« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月

2007年1月31日 (水)

かたぴん

今シーズン初滑り。

 
天気予報は晴れ。

 
……のはずだったのに。

 
早朝目を覚ますと路面が光ってる。

 
雨だΣ( ̄ロ ̄lll)ガビーン

 
そんなはずゎ!

 
しかし、いざ車で走り出すと、

 
埼玉あたりですっかりやみました(´о`)ヽ=3

 
   オドロカセヤガッテ

 
さてどこのスキー場にするか。

 
関越を走りながら情報収集\_(δ_δ*)

 
どぅやら新潟ゎ天気が悪いらしぃ。

 
同行者ゎみんな今シーズン初滑り。

 
しかも、一人のおじさまゎ2年ぶりと来てる。

 
──ならば。

 
行ってきました、

 
群馬県ゎかたしな高原スキー場へ\(^▽^@)ノヤホーイ

 
ウチらゎ愛着とちょっとした笑ぃを込めて、

 
『カタピン(片品)』と呼んでます(*´艸`)☆

 
日頃のおぃらの行いが反映してか(。-`д-)シオイ

 
どっピーカンでございますヾ(´▽`*)ゝ♪

Img129

 

 

 

 

 

 

この抜けるような青空(人´∀`).☆.。.:*・

 
まずゎ移動の疲れを取るべくコーヒーを飲んで一休み( ^-^)_且~

 
そして、一刻も早く自分の滑りを思いだすべく、

 
ゲレンデへと繰り出したのです\(0∀0)ゞ

Img132

 

 

 

 

 

 

これがおぃらの愛板。

 
レース仕様なんで、固くて長めです。

 
多くゎ言えませんが、OGASAKAさん、ありがとう❤ฺ(*◡‿◡✿ฺ人)

 
さて滑り出してみると、1本目から調子がいー!(め∀め*)

 
雪質が良かったせいもあり、

 
2、3本目にゎ滑りを取り戻しました(*`0ωo◆)pb⌒★+。

 
そしたら次ゎアジャストです。

 
以前ゎデモ(基礎スキー)の滑りだったんですが、

 
ここ数シーズンゎほぼレースしかしておらず、

 
そのタイミングでカービングに変更したものだから、

 
滑りがすっかりレーサー仕様になってしまってぃました。

 
のでので、美しく見栄えの良い滑りに

 
ベクトルを修正しようってなワケです。

 
手のポジションがすっかり変わってしまったので、そこをまず修正。

 
次ゎ荷重移動。

 
ターン後に上に抜重したり、ターンとターンの間を待ったりせず、

 
身体をクロスさせ、すぐ次のターンに入る。

 
その際、荷重をガツンと入れるのでゎなく、じわりじわりと荷重する。

 
この二つを、各々シームレスにできるように練習しました。

 
ある程度の手応えを感じていましたが、

 
ふ、とコース脇を見るとどこかのクラブ(レーシングチーム?)

 
がポールを立てて練習しています。

 
……ふむ。

 
みなさん、さすがに御上手です。

 
   タイシタコトネーナ

 
でも、レベル的にゎおぃらと同じくらいでしょうか。

 
混ざっても違和感なくで来そうです。

 
   ゼッテーマケネーヨ

 
こっそり対抗心を燃やしちゃいました(ー∇ー;)

 
人の滑りを気にしてるようじゃまだまだですね( ´_ゝ`)

 
もっと精進しますp(めへめ*)

 
帰りゎ温泉によって、おそばを食べて、ただいまです(^○^)


ぃやはゃ充実した一日でした(め‿ฺめ*)✿ฺ

Img130  

 

 

 

 

 

最後に。


ロッヂ寿さん。


いつもお世話になってます。


ありがとうございました(♞ฺฺ‿ฺ♞ฺ)✿ฺ

| | コメント (0)

2007年1月30日 (火)

ヾ(´▽`*)ゝ♪ヤホーイ

いよぃよ明日!

 
今シーズン初滑りです゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚

 
スキーだスキー(o≧∇≦)oo(≧∇≦o)

 
早くスキーを思い出すぞp(めへめ*)q

 
あーしたてんきになーぁれ♫

| | コメント (2)

2007年1月29日 (月)

おっかいっもの♫

たぁっぷり買ぃました。

 
\(^▽^@)ノヤホーイ

 
たまに衝動に教われる日が来るのです。

 
そんな日ゎ心の思ぅがままに本を買ぃあさります。

 
買ぃも買ったり。

 
壱萬弐阡圓(*`0ωo◆)pb⌒★+。

 
いやぁあ、すぅっきりヽ(´▽`)ノ

 
購入した本ゎ

 

  ONE PIECE 尾田栄一郎 1巻〜4巻

  もやしもん 石川雅之 3巻

  秘密の新撰組 三宅乱丈 1巻〜2巻

  黒船 黒田硫黄

  F1GP Spesial 2月号

  敗因と 金子達仁 戸塚啓 木崎伸也

  1974フットボールオデッセイ 西部謙司

  後宮小説 酒見賢一

  江戸川乱歩全集 第4巻 孤島の鬼 江戸川乱歩

  ドグラ・マグラ  夢野久作 上巻・下巻

 

……。

 
せんせぇ!この人の趣味嗜好がわかりません!!Σ( ̄ロ ̄;)

 
つーか、普通ワンピース読む人ゎ

 
ドグラマグラ読まねーだろ!(;◎д◎)ノノ

 
しかもそれを同時に買うって( ̄◇ ̄;)

 
ファンタジーにサブカルにスポーツにアングラに、

 
まったく、節操がない何でもござれですな(ー∇ー;)

 
これでまた一段と象牙の塔の居心地が良くなるコトでしょう。

 
寺山修司「書を捨てよ町へ出よう」とおっしゃったものですが( ̄ω ̄;)

 
なんてゆーか、それゎそれヽ(°▽、°)ノ

 
愛すべき本に囲まれて暮らす喜び。

 
嗚呼……(人´∀`).☆.。.:*・

| | コメント (0)

2007年1月28日 (日)

'07 全豪オープンテニス 最終日

もーどーにも止まらなぃヽ(ー´_`-)ノ=3


フェデラーゎ1セットも落とすコトなく


今年最初のグランドスラムを制しました。


終わってみれば、男子ゎフェデラーの


強さばかりが際立った大会でした。


過去を紐解いても、彼ほど


他を圧倒した選手がいたでしょうか?


今のトコロ、彼に肉薄できる


選手ゎ見当たりません。


ナダルゎ研究されて頭打ちの状態にあります。


グーガゎクレーコートじゃないと出てこないし、


マラトくんもまだまだムラがある。


ロディックゎストロークが弱いし、


他ゎダンゴ状態。


今しばらくゎフェデラーの独裁状態が続くでしょう。


そう、


2000年代頭のミハエル・シューマッハーのように……。

| | コメント (0)

2007年1月27日 (土)

'07 全豪オープン 第13日

うわぁ!

 
セレナ勝っちゃったΣ(゚□゚(゚□゚*)

 
まったくの予想外でした。

 
おぃらの予想ゎ

 

  本命 ヒンギス

 
  対抗 シャラポワ

 
  願望 ハンチュコバ

 

で、セレナのコトなど頭の片隅にもありませんでした。

 
試合内容ゎっていうと、

 
これが観てないんだな(ー∇ー;)

 
甘かったε=(。◕ฺˇд ˇ◕ฺ。)

 
CATVを引いて1週間くらいゎ視聴できると

 
タカをくくっていたんですが、

 
観られたのゎ1日だけ。

 
短っΣ( ̄ロ ̄;)

 
1日じゃ契約しようかどうしようかなんて

 
判断できるワケないだろう(╬◣д◢)

 
wowowとフジの721・739ゎ来月まで待たねばなりません。

 
せっかく決勝を観られると思ってたのに、

 
ぬか喜びもいートコだょ(●´・_・`●)

| | コメント (0)

2007年1月26日 (金)

'07 全豪オープン 第11日

痛々しぃ。

 
見ていられなぃ。

 
事実上の決勝戦と言われ、大接戦が予想された

 
フェデラーとロディックの対戦。

 
しかし、

 
ロディックの心ゎ千々に乱れていたのです。

 
やるコトなすコト裏目裏目。

 
流砂に飲まれているかのごとく

 
足掻けば足掻くほど苦しむ結果になりました。

 
もしこれがボクシングであったなら、

 
タオルが投げ込まれていたコトでしょう。

 
友人でもあるフェデラーゎ、

 
対戦していて切なかったでしょうね。

 
友人であり、そしてプロであるフェデラーゎ

 
手綱を緩めるコト無く、

 
ロディックを粉々に粉砕しました。

 
ロディックの公開処刑となってしまったゲームでしたが、

 
フェデラーのプレイゎ素晴らしく、

 
ドン・キホーテさながらに立ち向かう

 
ロディックゎ美しかった。

 
願わくばこれでロディックが沈みませんよう……(*'‐'*)

| | コメント (0)

2007年1月25日 (木)

'07 全豪オープン 第10日

間に合った!

 
CATV開通&wowow開通!\(^▽^@)ノヤホーイ

 
豪州クライマックスに間に合いました(め∀め*)

 
が。

 
負けた_| ̄|○

 
去年の再現か。

 
クライシュテルスに敗れました(´Д`)

 

シャラポワゎからくも勝利をもぎ取りました。

 
いやぃやなかなかどうして。

 
チェクフェターザやりますね(*`0ωo◆)pb⌒★+。

 
おぃらこの選手、知りませんでした。

 
でも、どちらかと云うと、シャラポワが

 
勝手につまずいていた感もあります。

 
好調時ならもっと簡単に下せられていた相手でしょう。

 
次の相手ゎクライシュテルス。

 
果たして今のままで勝てるか。

 

ヒンギス vs シャラポワ観たかったな……(´・ω・`)

| | コメント (1)

2007年1月24日 (水)

'07 全豪オープン 第9日

ダブルスでも負けた……ε=(。◕ฺˇд ˇ◕ฺ。)

 
ハンチュコバと杉山愛のメルボルンゎ

 
終わりを告げました。

 
この雪辱を日本で晴らしてほしぃ。

 

★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・

 

レースまであとひと月。

 
ジョギング始めました。

 
初日からがんばり過ぎ、足がパンパン!Σ( ̄ロ ̄lll)

 
筋肉痛で階段を下りられません_| ̄|○

| | コメント (0)

2007年1月23日 (火)

'07 全豪オープン 第8日

ダニエラ……。・゚・(ノД`)・゚・。


ハンチュコバ、クライシュテルスに敗れましたorz


過去一度も勝てなかった相手です。


しかも、クライシュテルスゎ今シーズンを最後に


引退を表明しています。


疲労蓄積の為か、精神面での差か──。


クライシュテルスを破るチャンスゎ


もう来ないかもしれません。


サフィンが敗れ、ハンチュコバも敗退し、


おぃらの全豪オープンゎ半分終わりました( ´_ゝ`)


でもまだダブルスが残ってるので、


杉山愛とともに、優勝を目指してほしいp(めへめ*)

| | コメント (0)

2007年1月22日 (月)

'07 全豪オープン 第7日

フェデラー強ぇー ( ̄Д ̄;)

 
あんなのに勝てる選手がいるのか!?と

 
思うほどの断トツの強さですね( ̄ω ̄;)

 

デメンティエワ vs バイディソバゎ

 
若さと勢いでバイディソバが押し切りました。

 
昨年ゎ東レ・パンパシフィックテニスで

 
ティア1初優勝を遂げたものの

 
今ひとつ勢いに乗れなかったデメンティエワ。

 
なんだかプレイが小さくなってる気がします。

 
あれを機に伸びるかと思ってたんですが……

 
伸び悩みなのかな( ´_ゝ`)

 
逆に勢いを感じさせたのがバイディソバ。

 
若さ故の不安定さも露呈しましたが、

 
それすらも勢いで吹き飛ばす、

 
まるでラッセル車のようでした!Σ( ̄◇ ̄;)

 
でも、逆に言えば、その勢いが途切れたあとが

 
心配でもあります。

 
その時に彼女の真価が問われるんじゃないでしょうか。

 

セレナ vs ヤンコビッチゎセレナの貫禄勝ち。

 
ですが、スケールダウンを印象づけられました。

 
パワーゎ相変わらずですが、

 
以前のようなオーラが無くなった気がします。

 
同じコートに立つだけで相手の足を

 
すくませていたんですがねぇ(´・ω・`)

 
はたしてこれから取り戻せるのか。

 
全米オープンに間に合わせたいトコロでしょう。

 
……無理かな(・へ゜)

 

あ、モーレスモ負けちゃいましたね。

| | コメント (0)

2007年1月21日 (日)

'07 全豪オープン 第6日

サフィン負けたぁー(;□;|||)

 
ロディック相手に 1 - 3 です(´;ω;`)

 
嗚呼マラトくん……(。♋ฺ‸♋ฺ。)

 

それから中村藍子。

 
ヒンギスにストレート負けを喫しました。

 
こちらゎ致し方無しか( ´_ゝ`)

 
ただ、ヒンギスと真剣勝負できたコトゎ

 
これからのテニス人生における財産だと思います。

 
他の誰でもなく、ヒンギスだからこそです。

 
シャラポワを始め、他のトッププロよりも

 
勉強になったでしょう。

 
勝敗よりも、このゲームから何を吸収できたか。

 
これが彼女の成長を助けてくれるコトと思います(u‿ฺu✿ฺ)

 

ナルバンディアンゎフルセットの末、

 
グロージャンを下しています。

 
このゲーム、観たかったなぁ……ε=(。◕ฺˇд ˇ◕ฺ。)

| | コメント (1)

2007年1月20日 (土)

'07 全豪オープン 第5日

杉山、ハンチュコバ組が3回戦突破!

やたー(゜▽゜*)♪

それ以外の情報ゎ知りませんが(/△\)

リザルトすらおぼつかないのか"(/へ\*)"))

ともかく、この調子で

グランドスラムを制してほしい(☆+O▽o*)♪

| | コメント (0)

2007年1月19日 (金)

'07 全豪オープン 第4日

!Fantastico!

 
!Fantastico,中村藍子!

 
3回戦進出です♪ゝ(▽`*ゝ)(ノ*´▽)ノワーイ♪

 
ゲームの内容ゎミルザの自滅と

 
言えなくもありませんでしたが、

 
中村藍子がミルザを自滅へと追い込んだとも言えます。

 
次ゎいよぃよヒンギスと対戦ですo(*^▽^*)o

 

森上亜希子はストレートで敗退したものの、

 
クライシュテルス相手に一歩も引かず大善戦!

 
特に第1セットでのプレイゎ胸を張っていいでしょう。

 

初戦ゎ苦戦を強いられたシャラポワ。

 
2回戦でゎ打って変わり、ストレートで勝利。

 
ロシアン・サイレン全開!

 
ようやくエンジンが暖まって来たようです(め∀め*)

 

おぃらの大スキなハンチュコバも2回戦突破。

 
女子ダブルスでも杉山愛との絶妙な

 
コンビネーションで勝利を収めています(め‿ฺめ*)✿ฺ

 
優勝してほしいなぁ(人´∀`).☆.。.:*・

 

男子シングルスもおもしろくなってきましたねぇ(め‿ฺめ*)✿ฺ

 

  ナルバンディアン vs グロージャン

 
  サフィン vs ロディック

 
  ガスケ vs モンフィス

 

観たいな観たいな(o≧∇≦)oo(≧∇≦o)

 
観られないけど(。♋ฺ‸♋ฺ。)

| | コメント (0)

2007年1月18日 (木)

'07 全豪オープン 第3日

残念ながら杉山選手、3回戦進出ならず(´・ω・`)

彼女のプレイを観られぬまま、

全豪オープンが終わってしまいました(ρ_;)

観たいよ観たいよぅ(><。)

ハンチュコバゎ何事もなく1回戦突破(め∀め*)

目指せ優勝だヾ(´▽`*)ゝ♪

| | コメント (0)

2007年1月17日 (水)

'07 全豪オープン 第2日

はじまってたんだぁー|||||/( ̄ロ ̄;)\|||||||

 
しかも観られない。・゚・(ノД`)・゚・。

 
なんたるちあ!

 
でも夕べはヒンギスの試合が観られましたヾ(´▽`*)ゝ♪

 
ヒンギススゴすぎ!Σ(゚□゚(゚□゚*)

 
復帰2年目、もう余興とは言わせない。

 
ヒンギスの真価が問われるシーズンだと思います。

 
その回答は、彼女の試合を観れば一目瞭然。

 
まるで詰め将棋のような、相手を蹂躙する

 
恐ろしいまでのプレイです。

 
こともなげにドゥシィを撃破、2回戦へコマを進めました。

 
調整は万全。

 
おぃらは彼女の優勝を予想します。

 

ヒンギスとは対照的に、

 
大いに苦しめられたのがシャラポワ。

 
暑さにやられ、薄氷を踏むような勝利。

 
追いつめても決められず、

 
先々が思いやられるような試合ぶりでした。

 
でも、彼女はけっこう来そうな気がしています。

 
この試合を調整だととらえると、

 
苦しめられたコトが吉と出るような気がしてるんです。

 

 
いうワケで。

 
優勝予想はヒンギスかシャラポワで

 
行きたいと思います(u‿ฺu✿ฺ)

 

男子はおおむね順調な勝ち上がり。

 
個人的にはマラトくんにがんばってほしい❤ฺ(*◡‿◡✿ฺ人)

| | コメント (0)

2007年1月16日 (火)

マンホール

 
とマンホールに目が止まった。

 
別に何の変哲もない、

 
ごく普通のマンホールです。

 
良く見ると、マンホールってそこらじゅうにある。

 
トコロによってゎ2、3個まとまってある。

 
丸かったり四角かったり、

 
多少のバリエーションもある。

 
日常で見慣れたマンホールですが、

 
良く考えてみるとその下があるんですよね、

 
下水道とか。

 
当然ちゃ当然なんですが、

 
日常の見慣れた世界のすぐ下にゎ

 
見知らぬ世界が縦横無尽に広がってるワケです。

 
しかも、2、3まとまってその入り口があるなんて

 
一体どうなってるんでしょう(?_?)

 
そう考え出したら不思議で不思議で

 
なんだかドキドキしてきました(o_o;)

 
別に『地底探検』みたいな

 
非現実的な世界を想像しているわけじゃありませんが、

 
獏たる何かを感じるのです。

 
すべてを知ってしまうとこの気持ちゎ

 
消え失せてしまうのでしょうが。

 
一種のパラレルワールドですよね。

 
地面を隔てて表と裏になった。

 
諸星大二郎なら面白いマンガを描きそうです(´∀`)

 
そんなコトを一人、夢想していました。

 
山手線の人身事故の影響のため

 
めちゃめちゃ混んでる埼京線の中で

 
足の置き場もなくぎゅうぎゅうにつぶされ

 
加齢臭と戦いながら( ´_ゝ`)

| | コメント (2)

2007年1月15日 (月)

モスにて

「あなた、素晴らしい頭脳線してますね」


一人お茶をしていたら、


隣に座っていたおじさまが


突然声をかけてきましたΣ( ̄ロ ̄;)


なんでも、隣のビルで占い師をしている方で、


休憩中だったのだそうです。


あまりに立派な頭脳線だったらしく、


つい声をかけてしまった、と。


お世辞でも客引きでも、


そこまでほめられちゃったら


うれしいじゃないですか(人´∀`).☆.。.:*.


その後もいろぃろと見てくれたのですが、

 

   才能豊か

   働き者

   なにがあってもヘコたれない

   お金が集まってくる

   異性にもてる

   家族のつながりが強い

 

のだそう。


やだ、うれしい(*´∇`*)


でも、現状とあまりに


かけ離れているのゎなぜ(。-`д-)


それから、気を使いすぎているのだそうです。

 

「あなたは素晴らしい才能を

持っているんだから、

あまり悩まずに突き進みなさい。

必ず成功するから」

 

ほんとうかどうかゎさておき、


なんか元気出ちゃいました(゜▽゜*)♪


神様、すてきな出会いをありがとう(^▽^)


がんばろうっとo(^ヮ^)o

| | コメント (1)

2007年1月14日 (日)

ブルータス

どうやら阿部が移籍するようです。

今までの彼の功績を考えれば

止めだてするコトゎできません。

でもね。

国内で移籍するのゎやめてほしかった。

阿部ゎジェフにとって

特別な選手でしたから。

彼が浦和に移籍すると聞き、

  「阿部勇樹、君もか……」

と切ない思いをしたものです。

カエサルの気持ちが痛いほどわかりますょ。

ジェフゎ毎年のように主力を

放出してきました。

しょせん弱小クラブですから

致し方ないと思ってゎおります。

おぃらがジェフに目指してほしいのゎ

オランダの『アヤックス』です。

良質な若い選手を発掘、育成し、

強豪クラブに売って、また若い選手を

発掘、育成するための資金とする。

かつ、それでいてコンペティティブな

チームを作るのです。

アヤックスゎ欧州において、

ビッグクラブとゎ言えない規模です。

が、

チャンピオンズリーグを制したコトだって

あるんですから、立派なものです。

ジェフが指標とすべきゎ

ミランやバルサなどのビッグクラブでゎなく、

うまくやりくりする中堅クラブの

アヤックスでしょう。

阿部ゎ出てってしまいますが、

水野や水本といった

若手も育ってきています。

おそらく彼らもいずれ出て行ってしまうでしょう。

その日が来てもあわてなくて済むよう、

アヤックスのような完成度の高い

育成システムを確立していただきたい。

阿部勇樹に坂本隊長、

あなたたちの幸せを祈っております。

新天地でも頑張ってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月13日 (土)

友との別れ

おぃらの心残りはその友人の

手助けをしてあげられなかったコト。

なんとか力になって

あげたかったのだけど……。

これからは会えなくなるけれど、

あなたの成功を祈っています。

淋しくなります。

あなたの人生に幸多からんことを。

夢がかないますように。

| | コメント (0)

2007年1月12日 (金)

無念

おぃらの無念ゎ

『ライチ光クラブ』

を観られなかったコト。

『東京グランギニョル』

の公演を観られなかったコトゎ、

まさに痛恨の極み。

あれゎ奇跡の作だ。

なぜ今まで東京グランギニョルに出逢えなかったのでしょう。

飴屋法水、鏨汽鏡、嶋田久作丸尾末広……。

想像しただけで目眩がしそうです。

せめてもの救いをもたらせてくれた

古屋兎丸氏にゎ感謝すると同時に、

激しく嫉妬いたします。

マンガ、『ライチ光クラブ』ゎ

本当におもしろかった……!

477832017401_ss500_sclzzzzzzz_v66486851_

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月11日 (木)

エッシャー

今年最初の失敗は

『生誕100年記念 ダリ回顧展』

を観に行きそびれたコトです(。◕ฺˇд ˇ◕ฺ。)

ずーっと行きたいと思ってたのに、

年末年始のドタバタで

すっかり失念していました(´;ω;`)

昨年末観に行きたかったのが

 

『大エルミタージュ美術館展』

 
『生誕100年記念 ダリ回顧展』

 
『スーパーエッシャー展』

 

の3つ。

エルミタージュ展が一番最初に終わってしまうので

先に観に行ったんですが、

観に行く時間が取れなかったために、

ダリ展は年明けに回してしまったんです。

しくじったぁo(T□T)o

で、その轍を踏むまいと行ってきました。

 

   『スーパーエッシャー展』

 

前フリ長っΣ( ̄ロ ̄;)

終了間際ってコトもあって、

エッラく込んでましたね(´Д`)

それ以前に渋谷は生理的に苦手なので

チケットを購入する人の列を見て

帰ろうかと思っちゃいました。

でも、折れそうになってる心にむち打って

列の最後尾につきました(><。)

むち打った甲斐がありましたねー(人´∀`).☆.。.:*・

おーんもしろかったぁー(≧ω≦)

エッシャーという人間の人となりというか、

ユーモアに触れた気がしました(✿ฺ´∀`✿ฺ)

風景の版画に始まり、

正則分割、メタモルフォーゼを経て、

『滝』

Taki















 

などのだまし画が生まれて来たんだ

というのが良くわかりました(♞ฺฺ‿ฺ♞ฺ)✿

その変遷を見ているだけでもおもしろかったですね。

ほかにも、モニタに作品を映し、

画面をタッチする事で作品に

エフェクトをかけられるのも楽しかったです(≧∀≦)

無料でニンテンドーDSの作品案内を

貸してくれるのもうれしい❤ฺ(*◡‿◡✿ฺ人)

ただ、人が流れないヽ(ー´_`-)ノ=3

エッシャーの画って、すっごく緻密なんで

近くで見るとまた違うんです。

だから、いつまでたっても

進まないのには閉口しました(´・ω・`)

しょうがないですけどね ┐(´ー`)┌

観ていて、ふ、と思い出したのが、

週刊少年ジャンプで連載している

『魔人探偵脳噛ネウロ』

マンガの中にも

芸術家・絵石家塔湖(えしや とうご)

というキャラクターが出ていましたし、

エッシャーの影響を感じましたね。

ぃやー、それにしても堪能しました(u‿ฺu✿ฺ)

『でんぐりでんぐり』飼いたいな(´∀`)

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2007年1月10日 (水)

祝☆一周年

やー、早いもので、ブログ開設から

一年が経ちました\(^▽^@)ノヤホーイ

始めた当初は

「いったい誰が読むんだ(ーζ‐)?」

と思っていましたが、

あれよあれよとアクセスが伸びて行き、

気付けば10,000Hitを突破、

定期的に読んで下さる人もたくさんできました(u‿ฺu✿ฺ)

望外のコトでしたね(♞ฺฺ‿ฺ♞ฺ)✿ฺ

みなさま、ありがとうございます❤ฺ(*◡‿◡✿ฺ人)

✰ฺ ・:*:・✿ฺ ・:*:・・:*:・✿ฺ ・:*:・・:*:・✿ฺ ・:*:・

なかなかTB&コメントを返せずに申し訳ないです(><。)

現在家にネットを引けておらず、

ネットに接続するのが困難な状況にあるのですε=(。◕ฺˇд ˇ◕ฺ。)

じゃあどうしているかというと、

友人が無線LANでネットをやってるので、

友人の了承のもと、家の近くでPCを開いているのです。

友人の家に遊びに行けばいいのですが、

友人の都合(妻子有り二世帯住宅)により、

しょっちゅう行くわけにもいかず、

かといってしょっちゅうそんな事をしていると、

田舎なもんで、有名人になっちゃう_| ̄|○

と、いうわけで、闇夜にまぎれ、

人知れずこっそりとネットをやってるのであります。

ネットを引こうにも光がサポート外だし、

今から引くのにADSLもどうなのよってなわけで、

暫定的にこのような状態と相成っている次第。

これからCATVを引こうと思ってるので、

ついでにCATVでネットも引くつもりです。

だけどPLCとかもあるし、

でも評判悪いし、

光がサポートされるかもだし、

嗚呼、優柔不断(´Д`)

今月中にはなんとかします(ー∇ー;)

とにもかくにも、

これからもどうぞよろしくお願い致しますm(._.)m

今日からブログ2年生だ゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚

| | コメント (5)

2007年1月 9日 (火)

犬神家の一族

『イカとクジラ』が雲をつかむような映画で

産高消化不良を起こしたので、

「このままじゃ帰れん( ̄ω ̄;)」

となったため、

予定通り3本目を観に行くコトにしました。


     『犬神家の一族』


ご存知、横溝正史の『金田一シリーズ』の作品です。

散々オマージュやらパロディやら

され尽くされるほどの超有名作ですね。

でも実はまともに観たコトが無いんです。

断片的には観ているんですがσ(め∀め*)

それを市川崑が再び撮るってコトだし、

観に行ってみようと思ったワケです。

(実はこっそり関わってたりもするもので(*/∇\*)キャ)

それから、なぜ今撮るのか

という事も気になっていたので。

いざ観てみると結構覚えてるものですね。

断片的に何度も観ていたのでしょう。

それを繋ぎ合わせると、

ほぼ完成してしまったようです。

それにしても、何ていうか、

これを言ったらネタバレになるのかしら?

デジャウ゛!?Σ( ̄◇ ̄;)

キャストが結構かぶってるせいもありますが、

なーんも変わってないような印象です。

そして、テンポが遅い。

台詞や間がまったりしてるんです。

それが一種の雰囲気を作ってるんですが、

今の時代の1.5倍くらいのゆるさですね。

徹夜&映画3本目だった都合上、

途中5分くらい落ちてました(-o-)Zzz…

それから、リアクションがやり過ぎ(ー∇ー;)

あれはねらいなのかな(?_?)

明らかにギャグのようなリアクションです。

かなりウケました(*´艸`)☆

この映画の『サミィの評価』は

 

 

  76pts

 

 

初めて通して観てみたんですが、

やっぱりおもしろいですね (゚▽゚*)♪

話しの構成、ドラマがしっかりしてるから

何度も観られるんでしょう。

そして、関心ごとだった

メなぜ今なのかモについては

自伝映画の為のプロモーションかなヽ(°▽、°)ノ

なんてうがったコト考えちゃいました(´▽`*)アハハ

| | コメント (1) | トラックバック (3)

2007年1月 8日 (月)

イカとクジラ

『武士の一分』のおかげで蘇生し、

次に向かった先は


     『イカとクジラ』


どんな映画化さっぱり知らず、

タイトルの響きと直感のみで

観に行くコトを決めた映画です。

……。

いやぁ、なんと言って良いやら(^ω^;)

おもしろいかツマラないかと言えば、

おもしろかったんですけども。

なんとも形容し難く、とらえどころの無い映画でした。

系統的に言えば、タランティーノの映画と

同じテイストだと思います。

ともに作家である両親が離婚し、

別居するコトから物語は始まります。

そっから先にさしたるドラマはなく、

淡々と日常が描かれて行きます。

この映画の特徴は、多分に暗示的だというコトですね。

けれど、それが何を暗示してるのか、

まったくわかりませんでした(ー∇ー;)

だからとらえどころが無いのでしょう。

この映画の『サミィの評価』は

 

 

  71pts

 

 

結論から言えば、

"日常はおもしろい"

と言うコトでしょうか。

日常に隠されたエピソードは結構笑えるし、

キャラクターも立っているし、

ユーモアと毒にあふれていました。

そこが見所だしおもしろいトコロなんですが、

ネタバレになってしまうので書けないのは、

もどかしいトコロでありますヽ(´ー`)ノ

ただ、ネタにコト欠かない

作品であるコトは間違いありません(め∀め*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 7日 (日)

武士の一分

正月早々映画を3本観に行く予定を立てたものの、

夜更かしをしていたため、

観に行く前から睡魔に襲われる始末(ー∇ー;)

折れそうになる心にむち打って観に行ってきました(めへめ*)


     『武士の一分』


正解。

この映画を最初に観に行ったのは大正解でしたね。

ベッドが恋しくてしょうがなかったんですが、

一発覚醒しました\(0∀0)ゞ

エネルギーをもらいましたねー。

このあと映画を2本観に行く気力が得られました(≧ω≦)

派手な映画ではなく、滋味深く、

慎み深い映画でした。

それがじんわりと沁みてくるのです(u‿ฺu✿ฺ)

丁寧に丁寧に、細部にこだわって

作られているのがよくわかります。

クレジットを観ていて気付いたんですが、

方言指南がいるだろうコトは想像通りでしたが、

所作指南までいるとはΣ(゜ロ゜)

時代劇とかって詳しくないんでよくわからないんですが、

それって普通のコトなんですかね(?_?)

私はスゴいなって感心しちゃいました(´∀`)

キムタクよかったです。

キムタクって何やらせてもキムタクだと思ってたんですが、

時代劇やらせてもキムタクなんですね。

そこにあまり違和感を感じませんでした。

キムタクのキャラクターを包括してしまった

山田洋次の功績もあるでしょうけれど。

なんにしても、キムタクの存在感はスゴいですね。

彼のキャラクターは好みの別れるトコロでしょうけれど、

この作品におけるキムタクは

それを差し引いても素晴らしかった。

この作品の見所は、キムタクだけじゃなく、

なんと言っても心の機微ですね。

日本人特有の細やかな心の動きです。

この映画の『サミィの評価』は

 

 

  85pts

 

 

何とも味わい深い作品です。

感性の鈍い私ではうまく表現できないのですが、

非常に面白い映画でした。

檀れいも美しく慎ましやかで素晴らしかったです。

話題先行の感がある作品ですが、

観に行って損はしないと思います。

劇場での鑑賞を御勧めします(♞ฺฺ‿ฺ♞ฺ)✿ฺ

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2007年1月 6日 (土)

鉄コン筋クリート

この日を待っておりました(u‿ฺu✿ฺ)

なぜ今まで映画化されなかったのか

不思議なくらいです。

 

   『鉄コン筋クリート』

 

原作はもちろん、

松本大洋のマンガが大スキなのです(≧ω≦)

映画って、「なぜ今なのか」が大事だと思うんです。

旬の問題ですね。

原作があるものやリメイクなんかは特にです。

『鉄コン筋クリート』が連載されていたのはもう随分前の事。

当時読者だったクリエーターが、ようやく権限が

得られるようになったからというのもあるかもしれません。

でもそれだけじゃないでしょう。

私が知る限り、当時『劇団黒テント』という

劇団が舞台化していました。

(最近はそうでもなくなってしまいましたが)

演劇というのは時代に敏感で、

時代を反映した作品が多いのです。

つまり、当時から評価の高い作品だったと言えるでしょう。

では、今の時代に合っているのでしょうか?

物語の中で展開していたテーマは褪せる事無く

いまだ鋭いものでありつづけています。

そして、アニメーションの技術が向上した今だからこそ、

表現できるようになったダイナミズムなどもあると思います。

逆にいままで待った意義はあったのではないでしょうか。

タイミング的には申し分無かったと思います。

この映画の『サミィの評価』は

 

 

  83pts

 

 

大スキな作品なので、

多少甘くなってる可能性はありますがσ(め∀め*)

蒼井優の演技力は驚異的でした(0□0;)

出しゃばっていたわけではないけども、

抜群の存在感を放っていました。

アニメ的にも、さすがはSTUDIO4℃

唸らされますヽ(´ー`)ノ

難点はあったのですが、

ネタバレになるのでやめときます。

評価の別れるトコロかもしれません。

そこいらへんは是非、劇場で確認してみて下さい。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2007年1月 5日 (金)

硫黄島からの手紙

『父親たちの星条旗』を観たとき、

いまいちピンと来なかったんです。

結構期待してただけに肩すかしを食らった思いでした。

悶々としたものを抱えたまま、

この日が来るのを心待ちにしていたのです。

 

     『硫黄島からの手紙』

 

硫黄島二部作の日本側の目線で描かれた作品です。

この二部作で期待していたのは、硫黄島の戦闘で

何が行われていたのかってコトです。

こちらはその期待に答えてくれました。

まず目に飛び込んで来たのは等身大の若者です。

ステレオタイプな日本帝国軍人というと

厳格なイメージがありますが、

今の若者となんら変わらないんだというコトを

ちゃんと描いていました。

それから感心させられたのは、

公正な目線で描かれていたというコトです。

アメリカの正義を振りかざすのではなく、

アメリカの悪い部分、日本の事情、

それらを隠すコト無く描いたコトです。

もちろん、日本万歳だけの映画じゃありませんよ。

個人的にアメリカは好きではないのですが、

こういう事がちゃんと出来るのは素晴らしいですね。

これが日本であったなら自虐に走ってしまい、

こうは行かないでしょう。

アメリカの懐の深さを感じます。

この映画の特徴の一つに、

"ドラマをあまり強調しない"

というコトが挙げられるかと思います。

比較的ジャーナリスティックに描かれていました。

個人的には物足りなさを感じてしまった点です。

それを期待していたからなのですが……。

ドラマを持ち込んでしまうとプロパガンダに

なってしまうからなのでしょうか?

実録の戦争ものなどは特に公正であるべきだと思います。

そこに余分なドラマを持ち込んでしまうと客観性が薄れ、

冷静な歴史観が損なわれる恐れがあるのは確かですから。

それを考えれば、評価するべきポイントなのだと思います。

この映画の『サミィの評価』は

 

 

  86pts

 

 

渡辺謙、二宮和也、井原剛志、中村獅童ら、

役者陣も素晴らしかったです。

ただ、難点が無かったワケでもありません。

時間経過がわからなかったのは、

あきらかにマイナスポイントですね。

日本がどれだけ劣勢の中で、どれだけ抵抗できていたか。

これもよくわかりませんでした。

5日で終わると云われていた戦闘を

30日保たせた凄まじさは伝わってこなかったのです。

結果、時間とともに悪化して行く戦況も

どこか漠然としてしまいました。

そのシチュエーションにおいての人間というのが

重要なテーマだと思うんです。

そこがぼやけてしまったのは残念ですね。

それでも、それを補って余ある名作だと思います。

老若男女、国籍の別を問わず、

多くの人に観ていただきたい作品です。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2007年1月 4日 (木)

やっとこさっとこ

かろうじて更新してます(´▽`*)アハハ


いまゎこれで急場をしのいでおりますが、


なにせしんどいです(´口`)


さてさて、最近映画を5本観ました(*^¬^*)

 

  『硫黄島からの手紙』


  『鉄コン筋クリート』


  『武士の一分』


  『イカとクジラ』


  『犬神家の一族』

 

明日から1本ずつ感想を書いて行きます(u‿ฺu✿ฺ)


それが終わったら……


ブログ開設一周年です\(^▽^@)ノヤホーイ

| | コメント (0)

2007年1月 3日 (水)

時間がかかるぞおぅ

諸所の事情により、緩やかに引っ越しをしております。

本日より、いよぃよ本格的に転居致しました。

つまり、ネット環境が一切整備されてない

状況でございます。

はい。

何もできません"(/へ\*)"))

ネット環境が整うのゎづいぶん先になりそうなのです(/△\)

その間、コメントもTBもお返しするのゎ困難を極めますので、

遅くなっても平にご容赦くださいませm(._.)m

思いのほか難儀しておりマス(ρ_;)

なんとかならないかなぁヽ(ー´_`-)ノ=3

| | コメント (3)

2007年1月 2日 (火)

寝正月

2日めにしてぐだぐだです┌(_Д_┌)┐

 
それもこれも昨日無理し過ぎたからです\(0∀0)ゞ

 
長い一日でした……。

 

★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・

 

年越しを食しに行きし後、

 
友人とフットボール談義で年を越し、元旦を迎へる。


※ 元旦とは初日の出を指し、元日(一月一日)とは意味が異なる。

  元旦の"旦"の字は水平線から登った太陽の象形文字だとわかる。


ジーコの四年間とは、いつたゐ、いかなものでありしや……。

 

そして例年通り、新宿は歌舞伎町、

 
花園神社へと初詣に向かふ。

 
その筋の人間はこの神社へと足を運ぶものなのだ。


※ どの筋か、興味がある人は調べられたし。


本来、一寝入りしてから行くのが通例なのだが、

 
今年はひと味違う。

 
初詣の後、映画をば鑑賞せんとの思惑があるのだ。

 
夜明くるまで語り合へどまだ足りず、

 
飽くる事無くフットボール談義に花が咲く。

 
日本のフットボールは何処へと向かひしや……。

 
そうかうしてゐるうちに花園神社へと辿り着く。

Img077

 

 

 





驚ゐた事に、参拝客の人出が例年の十分の一程なのだ。

Img070

 

 

 

 

 

 

これは異な事。

 
原因は一切わからず。

 
が、例年と違ひ、無粋且つ下賎な者が多ひ。

 
斯様な神聖な場所には馴染まぬ輩。

 
新年早早気が滅入る。

 
瞬く間に列は進み、程無くして参拝を終へる。

 
願ひ事は無病息災。

 
息災であれば人の世などだうとでも成ろう。

 
御神籤を引く。

 
小吉。


「あせればあせるほど苦しみが多く損をし、災いがくる運です」


待人は来ぬし、大病を患ふとの事。

 
なかなかに手厳しひ。

 
喫茶店で小一時間程仮眠を摂りし後、映画を観に行く。

 

  『武士の一分』

  『イカとクジラ』

  『犬神家の一族』

 

たつぷりだ。

 
充実した正月であつた。

 

★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・

 

ってなワケで、はりきりすぎました(´Д`)

 
だから今日はお休みでーす(๑≧♉ฺ ≦)

 
まだまだ寝るぞ(-o-)Zzz…

| | コメント (0)

2007年1月 1日 (月)

!Feliz ano nuevo!

あけまして☆おめでとうございます(✿ฺ´∀`✿ฺ)


メッセージやトラックバックのお返しは


もう少々お待ち下さいm(._.)m


落ち着いたら必ず……p(めへめ*)


今年もどうぞ、よろしくお願い致します(♞ฺฺ‿ฺ♞ฺ)✿ฺ

| | コメント (2)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »