« 星空のラブレター | トップページ | わたしをたすけて »

2007年5月10日 (木)

唾棄すべき事

北海道でこんなコトがありました。

電車の乗車口付近に高校生がたむろし、

車掌さんが注意したにもかかわらず

それを無視し、

結局一人も乗れぬまま電車は発車、

タクシーで代替輸送するコトになりました。

電車内は混んでいたワケではないそうです。

つまり、乗車マナーの悪さが引き起こした

出来事だったらしいのです。

公共の交通機関に乗ると

必ずといっていいほど

マナーの悪い人がいます。

7人がけの席に6人で坐ってる人。

席に荷物を置いている人。

優先席で携帯をいじってる人。

乗車口(席じゃない所)に座り込んでる人。

メイクをしてる人。

大声で話してる人。

いちゃついてるカップル。

音漏れを気にせず音楽を聞いている人。

音を出してゲームをしている人。

携帯で通話している人。

ほかにもほかにも。

嘆かわしい。

まったく嘆かわしい。

なんて情けない人たちなんでしょう。

マナーがなってないこんな人たちが

社会で大きい顔をしているかと思うと

腹立たしく思います。

おぃらはこんな厚顔無恥な連中を

人として認めません。

例えば携帯に関しては

緊急を要するコトもあるでしょう。

メールをするなら優先席から離れればいい。

メールじゃ事足りず、

下車する余裕もないときは

他人の迷惑にならないように

こっそり話せばいい。

なぜそれすらもできないんでしょう。

大人ができないんですから、

しつけられてる子供たちが

できようはずがありません。

そんな連中は

死ねばいいとすら思ったりもします。

本当に死んでもらっては困りますが、

人の親である方もいるはずです。

そうではない方たちも、

子供たちに見られても

恥ずかしくない振舞いをするべきです。

ですが、おぃらも同罪なのです。

どうしても注意するコトができないのです。

以前ホームでたばこを吸っている人に

「ここは喫煙所ではありませんよ」

と注意したことはありますが、

電車内ではやっぱり怖いんです。

見て見ぬ振りをしてしまいます。

そこはおぃらも改善しなきゃ行けません。

でも本当は、そんなコトをせずとも

そのような自分勝手で無体なコトを

する人間がいなくなればいいのです。

他人に迷惑をかけてはいけない。

これは一人ひとりが

肝に命じておかねば

ならないことじゃないでしょうか。

みんな気持ち良く利用できる

公共交通機関であってほしいと、

心から願わずに入られません。

|

« 星空のラブレター | トップページ | わたしをたすけて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25436/6373129

この記事へのトラックバック一覧です: 唾棄すべき事:

« 星空のラブレター | トップページ | わたしをたすけて »