« '07 F1GP Rd.9 イギリスGP 決勝 | トップページ | '07 ツール・ド・フランス 第3ステージ »

2007年7月10日 (火)

'07 アジアカップ 日本 vs カタール

観られず(〃_ _)σ‖

しかし悔い無し(* ̄m ̄)

あのタイミングで失点は避けなきゃなりません。

観ていないので内容はわかりませんが、

あの時間帯のセットプレイでの失点は

監督がどうとか、戦術がどうとかの問題ではありません。

選手個々の意識の問題です。

日本の技術や能力はフットボール史上

かつて無いスピードで進化したのは確かです。

が、

メンタリティは逆に退化したのではないでしょうか?

ロスタイムでゴールを許した

『ドーハの悲劇』のときと比べてみると、

集中力の欠如と言う点では同じでしょう。

ですが、状況はまるで違う。

『ドーハの悲劇』のときは、

悲願達成を目前にし、心ここに在らずという状態で

致し方ない側面もありました。

プロ化間もなくであったにもかかわらず、

この瞬間までは最後まで決してあきらめないという

『大和魂』と言えるメンタリティを持ち合わせていたのは

衆目の一致する意見でしょう。

フットボールがプロ化して十余年。

格段の進化を遂げ、数々のタイトルを手にした今、

なぜこのようなことが起きるのでしょうか。

はたして彼らから『大和魂』を

感じる事がありますでしょうか。

技術は進化しても、

文化は進化していないのではないのでしょうか。

せめてもの救いは負けたワケじゃないと言うコト。

この試合を糧に、残りの2試合は

必ず勝利をもぎ取っていただきたい。

選手のみなさん、お願いしますよ(めへめ*)

|

« '07 F1GP Rd.9 イギリスGP 決勝 | トップページ | '07 ツール・ド・フランス 第3ステージ »

コメント

おしゃるように、私も観なかったのですが「やっぱり・・・」というような感じですね。

あの時間の失点は・・・・

もう何も言うまい


             です

投稿: 「感動創造」 | 2007年7月12日 (木) 09時24分

いよいよUAE戦ですね。
ここが正念場。
向こうはベトナムに負けてますし、きっと死にものぐるいで来ることでしょう。
しかしオシムさんて、もともとああいう人なんですか?
どうも、インタビュアーへの返事は、逆ギレに見えてしまって・・・。

投稿: コレバナ | 2007年7月12日 (木) 09時32分

>> 「感動創造」さん
あの時間帯での失点を無くさないコトには
代表に未来はありません。


>> コレバナさん
巷間ではインタビュアーがとんちんかんだったという意見が多いようですね。
地上波のアナウナサーはあまり程度がよろしくないように感じます。
というか、スポーツ民度が低い国なんでしょうね(´・ω・`)

投稿: サミィ | 2007年7月13日 (金) 00時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25436/7104295

この記事へのトラックバック一覧です: '07 アジアカップ 日本 vs カタール:

« '07 F1GP Rd.9 イギリスGP 決勝 | トップページ | '07 ツール・ド・フランス 第3ステージ »