« '07 F1GP Rd.6 カナダGP 予選 | トップページ | 再開 »

2007年6月11日 (月)

'07 F1GP Rd.6 カナダGP 決勝

ハミルトン 初勝利はポール・トゥ・ウィン!!

 
琢磨は今シーズン2度目のポイントゲットo(*'▽'*)/☆゜'・:*☆

 

・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚

 
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
Pos. Driver 国籍 Constructor & Engine Time
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 1.ルイス・ハミルトン GBR マクラーレン・メルセデス 1:44:11.292
 2.
ニック・ハイドフェルド  GER BMW + 4.300
 3.アレクサンダー・ヴルツ AST ウィリアムズ・トヨタ + 5.300
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
 4.ヘイキ・コヴァライネン FIN ルノー + 6.700
 5.
キミ・ライコネン FIN フェラーリ + 13.000
 6.佐藤 琢磨 JPN スーパーアグリ・ホンダ + 16.600
 7.フェルナンド・アロンソ ESP マクラーレン・メルセデス + 21.900
 8.
ラルフ・シューマッハー  GER トヨタ + 22.800
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
 9.マーク・ウェバー  AUS レッドブル・ルノー + 22.900
10.ニコ・ロズベルグ GER ウィリアムズ・トヨタ + 23.900
11.デビッド・クルサード GBR レッドブル・ルノー + 24.300
12.
ルーベンス・バリチェロ BRA ホンダ + 30.400
 。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
  
ヤルノ・トゥルーリ  ITA トヨタ + 12 Laps
   ヴィタントニオ・リウッツィ ITA トロロッソ・フェラーリ + 15 Laps
  
ジャンカルロ・フィジケラ ITA ルノー + 18 Laps
  
フェリペ・マッサ BRA フェラーリ + 18 Laps
  
クリスチャン・アルバース NED スパイカー・フェラーリ + 21 Laps
   アンソニー・デビッドソン GBR スーパーアグリ・ホンダ + 35 Laps
   ロバート・クビサ POL BMW + 43 Laps
   エイドリアン・スーティル GER スパイカー・フェラーリ + 48 Laps
  
 スコット・スピード  USA トロロッソ・フェラーリ + 61 Laps
   ジェンソン・バトン GBR ホンダ + 70 Laps
 。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
リタイア


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
ドライバーズチャンピオンシップ
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 1.ルイス・ハミルトン    48p
 2.フェルナンド・アロンソ  40p
 3.フェリペ・マッサ     33p
 4.キミ・ライコネン     27p
 5.ニック・ハイドフェルド  26p
 6.ジャンカルロ・フィジケラ 13p
 7.ロバート・クビサ     12p
 8.アレクサンダー・ヴルツ   p
 9.ヘイキ・コヴァライネン   p
10.ニコ・ロズベルグ      5p
11.デビッド・クルサード    4p
12.佐藤琢磨          p
13.ヤルノ・トゥルーリ     4p
14.ラルフ・シューマッハー   p
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

ランクアップ
ランクダウン
ポイントゲット

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
コンストラクターズチャンピオンシップ
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 1.マクラーレン 88p
 2.フェラーリ  60p
 3.BMW    38p
 4.ルノー    21p
 5.ウィリアムズ 13p
 6.トヨタ     p
 7.レッドブル   4p
 8.スーパーアグリ p
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 
・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚

 

秒読みと言われていたハミルトンの優勝。

まさか初体験のモントリオールで迎えるコトになるとは……。

確信したコトがあります。

彼はチャンピオンになる。

それが今年かどうかはわかりませんが、

将来必ずなります。

「なにをいまさら」

と言われるかもしれませんが、

おぃらの中で今回のレースで完璧にその像を結んだのです。

それは優勝したからではありません。

彼の勝ち方です。

優勝したドライバーは何人もいます。

しかし、チャンピオンになれたドライバーは数少ない。

その違いは何でしょう。

アロンソにあってフィジコに無いもの。

運です。

チャンピオンの位に届いたものは

一人の例外もなく運が味方をしてくれたものです。

F1界のドン、バーニーはブラバムのオーナーだった頃

ドライバーの選定に必ずこの要素を入れていました。

「速くても運が無いヤツはチャンピオンになれない」

この言葉は、残念ながら的を得ていたのです。

最近気掛りなコトがあります。

今シーズンのチャンピオン最有力候補として挙げた

キミ・ライコネンのコトです。

彼は天性の類い稀なるスピードを持っています。

しかし、マシンの信頼性に泣かされるコトが多く、

いままでタイトルに手が届きませんでした。

業を煮やしてフェラーリに移籍した途端、

マクラーレンは信頼性を獲得、

今年の躍進に繋がっています。

チャンピオンに必要な要素にはもう一つあります。

必要な時に必要な場所にいるコト。

かのレジェンド、ファン・マヌエル・ファンジオは

絶妙のタイミングで速いマシン、チームを渡り歩き、

5度のチャンピオンになったのです。

フェラーリはマクラーレンに

すっかり水を空けられてしまいました。

もし、キミが今年タイトルを獲得できなかったとしたら、

ひょっとしたら彼はチャンピオンになれないかもしれません。

GP随一のスピードを誇っているにも関わらず──。

あっΣ(゜□゜)

そうだそうだ、ナイジェルはとことん

運に突き放されていましたねヾ(;´▽`A``

ただ、'91に引退を翻し、ウィリアムズへ移籍しました。

最後の最後で"必要な場所"に身を置いたのです。

ハミルトンはその両方を

兼ね揃えていることを証明しました。

次々と起こるアクシデントが彼を後押しする結果となり、

導かれるように優勝を手にしました。

これにより、おぃらの中で彼がタイトルを手にする画が

完璧に見えたのです。

今シーズン4人目のウィナーの誕生。

ますます混迷を深める展開に

インディアナポリスが待ちきれませんO(≧▽≦)O♪

 

と、ここで終わってもおかしくないくらいの

文量を書きましたが、まだ終われません。

ただでさえ書きたいコトがてんこもりの内容でしたが、

それを書いてたらキリがありません。

でもこれは書かずにいられませんよね。

琢磨6位入賞ヽ(*⌒∇⌒*)ノ::・'゚☆。.::・'゚★。ワーイ

それも、アロンソをオーバーテイクして

もぎ取った6位です(((p(≧∇≦)q)))

終盤は国際映像を釘付けにした熱走。

終盤の主役を演じました。

今シーズン中に再びポイントが獲れるなんて

予想だにしていませんでした。

まったく、なんというドライバーなのでしょう。

個人的にはやっぱり本家に復帰してもらいたいです。

優勝できるだけのポテンシャルがあるだけに

その思いはつのります。

ですが、いまはアグリでその存在感を

遺憾なく発揮していただきたいです(♞ฺฺ‿ฺ♞ฺ)✿ฺ

次はアメリカ。

琢磨が表彰台に立ったGPです。

連続ポイントゲットだo(*'▽'*)/☆゜'・:*☆

|

« '07 F1GP Rd.6 カナダGP 予選 | トップページ | 再開 »

コメント

こんばんは。
いや~全く同じ事を考えていました。
あれだけ荒れた展開の中、ハミルトンだけがピットインのタイミングも含め完璧でしたからね・・。
強運の持ち主という点では、アロンソ以上のものを感じます。
速いドライバーと強いドライバー。
微妙に違うんですよね~。

投稿: mintslife | 2007年6月14日 (木) 19時38分

>> mintslifeさん
速いドライバーと強いドライバー。
違いますね(゚ー゚)(。_。)(゚-゚)(。_。)ウンウン
タイトルを獲れるドライバーというのは、運を引き寄せるコトが出来るんだと思います。
シューはその典型でした。

投稿: サミィ | 2007年6月15日 (金) 00時14分

サミィさん

おはようございます!

TBありがとうございます!
わたしのばあい、どっちかというとF1よりも80年代音楽に、おまけとしてつけておいただけなんですが、みなさまからTBをいただけ驚いてます。

サミィさんがおっしゃるように、最後は「運」ですよね。
こればかりは、もって生まれたモノとしかいいようがないっす。

これは経営者でも、戦国武将でも相通じるものがありますね。

投稿: 「感動創造」 | 2007年6月15日 (金) 07時35分

あれれ、上の記事はコメント受け付けてなかったですか?

しかしサミィさん、本当にお詳しいですね。

女性のブログで、インダクション・ポッド 、ロール・フープ 、ヘッド・プロテクターなどを取り上げている方は、サミィさんぐらいですよね!!!!

スキーもアルペンですし、根っからスピードがお好きなんですね~~

まぁ、わたしもなんですが。

投稿: 「感動創造」 | 2007年6月15日 (金) 07時39分

ども!
今頃になりまして。

ハミルトン、おっしゃるとおり、天性の才能と同時に神に愛されてるのか? と思えるほどの強運ぶりですね。
ハッキネン以来、チャンピオンからは遠ざかっていたマクラーレンが黄金時代を彷彿とさせるような好調の時に居合わせたというのは、まさに天の配剤。
うーむ、逆にすごすぎて、セナに近づきすぎないことだけを願いますが。

琢磨は・・・。
もう本家がほしくてたまらないんじゃないでしょうかね。f(^^;)
アロンソがソフトをはかざるを得なくなったところで、琢磨がハードで抜けた、ってのも、天の配剤のような気もします。

投稿: コレバナ | 2007年6月15日 (金) 15時42分

>> 「感動創造」さん
好奇心旺盛なだけです(^-^;)ゞ
でもフジTVのアナウンサーよりは詳しいとは思いますが ┐(´ー`)┌
彼らは素人かと思えるほど質が低いです(-"- )
あ、ちなみに'80sスキです(人´∀`).☆.。.:*・
主にダンスミュージックですがヾ(;´▽`A``
ボーイズタウンギャングだのバナナラマだのアースウィンドアンドファイアーだの……❤ฺ(*◡‿◡✿ฺ人)

そぅそう、カテゴリー『F1解体新書』はテクニカルノートだと考えて下さいm(._.*)m
F1の記事を書く時に、専門用語の説明を省く為に注釈としてupしているんです。
ひいてはそれがF1観戦の一助になればと思っておいります(u‿ฺu✿ฺ)
ちょっとした四方山話なども添えてあるので、
興味がございましたらちらりとのぞいてみて下さい (゚▽゚*)♪

投稿: サミィ | 2007年6月16日 (土) 01時23分

>> コレバナさん
おぃらは的には強運と言うより、運を引き寄せる力を持っていると考えています(u‿ฺu✿ฺ)
強運て言うと偶然な感じが強いんですが、一握りの彼らはそれらを自らの力で引きよているような気がしてならないんです。
漫然としていては運は転がって来ないと思うんですょ。
これはオカルティズムの話ではなく、因果律の話として考えているんですσ(め∀め*)
これは明確に違うんじゃないかと思うんですが、浅はかなおぃらにゃあうまく説明が出来ません(〃_ _)σ‖

それにしても、琢磨のあんな走りを見せられたら速いマシンに乗せたくなっちゃいますょね(๑→‿ฺ←๑)

投稿: サミィ | 2007年6月16日 (土) 01時36分

この記事へのコメントは終了しました。

« '07 F1GP Rd.6 カナダGP 予選 | トップページ | 再開 »