« さーて | トップページ | '07 クラブ対抗 GS »

2007年3月21日 (水)

'07 クラブ対抗 プラクティス

2部残留を懸け、行ってきましたクラブ対抗p(めへめ*)

 
この日は天候に恵まれどっピーカン (゚▽゚*)♪

 
大会バーンの下見と、滑りの最終確認です。

 
……といっても、好き勝手滑ってるだけなんですが(ー∇ー;)

 
あまりに天気がよかったので、

 
山頂へ遊びに行ってきましたσ(め∀め*)

 
見て下さいな、この絶景!

R0012613









 

この界隈で一番高い山なので、

 
360°パノラマです(人´∀`).☆.。.:*・

 
ついこの間C級検定員に合格したばかりのNベちゃんに

 
滑りのチェックをしてもらうなど、

 
充実した一日でした(め‿ฺめ*)✿ฺ

 
……ここで終わっていれば( ´_ゝ`)

 
ここ、スノーボーダー向けにハーフパイプやら

 
ジャンプ台やらを作ってあるんですが、

 
ジャンプ台を見ていたら

 
……疼いて来ちゃったんです。

 
飛びたい。

 
どーしても飛んでみたい。

 
Kタさんを連れ立って挑戦しに行っちゃいました(๑≧♉ฺ ≦)

 
コースの上から下に向かってジャンプ台は

 
小さくなって行くんですが、

 
最初のジャンプ台はすくむような大きさなので

 
まずは飛ばずにジャンプ台の確認。

 
その次のジャンプ台も確認したんですが、

 
Kタさんがフライングで軽くジャンプ。

 
最初は危ないから飛ばずに確認だけしようねって

 
釘を刺しておいたのにヽ(ー´_`-)ノ=3

 
まぁ、斜面までは飛ばず、

 
手前の平らなトコロで着地したんですがね。

 
ここでおぃらが釣られちゃったんだな

 
調子に乗って飛んじゃいました(✿ฺ´∀`✿ฺ)

 
まーこれが気持ちいいヾ(´▽`*)ゝ♪

 
それを見ていたKタさんもこれで火がついた。

 
次のジャンプ台でジャンプ!

 
そして転倒(´Д`)

 
雪まみれになっちゃってました(´・ω・`)

 
ジャンプ台はビビったら負け。

 
怖がると腰が引け、バランスを崩してしまうんです。

 
それから、斜面の手前、平坦に着地すれば

 
腰膝内蔵に衝撃が来ちゃいます。

 
板から飛ぶのではなく、頭から。

 
そして、斜面に着地するコトで衝撃が逃げるのです。

 
ジャンプ台は勇気を持って飛ばなけりゃ失敗してしまいます。

  
勇気を持てない人は飛ばない方が見の為ですね。

 
ちいちゃいコブからの練習がおすすめです。

 
その後もKタさんは転びまくり。

 
でも楽しんでましたけどね(´∀`)

 
おぃらもジャンプを堪能。

 
スプレッド・イーグルも入れつついい 気持ち\(0∀0)ゞ

最後の小さいジャンプ台は勢い(距離)が足りず、

 
平坦に着地をして内蔵にショックを受ける!Σ( ̄◇ ̄;)

 
これはご愛嬌(´▽`*)アハハ

 
リフトに乗ってもう一度チャレンジです。

 
自信を深め、調子に乗ったおいらは

 
一番大きな最初のジャンプ台にアタック!

 
このジャンプ台の大きいコト大きいコト。

 
4mはあるジャンプ台です。

 
おぃらも飛ぶ直前にビビりが入りましたガクガク(((゜Д゜)))ブルブル

 
こうなったら一巻のおしまい。

 
板から飛んでしまいましたΣ( ̄ロ ̄;)

 
高かったなー。

 
2階よりも高かった。

 
いろいろ考えちゃいましたね。

 
あーぁあ、やーっちゃーったーとか、

 
死ぬのかなーとか、

 
大会出らんないなーとか、

 
救急車かーとか。

 
かくしておぃらは5mの高さから、腰で着地!!!Σ( ̄ロ ̄lll)

 
あまりの衝撃に星がいくつも飛び、

 
両足の板はフロントがリリースされて吹っ飛び、

 
おぃらはばらばらになったのです(одо)

 
激痛で動けなかったんですが、

 
ジャンプ台の下は危険なので気合いを振り絞って

 
コース脇へ這って退避。

 
板を回収に行く力なんぞありゃしません。

 
その一部始終をリフトで見ていた人が

 
そうとうびっくりしたみたいですね。

 
さかんに呼びかけて来たんですが、

 
リアクションが取れませんでした。

 
板はKタさんが回収。

 
リフトから見ていたスキーヤーが心配して

 
慌ててやって来てくれたんですが、

 
恥ずかしいやら痛いやら悔しいやら

 
情けないやら申し訳ないやらで

 
「大丈夫です、すみませーんヾ(´囗`。)ノ」

 
と叫んで逃げるようにその場を退散ヾ(;◎_◎)ノ

 
痛みは引かなかったんですが、

 
翌日は大会だし、Kタさんは心配してるし、

 
気合いでなんとか気丈に振る舞っていました。

 
そして、その先のジャンプ台で再びジャンプ!

 
見事着地してみせました( ̄ω ̄;)

 
ばかな、そんな状態でなぜまたジャンプを!?

 
と、思われるかもしれませんが、

 
ここで飛ばなかったら、恐怖に負けて

 
もう飛べなくなってしまうと思ったからなんです。

 
悪いイメージはすぐさま払わないと。

 
このあとも2、3ジャンプしてから宿に帰りました。

 
身体は満身創痍。

 
精神力だけでなんとか動いてる状態。

 
帰るなり横になって安静にしていました。

 
おぃら、我がクラブの1stシードにも関わらず何たるていたらく!

 
レース出場は翌朝判断するとしか言えませんでした(。-`д-)

 
そして温泉にゆっくりつかり、

 
身体の回復を祈って床についたのです。



・*:..。o○☆*゚¨゚゚ つづく ・*:..。o○☆*゚¨゚

|

« さーて | トップページ | '07 クラブ対抗 GS »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25436/5763508

この記事へのトラックバック一覧です: '07 クラブ対抗 プラクティス:

« さーて | トップページ | '07 クラブ対抗 GS »