« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月

2006年8月31日 (木)

・*:..。o○☆*゚¨゚゚急募・*:..。o○☆*゚¨゚゚

映画を観てきたコトを書こうと思っていたんですが、

友人から以下のようなメールが届きました。

 

 

 

9月4日(月曜)光が丘にて堤幸彦監督&上戸彩主演のドラマ

「下北サンデーズ」最終話の撮影があります。

サンデーズ最後の舞台シーンで観客エキストラが

100人必要になり、最初から最後まで参加できる方を

探しておりまして、興味がありそうなお友達などいらしたら

誘ってもらえると非常に助かります。

平日に参加できる貴重な方がおりましたら、

2日(土曜)14時迄に返信頂けますでしょうか?

その他の条件は下に記します。


 【日時】9月4日12時〜21時

 【場所】光が丘IMAホール〔大江戸線光が丘下車徒歩0分〕

 【その他】お弁当あり【返信期限】2日(土曜)14時


上戸彩ほか多数の出演者が会場におります。

急なお願いで申し訳ありませんが、

どうぞ宜しくお願い致しますm(_ _)m

 


当日おいらゎ行けませんが、

興味がある方ゎ御一報下さいませ。

おいらが対応できるのゎ

2日の朝6:00まで。

それまで募集致します。

御連絡、お待ちしておりますm(._.)m

| | コメント (1)

2006年8月30日 (水)

またあした

映画を観てきました。

が、きょうゎお休みしますm(._.)m

Buenas noches.

| | コメント (2)

2006年8月29日 (火)

落ちた……

前日の晩、ほとんど寝てませんでしたからね。

お菓子に手を突っ込んだままでしたょ(ー∇ー;)

テレビを観ていたんですが、

記憶が途中でプツリと途切れています。

これゎまさしく『落ちた』状態ですね。

なんだか最近多い気がします( ´_ゝ`)

おかげで全米オープンテニスを見逃しましたヽ(ー´_`-)ノ=3

明日こそ……(>_<)

そして映画も観に行きたひ(*´ー`)

| | コメント (6)

2006年8月28日 (月)

Rd.14 トルコGP 決勝

マッサ初優勝!o(*^▽^*)o〜♪

でも……(ー∇ー;)

 

決勝リザルト
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
 1.フェリペ・マッサ BRA フェラーリ BS 
 2.フェルナンド・アロンソ ESP ルノー Mi  
 3.ミハエル・シューマッハー GER フェラーリ BS  
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
 4.ジェンソン・バトン GBR ホンダ Mi 
 5.ペドロ・デ・ラ・ロサ ESP マクラーレン Mi 
 6.ジャンカルロ・フィジケラ ITA ルノー Mi 
 7.ラルフ・シューマッハー GER トヨタ BS
 8.ルーベンス・バリチェロ BRA ホンダ Mi 
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
 9.ヤルノ・トゥルーリ ITA トヨタ BS 
10.マーク・ウェバー AUS ウィリアムズ・コスワース BS  
11.クリスチャン・クリエン AUT レッドブル・フェラーリ Mi 
12.ロベルト・クビサ POL BMW Mi 
13.スコット・スピード USA トロ・ロッソ・コスワース Mi
14.ニック・ハイドフェルド GER BMW Mi 
15.デビッド・クルサード GBR レッドブル・フェラーリ Mi
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。  
   クリスチャン・アルバース NED ミッドランド・トヨタ BS   
   佐藤琢磨 JPN アグリ・ホンダ BS   
   ニコ・ロズベルグ GER ウィリアムズ・コスワース BS  
   山本左近 JPN アグリ・ホンダ BS   
   ヴィタントニオ・リウッツィ ITA トロ・ロッソ・コスワース Mi     
   キミ・ライコネン FIN マクラーレン Mi   
   ティアゴ・モンテイロ POR ミッドランド・トヨタ BS  
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
1周遅れ
2周遅れ
3周遅れ 
リタイア
V10エンジン

 

マッサ、初優勝にしてポール・トゥ・ウィン。

それゎよいのですが、ねぇ……(ー∇ー;)

フェラーリ陣営としてゎ素直に喜べないでしょう。

シューゎ3位、2位にゎアロンソが入っています。

たしかにコンストラクターズタイトルこそ

2ポイント差に縮まりましたが、

ドライバーズタイトルゎ残り4戦で12ポイント差に広がってしまい、

自力チャンピオンの可能性が消滅しました。

ケチのつきはじめゎ予選でシューがミス、

マッサにアウトクォリファイされたコトです。

でも、まだいくらでも挽回の余地ゎありました。

実際、決勝がスタートし、1コーナーで

アロンソを抑えるコトに成功しましたから。

その後もアロンソを突き放し、

フィジコゎ大きく後退。

あとゎピットストップのタイミングで

順位を入れ替えるだけだったんですが、

ここでSCが入ります。

これが第2のケチ。

ここが勝負の分かれ目でした。

残念ながら、フェラーリゎこれを間違えたのです。

2台同時に入れるのゎ良いんですが、先にシューを出すべきでした。

フェラーリとしてみれば、マッサを先に出し、

次のピットストップでシューがアロンソをかわして

マッサともポジションチェンジ。

1-2フィニッシュをイメージしていたのでしょう。

シューを先に出した場合、

マッサでゎアロンソをかわせないと踏んだのでしょう。

タイミング的に、後に出す方ゎ

アロンソに前に出られてしまいます。

そこでフェラーリゎ確実性より、

欲に目が眩んでしまったのですかね( ´_ゝ`)

そして、2ndスティントは伸び悩み、

逆にアロンソゎスピードを増します。

これが第3のケチ。

燃料を積みすぎたせいでライドハイトが

想定の範囲外に低くなってしまったからでしょうか。

タイヤにブリスターが発生したのも

無関係じゃない気がします。

結局2回目のピットストップでかわすコトができず、

サーッキット上でもオーバーテイクできずじまいでした。

このレースゎシューのウィークポイントが目立ちました。

精神的な弱さと、コース上でのオーバーテイクが

決して得意でゎないというコト。

シューのストロングポイントゎサーキットを速く走るコトで、

ドッグファイトゎ得意としていないんです。

コース上で勝利をもぎ取ったコトゎ

獲得したタイトル数からは想像できないほど

圧倒的に少ないです。

このレースでもご多分に漏れず、

競り合いのモロさを露呈する結果となりました。

 (ブロックするのゎ上手なんですが)

このレースの勝者は2人います。

優勝したマッサとアロンソです。

どれだけダメージを減らせるかが課題だったアロンソからしてみれば、

逆にポイント差を広げられたワケですから。

でも、マッサゎ見事なレースでした。

間違いなく実力で手に入れたポール・トゥ・ウィンです。

来シーズンのレギュラーシートゎ

おそらく得られないでしょうが、

彼にゎ拍手を送りたいです(u‿ฺu✿ฺ)

 

ポイントランキング
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
ドライバーズチャンピオンシップ

 1.108p フェルナンド・アロンソ
 2. 96p ミハエル・シューマッハー
 3. 62p フェリペ・マッサ
 4. 52p ジャンカルロ・フィジケラ
 5. 49p キミ・ライコネン
 6. 36p ジェンソン・バトン
 7. 26p ファン・パブロ・モントーヤ
 8. 22p ルーベンス・バリチェロ
 9. 19p ニック・ハイドフェルド
10. 18p ラルフ・シューマッハー
11. 14p ペドロ・デ・ラ・ロサ
12. 14p デビッド・クルサード 
13. 10p ヤルノ・トゥルーリ
14.  7p ジャック・ヴィルヌーヴ
15.  6p マーク・ウェバー
16.  4p ニコ・ロズベルグ
17.  2p クリスチャン・クリエン
18.  1p ヴィタントニオ・リウッツィ
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
コンストラクターズチャンピオンシップ

 1.160p ルノー
 2.158p フェラーリ
 3. 89p マクラーレン・メルセデス
 4. 58p ホンダ
 5. 28p トヨタ 
 6. 26p BMWザウバー 
 7. 16p レッドブル・フェラーリ
 8. 10p ウィリアムズ・コスワース
 9.  1p トロ・ロッソ
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
ランクアップ
ランクダウン
ポイントゲット

| | コメント (5)

2006年8月27日 (日)

Rd.14 トルコGP 予選

予選 リザルト
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
 1.フェリペ・マッサ BRA フェラーリ BS 
 2.ミハエル・シューマッハー GER フェラーリ BS 
 3.フェルナンド・アロンソ ESP ルノー Mi 
 4.ジャンカルロ・フィジケラ ITA ルノー Mi 
 5.ラルフ・シューマッハー GER トヨタ BS 
 6.ニック・ハイドフェルド GER BMW Mi  
 7.ジェンソン・バトン GBR ホンダ Mi 
 8.キミ・ライコネン FIN マクラーレン Mi 
 9.ロベルト・クビサ POL BMW Mi 
10.マーク・ウェバー AUS ウィリアムズ・コスワース BS 
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
11.クリスチャン・クリエン AUT レッドブル・フェラーリ Mi 
12.ペドロ・デ・ラ・ロサ ESP マクラーレン Mi 
13.ヤルノ・トゥルーリ ITA トヨタ BS  
14.ルーベンス・バリチェロ BRA ホンダ Mi 
15.ニコ・ロズベルグ GER ウィリアムズ・コスワース BS 
16.クリスチャン・アルバース NED ミッドランド・トヨタ BS 
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
17.デビッド・クルサード GBR レッドブル・フェラーリ Mi 
18.スコット・スピード USA トロ・ロッソ・コスワース Mi 
19.ヴィタントニオ・リウッツィ ITA トロ・ロッソ・コスワース Mi  
20.ティアゴ・モンテイロ POR ミッドランド・トヨタ BS 
21.山本左近 JPN アグリ・ホンダ BS 
22.佐藤琢磨 JPN アグリ・ホンダ BS
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
エンジン交換により10グリッド降格 
V10エンジン

 

マッサ初PPΣ(゚□゚(゚□゚*)

最後の最後に飛び込んできました(;☉д⊙)

それゎおめでたいのだけど、

シューをアウトクォリファイしちゃっていぃのかな( ̄ω ̄;)

セカンドロウにゎルノーがピタリ。

驚異的な速さを誇るフェラーリに迫れるのか(?_?)

琢磨ゎトラブルで最下位_| ̄|○

決勝での巻き返しに期待するコトにしましょう(♞ฺฺ‿ฺ♞ฺ)✿ฺ

| | コメント (4)

2006年8月26日 (土)

Rd.14 トルコGP 土曜フリー走行

フリープラクティス3 リザルト
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
 1.M・シューマッハー GER フェラーリ BS 
 2.F・アロンソ ESP ルノー Mi 
 3.G・フィジケラ ITA ルノー Mi 
 4.R・クビサ POL BMW Mi 
 5.N・ハイドフェルド GER BMW Mi 
 6.J・バトン GBR ホンダ Mi 
 7.F・マッサ BRA フェラーリ BS 
 8.R・バリチェロ BRA ホンダ Mi 
 9.K・ライコネン FIN マクラーレン Mi 
10.C・クリエン AUT レッドブル・フェラーリ Mi 
11.J・トゥルーリ ITA トヨタ BS 
12.S・スピード USA トロ・ロッソ・コスワース Mi 
13.P・デ・ラ・ロサ ESP マクラーレン Mi 
14.M・ウェバー AUS ウィリアムズ・コスワース BS 
15.N・ロズベルグ GER ウィリアムズ・コスワース BS 
16.D・クルサード GBR レッドブル・フェラーリ Mi 
17.R・シューマッハー GER トヨタ BS  
18.V・リウッツィ ITA トロ・ロッソ・コスワース Mi 
19.C・アルバース NED ミッドランド・トヨタ BS 
20.山本左近 JPN アグリ・ホンダ BS 
21.T・モンテイロ POR ミッドランド・トヨタ BS 
22.佐藤琢磨 JPN アグリ・ホンダ BS
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。 
V10エンジン

 

フェラーリはっやぃ(0□0;)

驚異的な速さだヾ(;◎_◎)ノ

対照的にルノーゎぱっとしません( ´_ゝ`)

マスダンパー禁止が響いているんでしょうか(ーζ‐)?

タイヤもBSが一歩先を行く感じ。

このトコロ逆転現象が見られますね。

以前ゎ暑いGPゎMiが有利だったんですが、

いまでゎBSの優位性が目立ちます。

このトコロの成績にゎ、

Miも忸怩たる思いでいるコトでしょう。

琢磨ゎSA06Bに乗っているようですが、

タイム的にゎ最下位。

実質シェイクダウンなので

いろいろと不具合も出ているらしいのです(´・ω・`)

少々不安ゎありますが

速いコトに関してゎ疑う余地ゎありません。

予選以降の浮上に期待です(>人<)

| | コメント (0)

2006年8月25日 (金)

Rd.14 トルコGP 金曜セッション

フリープラクティス1 リザルト
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
 1.K・ライコネン FIN マクラーレン Mi
 2.M・シューマッハー GER フェラーリ BS
 3.J・バトン GBR ホンダ Mi
 4.A・ヴルツ AUT ウィリアムズ・コスワース BS
 5.A・デビッドソン GBR ホンダ Mi
 6.P・デ・ラ・ロサ ESP マクラーレン Mi
 7.N・ハイドフェルド GER BMW Mi
 8.S・ヴェッテル GER BMW Mi
 9.R・ドーンボス NED レッドブル・フェラーリ Mi
10.N・ジャニ SUI トロ・ロッソ・コスワース Mi
11.R・バリチェロ BRA ホンダ Mi
12.G・モンディーニ SUI ミッドランド・トヨタ BS
13.S・スピード USA トロ・ロッソ・コスワース Mi
14.C・アルバース NED ミッドランド・トヨタ BS
15.T・モンテイロ POR ミッドランド・トヨタ BS
16.F・モンタニー FRA アグリ・ホンダ BS
17.F・マッサ BRA フェラーリ BS
18.山本左近 JPN アグリ・ホンダ BS
19.V・リウッツィ ITA トロ・ロッソ・コスワース Mi
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
20.R・シューマッハー GER トヨタ BS
21.J・トゥルーリ ITA トヨタ BS
22.G・フィジケラ ITA ルノー Mi
23.F・アロンソ ESP ルノー Mi
24.佐藤琢磨 JPN アグリ・ホンダ BS
25.R・クビサ POL BMW Mi
26.C・クリエン AUT レッドブル・フェラーリ Mi
27.D・クルサード GBR レッドブル・フェラーリ Mi
28.M・ウェバー AUS ウィリアムズ・コスワース BS
29.N・ロズベルグ GER ウィリアムズ・コスワース BS
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
3rdドライバー
No time

V10エンジン


フリープラクティス2 リザルト
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
 1.S・ヴェッテル GER BMW Mi
 2.F・マッサ BRA フェラーリ BS
 3.J・バトン GBR ホンダ Mi
 4.A・デビッドソン GBR ホンダ Mi
 5.R・シューマッハー GER トヨタ BS
 6.M・シューマッハー GER フェラーリ BS
 7.R・ドーンボス NED レッドブル・フェラーリ Mi
 8.K・ライコネン FIN マクラーレン Mi
 9.P・デ・ラ・ロサ ESP マクラーレン Mi
10.R・バリチェロ BRA ホンダ Mi
11.G・モンディーニ SUI ミッドランド・トヨタ BS
12.F・アロンソ ESP ルノー Mi
13.N・ジャニ SUI トロ・ロッソ・コスワース Mi
14.S・スピード USA トロ・ロッソ・コスワース Mi
15.J・トゥルーリ ITA トヨタ BS
16.F・モンタニー FRA アグリ・ホンダ BS
17.R・クビサ POL BMW Mi
18.G・フィジケラ ITA ルノー Mi
19.A・ヴルツ AUT ウィリアムズ・コスワース BS
20.V・リウッツィ ITA トロ・ロッソ・コスワース Mi
21.M・ウェバー AUS ウィリアムズ・コスワース BS
22.C・クリエン AUT レッドブル・フェラーリ Mi
23.N・ロズベルグ GER ウィリアムズ・コスワース BS
24.佐藤琢磨 JPN アグリ・ホンダ BS
25.山本左近 JPN アグリ・ホンダ BS
26.T・モンテイロ POR ミッドランド・トヨタ BS
27.N・ハイドフェルド GER BMW Mi
28.D・クルサード GBR レッドブル・フェラーリ Mi
29.C・アルバース NED ミッドランド・トヨタ BS
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
3rdドライバー
V10エンジン

 

夏休みが明け、F1が帰ってきました。

夏休みが終わったとゎいえ、トルコゎ

気温32℃、路面温度50℃、湿度40%と

真夏の様相を呈しています。

夏休みの間、最も大きなニュースゎ

トヨタのGPMA離脱です。

'08以降のコンコルド協定が締結され、

一応の役割ゎ果たしたと言えます。

まだエンジン問題などが残ってゎいるものの、

お互いの利害関係で一向に足並みがそろわない状況に

嫌気がさしたものと思われます。

このトヨタ離脱を機に

GPMA解散の可能性が出てきました。

 
BMWゎ今GPからサードドライバーに

19歳のセバスチャン・ヴェッテルを起用しました。

ヴェッテルゎ来シーズン、

BMWのサードドライバーを目指します。

 
いろいろと物議をかもしたマスダンパーゎ

FIA国際法廷において正式に

レギュレーション違反とされました。

 
アグリにとってこのGPからが今シ−ズンのスタートと

言えるかもしれません。

ドイツGPから暫定仕様のニューマシンを投入しましたが、

このトルコからフロントサスペンションのジオメトリーが

現在のトレンドのゼロキールになりました。

いままでゎタイヤの性能がマシンを凌駕するという

アンバランスな状況でしたが、

これからゎしっかりタイヤを使うコトができます。

これにより、予選でQ2に進出するのも

不可能でゎなくなるんじゃないかと思います。

ただ残念なのゎ、今回ゎ1つしか間に合わなかったってコト。

金曜ゎモンタニーがテストをして、

進化が認められた場合、

土曜に琢磨車に搭載するそうです。

なかなかすんなり行きませんが、

これからのアグリに今まで以上に注目ですね (゚▽゚*)♪

| | コメント (0)

2006年8月24日 (木)

まいった

なにを書いて良いやら、

まったくネタがありません(ー∇ー;)

なーにも浮かびません ┐(´ー`)┌

もはや笑うしかありませんな( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

いやいや、むしろいままでよく

ネタがあったなと思います。

こんな日がたまにゎあっても良いですよね(๑≧♉ฺ ≦)

あしたゎちゃんとします(o_o;)

| | コメント (4)

2006年8月23日 (水)

W杯が過ぎて

ヨーロッパでは各国のリーグ戦が

開幕、もしくゎまもなく開幕します。

そこで一番気になるコトゎ

スペインリーグ

『リーガ・エスパニョーラ』の日本での放映権を

いったいどこが獲得するのか。

一応WOWOWにも入ってるんですが、

おいらとしてゎJスポーツに帰ってきてほしぃ(。・x・)ゝ

倉敷保雄 & 金子達仁の黄金コンビで

バルサの試合が観たいのです(ρ_;)

WOWOWにゎ悪いのだけれど、

どーしたって見劣りしてしまいます"(/へ\*)"))

『Foot!』でセリエとリーガのニュースを観たい(๑→‿ฺ←๑)

たのむょJスポーツo(;△;)o エーン

| | コメント (2)

2006年8月22日 (火)

眠い……"(/へ\*)"))

先日、友人の舞台のお手伝いに行ってきました (゚▽゚*)♪

小屋入りの日は人手がいくらあっても困らないんです。

ですからね、手伝ってあげたいとゎ思いますよ。

やぶさかでゎないんですが、ねぇ……。

 
舞台監督「仕込み来てくれるんですよね? ありがとうございます!」

   イッテネーダロ。

  「えっと、前日ゎ徹夜なんですけど……(´∀`;)」

舞台監督「じゃあその後でちょうどいいじゃない」

       ナニムチャナコトイッテンダヨ!

  「いやっ、その、難色を示すと言いますか、

  正直キビシくないですか ( ̄Д ̄;)」

舞台監督「なにをおっしゃいますか、サミィさぁん(^▽^)

  じゃあよろしく!」

 
いやいやいやいやいや(;◎д◎)ノノ

拒否権なしっすか!?Σ( ̄д ̄lll)

まぁそんなワケで、楽しく手伝ってきました(๑→‿ฺ←๑)

ネミーヨ。

あす、23日から本番です。

がんばってねーo(*^▽^*)o~♪








舞台監督「ありがとうございました! 千秋楽、待ってるんで!」

バラシも来いと(ー∇ー;)

やっぱ拒否権ゎないのね( ´_ゝ`)

| | コメント (0)

2006年8月21日 (月)

ブログを休んで #3

Hをほっぽり出し、袖ヶ浦の地に降り立った

Scuderia Sammy一行。

この袖ヶ浦という土地、

実ゎ由緒正しいのです。

 

・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚

 
 場所は木更津市と市原市の間に位置し、

 東京ドイツ村などがあります。

 そしてここにゎ弟橘姫の神社が多いのです。

 記紀最大の英雄、倭建命の東征のおり、

 海神の神の怒りを買い、

 荒れ狂う海に行く手を阻まれることがありました。

 倭建命の后、弟橘姫は海中に身を投じ、

 海神の神の怒りを鎮めたのでした。

 その弟橘姫の袖がちぎれて流れ着いた浜(浦)なので

 袖ヶ浦と名付けられたのです。

 
★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・

 

さて、そんな講釈をしたり顔でたれて

白目で見られたあと、

しばし時間をつぶしてHと合流。

その晩ゎ海の幸に焼き肉にと舌鼓を打ちました(๑→‿ฺ←๑)

食後ゎおまちかね、

Scuderia Sammyのシークレットタイムです(ー∇ー;)

こうして夜はふけて行く……。

 

.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:* 9日 .。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*

寝不足 ( ̄Д ̄;)

いよいよセキがヒドぃ"(/へ\*)"))

おいらのコンディションゎ悪くなる一方。

とゎいえ、あのアホどもが楽しみにしてたイベントだし、

ここでへこたれるワケにもいきません。

なんやかやと思案した結果、

温泉に行く事に決めました。

この温泉、これがことのほか利きました(◕ฺ∀◕ฺ)..+*

なんだか身体も軽くなり、

気分ゎ爽快です(✿ฺ´∀`✿ฺ)

その後ゎ木更津をぷらっぷらして、

お寿司屋さんで食事。

すだてができなかったコトゎ残念でしたが、

アホどもも堪能した様子 (゚▽゚*)♪

来年こそゎ今回来れなかったTMもいっしょに

すだてに行きたいな(♞ฺฺ‿ฺ♞ฺ)✿ฺ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてこのあと、

1週間の長きに渡り熱が37.6℃〜38℃の間を

行ったり来たりで下がらず、

セキのしすぎでのどが痛み、

満身創痍の日々を送る事になりましたとさ。

今日現在、熱ゎ下がりましたが

いまだセキは残っておりますε=(。◕ฺˇд ˇ◕ฺ。)

| | コメント (2)

2006年8月20日 (日)

ブログを休んで #2

仙台を漫遊していたおいらを迎えたのゎ

東京の負の空気( ̄Д ̄;)

鉛のように重く、まとわりつくイヤな空気です( ̄ω ̄;)

これで観光気分ゎ吹き飛びました"(/へ\*)"))

ヘロヘロになってお家に帰ったものの、

そのまま休むワケにゎいかなかったのです。

おいらにはやるべきことがあった。

翌日からScuderia Sammyの合宿ですヾ(´囗`。)ノ

といっても、すだてをしに行くだけなんですが(*^¬^*)

すだてというのゎ、

 
  海に柵を立てておくと、潮が引く時に

  その柵の中に魚やなんかが取り残されます。

  それを網ですくったり、素手で捕まえたりして

  その場でさばいてお刺身にしたり、

  天ぷらにしたり、みそ汁にしたりして食べる。

 
そんな海の遊びです。

そのすだてをしに木更津へ行くのですが、

ウチのアホども旅のしおりを作れだの何だのとうるさく、

その制作に取りかからねばならなかったのです(●´・_・`●)

しかも作ったら作ったでばかにして笑い者にする

のも想像に難くない。

なんてイヤなやつらだ!(  ̄´Д` ̄)

でも結局作るおいら。

なんてけなげなのかしら(。♋ฺ‸♋ฺ。) 

タイムテーブルから必要なものから

現地までのアクセスから

やつらが突っ込みたくなるようなコトとかまで

事細かに書いて旅のしおりを作成、

メールを送信。

これでようやく休める(人´∀`).☆.。.:*・

そしておいらゎ泥のように眠ったのです(-o-)Zzz…

 

.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:* 8日 .。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*

どうもおかしい。

セキがとまらないドコロか、

悪寒がするんですガクガク(((゜Д゜)))ブルブル

  コレッテヒョットシテアレデスカ?

恐る恐る体温計をくわえてみる。

  マサカコノタイミングトカマジアリエナイシ


  37.8℃

 

 

まぢっすかぁー!Σ( ̄ロ ̄lll)

きっと仙台で弱ってきたトコロで

東京の陰の空気に当てられたせいです(。◕ฺˇд ˇ◕ฺ。)

完璧に風邪を引きました_| ̄|○

さらに息つく間もなく現実がおいらに牙を剥く。

台風が3つも接近していたのです!!!( ̄□ ̄|||)

そのため海が時化て船が出せず、

すだてができないコトになりました|||||/( ̄ロ ̄;)\|||||||

なんでこんなピンポイントのタイミング

台風が、それも3つも来るかなぁ(* ̄m ̄)

それもこれもすべて

あのアホどもの業の深さの賜物だヽ(ー´_`-)ノ=3

とりあえずその旨連絡すると、

はい、予想通りのブーイングです(  ̄´Д` ̄)

とりあえず予定通り袖ヶ浦へ移動するコトに。

いざ待ち合わせの場所に行くと、

いるのゎNちゃんだけ。

Kから場所ゎどこかとTEL。

しおりを作れと言ったクセに見ていやしないΣ( ̄д ̄lll)

よけいヒドぃゎ!o(T□T)o 

Hにいたってゎ間に合わないと抜かす始末(´Д`)

まったく、なんてやつらだorz

ひとまずHゎ見捨てて、袖ヶ浦で待つコトにしました。

出発する前からこれですからね。

先が思いやられます( ´_ゝ`)

 

 

 

 

 

★″*・°*・.。☆ また続く ★″*・°*・.。☆

| | コメント (2)

2006年8月19日 (土)

ブログを休んで #1

どこへ行っていたかというと、

仙台へ行ってました(♞ฺฺ‿ฺ♞ฺ)✿ฺ

5日〜7日の2泊3日。

 

.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:* 5日 .。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*

仙台へ移動。

花火を見ました(✿ฺ´∀`✿ฺ)

 

.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:* 6日 .。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*

この日は朝から松島観光。

ちなみに、松尾芭蕉が詠んだ

 
  松島や ああ松島や 松島や

 
という俳句。

あれ実ゎ違うんですよね(ー∇ー;)

よく考えると季語が入ってないから俳句じゃなくて川柳だし。

松島の観光協会だかなんだかが

PRのために作った句らしいです。


遊覧船に乗って塩竈へ。

「すし哲」で遅めのお昼飯。

市内に戻って七夕見物をしたあと、

牛タン発祥のお店「太助」で晩飯 。

 

.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:* 7日 .。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*

定義山ゎ定義如来へ。

「定義とうふ店」油揚げと豆乳を食べ、

近くのお店で焼きおにぎりと玉こんにゃくを食べる。

これがおいしいのなんの(o≧∇≦)oo(≧∇≦o)

油揚げの大きさゎ4枚切りの食パンを

斜めに切ったくらいの大きさ∑(*☼_☉*)

この分厚さで厚揚げじゃないんですよ(ʘДʘ)

 
  「どんだけおいしいっていっても、

  油揚げのおいしさってこれくらいでしょ?」

 
ってレベルを超えたおいしさなんです (*´∇`*)

これゎ衝撃的でしたね(๑→‿ฺ←๑)

豆乳ゎ豆腐になる寸前のようだし、

焼きおにぎりも素朴でおいしい。

玉こんにゃくゎ芯まで味が染みてました(๑≧♉ฺ ≦)

そして「利久」で再度牛タンを食べ、

仙台を締めくくりました゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚

唯一の心残りゎ巨大観音を見られなかったコト。

なんでも身の丈100mという大きさ!Σ( ̄ロ ̄;)

山の向こうからゴジラがやってきたようなスケールなんだそうです。

見たかったなぁ( ´_ゝ`)

そしてこの日、あまり意識してなかったんですが

普段よりセキが多かったんです……。

 

 

 

 

 

★″*・°*・.。☆ 続く ★″*・°*・.。☆

| | コメント (4)

2006年8月18日 (金)

残暑見舞い申し上げます。

まだ暑い日が続きますが、

みなさまいかがお過ごしでしょうか。

おいらは風邪を引いてはや十日。

いまだセキが止まりません。

直射日光や屋内の冷房など、

寒暖の激しい日本の夏です。

みなさま、体調管理にはご用心くださいませ。

夏好きの方はもうしばらくお楽しみを、

夏嫌いの方は、ともにこのツラぃ季節を

やり過ごしましょう。

それでは無理をせず、くれぐれもご自愛ください。

 

・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚
     Samiano de Angelis
 ✰ฺ ・:*:・✿ฺ ・:*:・・:*:・✿ฺ ・:*:・・:*:・✿ฺ ・:*:・

| | コメント (4)

2006年8月17日 (木)

やたーぃ♪ゝ(▽`*ゝ)(ノ*´▽)ノワーイ♪

ブログの更新をお休みしてる間に、

とうとう

 
10,000Hit突破しましたー!

 
やた───ヾ(●⌒∇⌒●)ノ

 
これを目指してがんばってきたのです(。♋ฺ‸♋ฺ。)

とうとうその目標を達成

したのゎよいものの、さてどうしたものかと(ーζ‐)

しかも休んでる間のことで、感慨も今ひとつ

とゎいえ大きな目標を達成し、

現在目標を無くしています。

どうしましょ(?_?)

| | コメント (7)

2006年8月16日 (水)

Rientro

Muy buenas tardes.

?Como hesta?

帰ってまいりました\(^▽^@)ノヤホーイ

実ゎ旅からゎとっくに帰ってたんですが、

旅先で風邪をもらってきてしまい、

床に臥せっておりました(×△×)

数日間続いた熱もようやく下がってきましたが、

いまだセキが止まりませんε=(。◕ฺˇд ˇ◕ฺ。)

が、発病して1週間、ようやく上向いてきましたヾ(´▽`*)ゝ♪

と、ゆうワケで、

待っていてくださった方(いるかな( ̄ω ̄;))

お待たせしました (゚▽゚*)♪

満を持して復帰します.:♪*:・'(*⌒—⌒*)))

これからもどうぞよろしくです ♪(*^ ・^)ノ⌒☆

| | コメント (5)

2006年8月 7日 (月)

Rd.13 ハンガリーGP 決勝

グリッド
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
 1.キミ・ライコネン FIN マクラーレン Mi
 2.フェリペ・マッサ BRA フェラーリ BS
 3.ルーベンス・バリチェロ BRA ホンダ Mi
 4.ペドロ・デ・ラ・ロサ ESP マクラーレン Mi 
 5.マーク・ウェバー AUS ウィリアムズ・コスワース BS
 6.ラルフ・シューマッハー GER トヨタ BS
 7.ジャンカルロ・フィジケラ ITA ルノー Mi
 8.ヤルノ・トゥルーリ ITA トヨタ BS
 9.ロベルト・クビサ POL BMW Mi
10.ニック・ハイドフェルド GER BMW Mi
11.ミハエル・シューマッハー GER フェラーリ BS
12.デビッド・クルサード GBR レッドブル・フェラーリ Mi
13.クリスチャン・クリエン AUT レッドブル・フェラーリ Mi
14.ジェンソン・バトン GBR ホンダ Mi
15.フェルナンド・アロンソ ESP ルノー Mi
16.ティアゴ・モンテイロ POR ミッドランド・トヨタ BS
17.ヴィタントニオ・リウッツィ ITA トロ・ロッソ・コスワース Mi
18.ニコ・ロズベルグ GER ウィリアムズ・コスワース BS
19.佐藤琢磨 JPN アグリ・ホンダ BS
20.スコット・スピード USA トロ・ロッソ・コスワース Mi
21.山本左近 JPN アグリ・ホンダ BS
22.クリスチャン・アルバース NED ミッドランド・トヨタ BS
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
V10エンジン

 

決勝リザルト
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
 1.ジェンソン・バトン GBR ホンダ Mi
 2.ペドロ・デ・ラ・ロサ ESP マクラーレン Mi
 3.ニック・ハイドフェルド GER BMW Mi
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
 4.ルーベンス・バリチェロ BRA ホンダ Mi
 5.デビッド・クルサード GBR レッドブル・フェラーリ Mi
 6.ラルフ・シューマッハー GER トヨタ BS
失格 ロベルト・クビサ POL BMW Mi
 7.フェリペ・マッサ BRA フェラーリ BS
 8.ミハエル・シューマッハー GER フェラーリ BS
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
 9.ティアゴ・モンテイロ POR ミッドランド・トヨタ BS
10.クリスチャン・アルバース NED ミッドランド・トヨタ BS
11.スコット・スピード USA トロ・ロッソ・コスワース Mi
12.ヤルノ・トゥルーリ ITA トヨタ BS
13.佐藤琢磨 JPN アグリ・ホンダ BS
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
   ロベルト・クビサ POL BMW Mi
   フェルナンド・アロンソ ESP ルノー Mi
   キミ・ライコネン FIN マクラーレン Mi
   ヴィタントニオ・リウッツィ ITA トロ・ロッソ・コスワース Mi
   ニコ・ロズベルグ GER ウィリアムズ・コスワース BS
   ジャンカルロ・フィジケラ ITA ルノー Mi
   クリスチャン・クリエン AUT レッドブル・フェラーリ Mi
   マーク・ウェバー AUS ウィリアムズ・コスワース BS
   山本左近 JPN アグリ・ホンダ BS
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
1周遅れ
3周遅れ
4周遅れ
5周遅れ
DNF
リタイア
V10エンジン

 

ポイントランキング
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
ドライバーズチャンピオンシップ

 1.100p フェルナンド・アロンソ
 2. 90p ミハエル・シューマッハー
 3. 52p フェリペ・マッサ
 4. 49p ジャンカルロ・フィジケラ
 5. 49p キミ・ライコネン
 6. 31p ジェンソン・バトン
 7. 26p ファン・パブロ・モントーヤ
 8. 21p ルーベンス・バリチェロ
 9. 19p ニック・ハイドフェルド
10. 16p ラルフ・シューマッハー
11. 14p デビッド・クルサード
12. 10p ペドロ・デロサ
13. 10p ヤルノ・トゥルーリ
14.  7p ジャック・ヴィルヌーヴ
15.  6p マーク・ウェバー
16.  4p ニコ・ロズベルグ
17.  2p クリスチャン・クリエン
18.  1p ヴィタントニオ・リウッツィ
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
コンストラクターズチャンピオンシップ

 1.149p ルノー
 2.142p フェラーリ
 3. 85p マクラーレン・メルセデス
 4. 52p ホンダ
 5. 28p BMWザウバー
 6. 26p トヨタ
 7. 16p レッドブル・フェラーリ
 8. 10p ウィリアムズ・コスワース
 9.  1p トロ・ロッソ
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
ランクアップ
ランクダウン
ポイントゲット

| | コメント (2)

2006年8月 6日 (日)

Rd.13 ハンガリーGP 予選

予選 リザルト
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
 1.キミ・ライコネン FIN マクラーレン Mi
 2.フェリペ・マッサ BRA フェラーリ BS
 3.ルーベンス・バリチェロ BRA ホンダ Mi
 4.ジェンソン・バトン GBR ホンダ Mi
 5.ペドロ・デ・ラ・ロサ ESP マクラーレン Mi
 6.マーク・ウェバー AUS ウィリアムズ・コスワース BS
 7.ラルフ・シューマッハー GER トヨタ BS
 8.ジャンカルロ・フィジケラ ITA ルノー Mi
 9.ヤルノ・トゥルーリ ITA トヨタ BS
10.ロベルト・クビサ POL BMW Mi
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
11.ニック・ハイドフェルド GER BMW Mi
12.ミハエル・シューマッハー GER フェラーリ BS
13.デビッド・クルサード GBR レッドブル・フェラーリ Mi
14.クリスチャン・クリエン AUT レッドブル・フェラーリ Mi
15.フェルナンド・アロンソ ESP ルノー Mi
16. ティアゴ・モンテイロ POR ミッドランド・トヨタ BS
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
17.ヴィタントニオ・リウッツィ ITA トロ・ロッソ・コスワース Mi
18.ニコ・ロズベルグ GER ウィリアムズ・コスワース BS
19.スコット・スピード USA トロ・ロッソ・コスワース Mi
20.佐藤琢磨 JPN アグリ・ホンダ BS
21.クリスチャン・アルバース NED ミッドランド・トヨタ BS
22.山本左近 JPN アグリ・ホンダ BS
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
V10エンジン

| | コメント (0)

2006年8月 5日 (土)

Rd.13 ハンガリーGP 土曜フリー走行

フリープラクティス3 リザルト
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
 1.M・シューマッハー GER フェラーリ BS
 2.F・マッサ BRA フェラーリ BS
 3.R・クビサ POL BMW Mi
 4.R・バリチェロ BRA ホンダ Mi
 5.F・アロンソ ESP ルノー Mi
 6.G・フィジケラ ITA ルノー Mi
 7.C・クリエン AUT レッドブル・フェラーリ Mi
 8.P・デ・ラ・ロサ ESP マクラーレン Mi
 9.V・リウッツィ ITA トロ・ロッソ・コスワース Mi
10.K・ライコネン FIN マクラーレン Mi
11.D・クルサード GBR レッドブル・フェラーリ Mi
12.M・ウェバー AUS ウィリアムズ・コスワース BS
13.T・モンテイロ POR ミッドランド・トヨタ BS
14.S・スピード USA トロ・ロッソ・コスワース Mi
15.R・シューマッハー GER トヨタ BS
16.N・ロズベルグ GER ウィリアムズ・コスワース BS
17.J・バトン GBR ホンダ Mi
18.佐藤琢磨 JPN アグリ・ホンダ BS
19.J・トゥルーリ ITA トヨタ BS
20.N・ハイドフェルド GER BMW Mi
21.C・アルバース NED ミッドランド・トヨタ BS
22.山本左近 JPN アグリ・ホンダ BS
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
V10エンジン

| | コメント (0)

2006年8月 4日 (金)

Rd.13 ハンガリーGP 金曜セッション

フリープラクティス1 リザルト
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
 1.K・ライコネン FIN マクラーレン Mi
 2.A・デビッドソン GBR ホンダ Mi
 3.M・シューマッハー GER フェラーリ BS
 4.P・デ・ラ・ロサ ESP マクラーレン Mi
 5.A・ヴルツ AUT ウィリアムズ・コスワース BS
 6.R・バリチェロ BRA ホンダ Mi
 7.J・バトン GBR ホンダ Mi
 8.R・ドーンボス NED レッドブル・フェラーリ Mi
 9.J・トゥルーリ ITA トヨタ BS
10.M・ヴィンケルホック GER ミッドランド・トヨタ BS
11.N・ジャニ SUI トロ・ロッソ・コスワース Mi
12.V・リウッツィ ITA トロ・ロッソ・コスワース Mi
13.S・スピード USA トロ・ロッソ・コスワース Mi
14.C・アルバース NED ミッドランド・トヨタ BS
15.T・モンテイロ POR ミッドランド・トヨタ BS
16.佐藤琢磨 JPN アグリ・ホンダ BS
17.R・シューマッハー GER トヨタ BS
18.山本左近 JPN アグリ・ホンダ BS
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
19.F・アロンソ ESP ルノー Mi
20.C・クリエン AUT レッドブル・フェラーリ Mi
21.D・クルサード GBR レッドブル・フェラーリ Mi
22.G・フィジケラ ITA ルノー Mi
23.F・マッサ BRA フェラーリ BS
24.M・ウェバー AUS ウィリアムズ・コスワース BS
25.N・ロズベルグ GER ウィリアムズ・コスワース BS
26.N・ハイドフェルド GER BMW Mi
27.R・クビサ POL BMW Mi
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
3rdドライバー
No time

V10エンジン

 

フリープラクティス2 リザルト
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
 1.F・マッサ BRA フェラーリ BS 
 2.F・アロンソ ESP ルノー Mi 
 3.G・フィジケラ ITA ルノー Mi 
 4.R・ドーンボス NED レッドブル・フェラーリ Mi 
 5.A・デビッドソン GBR ホンダ Mi 
 6.R・シューマッハー GER トヨタ BS 
 7.J・トゥルーリ ITA トヨタ BS 
 8.M・シューマッハー GER フェラーリ BS 
 9.N・ハイドフェルド GER BMW Mi 
10.R・クビサ POL BMW Mi 
11.P・デ・ラ・ロサ ESP マクラーレン Mi 
12.M・ヴィンケルホック GER ミッドランド・トヨタ BS 
13.R・バリチェロ BRA ホンダ Mi
14.J・バトン GBR ホンダ Mi 
15.T・モンテイロ POR ミッドランド・トヨタ BS 
16.A・ヴルツ AUT ウィリアムズ・コスワース BS 
17.佐藤琢磨 JPN アグリ・ホンダ BS 
18.N・ロズベルグ GER ウィリアムズ・コスワース BS 
19.N・ジャニ SUI トロ・ロッソ・コスワース Mi 
20.C・アルバース NED ミッドランド・トヨタ BS 
21.S・スピード USA トロ・ロッソ・コスワース Mi
22.M・ウェバー AUS ウィリアムズ・コスワース BS 
23.C・クリエン AUT レッドブル・フェラーリ Mi 
24.D・クルサード GBR レッドブル・フェラーリ Mi 
25.K・ライコネン FIN マクラーレン Mi  
26.V・リウッツィ ITA トロ・ロッソ・コスワース Mi 
27.山本左近 JPN アグリ・ホンダ BS 
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
3rdドライバー 
V10エンジン

 

今シーズンも終盤戦にさしかかり、

いろぃろと動きが出てきましたね。

ウィリアムズゎ来シーズン、

ウェバーに代わってヴルツを起用するコトを決めたようです。

ウェバーゎマネージャーのフラビオ・ブリアトーレが

水面下で動いており、

別のチームでF1にとどまれるようです。

 
BMWゎ、このGPでゎジャック・ヴィルヌーヴに代わって

ロベルト・クビサを起用しました。

残りのGPゎここの結果次第で

ジャックに戻すか、クビさのままで行くか決めるそうです。

クビサがレースに出場すれば、

初のポーランド人F1ドライバーの誕生となります。

 
フェラーリのマッサゎレッドブルとコンタクトを取りました。

シューが現役続行の方向で、

さらに、キミがフェラーリと仮契約をかわしたらしく、

はじき出されるコトになりそうだからです。

 
リウッツィゎレッドブルへの昇格が噂されています。

クリエンゎはたして(?_?)

 
びっくりなのが、アグリがアルバースに

オファーを出しているコトです∑(*☼_☉*)

サードドライバーとしてでしょうか(?_?)

来シーズンからゎ金曜セッションで走れなくなりそうですから、

テストドライバーでですかね(・ρ゜)

にしても他にもっと開発力のあるドライバーゎ

いそうなものですが ┐(´ー`)┌

アルバースとしてゎ残留を希望しているそうです。

 
そのミッドランドですが、

ドイツGPゎ失格になりました。

リアウィングが車検で引っかかったそうです。

 

 

 


さて。

残念ながら、リアルタイムでハンガリーGPを

観るコトができません。

ちょっと旅に出ます。

その間、ブログゎお休みします。

それでゎまた。

Un buen fin de semana.

Adios,hasta luego.

!Ciao!

| | コメント (4)

2006年8月 3日 (木)

助かった(O_o;)

ミラン、正式にチャンピオンズリーグへの

出場が認められました♪ゝ(▽`*ゝ)(ノ*´▽)ノワーイ♪

今季のスクデットゎムツカシぃかもしれませんが、

CLに出られるならよしとします (゚▽゚*)♪

甘い裁定なのかもしれませんが、

実際どれだけのコトが行われたかゎ

想像するしかありません。

裁定をもって結論としたいと思います。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

それにしても、今季のミランのユニ、

カッコわるぃ!!!( ̄□ ̄|||)

Maglia01

 

 

ものスゴく弱そうだ(;□;|||)

8eb639ca


 

 
笑ってる場合じゃないょカピターン(。♋ฺ‸♋ฺ。)

たとえスクデットを獲ろうが、

ビッグイヤーを獲ろうが、

こんなユニなら欲しくない(><。)

なんだか先が思いやられますε=(。◕ฺˇд ˇ◕ฺ。)

| | コメント (2)

2006年8月 2日 (水)

ゲド戦記

『ブレイブ ストーリー』を観終えたあと、

悪い評判しか聞こえてこない

 

   『ゲド戦記』

 

を観に行ってきました。

いかに評判が悪かろうと、それゎ所詮、他人の評価。

自分の目で観るまで判断しません。

実際、評判の芳しくなかった

『ブレイブ ストーリー』ゎおもしろかったワケだし。

と、意気揚々と劇場に向かいました。

……

…………

ふむ……( ̄ω ̄;)

なんてゆうか、うん。

つまんなくゎないし、おもしろいトコロもあるけど

どーしたの、鈴木さん!?|||||/( ̄ロ ̄;)\|||||||

よくこれをジブリの名で世に出す気になりましたね( ´_ゝ`)

映画が始まるや否や、

どこかで見たコトあるシーンのオンパレード。

「パクリ!?Σ( ̄ロ ̄;)」

いえ違います。

『ゲド戦記』ゎ『風の谷のナウシカ』以前、

宮崎駿さんがやりたがっていたんですがそれゎかなわず、

自らの作品にオマージュとして反映させていました。

ゲド戦記の要素をやり尽くした宮崎駿さんゎ、

今回の企画を「できない」と辞退したんだそうです。

さて、そんな『ゲド戦記』の監督を担ったのが、

ジブリ美術館の元館長にして宮崎駿さんの長男、宮崎吾朗さん。

Jr.を担ぎだすのゎいかがなものでしょう(●´・_・`●)

それも、確たる実績がないにもかかわらずです。

いままで宮崎駿さんの暴走をいなし、

導いてきたプロデューサー鈴木敏夫さんも

今回ゎどうにもならなかったんでしょうか(´・ω・`)

正直、アニメーションとしてのクォリティも低いし、

ストーリーもわからないコトだらけ。

スケールも大きいのかと思えば、

じつゎけっこうミニマム。

ドラマとゆうものゎバネに例える事ができると思います。

クライマックスへ向け、バネを縮めて行き、

最後にそれを解放してやるコトにより、

はねる=カタルシスが得られます。

バネを縮める力が強ければ強いほど、

解放した時の反発力ゎ大きくなるんですが、

バネを押し縮める力も弱ければ、

解放する方向も不確か。

最後に残ったものゎ

  「え゛ぇぇぇぇぇぇぇ/( ̄ロ ̄lll)\」

やり場のない不確かな感情。

はたしてどうしたものか(ー∇ー;)

カタルシスがないと、やっぱりキビシぃです(´Д`)

この映画の『サミィの評価』ゎ

 

 

  45pts

 

 

ジブリ好きのおいらですから、

採点ゎ若干甘くなってるかもしれません。

宮崎駿さんのためにつくられたスタジオ・ジブリですが、

いまとなってゎ宮崎駿さんと

心中するワケにゎいかなくなりました。

そのための模索が今回の企画だったんだと思います。

近藤喜文さんゎ亡くなってしまったし、

高坂希太郎さんゎ基本的にゎ外の人間です。

宮崎駿さんゎ次回作の製作に取りかかっているそうですが、

ジブリゎ今後、どうゆう方向へ進んで行くんでしょうか。

| | コメント (5) | トラックバック (9)

2006年8月 1日 (火)

ブレイブ ストーリー

原作読んだコトありません。

宮部みゆきも読んだコトありません。

ただ、宮部みゆきゎおもしろぃと聞いたコトゎあります。

京極夏彦好きのおいらとしてゎ、

大極宮の一角ですからね。

以前から興味ゎあったんで、

観に行ってきました。

 

   『ブレイブ ストーリー』

 

伝え聞く評判ゎあまり芳しくなかったんですが、

けっこうおもしろかったですょ (゚▽゚*)♪

目新しい要素とゆうのゎさしてなかったんですが、

話の構成がしっかりしているし、

キャラの作り方見せ方も実にソリッド。

まったく、テキストとしてふさわしぃ

良くできた作品と思います.:♪*:・'(*⌒—⌒*)))

観終わって、良い意味で原作を読んでみたくなりました(^▽^)

原作ゎもっと長いはずで、

切りたくないエピソードも切っていかなければなりません。

エピソードの取捨選択ゎムツカシぃものですが、

原作を知らないおいらにゎ

うまいコト構成したように映りました(^ω^)

で、おもしろかったんで、

切られたエピソードを読んでみたくなったワケです。

でも、つっこみドコロがなかったワケじゃありません。

ものたりなく感じるトコロもありましたから。

でも、それを差し引いても楽しめます。

子供にゎぜひ観てもらいたい映画ですねヽ(´ー`)ノ

この映画の『サミィの評価』ゎ

 

 

  78pts

 

 

個人的にゎ大泉洋が良かった(≧∀≦)

最近声優としてもうれっこですねぇ (゚▽゚*)♪

あと、なにげに大極宮も出演してるんですよね(?_?)

(あれ、ちがったっけヾ(;◎_◎)ノ不確定情報です(ー∇ー;))

クレジットで観た気がします( ̄ω ̄;)

それにしても、いつから離婚って

めづらしくなくなっちゃったんでしょうか(●´・_・`●)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »