« アイデンティティの消失 | トップページ | 日常への回帰 »

2006年12月16日 (土)

折れた心

あの人にかけるべき言葉が見つからない。

 
「ごめん」とメールが来ました。

 
その時の感情に任せて出た言葉だったため、

 
冷静になって気付いたのでしょう。

 
あの人はこの所、心も体も疲弊しており、

 
物事をポジティブに捉える事が出来なくなっていました。

 
口を開けばネガティブな事ばかり。

 
そして、時にその矛先は私に向かいました。

 
私も着実にダメージを溜めて行ったのです。

 
今まではそれでもなんとか力付けられるような

 
言葉を贈ってきました。

 
でも、昨日の言葉は決定的でした。

 
心と裏腹な言葉だったとわかってはいても、

 
もはやどんな言葉を返したら良いのかわかりません。

 
会って言葉を交わすのが一番なのでしょうが、

 
会おうにもその時間も取れず、

 
そして勇気も持てません。

 
どうすれあの人の力になれるのでしょうか。

|

« アイデンティティの消失 | トップページ | 日常への回帰 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。