« 若冲スゴぃ! | トップページ | GS近松商店 »

2006年7月22日 (土)

嫌われ松子の一生

観てきました。

 
  『嫌われ松子の一生』

 
とにかくファンタジックで美しい画でした(´∀`)

『下妻物語』も綺麗だったけど、今作はそれ以上。

素晴らしぃ映画でした (*´∇`*)

中谷美紀が実に良かった.:♪*:・'(*⌒—⌒*)))

彼女の演じる松子ゎとてもチャーミング

それでいて哀しくなるほど不器用で、

おいらのハートを捕えて離しませんでした(*´ー`)

内容ゎはっきり言って、

ものすごく身につまされます(●´・_・`●)

原作ゎ読んでないからわかりませんが、

つらすぎて読めないんじゃないかって

思っちゃいましたから(ー∇ー;)

でも、それをコミカルに演出するコトで

笑えるトコロまで昇華したあたりが

素晴らしぃですね (゚▽゚*)♪

万人受けできるようにうまいコトバランスしてます。

この映画の『サミィの評価』ゎ

 

 

  81pts

 

 

なんか世の中って、偏屈な人っていますよね(?_?)

ひねてる人とか、嫌われてる人とかいろぃろと。

でも、その人たちだって、決してそうなろうと思って

なったわけじゃないんじゃないかな。

自分でもイヤだけど、

そうするほか身の置き場がなくなってしまったのかもな。

なんて思いました( ´_ゝ`)

どんな人にも人生があって、

そのへんの三文小説よりもドラマチックな

瞬間があったりするんですよねヽ(´ー`)ノ

人生は、自分が望むと望まざるとにかかわらず転がって行くもので、

それは時に哀しい顛末をたどることがあります。

この映画はなんだか滑稽で、

それがゆえにせつなくて、

綺麗で美しい画を見ていたら、

自然と涙が頬を伝っていました(ノ_・。)

|

« 若冲スゴぃ! | トップページ | GS近松商店 »

コメント

ども!
私はこの映画、観ていないので、なんとも評価できません
が、評判はいいみたいですね。
私は男なので、そうそう涙を流すことはないのですが、
いい映画を観て、涙を流すと、けっこうすっきりすること
がありますよね。
これでもたま~にそういうことがあります。f(^^;)
泣ける! と思って期待はずれだったりすると、評価、
思いっきり、0pt.に近くなりますが。

投稿: コレバナ | 2006年7月23日 (日) 10時03分

Sammy さん

おはようございます!

複雑な心境もわかります。
今後の進展を見守るしかありませんね。

この映画!
泣けるんですか!
泣ける映画好きなんですよ。

ちょっと観てみたくなりました。

投稿: 「感動創造」 | 2006年7月23日 (日) 11時03分

こんにちは♪
TBありがとうございました。
こちらからのTBは入っているかしら?
原作は悲惨な転落人生をストレートに描いているので、読まない方がいいかもしれませんよ~。
あの原作をこういう風に映像化した監督の感性には驚きです。
私にとっては懐かしい昔の歌なんかも登場したり、今人気のアーティストの歌もあったり、音楽面も充実してましたね。

投稿: ミチ | 2006年7月23日 (日) 15時40分

TBありがとうございます。監督のセンスには脱帽です。本来悲しい映画なのに楽しさを感じたのは不思議でした。

投稿: meso | 2006年12月17日 (日) 10時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25436/2761342

この記事へのトラックバック一覧です: 嫌われ松子の一生:

» 映画「嫌われ松子の一生」 [ミチの雑記帳]
映画館にて「嫌われ松子の一生」 山田宗樹の同名小説の映画化。松子のあの壮絶な転落人生をここまでエンタテインメント作品にしてしまうとは驚いた!原作からはタイトルと話の流れのみを借りてあとは中島監督の脚色によって別印象に仕上がっている。 ケバケバしい色の映像、画面手前にはいつも花が添えられ、安っぽいミュージカルの舞台まで登場する。そんな中で語られるのは松子の不幸のてんこ盛り。教師にまでなった人なのに、最初の「修学旅行窃盗事件」での行動... [続きを読む]

受信: 2006年7月23日 (日) 15時37分

» 嫌われ松子の一生 [日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~]
ある日、荒川の河川敷で女性の他殺体が発見されます。川尻松子(中谷美紀)、53歳。今まで彼女の存在を知らずにいた甥の笙(瑛太)は、松子の弟である父親(香川照之)に頼まれ、松子の住んでいた部屋の後片付けをすることになります。乱雑jな部屋を片付けながら、笙は、松子の人... [続きを読む]

受信: 2006年7月23日 (日) 21時30分

» 『嫌われ松子の一生』 [京の昼寝〜♪]
松子。人生を100%生きた女。 ■監督・脚本 中島哲也■原作 山田宗樹(「嫌われ松子の一生」幻冬舎文庫)■キャスト 中谷美紀、瑛太、伊勢谷友介、香川照之、市川実日子、黒沢あすか、柄本明、木村カエラ、蒼井そら、柴咲コウ□オフィシャルサイト   『嫌われ松子の一生』 福岡県の大野島で産声を上げた川尻松子(中谷美紀)は、幼い頃からお姫様のような人生を夢見る少女。 生徒に人気の中学教師に成長した彼女だった... [続きを読む]

受信: 2006年7月23日 (日) 22時47分

» 「嫌われ松子の一生」(山田宗樹著) [京の昼寝〜♪]
  「嫌われ松子の一生」(山田宗樹著)【幻冬舎文庫】 川尻松子の波乱万丈な人生を描いた作品。主人公川尻松子、昭和22年、福岡県大野島生まれ。20代で教師をクビになり、エリートから転落して家を飛び出しソープ嬢に。やがてヒモを殺害して刑務所へ…。  話題になっていた頃から読んでみたいと思っていた。 映画化が決まり、映画館で予告編が流れ出した頃、この原作を読んでみようと思い読み始めた。 映画公開は5�... [続きを読む]

受信: 2006年7月23日 (日) 22時48分

» 嫌われ松子の一生 [Akira's VOICE]
色彩豊かに歌い上げる人間讃歌♪ [続きを読む]

受信: 2006年7月25日 (火) 11時07分

» ◆試写会・嫌われ松子の一生 [映画大好き☆]
雨が降る中、御堂会館に 嫌われ松子の一生の試写会に行って来ました。 監督は、あの前にも笑わせてもらった 下妻物語の中島哲也監督 そりゃぁ〜笑わせてくれるっしょ 【STORY】 女の子なら誰だって、お姫様みたいな人生に憧れる。 昭和22年・福岡県大野島生ま...... [続きを読む]

受信: 2006年10月20日 (金) 20時25分

» 嫌われ松子の一生☆☆☆☆ [旭のほとりで]
主演:中谷美紀 評価:☆☆☆☆ 内容:変死した松子の、憐れでしかし何故か本人は幸福な人生を辿ってゆく物語。 感想:なんかCMみたいな(というかまんまCM風)のオープニングで華々しい幕開け。派手なCGはあり、ミュージカルもあり。こんな豪華な邦画は珍....... [続きを読む]

受信: 2006年12月17日 (日) 05時18分

» 映画・嫌われ松子の一生〜悲劇かコントか、時々ミュージカル! [一言居士!スペードのAの放埓手記]
映画・嫌われ松子の一生ですが、これは結構面白いです。ドラマの内山理名のも見たのですが、中谷美紀の松子の方が私は好きです。 映画だと、次から次へと川尻松子の転落人生、これでもかと続くわけですが、あまり悲壮感もなく、壮大なコントのような気もしてきますが、ラストはかなり衝撃的なわけです。(映画・嫌われ松子の一生の感想、以下に続きます。ネタバレ含みます)... [続きを読む]

受信: 2007年2月15日 (木) 21時32分

« 若冲スゴぃ! | トップページ | GS近松商店 »