« 父親たちの星条旗 | トップページ | ばかな…… »

2006年11月 7日 (火)

フラガール

映画の日、怒濤の3本梯子!

この日最後に観た映画は


  フラガール



基本的にはスウィングガールズシムソンズ

同じ構造の映画ですね。

ただし、内容自体はより暗い。

寂れ行く炭坑を舞台とした話だからです。

でも、その分重厚でもあります。

石炭の時代から石油の時代へ。

時代に取り残されようとしていたいわき市。

起死回生の策として、

『常磐ハワイアンセンター』を建設しようと

東奔西走する人々を描いたお話。

ハワイアンダンサー募集の張り紙を見たコトをきっかけに

紀美子(蒼井優)の人生は転機を迎えます。

炭坑に誇りを持つまわりの人々は

常磐ハワイアンセンターに猛反発。

とまあ、こんな感じの、

ベタなお話なのです(*´艸`)☆

でも、それがまた小気味良くっておもしろい(め∀め*)

それに、いわき弁は卑怯ですね(ー∇ー;)

それだけで雰囲気が出るし、

コミカルでおもしろい(*´艸`)☆

(いわき市の方、ばかにしてるワケではありません)

それにしても、蒼井優は素晴らしい役者さんですね(≧ω≦)

流暢ないわき弁を話し、

見事なフラダンスを舞う。

短期間であれだけのコトをマスターするなんて、

生半なコトじゃありません。

彼女の瑞々しい演技には心を洗われました(u‿ฺu✿ฺ)

そして、彼女のまわりを固める役者も

素晴らしかったですね(め∀め*)

芸達者な役者さんが要所要所に効いています。

あと『南海キャンディーズ』の

しずちゃんもよかったですよ(*´艸`)☆

この映画の『サミィの評価』ゎ

 

 

  80pts

 

 

散々笑って散々泣きました.+(*Pд`q):゜

ネタバレになるし、内容はあまり書きたくないので

このへんにとどめておきます。

この映画は間違いなく、

観て損しない作品です(♞ฺฺ‿ฺ♞ฺ)✿ฺ

|

« 父親たちの星条旗 | トップページ | ばかな…… »

コメント

おはよう~ サミィさん♪

フラガール観に行ったの?
私も始まってすぐに行きました。
笑えるし悲しいしで忙しかったけど
とっても良かったですね☆

そうそう。しずちゃん良かった(u‿ฺu✿ฺ)
蒼井優ちゃん上手かったし
松雪さんとってもカッコ良かったわ☆

あ~TBも送ったのでよろしくwwwwww

投稿: miki | 2006年11月 9日 (木) 08時58分

>> mikiさん
個人的にゎいわき弁がツボでした(*´艸`)☆
方言ゎ趣があってとても素敵です(め‿ฺめ✿ฺ)
それにしても泣きました(ノ_・。)

投稿: サミィ | 2006年11月 9日 (木) 11時29分

TBありがとう。
やっぱ、地方の言葉というのは、ドラマにリアリティを与えますね。その田舎の子供たちが、「ハワイ」というたぶんどの娘も家族も行ったことがなかった世界を創造していくわけですからね。方言とフラによる身振り言語。このふたつが、少女たちの身体を通じて、ひとつになっていく素晴らしさがあると思います。

投稿: kimion20002000 | 2006年11月18日 (土) 18時24分

>> kimion20002000さん
当時のいわき市からしてみればハワイなんて遠い異国でしたでしょうからね。
それを形にして行くのゎ、映画比じゃなく困難を極めたのでしょうね(*'‐'*)

投稿: サミィ | 2006年11月19日 (日) 00時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25436/4032863

この記事へのトラックバック一覧です: フラガール:

» NO.177「フラガール」(日本/李相日監督) [サーカスな日々]
邦画のエンタテイメント・シネマの最高峰として、 堂々とアカデミー(外国作品)賞を競えばいい! 僕がとても注目している映画の、製作・配給会社にシネカノンがある。 代表は李鳳宇。1960年生まれの彼は、1989年にシネカノンを立ち上げ、「シュリ」「ブラス」「地雷を踏んだらサヨウナラ」など数々の名作を90作以上配給している。「月はどっちに出ている」「のど自慢」「パッチギ」などの映画製作・プロデュースも行っている。 シネカノン有楽町はじめいく... [続きを読む]

受信: 2006年11月 8日 (水) 17時30分

» フラガール♪ [piano lesson]
この前は先に「涙そうそう」を観たので、どうしても見たかった「フラガール」を観て来 [続きを読む]

受信: 2006年11月 9日 (木) 08時50分

» 映画「フラガール」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
泣けるよ、泣けるよ、と最初からそう思いながら観た、・・そう思いつつも思いの片隅に、わざとらしく感動を押し付けられるのではとの疑念もあったのだが・・ 時は昭和も40年、時代の波に押され風前の灯の常磐炭鉱、大量解雇の嵐が吹き荒れるなか、閉山の穴埋めに構想された... [続きを読む]

受信: 2006年11月11日 (土) 18時32分

« 父親たちの星条旗 | トップページ | ばかな…… »