« '07 F1GP Rd.7 アメリカGP 予選 | トップページ | センター・ウィング »

2007年6月18日 (月)

'07 F1GP Rd.7 アメリカGP 決勝

ハミルトン連続ポール・トゥ・ウィン!!

 
アロンソは2位に入るも、ポイント差は10に拡大。

フェラーリ勢はなんとかマクラーレンのあとに入った。

 

 

・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚

 
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
Pos. Driver 国籍 Constructor & Engine Time
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 1.ルイス・ハミルトン GBR マクラーレン・メルセデス 1:31:09.965
 2.
フェルナンド・アロンソ ESP マクラーレン・メルセデス + 1.518
 3.フェリペ・マッサ BRA フェラーリ + 12.842
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
 4.キミ・ライコネン FIN フェラーリ + 14.422
 5.
ヘイキ・コヴァライネン FIN ルノー + 41.402
 6.ヤルノ・トゥルーリ  ITA トヨタ + 1:06.703
 7.マーク・ウェバー  AUS レッドブル・ルノー + 1:07.331
 8.
セバスチャン・ヴェッテル  GER BMW + 1:07.783
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
 9.ジャンカルロ・フィジケラ ITA ルノー + 1 Laps 
10.アレクサンダー・ヴルツ AST ウィリアムズ・トヨタ + 1 Laps 
11.アンソニー・デビッドソン GBR スーパーアグリ・ホンダ + 1 Laps 
12.
ジェンソン・バトン GBR ホンダ + 1 Laps 
13.
スコット・スピード  USA トロロッソ・フェラーリ + 2 Laps 
14.エイドリアン・スーティル GER スパイカー・フェラーリ + 2 Laps 
15.
クリスチャン・アルバース NED スパイカー・フェラーリ + 3 Laps
16.ニコ・ロズベルグ GER ウィリアムズ・トヨタ + 5 Laps 
17.
ヴィタントニオ・リウッツィ ITA トロロッソ・フェラーリ + 5 Laps
 。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
   ニック・ハイドフェルド  GER BMW + 17 Laps
   佐藤 琢磨 JPN スーパーアグリ・ホンダ + 60 Laps
   ルーベンス・バリチェロ BRA ホンダ + 72 Laps
  
 デビッド・クルサード GBR レッドブル・ルノー + 72 Laps
   ラルフ・シューマッハー  GER トヨタ + 73 Laps 
 。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
Did not finish


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
ドライバーズチャンピオンシップ
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 1.ルイス・ハミルトン    58p
 2.フェルナンド・アロンソ  48p
 3.フェリペ・マッサ     39p
 4.キミ・ライコネン     32p
 5.ニック・ハイドフェルド  26p
 6.ジャンカルロ・フィジケラ 13p
 7.ロバート・クビサ     12p
 8.ヘイキ・コヴァライネン  12p
 9.アレクサンダー・ヴルツ   8p
10.ヤルノ・トゥルーリ     p
11.ニコ・ロズベルグ      5p
12.デビッド・クルサード    4p
13.佐藤琢磨          4p
14.マーク・ウェバー      p
15.ラルフ・シューマッハー   2p
16.セバスチャン・ヴェッテル  p
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
ランクアップ
ランクダウン
ポイントゲット

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
コンストラクターズチャンピオンシップ
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 1.マクラーレン 106p
 2.フェラーリ   71p
 3.BMW     39p
 4.ルノー     25p
 5.ウィリアムズ  13p
 6.トヨタ      9p
 7.レッドブル    p
 8.スーパーアグリ  4p
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 
・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚

 

もはや脅威の新人と言う言葉さえも陳腐に聞こえます。

アンダーカテゴリーからステップアップして来たドライバーで

初年度からここまでの活躍をしたドライバーは、

過去に類を見ないものです。

ハミルトンとアロンソ、この二人の間で

タイトル争いが繰り広げられるのも

現実味を帯びてきましたね。

というのも、このところフェラーリ勢がぴりっとしない。

なかんずくキミがまったく存在感を無くしてしまっているのです。

フェラーリ勢がスピードを取り戻せない限り、

タイトル争いはハミルトンとアロンソの

マッチアップになってしまいます。

それはそれでおもしろいんですが、

やっぱり四つ巴の乱戦が見たいですね(め‿ฺめ*)✿ฺ

最近、アロンソがチームに対する不満を表面化させています。

これは本音ではあるんでしょうが、

むしろF1特有のパワーゲームを仕掛けているのでしょう。

健全であれば、セナプロの再現も有りですが、

ロン・デニスの心労はつきそうにありません(*´・д・)

引退前の最後の大仕事になりそうです。

クビサの代役としてデビューを果たしたヴェッテル。

予選ではQ3に進出し、

決勝ではポイントゲットの大活躍!

若干19歳の若武者ですが、

ポテンシャルの高さを証明しました。

こうなってくると、いよぃよ首筋が寒くなって来たのが

トロロッソのスコット・スピード。

レッドブルの戦略的にもアメリカのマーケットは重要ですが、

いかんせんスピードがありません。

来シーズンはヴェッテルにシートを奪われる可能性が

このレースでさらに高まったでしょう。

いまはBMWとサードドライバーの

契約を交わしているヴェッテルですが、

これはレッドブルからのレンタル。

来シーズン保有権はレッドブルに戻ります。

ヴェッテルの才能に惚れ込んでいるマリオ・タイセン博士ですが、

今年のニックの活躍を見れば彼を切るワケにも行かず、

かといってクビサを切れるワケもなく。

来シーズンレギュラードライバーに抜擢しなければ

ヴェッテルの保有権を失ってしまうだけに

大いに頭を悩ませています。

そのニックもトヨタ入りの話がありましたが、

どうやら立ち消えになってしまったようです。

トヨタは、もともとTMG社長のジョン・ハウエットの肝いりで

ラルフを起用した経緯があります。

チームとしてはラルフとの契約延長に消極的でしたが、

トヨタチームの中での自身の立場を弱めない為にも

強行にラルフとの契約延長を押し進めているようです。

このハウェットのエゴも

トヨタの足を引っ張る要因の一つでしょう。

山科さんはこの辺の組織改革から始めるべきじゃないかと

個人的には思うんですが(^-^;)ゞ

それ以前に日本の会社的な組織作り自体が

F1の空気にそぐわないものです。

マイク・ガスコインの解雇以来、

優秀なエンジニアがトヨタを嫌厭してるあたりに

顕著に見て取れます。

参戦当初こそそのネームバリューで優秀な

エンジニアが集まってきましたが、

今では閑散として来ています。

トヨタは体質を改善させない限り、

優勝をねらえるチームにはなれないでしょう。

ホンダも苦闘が続きます。

こちらも組織改革が必要でしょうね。

ロス・ブラウンの獲得に成功すれば

一気に浮上する可能性もあるんですが……。

今、このチームにはエンジニアを引っ張る

強いリーダーが不可欠です。

できれば琢磨の復帰があるとうれしいんですが(>_<)

アグリはあまり良い週末とは行きませんでした(´・ω・`)

琢磨に対するペナルティもキビシぃように感じます。

レギュレーションをかいくぐって

ホンダのマシンを使用している手前、

この辺りでバランスを取っておかないと

先々問題があるでしょうから、

騒がず眼をつむっておいた方が得策でしょうね。

良い時もあれば悪い時もある。

チームの雰囲気はいいし、

期待を遥かに上回る活躍をしています。

この調子でめげる事無く突き進んで欲しいですね♪

|

« '07 F1GP Rd.7 アメリカGP 予選 | トップページ | センター・ウィング »

コメント

サミィ さん

おはようございます!

深夜のコメント感謝です!

けっこう遅くまで起きていらしゃるのですね。

暑い日が続きますので
水分補給や睡眠は大切ですからねぇ~!!

さて、アメリカGP、ハミルトン連チャンっすね!
いや、これはもう本物ですね。

アロンソも2位につけるところが
さすがですね。

それから確かにトヨタは、販売台数世界一にリーチなのはいいですが、その驕りというか、傲慢さがあるように思いますね。
しょせんF1も車を売るための手法のひとつのような・・・

やっぱりリーダーが必要ですね。

投稿: 「感動創造」 | 2007年6月21日 (木) 07時42分

こんにちは。
期待された北米ラウンドでの連敗。
フェラーリは厳しくなりましたね。
しかし、ハミルトンの安定感にはホント驚きです。
イギリスメディアのハミルトンびいきに、アロンソはかなり参っているようですね。
個人的には、マニクールから王者の逆襲が観られるんじゃないかと期待していますが・・。

しかし北米ラウンド、OA時間が辛すぎです。

投稿: mintslife | 2007年6月21日 (木) 11時26分

こんばんは!
ハミルトンはもう新人なんかじゃないいですよね。
アロンソの今後の戦い方も楽しみです。
琢磨残念でしたが、またポイントゲットしてくれるのを期待してます。

投稿: グレート・タカ | 2007年6月21日 (木) 21時47分

>> 「感動創造」さん
そうですねぇ。
トヨタからは真剣味と言うか、パッションがあまり伝わって来ないんです。
そんなコトはないんでしょうけど(^-^;)ゞ

それから、お気遣いありがとうございます(≧∇≦)ノ♪
「感動創造」さんもご自愛下さいましね(め‿ฺめ*)✿ฺ


>> mintslifeさん
北米ラウンドは日本ではキツぃですょねぇ(>_<)
フェラーリはもう負けられませんね。
風洞の破損による開発のストップがそうとう響いています。
取り返しがつかなくなる前に、ヨーロッパラウンドからはネジを巻いてかからねばなりません。


>> グレート・タカさん
もはやハミルトンは新人だと考えるワケにはいきませんね。
アロンソは認めなければなりません。
ハミルトンがタイトルにチャレンジできるトコロにいるコトを。
さもなくば足下をすくわれるかねませんからね(めへめ*)

投稿: サミィ | 2007年6月22日 (金) 22時45分

ども!
なかなか来られなくて、いつもスミマセン。f(^^;)

やはり出てきましたね。
アロンソの不満。
ポディウムでは肩を組んだりしてましたが、パフォーマンス以外の何ものでもないように感じました。
ハミルトンのチャンピオンへの幅寄せといい、今後遺恨が積み重なって行く感じでっせ。
セナ・プロでもそうですが、ロン・デニス、むしろこういう事態を計算しているのではないかと、思うこともあります。
ドライバー二人が憎み合う形にわざと持っていってるような・・・。(恐ろしい)
しかし、かつて輝きを放ったドライバー(モントーヤもキミも)が、どうして、マクラーレンに来ると、こうも、落ち目になるのか。
今後はアロンソとフェラーリにがんばってもらわなければ、ですね。

やはりシーズン前の下馬評通り、ベッテルは速かったですね!
一気に若い世代が主役になってしまいました。
(アロンソもまだ十分若いのですが・・・。f(^^;))
今度はどっかで中嶋一貴が走ってくれないかなあ。f(^^;)
そうそう、ニコがぱっとしないのも気になります。

投稿: コレバナ | 2007年6月23日 (土) 09時23分

>> コレバナさん
今年はルーキーの当たり年ですね♪
この背景にはGP2の存在とF1マシンの変化があげられるでしょう。
ヴェッテルはトロロッソ、
中嶋一貴はウィリアムズがありそうですね。
ニコはあまりカメラに抜かれませんが、走り自体には光を放っています。
コレバナさんがおっしゃるようにこのトコロ不調でしたが(^-^;)ゞ
でもパドックでの評判は上々。
フェラーリがキミを放出してニコを獲得Σ(゜□゜)するという噂もあったくらいです。

投稿: サミィ | 2007年6月24日 (日) 01時17分

この記事へのコメントは終了しました。

« '07 F1GP Rd.7 アメリカGP 予選 | トップページ | センター・ウィング »