« センター・ウィング | トップページ | ホイール・ベース »

2007年6月20日 (水)

チムニー

サイドポンツーンから伸びる煙突状のもので、

ラジエターなどの廃熱処理の為のパーツです。

チムニー・ダクトとも。

巨大化したエキゾースト・シュラウドを

チムニーと呼ぶ事もあります。

先鞭を付けたのはマクラーレン。

サーキットの気候、条件によって開口面積を調整し、

完全にふたをしてしまう事もあります。

それでも取り外さないのは、チムニー・ダクト自体が

後方への空力整流効果がある為です。

|

« センター・ウィング | トップページ | ホイール・ベース »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。