« やっとこさっとこ | トップページ | 鉄コン筋クリート »

2007年1月 5日 (金)

硫黄島からの手紙

『父親たちの星条旗』を観たとき、

いまいちピンと来なかったんです。

結構期待してただけに肩すかしを食らった思いでした。

悶々としたものを抱えたまま、

この日が来るのを心待ちにしていたのです。

 

     『硫黄島からの手紙』

 

硫黄島二部作の日本側の目線で描かれた作品です。

この二部作で期待していたのは、硫黄島の戦闘で

何が行われていたのかってコトです。

こちらはその期待に答えてくれました。

まず目に飛び込んで来たのは等身大の若者です。

ステレオタイプな日本帝国軍人というと

厳格なイメージがありますが、

今の若者となんら変わらないんだというコトを

ちゃんと描いていました。

それから感心させられたのは、

公正な目線で描かれていたというコトです。

アメリカの正義を振りかざすのではなく、

アメリカの悪い部分、日本の事情、

それらを隠すコト無く描いたコトです。

もちろん、日本万歳だけの映画じゃありませんよ。

個人的にアメリカは好きではないのですが、

こういう事がちゃんと出来るのは素晴らしいですね。

これが日本であったなら自虐に走ってしまい、

こうは行かないでしょう。

アメリカの懐の深さを感じます。

この映画の特徴の一つに、

"ドラマをあまり強調しない"

というコトが挙げられるかと思います。

比較的ジャーナリスティックに描かれていました。

個人的には物足りなさを感じてしまった点です。

それを期待していたからなのですが……。

ドラマを持ち込んでしまうとプロパガンダに

なってしまうからなのでしょうか?

実録の戦争ものなどは特に公正であるべきだと思います。

そこに余分なドラマを持ち込んでしまうと客観性が薄れ、

冷静な歴史観が損なわれる恐れがあるのは確かですから。

それを考えれば、評価するべきポイントなのだと思います。

この映画の『サミィの評価』は

 

 

  86pts

 

 

渡辺謙、二宮和也、井原剛志、中村獅童ら、

役者陣も素晴らしかったです。

ただ、難点が無かったワケでもありません。

時間経過がわからなかったのは、

あきらかにマイナスポイントですね。

日本がどれだけ劣勢の中で、どれだけ抵抗できていたか。

これもよくわかりませんでした。

5日で終わると云われていた戦闘を

30日保たせた凄まじさは伝わってこなかったのです。

結果、時間とともに悪化して行く戦況も

どこか漠然としてしまいました。

そのシチュエーションにおいての人間というのが

重要なテーマだと思うんです。

そこがぼやけてしまったのは残念ですね。

それでも、それを補って余ある名作だと思います。

老若男女、国籍の別を問わず、

多くの人に観ていただきたい作品です。

|

« やっとこさっとこ | トップページ | 鉄コン筋クリート »

コメント

これは、ぜし!観たいっす。
連休明けに早速さぼって観に行こうかな?(笑)

投稿: カンジ | 2007年1月 6日 (土) 11時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25436/4811738

この記事へのトラックバック一覧です: 硫黄島からの手紙:

» 「麦の穂をゆらす風」と「硫黄島からの手紙」■死にゆく者の最後... [映画と出会う・世界が変わる]
「麦の穂をゆらす風」の中で裏切り者や内通者が処刑されるシーンがある。いずれも印象深いシーンである。ただ単に処刑するのではなく、最後の言葉を言わせ、手紙を書かせる。その手紙は遺族のもとへ届けられる。この手紙が届けられ、遺族が受け取ったときから、新たな物語...... [続きを読む]

受信: 2007年1月22日 (月) 09時40分

« やっとこさっとこ | トップページ | 鉄コン筋クリート »