.683 22
16.
佐藤 琢磨 JPN スーパー アグリ・ホンダ 1:34.708 36
17.
ヴィタントニオ・リウッツィ ITA トロロッソ・フェラーリ 1:34.907 31
18.
ヘイキ・コヴァライネン FIN ルノー 1:34.921 21
19.ジャンカルロ・フィジケラ ITA ルノー 1:35.077 22
20.
スコット・スピード USA トロロッソ・フェラーリ 1:35.643 15
21.
エイドリアン・スーティル GER スパイカー・フェラーリ 1:36.340 22
22.
マーカス・ヴィンケルホック GER スパイカー・フェラーリ 1:37.116 30
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

| | コメント (0)

2007年7月19日 (木)

今日思った事

才能と人間性

| | コメント (0)

2007年7月18日 (水)

今日思った事

怒りと哀しみと信念

| | コメント (0)

2007年7月17日 (火)

いやだ

やり場の無い怒り。

深い哀しみ。

愛情と憎悪。

心は千々に乱れる。

やるせない。

何もかも嫌だ。

| | コメント (0)

2007年7月16日 (月)

がんばれ日本!

試合観れまっすぇん( ´_ゝ`)

巻、ハットトリック頼むょ♪(*^ ・^)ノ⌒☆

| | コメント (0)

2007年7月15日 (日)

今日思った事

親孝行としあわあせ

| | コメント (1)

2007年7月14日 (土)

'07 アジアカップ UAE vs 日本

UAE 1 - 3 日本

まぁ及第点かな(めへめ*)

あの失点が無ければ合格だったんですが ┐(´ー`)┌

それにしても取られ方が悪いですよね。

あれは止めなきゃいけない。

お見合いしてないで、もっと声をかけ合わないと。

あと、思ったコトは

やっぱり日本は2トップじゃないと機能しないのかな

ってコト。

おぃらは1トップ

てゆーか3トップがスキなのです(´・ω・`)

3-1-3-3のフォーメーションが機能する姿が観たかった( ´_ゝ`)

あきらめるのは早いですがね( ̄ω ̄;)

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2007年7月13日 (金)

おかしぃ(ーζ‐)

どーにも腑に落ちない。

実際に閲覧した人の数と

カウンターなんかに記録される数が合わない。

スパムならまだしも、

ちゃんとコメントしてくれたにもかかわらず、

なぜその時間に訪問者がいないのでしょうσ(・・*)?

いったいぜんたい、どーなってるの(ーζ‐)?

| | コメント (2)

2007年7月12日 (木)

汗かいた( ̄ω ̄;)

突然の入電。

「こんな時間に誰だろう(?_?)」

ケータイの画面には清水宏の文字。

!!!( ̄ロ ̄|||)

慌て過ぎてケータイを落しそうになりながら

震える手で電話に出る(;◎д◎)

 
  「元気してんのか!!」

 
石井光造オフィスに所属する役者(芸人?)である

このお方にはお世話になったりなんだりで

頭が上がらないのです。

緊張のあまりおかしな汗がだくだくと噴き出してくる(o_o;)

今、志村けんさんの舞台に出演中で

名古屋からわざわざ電話をかけて下さったのです。

なごやかに世間話をするものの、

おぃらの頭の中はうれしいやら緊張するやらで

すっかりパニック状態(;☉д⊙)

で、本題。

来る8月8日、日比谷野音で一人芝居というか、

独(毒?)演会というか、ライブをやるのです。

 
  「おれの戦場(いくさば)だ。

   おれの生き様を是非観に来て欲しい」

 
行きますとも行きますとも!

是が非でも行かせていただいます!!(めへめ*)

というワケで告知です。

 

★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・

1

















 

清水宏の真夏の大作戦!!

〜やる気マンマン!日比谷ワンマン!〜

清水宏のワンマンライブがこの夏あのロックフェスを退けて、

ついに日比谷野音に進出!!


2007年8月8日(水)  

19時00分START  

  ※受付開始は開演の60分前、開場は開演の30分前
  ※雨天決行 (雨合羽をご持参ください)


[会場]

日比谷公園野外大音楽堂

〒100-0012 東京都千代田区日比谷公園1-3


[チケット発売日]

2007.6.10(日)発売


[料金]

前売/当日共に 2,000円(自由席・整理番号付き)  


<チケット予約受付中>

shimizu@twin-beat.com

上記アドレスに

【お名前・郵便番号・ご住所・お電話番号・ご希望枚数】

を本文に入力の上、送信ください。

こちらからの返信をもって予約の成立となります。


<プレイガイドでのご購入は>

e+(イープラス) 

eplus.jp  (web/携帯)

 
ローソンチケット

0570-084-003(Lコード:32621)

0570-000-407(オペレーター対応)

 
電子チケットぴあ 

pia.jp/t

0570-02-9999(Pコード:377-007)

0570-02-9988

★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・

 

絶対オススメです!!

決して損はさせません(((p(>◇<)q)))

TVではOA不可能な、ここだけのおもしろさ!

おぃらはすでにチケットを押さえました。

是非是非観に行ってくださいm(._.*)m

 

電話の最後に、

 

  「おまえもがんばれよ。

   おれもがんばる。

   ともにがんばろう!」

 

なんだかんだ人をいじくりつつも、

やっぱり優しい人なんだもんな❤ฺ(*◡‿◡✿ฺ人)

楽しみにしてますょ、清水さん.:♪*:・'(*⌒—⌒*)))

| | コメント (2)

2007年7月11日 (水)

'07 ツール・ド・フランス 第3ステージ

カンチェッラーラすげーΣ(゚□゚(゚□゚*)

あんなの初めて見た(0□0;)

この日はスタートからずぅーっとまったりした展開。

それもそのはず。

逃げを打った連中がちんたらちんたらやってる。

おめーらやる気あんのか(|||ノ`□´)ノ

シャカリキに逃げんかい(╬◣д◢)

ま、ツールも開幕したばっかだし、

まったりするのも悪くないな、てのが本音ですが(๑≧♉ฺ ≦)

こんな牧歌的な展開もサイクルロードレースのいいトコロ。

ツッコミを入れるのも楽しみ方の一つですね (゚▽゚*)♪

だからサイクルロードレース大スキ(人´∀`).☆.。.:*・

ガツガツやってるかと思えば

なあなあでやったりする。

これぞ醍醐味ですね(゚ー゚)(。_。)(゚-゚)(。_。)ウンウン

この感覚って知らない人に説明するのが非常にムツカシぃ( ̄ω ̄;)

これがわかると、一気におもしろくなるんですがねぇ(u‿ฺu✿ฺ)

てなワケで、逃げの集団がとろとろやってるものだから

メイン集団もほったらかしでだらだらとやってる。

前日の激しい落車もあったコトだし、少しは休まないと。

シャンゼリゼはまだ、あまりにも遠い。

それにしてもまったりしてる。

カメラマンもひまだからカタツムリを拾って来て、

カメラマンを乗せているライダーの

ヘルメットにヘルメットに乗せて撮ってみたり、

選手の生理現象をず──────っと撮ってみたりΣ( ̄▽ ̄;|||

こんな、しずくがしたしたキラキラ輝く映像なんて

日本じゃあり得ないでしょうね(*´艸`)☆

そんなこんなでだらけきってたせいか、

集団も追いかけるタイミングを逃してしまったのか

なかなか逃げの集団とのタイムが縮まらない。

「今日は逃げが成功かぁ (ノ゚ο゚)ノ 」

と思っていました。

トコロが!

こっからがスゴかった!

集団の目の覚めるような追撃Σ(゜ロ゜)

なめらかな先頭交代。

逃げの集団はペースが上がらず、

仕掛け合いが始まってしまう。

みるみるその差はつまって行く。

ゴール手前、

でもぎりぎりで逃げ切れそうだと思ったのもつかの間、

逃げの集団に今にも襲いかからんとする

メイン集団の中から黄色い影が!

まさかまさかΣ(・艸・!★)

カンチェッラーラだ!!!( ̄□ ̄|||)

マイヨジョーヌがミドルレンジでの

アタックを仕掛けたのだ!Σ( ̄ロ ̄lll)

こんなの見た事が無い!!!

これには並みいるスプリンター達も機を失い

すっかり混乱状態だ(;☉д⊙)

それまで主役だった逃げの4人もすっかり影を無くして

メイン集団に飲み込まれてしまった。

ここでようやくスプリンター達も射程距離に突入、

次々と発射台から発射されてくる!

カンチェッラーラのアタックに虚をつかれ、

たたらを踏んでいたスプリンター達も

それなりに立て直して来た!

逃げるマイヨジョーヌ・カンチェッラーラ!

襲いかかるスプリンター達!

ツァベルが!

ボーネンが!!

マキュアンが!!!

キワドぃ差、

ゴールライン、

手を挙げたのは、

ファビアン・カンチェッラーラ!!!

もう、絶叫ですよ!!o(≧∇≦o)(o≧∇≦)o

たまんなぃ展開だったなー.。゚+.(´▽`)。+.゚+・゜

今宵もツールから目が離せませんO(≧▽≦)O♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月10日 (火)

'07 アジアカップ 日本 vs カタール

観られず(〃_ _)σ‖

しかし悔い無し(* ̄m ̄)

あのタイミングで失点は避けなきゃなりません。

観ていないので内容はわかりませんが、

あの時間帯のセットプレイでの失点は

監督がどうとか、戦術がどうとかの問題ではありません。

選手個々の意識の問題です。

日本の技術や能力はフットボール史上

かつて無いスピードで進化したのは確かです。

が、

メンタリティは逆に退化したのではないでしょうか?

ロスタイムでゴールを許した

『ドーハの悲劇』のときと比べてみると、

集中力の欠如と言う点では同じでしょう。

ですが、状況はまるで違う。

『ドーハの悲劇』のときは、

悲願達成を目前にし、心ここに在らずという状態で

致し方ない側面もありました。

プロ化間もなくであったにもかかわらず、

この瞬間までは最後まで決してあきらめないという

『大和魂』と言えるメンタリティを持ち合わせていたのは

衆目の一致する意見でしょう。

フットボールがプロ化して十余年。

格段の進化を遂げ、数々のタイトルを手にした今、

なぜこのようなことが起きるのでしょうか。

はたして彼らから『大和魂』を

感じる事がありますでしょうか。

技術は進化しても、

文化は進化していないのではないのでしょうか。

せめてもの救いは負けたワケじゃないと言うコト。

この試合を糧に、残りの2試合は

必ず勝利をもぎ取っていただきたい。

選手のみなさん、お願いしますよ(めへめ*)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年7月 9日 (月)

'07 F1GP Rd.9 イギリスGP 決勝

(*^-')ノ☆;:*:;☆ キミ 連勝!! ☆;:*:;☆ヽ('-^*)

 
地元Vが期待されていたハミルトンは

3位表彰台にとどまりました。

 

・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚

 
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
Pos. Driver 国籍 Constructor & Engine Time
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 1.キミ・ライコネン FIN フェラーリ 1:21:43.074
 2.
フェルナンド・アロンソ ESP マクラーレン・メルセデス + 2.400
 3.ルイス・ハミルトン GBR マクラーレン・メルセデス + 39.300
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
 4.ロバート・クビサ POL BMW + 53.300
 5.
フェリペ・マッサ BRA フェラーリ + 54.000
 6.ニック・ハイドフェルド GER BMW + 56.300
 7.ヘイキ・コヴァライネン FIN ルノー + 1 Laps
 8.
ジャンカルロ・フィジケラ ITA ルノー + 1 Laps
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
 9.ルーベンス・バリチェロ BRA ホンダ + 1 Laps
10.ジェンソン・バトン GBR ホンダ + 1 Laps
11.デビッド・クルサード GBR レッドブル・ルノー + 1 Laps
12.
ニコ・ロズベルグ GER ウィリアムズ・トヨタ + 1 Laps
13.
アレクサンダー・ヴルツ AST ウィリアムズ・トヨタ + 1 Laps
14.佐藤 琢磨  JPN スーパーアグリ・ホンダ + 2 Laps
15.
クリスチャン・アルバース NED スパイカー・フェラーリ + 2 Laps
 。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。 
   ヴィタントニオ・リウッツィ ITA トロロッソ・フェラーリ + 6 Laps
  
 ヤルノ・トゥルーリ ITA トヨタ + 16 Laps
   アンソニー・デビッドソン GBR スーパーアグリ・ホンダ + 24 Laps
   スコット・スピード USA トロロッソ・フェラーリ + 30 Laps
   ラルフ・シューマッハー GER トヨタ + 37 Laps
  
 エイドリアン・スーティル GER スパイカー・フェラーリ + 43 Laps
   マーク・ウェバー AUS レッドブル・ルノー + 51 Laps
 。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
Did not finish


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
ドライバーズチャンピオンシップ
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 1.ルイス・ハミルトン    70p
 2.フェルナンド・アロンソ  58p
 3.キミ・ライコネン     52p
 4.フェリペ・マッサ     51p
 5.ニック・ハイドフェルド  33p
 6.ロバート・クビサ     22p
 7.ジャンカルロ・フィジケラ 17p
 8.ヘイキ・コヴァライネン  14p
 9.アレクサンダー・ヴルツ   8p
10.ヤルノ・トゥルーリ     7p
11.ニコ・ロズベルグ      5p
12.デビッド・クルサード    4p
13.佐藤琢磨          4p
14.マーク・ウェバー      2p
15.ラルフ・シューマッハー   2p
16.ジェンソン・バトン     1p
17.セバスチャン・ヴェッテル  1p
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
ランクアップ
ランクダウン
ポイントゲット

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
コンストラクターズチャンピオンシップ
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 1.マクラーレン 128p
 2.フェラーリ  103p
 3.BMW     56p
 4.ルノー     31p
 5.ウィリアムズ  13p
 6.トヨタ      9p
 7.レッドブル    6p
 8.スーパーアグリ  4p
 9.ホンダ      1p
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 
・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚

 

キミに速さが戻って来た♪ゝ(▽`*ゝ)(ノ*´▽)ノワーイ♪

キミ特有の鋭さを感じさせる走りが復活しましたね (゚▽゚*)♪

スターティンググリッドでマッサが手を挙げたときは

どうなるコトかと思いましたが、

慌てるコトなく見事なスタート(≧∇≦)ノ♪

奇数列からだったら、1コーナーでハミルトンを

オーバーテイクしていたかもしれませんね。

そのあとのレース運びも完璧。

危なげなく今季3勝目をもぎ取りました(め‿ฺめ✿ฺ)

間違いなく言えるコトは、

速さにおいてキミはF1界随一であるというコト。

『ネイティブな速さ』で右に出るものはいません。

足りないのは『強さ』です。

ますます混迷を深めるタイトル争い。

チャンピオンシップの半分を終えた時点で

20ポイントの中に4人が入っています。

今後もこの2チーム4人でタイトル争いは続いて行くでしょう。

誰が最初に脱落するか。

おぃらはハミルトンじゃないかと思うのです。

キミ(フェラーリ)とアロンソが速さを取り戻した今、

経験で勝る彼らに1歩及ばない気がするんですよ。

勢いに乗ってるうちはいいとしても、

つまずいた時にどう立ち直るか。

興味深いトコロであります。

 

週末調子の良かったトヨタですが、

この絶好機に全滅では悔やむに悔やみきれないでしょう。

このままではレッドブルにかわされる日も

そう遠くないのかもしれません( ´_ゝ`)

今のトヨタからは速くなる要素が見当たらないんです。

ホンダ同様抜本的なチーム改革が必要だと思われます。

が、トヨタの体質上、それは期待できませんが……。

ドライバーズラインアップは変わるでしょうね。

おそらく来シーズンラルフはいないでしょう。

となると誰がシートに収まるのか(?_?)

 

レッドブルはDCとの契約を延長し、

早々と来シーズンのドライバーズラインアップを決めました。

BMWもニックとの契約を延長する見込みです。

もっとも、TMGの社長、ジョン・ハウエットとの関係が

よろしくありませんから、

ニックがトヨタに来るとも思えませんが(ー∇ー;)

ホンダとの契約が切れるルーベンスは

そのまま引退の可能性が濃厚だし、

ホンダに不満を持っているジェンソンも

似たような状況のトヨタに移るとも思えない。

おぃらの予想は、フィジコとアレックスとスーティルの

いずれかではないかとσ(・・*)

ネルシーニョことネルソン・ピケJrを乗せたいルノーは

フィジコかコヴァのどちらかを放出すると思います。

コヴァはともかく、F1での実績があるフィジコは

トヨタとしてはうってつけの人材かと思われます。

ウィリアムズは来シーズン

中嶋一貴がデビューするかもしれませんからね。

どのみちアレックスは来シーズン、

ウィリアムズのレギュラーシートを失う気がします。

開発力には定評があり、

かつ、トヨタエンジンを使うウィリアムズとは縁があります。

それからスーティル。

パドックでの評判は上々で、

ドイツに本拠地を置くトヨタとしては、

ドイツ人である彼を起用するのは

メリットも大きいかと思います。

 

コース上での戦い以外にも、

火花散る戦いが始まっていますね川*‘ -‘)/

こうした動きはトヨタだけの話じゃありません。

シーズン終了を待たずして動いたのがスパイカー。

スパイカーの出資者の御令嬢と結婚したアルバース。

シートは盤石かと思われましたが、

リザルトがともなわずこのレースを最後に

GPを去るコトになりました。

リザルトのみならず、彼持参のスポンサーフィーが、

半分も支払われてなかったためです。

才能だけじゃF1を走れない哀しい現実(ノ_・。)

今のF1は才能+αが求められるのです。

 

コース外と言えば、ナイジェル・ステップニーと

マイク・コフランがたいへんなコトになってますΣ(゜Д゜ノ)ノ

フェラーリ、マクラーレン、ホンダを巻き込んだ

このスキャンダルは、いつ決着がつくのやら(´・ω・`)

なにせ大物ですからね。

残念でなりません(●´・_・`●)

 

さて次はStop & Goのニュルブルリンクです。

ここでもフェラーリが速さを証明すれば、

後半はさらにおもしろくなるコト請け合い(* ̄∇ ̄)b

キミもマッサもがんばれo(*'▽'*)/☆゜'・:*☆




































PS.フジテレビさんへ

こんなコトを書くのは大変申し訳ないのですが、

フジテレビさん、どうか田中大貴アナを

F1に携わらせるのをやめてもらえないでしょうか。

正直フラストレーションが溜ります。

F1の知識はまるで無く、

言ってるコトはとんちんかん、

解説者の言っているコトを聞いていない、

もしくは著しく理解力が低い、

観察力も解像度も低い、

間も悪く、

アナウンサーとは思えないような低い日本語力。

そして、最もいただけないのは、

勉強する気が感じられないコトです。

F1中継において、成長を感じさせないのです。

勉強する気があるのなら、

つたないなりにも上記のような印象は薄れるし、

確実に伝わります。

それがまったく感じられません。

F1に情熱が無いのは構いませんが、

仕事なのですから真摯に取り組んでもらいたいのです。

それが出来ない人をF1に携わらせるのは勘弁していただきたい。

地上波の放送も見るに耐えない酷いものです。

経験を積ませる為に若手のアナウンサーを

CSの放送に起用するのは構いませんが、

丁寧な番組作りをして下さい。

CSの解説陣は世界に誇れるものだけに

実に残念でなりません。

| | コメント (5)

2007年7月 8日 (日)

'07 F1GP Rd.9 イギリスGP 予選

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
Pos. Driver 国籍 Constructor & Engine Time
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 1.ルイス・ハミルトン GBR マクラーレン・メルセデス 1:19.997
 2.
キミ・ライコネン FIN フェラーリ 1:20.099
 3.
フェルナンド・アロンソ ESP マクラーレン・メルセデス 1:20.147
 4.
フェリペ・マッサ BRA フェラーリ 1:20.265
 5.ロバート・クビサ  POL BMW 1:20.401
 6.
ラルフ・シューマッハー GER トヨタ 1:20.516
 7.
ヘイキ・コヴァライネン FIN ルノー 1:20.721
 8.
ジャンカルロ・フィジケラ ITA ルノー 1:20.775
 9.ニック・ハイドフェルド GER BMW 1:20.894
10.ヤルノ・トゥルーリ ITA トヨタ 1:21.240
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。 。。。。。。。。。。
11.マーク・ウェバー AUS レッドブル・ルノー 1:20.235
12.デビッド・クルサード GBR レッドブル・ルノー 1:20.329
13.アレクサンダー・ブルツ AST ウィリアムズ・トヨタ 1:20.350
14.
ルーベンス・バリチェロ BRA ホンダ 1:20.364
15.スコット・スピード USA トロロッソ・フェラーリ 1:20.515
16.ィタントニオ・リウッツィ ITA トロロッソ・フェラーリ 1:20.823
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
17.ニコ・ロズベルグ GER ウィリアムズ・トヨタ 1:21.219
18.ジェンソン・バトン GBR ホンダ 1:21.335
19.
アンソニー・デビッドソン GBR スーパー アグリ・ホンダ 1:21.448
20.エイドリアン・スーティル GER スパイカー・フェラーリ 1:22.019 
21.
佐藤 琢磨 JPN スーパー アグリ・ホンダ 1:22.045
22.
クリスチャン・アルバース NED スパイカー・フェラーリ 1:22.589
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

| | コメント (2)

2007年7月 7日 (土)

'07 F1GP Rd.9 イギリスGP P3

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
Pos. Driver 国籍 Constructor & Engine Time Lap
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 1.キミ・ライコネン FIN フェラーリ 1:19.751 17
 2.
フェルナンド・アロンソ ESP マクラーレン・メルセデス 1:19.920 12
 3.
フェリペ・マッサ BRA フェラーリ 1:19.969 17
 4.ルイス・ハミルトン GBR マクラーレン・メルセデス 1:20.344 12
 5.ニコ・ロズベルグ GER ウィリアムズ・トヨタ 1:20.666 17
 6.
ラルフ・シューマッハー GER トヨタ 1:20.770 21
 7.
ヴィタントニオ・リウッツィ ITA トロロッソ・フェラーリ 1:20.876 21
 8.
ヘイキ・コヴァライネン FIN ルノー 1:20.882 17
 9.
ニック・ハイドフェルド GER BMW 1:20.882 19
10.
アンソニー・デビッドソン GBR スーパー アグリ・ホンダ 1:20.915 23 
11.
ジャンカルロ・フィジケラ ITA ルノー 1:20.983 19
12.マーク・ウェバー AUS レッドブル・ルノー 1:21.002 16
13.
スコット・スピード USA トロロッソ・フェラーリ 1:21.039 19
14.
ルーベンス・バリチェロ BRA ホンダ 1:21.140 22
15.
アレクサンダー・ブルツ AST ウィリアムズ・トヨタ 1:21.148 17
16.
ロバート・クビサ POL  BMW 1:21.156 17
17.
ヤルノ・トゥルーリ ITA トヨタ 1:21.321 18
18.
デビッド・クルサード GBR レッドブル・ルノー 1:21.343 16
19.ジェンソン・バトン GBR ホンダ 1:21.583 24
20.
佐藤 琢磨 JPN スーパー アグリ・ホンダ 1:21.745 23
21.
クリスチャン・アルバース NED スパイカー・フェラーリ 1:22.101 23
22.
エイドリアン・スーティル GER スパイカー・フェラーリ 1:22.180 24
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

| | コメント (0)

'07 F1GP Rd.9 イギリスGP P2

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
Pos. Driver 国籍 Constructor & Engine Time Lap
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 1.キミ・ライコネン FIN フェラーリ 1:20.639 35
 2.
フェリペ・マッサ BRA フェラーリ 1:21.138 30
 3.
ラルフ・シューマッハー GER トヨタ 1:21.381 34
 4.ルイス・ハミルトン GBR マクラーレン・メルセデス 1:21.381 39
 5.ヤルノ・トゥルーリ ITA トヨタ 1:21.467 35
 6.
フェルナンド・アロンソ ESP マクラーレン・メルセデス 1:21.616 35
 7.
ニコ・ロズベルグ GER ウィリアムズ・トヨタ 1:21.619 40
 8.
アレクサンダー・ブルツ AST ウィリアムズ・トヨタ 1:21.650 37
 9.
マーク・ウェバー AUS レッドブル・ルノー 1:22.137 31
10.
アンソニー・デビッドソン GBR スーパー アグリ・ホンダ 1:22.143 40
11.
ヘイキ・コヴァライネン FIN ルノー 1:22.189 42
12.ジャンカルロ・フィジケラ ITA ルノー 1:22.257 39
13.
ロバート・クビサ POL  BMW 1:22.372 41
14.
デビッド・クルサード GBR レッドブル・ルノー 1:22.428 23
15.
ニック・ハイドフェルド GER BMW 1:22.486 34
16.
佐藤 琢磨 JPN スーパー アグリ・ホンダ 1:22.487 38
17.
ルーベンス・バリチェロ BRA ホンダ 1:22.511 39
18.
クリスチャン・クリエン AST ホンダ 1:22.833 45
19.スコット・スピード USA トロロッソ・フェラーリ 1:22.840 42
20.
ヴィタントニオ・リウッツィ ITA トロロッソ・フェラーリ 1:23.105 35
21.
クリスチャン・アルバース NED スパイカー・フェラーリ 1:23.113 35
22.
エイドリアン・スーティル GER スパイカー・フェラーリ 1:23.720 30
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

| | コメント (0)

2007年7月 6日 (金)

'07 F1GP Rd.9 イギリスGP P1

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
Pos. Driver 国籍 Constructor & Engine Time Lap
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 1.ルイス・ハミルトン GBR マクラーレン・メルセデス 1:21.100 24
 2.
キミ・ライコネン FIN フェラーリ 1:21.211 26
 3.
フェリペ・マッサ BRA フェラーリ 1:21.285 26
 4.フェルナンド・アロンソ ESP マクラーレン・メルセデス 1:21.675 21
 5.ニコ・ロズベルグ GER ウィリアムズ・トヨタ 1:22.006 24
 6.
ロバート・クビサ POL  BMW 1:22.107 25
 7.
ニック・ハイドフェルド GER BMW 1:22.176 13
 8.
アレクサンダー・ブルツ AST ウィリアムズ・トヨタ 1:22.216 23
 9.
ラルフ・シューマッハー GER トヨタ 1:22.878 21
10.
ルーベンス・バリチェロ BRA ホンダ 1:22.956 27
11.
ヤルノ・トゥルーリ ITA トヨタ 1:23.030 26
12.アンソニー・デビッドソン GBR スーパー アグリ・ホンダ 1:23.037 24
13.
ヘイキ・コヴァライネン FIN ルノー 1:23.099 25
14.
ジャンカルロ・フィジケラ ITA ルノー 1:23.179 21
15.
ジェンソン・バトン GBR ホンダ 1:23.517 17
16.
佐藤 琢磨 JPN スーパー アグリ・ホンダ 1:23.548 18
17.
マーク・ウェバー AUS レッドブル・ルノー 1:23.564 21
18.
デビッド・クルサード GBR レッドブル・ルノー 1:23.618 15
19.スコット・スピード USA トロロッソ・フェラーリ 1:23.854 20
20.
エイドリアン・スーティル GER スパイカー・フェラーリ 1:23.954 25
21.
ヴィタントニオ・リウッツィ ITA トロロッソ・フェラーリ 1:24.154 23
22.
クリスチャン・アルバース NED スパイカー・フェラーリ 1:24.172 30
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

| | コメント (0)

2007年7月 5日 (木)

今日思った事

幸福論と自分

| | コメント (0)

2007年7月 4日 (水)

Margherita

Margherita

 

大好き❤ฺ(*◡‿◡✿ฺ人)

| | コメント (2)

2007年7月 3日 (火)

今日思った事

環境問題とガイア理論

| | コメント (0)

2007年7月 2日 (月)

'07 F1GP Rd.8 フランスGP 決勝

キミ 待望の今季2勝目O(≧▽≦)O♪

 
2位にはマッサが入り、フェラーリは1-2フィニッシュ!!

マクラーレンは精彩を欠いたレースだった。

 

・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚ 


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
Pos. Driver 国籍 Constructor & Engine Time
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 1.キミ・ライコネン FIN フェラーリ 1:30:54.200
 2.
フェリペ・マッサ BRA フェラーリ + 2.400
 3.ルイス・ハミルトン GBR マクラーレン・メルセデス + 32.100
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
 4.ロバート・クビサ POL BMW + 41.700
 5.
ニック・ハイドフェルド GER BMW + 48.800
 6.ジャンカルロ・フィジケラ ITA ルノー + 52.200
 7.フェルナンド・アロンソ ESP マクラーレン・メルセデス + 56.500
 8.
ジェンソン・バトン GBR ホンダ + 58.800
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
 9.ニコ・ロズベルグ GER ウィリアムズ・トヨタ + 68.500
10.ラルフ・シューマッハー GER トヨタ + 1 Laps
11.ルーベンス・バリチェロ BRA ホンダ + 1 Laps
12.
マーク・ウェバー AUS レッドブル・ルノー + 1 Laps
13.
デビッド・クルサード GBR レッドブル・ルノー + 1 Laps
14.アレクサンダー・ヴルツ AST ウィリアムズ・トヨタ + 1 Laps
15.
ヘイキ・コヴァライネン FIN ルノー + 1 Laps
16.佐藤 琢磨  JPN スーパーアグリ・ホンダ + 2 Laps
17.
エイドリアン・スーティル GER スパイカー・フェラーリ + 2 Laps
 。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
   スコット・スピード USA トロロッソ・フェラーリ + 15 Laps
   クリスチャン・アルバース NED スパイカー・フェラーリ + 42 Laps
   アンソニー・デビッドソン GBR スーパーアグリ・ホンダ + 69 Laps
  
 ヤルノ・トゥルーリ ITA トヨタ + 69 Laps
   ヴィタントニオ・リウッツィ ITA トロロッソ・フェラーリ + 70 Laps
 。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
Did not finish


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
ドライバーズチャンピオンシップ
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 1.ルイス・ハミルトン    64p
 2.フェルナンド・アロンソ  50p
 3.フェリペ・マッサ     47p
 4.キミ・ライコネン     42p
 5.ニック・ハイドフェルド  30p
 6.ジャンカルロ・フィジケラ 16p
 7.ロバート・クビサ     17p
 8.ヘイキ・コヴァライネン  12p
 9.アレクサンダー・ヴルツ   8p
10.ヤルノ・トゥルーリ     7p
11.ニコ・ロズベルグ      5p
12.デビッド・クルサード    4p
13.佐藤琢磨          4p
14.マーク・ウェバー      2p
15.ラルフ・シューマッハー   2p
16.ジェンソン・バトン     p
17.セバスチャン・ヴェッテル  1p

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
ランクアップ
ランクダウン
ポイントゲット

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
コンストラクターズチャンピオンシップ
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 1.マクラーレン 114p
 2.フェラーリ   89p
 3.BMW     48p
 4.ルノー     28p
 5.ウィリアムズ  13p
 6.トヨタ      9p
 7.レッドブル    6p
 8.スーパーアグリ  4p
 9.ホンダ      p
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 
・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚

 

フェラーリ復活♪ゝ(▽`*ゝ)(ノ*´▽)ノワーイ♪

と言っていいかどうかはまだ判じかねますが、

なによりキミの勝利はすっごいうれしぃです (゚▽゚*)♪

レース運びも見事の一言(≧∇≦)ノ♪

手に汗にぎる、緊迫したレースでした(u‿ฺu✿ฺ)

それにしてもマクラーレンは

このトコロの勢いがウソのように停滞。

アロンソに至ってはまったくらしからぬ走りを見せ、

フェラーリとマクラーレンが真逆の内容でした。

はたしてこれはマニクールだけなのでしょうかσ(・・*)

次のレースに答えが隠されているかもしれません。


これで4人が2勝ずつでキレぃにならびました。

キミもチャンピオンシップの挑戦権を

かろうじて保持しています。

ここまでの混戦は近年類にありません。

キミはここから巻き返せるのか。

ハミルトンはどこまで行くのか。

興味は尽きませんヾ(✿❛◡❛ฺฺ)ノ


そして、ホンダはようやく今季初ポイントですね(め‿ฺめ*)✿ฺ

これをきっかけに一気に浮上!

……とはいかないでしょう( ´_ゝ`)

おそらく今シーズンは表彰台にすら登れないと思います。

でも、必ず来シーズンは浮上してくるでしょう。

その片鱗を感じさせてくれる

レースを期待しています(*´ー`)


サテ、最後のF1となったマニクール。

悪名高いこのサーキットともこれでお別れです。

ジャン・マリー・バレストルの肝いりで

招致されたのが始まりでした。

ポールリカールがスキだったおぃらとしては

おもしろぃ話じゃありませんでしたが、

今となっては感慨深いものです(u‿ฺu✿ฺ)

来年はフランスGP自体が無くなります。

しかし、再来年にはユーロディズニーでの開催となって

フランスGPが帰ってくる予定です。

個人的にはポールリカールに

GPが帰ってくるコトが望ましいですが、

現在のF1の基準には満たない為、

それはおそらく無いでしょう。

いずれにせよ、新しくなって帰ってくる

フランスGPが楽しみです.:♪*:・'(*⌒—⌒*)))


次はハミルトンの母国、英国です。

ここも開催でもめていますが、

個人的にはロンドンよりもシルバーストーンで

継続開催して欲しいです。

ナイジェルもそれを望んでいるはず。

そのへんのトコロ、よろしく頼むよバーニーヾ(´囗`。)ノ

| | コメント (2)

2007年7月 1日 (日)

'07 F1GP Rd.8 フランスGP 予選

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
Pos. Driver 国籍 Constructor & Engine Time
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 1.フェリペ・マッサ BRA フェラーリ 1:15.034
 2.
ルイス・ハミルトン GBR マクラーレン・メルセデス 1:15.104
 3.
キミ・ライコネン FIN フェラーリ 1:15.257
 4.
ロバート・クビサ  POL BMW 1:15.493
 5.ジャンカルロ・フィジケラ ITA ルノー 1:15.674
 6.
ヘイキ・コヴァライネン FIN ルノー 1:15.826
 7.
ニック・ハイドフェルド GER BMW 1:15.900
 8.
ヤルノ・トゥルーリ ITA トヨタ 1:15.935
 9.ニコ・ロズベルグ GER ウィリアムズ・トヨタ 1:16.328
10.フェルナンド・アロンソ ESP マクラーレン・メルセデス no time
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。 。。。。。。。。。。
11.ラルフ・シューマッハー GER トヨタ 1:15.534
12.ジェンソン・バトン GBR ホンダ 1:15.584
13.ルーベンス・バリチェロ BRA ホンダ 1:15.76
14.
マーク・ウェバー AUS レッドブル・ルノー 1:15.806
15.スコット・スピード USA トロロッソ・フェラーリ 1:16.049
16.デビッド・クルサード GBR レッドブル・ルノー no time
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
17.ィタントニオ・リウッツィ ITA トロロッソ・フェラーリ 1:16.142
18.アレクサンダー・ブルツ AST ウィリアムズ・トヨタ 1:16.241
19.
佐藤 琢磨 JPN スーパー アグリ・ホンダ 1:16.244
20.アンソニー・デビッドソン GBR スーパー アグリ・ホンダ 1:16.366
21.
クリスチャン・アルバース NED スパイカー・フェラーリ 1:17.826
22.
エイドリアン・スーティル GER スパイカー・フェラーリ 1:17.915
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

| | コメント (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »