« 鉄コン筋クリート | トップページ | イカとクジラ »

2007年1月 7日 (日)

武士の一分

正月早々映画を3本観に行く予定を立てたものの、

夜更かしをしていたため、

観に行く前から睡魔に襲われる始末(ー∇ー;)

折れそうになる心にむち打って観に行ってきました(めへめ*)


     『武士の一分』


正解。

この映画を最初に観に行ったのは大正解でしたね。

ベッドが恋しくてしょうがなかったんですが、

一発覚醒しました\(0∀0)ゞ

エネルギーをもらいましたねー。

このあと映画を2本観に行く気力が得られました(≧ω≦)

派手な映画ではなく、滋味深く、

慎み深い映画でした。

それがじんわりと沁みてくるのです(u‿ฺu✿ฺ)

丁寧に丁寧に、細部にこだわって

作られているのがよくわかります。

クレジットを観ていて気付いたんですが、

方言指南がいるだろうコトは想像通りでしたが、

所作指南までいるとはΣ(゜ロ゜)

時代劇とかって詳しくないんでよくわからないんですが、

それって普通のコトなんですかね(?_?)

私はスゴいなって感心しちゃいました(´∀`)

キムタクよかったです。

キムタクって何やらせてもキムタクだと思ってたんですが、

時代劇やらせてもキムタクなんですね。

そこにあまり違和感を感じませんでした。

キムタクのキャラクターを包括してしまった

山田洋次の功績もあるでしょうけれど。

なんにしても、キムタクの存在感はスゴいですね。

彼のキャラクターは好みの別れるトコロでしょうけれど、

この作品におけるキムタクは

それを差し引いても素晴らしかった。

この作品の見所は、キムタクだけじゃなく、

なんと言っても心の機微ですね。

日本人特有の細やかな心の動きです。

この映画の『サミィの評価』は

 

 

  85pts

 

 

何とも味わい深い作品です。

感性の鈍い私ではうまく表現できないのですが、

非常に面白い映画でした。

檀れいも美しく慎ましやかで素晴らしかったです。

話題先行の感がある作品ですが、

観に行って損はしないと思います。

劇場での鑑賞を御勧めします(♞ฺฺ‿ฺ♞ฺ)✿ฺ

|

« 鉄コン筋クリート | トップページ | イカとクジラ »

コメント

おそらくキムタク主演という点で
かなりの偏見を多くの人から持たれた
こと思います。
しかし、結果は山田監督の職人技
の勝利でしたね。

トラックバックをさせていただきます。

投稿: | 2007年1月10日 (水) 19時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25436/4831619

この記事へのトラックバック一覧です: 武士の一分:

» 「武士の一分」■すべての人に一分がある [映画と出会う・世界が変わる]
実は、この映画のチケットをある素晴らしい方からいただいた。身に余る光栄である。そんなわけで極めて緊張の中で見た。この映画は木村拓哉が主演という点で、ある種の「偏見」にさらされているかも知れない。かって加山雄三が「若大将シリーズ」で人気絶頂にあったときに...... [続きを読む]

受信: 2007年1月10日 (水) 19時43分

« 鉄コン筋クリート | トップページ | イカとクジラ »