« ねむー | トップページ | 言い訳(´・ω・`) »

2007年5月16日 (水)

痛ましい

やっぱり書きます。

迷ったんですが。

おぞましい事件ですよね。

例の生首事件です。

親殺し子殺しというのは、

この世でもっとも業の深い所行だと思うんです。

親子兄弟に対して殺意が芽生える瞬間て

おそらくだれにでもあるんじゃないかと思います。

どうしたって他人じゃないですから、

冷静になれない部分があります。

でも、それって瞬間的なコトで、

いつまでも持続はしないと思うんです。

人を殺せる心理って

ただ事じゃありません。

ましてや親・子に対して実行できるって

どういう心境なんでしょう。

しかも、首を切り落とすなんて

どうしたらできるのでしょうか。

どれだけ追い込まれたら

できるんでしょうか。

おぃらには理解できません。

殺されてしまった母親も

殺してしまった息子も、

どちらを思っても哀しいです。

やるせない。

やりきれない。

切なくて仕方ありません。

あってはならないコトですから。

映画『バベル』を観た時も思ったんですが、

どうして人はカルマの坂を

登り続けるのでしょう。

性善説にも性悪説にも共感できませんが、

やりきれない思いだけは残ります。

|

« ねむー | トップページ | 言い訳(´・ω・`) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25436/6446333

この記事へのトラックバック一覧です: 痛ましい:

« ねむー | トップページ | 言い訳(´・ω・`) »