« 中田英寿引退について | トップページ | 超個人的声質ランキングバトン »

2006年7月 6日 (木)

セミファイナル

ドイツ 0 - 2 イタリア

 
今大会、自国開催とゆうこともあって、

思いのほか強かったドイツ。

ユーロ2000のころ、すっかり落ち目となったドイツを見て、

  「ドイツゎ2流国に成り下がった」

と思っていました。

前回大会で決勝戦に進んだ時も、「あれゎまぐれだろう」と。

ところが。

やっぱりドイツゎスゴぃヽ(´ー`)ノ

ルディ・フェラーが四苦八苦していたチームが、

困難だった新陳代謝を果たし、

クリンスマンを迎えて、

強豪国として見事、復活しました。

しかし、イタリアゎその上を行きました。

未曾有のスキャンダル問題に揺れた

イタリアサッカー界でしたが、

その問題の前に団結。

今大会の躍進につながったのでゎないでしょうか。

このチームゎオフェンシブな

素晴らしぃサッカーを展開してますね (゚▽゚*)♪

ディフェンシブなイタリアがオフェンシブな

サッカーをはじめると、

守備のしっかりした、バランスのいぃサッカーになります。

さすがゎリッピ。

クライフが賞賛するのもうなずけます(*´ー`)

特においらの目を引いているのが左サイドバックのグロッソ。

オーストラリア戦でPKをもらったコトなどゎ、

とりはだものでしたヾ(;◎_◎)ノ

 

ポルトガル 0 - 1 フランス

 
その将来を嘱望されたゴールデンエイジ。

しかし、待ち受けていたのゎ受難の日々でした。

最大の苦しみゎ'98フランス大会。

まさかの予選落ちを喫しました。

キラ星のごときタレントを抱えていたにもかかわらず。

時ゎ流れ、一人、また一人とゴールデンエイジゎ去り、

そして、エウゼビオから40年。

フェリッポーンを迎え、準決勝へと駒を進めました。

ゴールデンエイジも、もはやフィーゴだけ。

このチームにルイ・コスタが居ないのゎ淋しい限り( ´_ゝ`)

そんな艱難辛苦を乗り越えたきたポルトガルを打ち破ったのゎ

これまた時代の節目を迎えたフランス。

強豪国と言われながら、優勝がなかったフランスゎ、

自国開催だった'98に、悲願の初優勝を飾ります。

続くユーロ2000も制し、ピークを迎えますが、

そこから下り坂を下って行きます。

前回大会でゎグループリーグで敗退。

フランスの中心選手だったジネディーヌ・ジダンも

今大会を最後に現役を退きます。

 
  "ジズーのラストダンス"

 
この目にしっかりと焼き付けておきたいですね(u‿ฺu✿ฺ)

 

W杯も残すところ、3位決定戦と

ファイナルを残すのみとなりました。

4年に1度のFiestaも、クライマックスを迎えています。

ファイナルのカードゎユーロ2000の再現となりました。

おいらとしてゎ、イタリアのリベンジを予想します(* ̄ー ̄)v

|

« 中田英寿引退について | トップページ | 超個人的声質ランキングバトン »

コメント

とうとう3位決定戦と決勝戦を
残すのみとなりましたね。
フランスはジダンの現役最後の試合に
なりますね。
楽しみですね~

投稿: あい | 2006年7月 7日 (金) 07時10分

この記事へのコメントは終了しました。

« 中田英寿引退について | トップページ | 超個人的声質ランキングバトン »