« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月

2006年6月30日 (金)

Rd.10 アメリカGP 開幕

さすがアメリカ。

W杯に関心が無いのか、日程をモロにぶつけてきました(ー∇ー;)

(まぁ決勝ゎかぶんないんで、それを落しドコロにしたのか……)

さてさて、アメリカGPと言えば、

思い起こされるのが昨シーズンの6台レース

契約更改を迎え、インディアナポリス側ゎそれをたてに

大幅なディスカウントを申し入れたとのこと( ̄ω ̄;)

なんでも、2年間無償で開催させろと、

まぁ大きく出たらしいんです(O_o;)

これに対し、F1界のドン、バーニー・エクレストンゎ

 
  「我々はアメリカでのレースを

  必要としていない」

 
バッサリ切り捨てましたΣ( ̄ロ ̄;)

自動車メーカーにしてみれば北米市場ゎ大切ですが、

まったくひるみません。

さっすがバーニーヽ(´ー`)ノ

伊達にF1をコントロールしてません( ̄−+ ̄)

アメリカのモータースポーツゎドメスティックで、

国外への広がりがほとんどないんです。

対してF1ゎ、アメリカで決して人気が高いワケじゃありませんが、

ワールドワイドなF1の経済効果ゎピカイチ。

さらに、それでもインディアナポリス側が

契約を延長しなかったとしても、

二の矢三の矢を考えているでしょう。

ネゴシエイトでバーニーに勝てる人間ゎ

この世にいないんです ┐(´ー`)┌

 
急ピッチでニューマシンの製作が進むアグリですが、

次戦に間に合わなぃ可能性が

高まって来ました(●´・_・`●)

空力パーツが間に合うか微妙で、

それいかんでゎ、その次の

ドイツへ見送りになるやもしれません。

どうか間に合いますように(>人<)

| | コメント (0)

2006年6月29日 (木)

約2ヶ月ぶり

映画を観に行って来ました.:♪*:・'(*⌒—⌒*)))

づいぶんと映画を観てなぃと思い返してみたら、

ゴールデンウィークに観に行って以来Σ(゜ロ゜)

そりゃたしかに観てなぃと思うワケだ(ー∇ー;)

で、観てきたのが

 

  『ダ・ヴィンチ・コード』

 

いまさらΣ( ̄ロ ̄;)

と思われるかもしれませんが、

いままでなかなか時間がなかったりしたもんですから(>_<)

映画を観に行くとき、

なるべく事前に情報を仕入れたくない派なんですが、


  「原作読んでないとよくわからんぞ(ーζ‐)」

 
との情報を聞きつけ、先に読んでみました(ΦωΦ)

おもしろかったです(^ω^)

……でも期待はずれ思ったほどじゃなかった( ̄ω ̄;)

なんかつっこみドコロがけっこうあったし、

問題なのゎそれが気になってしょうがなかったコト。

つっこみドコロがあっても、それが気にならなければ

問題ないんですがね( ´_ゝ`)

さて、じゃあこれを映画化したら(・ρ゜)

原作の尺ゎ上中下巻と3巻あり、なかなかのもの。

削りドコロもそれなりにありましたが、

それでもキビシそうなのゎ予想にかたくなぃ。

そして映画が原作を越えそうな気が全然しなぃ

てゆうか、原作を読んだ時点で映画を観に行くのを

やめようかと思ってたんですが、

たまたま時間があったもんで観てみました。

感想ゎ、

 
   やっぱりか……ヽ(ー´_`-)ノ=3

 
原作を読んでなくてもそれなりにわかる内容
だったと思いますが、

おもしろさが半減ドコロの騒ぎじゃない(  ̄´Д` ̄)

結局、原作を読んで補完しないとダメですね ┐(´ー`)┌

それから、原作の設定やらを、若干の手直しを入れてるんですが、

それらがどれも余計 ( ̄Д ̄;)

なんてゆうか、う〜ん……(o_o;)

この映画の『サミィの評価』ゎ

 

 

  55pts

 

 

はたして原作に思い入れのある人が観たら、

いったいどう思うのでしょうか(ー∇ー;)

一切の予備知識なしに観れば,

まぁ、それなりにおもしろいんじゃないですかね( ´_ゝ`)

| | コメント (4) | トラックバック (3)

2006年6月28日 (水)

ベスト8出揃う

スペイン、やっぱりか……ε=(。◕ฺˇд ˇ◕ฺ。)

よくあれだけのサポータが入ったものだと思います。

でも、宿敵がチームメイトで強くなるのゎ

『キャプテン翼』(≧∀≦)

でも、現実にゎそううまく行きません( ´_ゝ`)

とうぜんか……(ー∇ー;)

まぁ、フランスもがんばってたし、

しょうがないでしょうね(●´・_・`●)

 
ブラジウのおでぶちゃんゎ新記録ですか(O_o;)

全盛期の面影ゎすっかりないし、

動かないし、

もんく言われてばっかりいる。

はっきり言っていぃ選手じゃなぃ(´・ω・`)

なのにゴールを決めちゃうΣ( ̄ロ ̄;)

まったく、スゴぃ選手だ(*´ー`)

監督ゎ使いにくいですね( ̄ω ̄;)

いぃんだか悪いんだかわからなぃ。

でも、結果を残しちゃうもんだから使わざるをえなぃ。

結論ゎやっぱりスゴぃ選手とゆうトコロに落ち着きます。

日本にいたらな……( ´_ゝ`)

 

さて、ベスト8がそろいましたね (゚▽゚*)♪

 
  ドイツ vs アルゼンチン

 
  イタリア vs ウクライナ

 
  イングランド vs ポルトガル

 
  ブラジル vs フランス

 

勝敗予想ゎ

 
  ドイツ 1 vs 2 アルゼンチン

 
  イタリア 1 vs 0 ウクライナ

 
  イングランド 1 vs 0 ポルトガル

 
  ブラジル 2 vs 0 フランス

 

さていかに(u‿ฺu✿ฺ)

| | コメント (2)

2006年6月27日 (火)

マエストロ不在

カナダGPが終わり、

ウィンブルドンが始まり、

ツール・ド・フランスももうじき始まるし、

今週末ゎアメリカGPもある。

スポーツイベント盛りだくさん!(ノ≧∀≦)ノ

そしてW杯も後半戦に突入です ♪(*^ ・^)ノ⌒☆

 

スウェーデン、負けちゃいました(ρ_;)

ラーション……(。◕ฺˇд ˇ◕ฺ。)

かれにゎしあわせになってもらいたぃ(ノ_・。)

 
メヒコゎアルヘンティナ相手によくがんばりました(*^¬^*)

組み合わせに恵まれれば、もっと上まで行けたでしょうね(^ω^)

 
イタリアゎ苦しみましたが、見事勝利!(≧ω≦)

これぞ100年の業ですヽ(´ー`)ノ

日本にもあの執念があれば……(●´・_・`●)

 
それにしても荒れましたねー、ポルトガル vs オランダ。

せっかくのビッグマッチもあれじゃ台無しヽ(ー´_`-)ノ=3

カード出し過ぎです( ´_ゝ`)

よほど自己顕示横の強ぃ人なのでしょうか。

この試合の主役ゎ間違いなく、レフェリーでした(  ̄´Д` ̄)

レフェリーは試合をおもしろくすることも

つまらなくさせることもできるます。

試合が荒れるのはレフェリーの責任です。

杓子定規にレフェリングしたっておもしろぃ試合にはなりません。

時にファールを流し、カードを出さなぃコトも必要です。

ビッグマッチも、序盤に退場者を出せば興醒めになるし、

序盤にイエローカードが出れば、

選手の持ち味を消してしまうコトもあります。

しかも、そうゆう時って大抵荒れたりするもんでして(ー∇ー;)

因縁浅からぬ対決もあるし、

試合を捌くのゎたしかに容易じゃなぃかもしれません。

でも、笛もカードも無くたって、言葉とゆうものもあります。

ジョークのひとつも言って場を和ませ、

選手たちを落ち着かせる。

そんなことが出来る人の捌く試合は、

観ていて胸がすくようなクリーンな

試合になったりしますヾ(´▽`*)ゝ♪

今大会のレフェリーの質は、決して高くゎありません。

 
  「コッリーナさんだったらなぁ……(●´・_・`●)」

 
と思うこともしばしば ( ̄Д ̄;)

でもレフェリーの裁定は絶対。

誤審だったとしても、レフェリーが判定したら、

それが正しいのです。

これは絶対のルールでなければならなぃし、

誤審も含めてフットボールだと思います。

 (誤審ゎあってゎなりませんがね)

だからこそレフェリーは厳正でなくてはならなぃし、

能力が求められます。

 
  かつてスペインのレフェリー、ロペス・ニエトさんゎ、

  酒を呑んで試合に臨んだりしてたけど……( ̄ω ̄;)

  でも名物審判でした(^ω^)

  善くも悪くも(ー∇ー;)

 
レフェリーとゎコンダクター

言い換えることが出来ると思ぃます。

説明ゎ不要でしょう。

優れた審判ゎ試合の流れを止めず、

チームのキャラクター、魅力を引き出し、

そして、存在を感じさせなぃ。

レフェリーゎマエストロであって欲しぃ(・へ・)

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2006年6月26日 (月)

Rd.9 カナダGP 決勝

アロンソ6勝目!

ミシュランゎ通算100勝目!

 

決勝リザルト
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
 1.フェルナンド・アロンソ ESP ルノー Mi
 2.ミハエル・シューマッハー GER フェラーリ BS 
 3.キミ・ライコネン FIN マクラーレン Mi
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
 4.ジャンカルロ・フィジケラ ITA ルノー Mi 
 5.フェリペ・マッサ BRA フェラーリ BS 
 6.ヤルノ・トゥルーリ ITA トヨタ BS 
 7.ニック・ハイドフェルド GER BMW Mi 
 8.デビッド・クルサード GBR レッドブル・フェラーリ Mi 
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
 9.ジェンソン・バトン GBR ホンダ Mi 
10.スコット・スピード USA トロ・ロッソ・コスワース Mi 
11.クリスチャン・クリエン AUT レッドブル・フェラーリ Mi 
12.マーク・ウェバー AUS ウィリアムズ・コスワース BS 
13.ヴィタントニオ・リウッツィ ITA トロ・ロッソ・コスワース Mi 
14.ティアゴ・モンテイロ POR ミッドランド・トヨタ BS 
15.佐藤琢磨 JPN アグリ・ホンダ BS 
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
   ジャック・ヴィルヌーヴ CAN BMW Mi
   ラルフ・シューマッハー GER トヨタ BS
   ファン・パブロ・モントーヤ COL マクラーレン Mi
   ルーベンス・バリチェロ BRA ホンダ Mi 
   フランク・モンタニー FRA アグリ・ホンダ BS
   ニコ・ロズベルグ GER ウィリアムズ・コスワース BS
   クリスチャン・アルバース NED ミッドランド・トヨタ BS
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
1周遅れ
2周遅れ 
4周遅れ
DNF
リタイア
V10エンジン

 

アロンソ、ほんっとスキがありませんねぇ(O_o;)

文句のつけようがありません。

力強い走りでミシュランに100勝目をプレゼント。

ビバンダムくん(ミシュランのキャラクター)

お祝いに駆けつけました(*^¬^*)

 

シューゎ今回苦しい戦いを強いられました(>_<)

予選で出遅れ、決勝でゎスタートでトゥルーリにかわされ

トゥルーリレーシングスクールに入学、

しっかりふたをされてしまいます ┐(´ー`)┌

でも、重い燃料で周回数の半分までがんばり、

そこから変速の2ストップ。

SCにも助けられ、最後にキミを逆転、2位に入りました。

 
キミ最後にミスってコースアウト、3位に落ちました( ´_ゝ`)

勝てるチャンスがあっただけに、実に残念でした(´・ω・`)

1回目のピットストップでゎ右のリアタイヤがはまらず

2回目のピットストップでゎエンジンストール

これでキミゎ目一杯プッシュせざるをえず、

ミスを誘発して自滅してしまいました。

やっぱりキミゎ優勝争いをしてほしぃ(。♋ฺ‸♋ฺ。)

 
なにげに最近調子が良ぃBMW。

ジャックゎ地元でいぃトコロをみせたかったんですが、

最後にやっちゃいましたね(ー∇ー;)

もうちょっとでポイントゲットだったのに(●´・_・`●)

そのウラでニックゎ地味に4戦連続ポイントゲット。

は、華が無ぃ……( ̄ω ̄;)

いぃドライバーだし、けっこうスキなんですがね( ´_ゝ`)

 
ニコゎ予選が良かっただけに残念(´・ω・`)

 
同士討ちしたミッドランドゎ売却先が決まったもよう。

 
ラルフゎ今週末いぃトコなし。

ツキにも見放されてましたね ┐(´ー`)┌

 
ホンダゎシーズンを右肩下がりに過ごしてますねヽ(ー´_`-)ノ=3

もはや来シーズンに期待する他無いのでしょうか(ーζ‐)?

 
琢磨ゎチェッカーこそ受けられませんでしたが、

規定周回数をこなして完走扱い。

なんであれ完走ゎ完走(^ω^)

つぎゎげんのいぃインディアナポリス。

なんとかミッドランドをキャッチアップしたいですね (゚▽゚*)♪

 

ポイントランキング
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
ドライバーズチャンピオンシップ

 1. 84p フェルナンド・アロンソ
 2. 59p ミハエル・シューマッハー
 3. 39p キミ・ライコネン 
 4. 37p ジャンカルロ・フィジケラ
 5. 28p フェリペ・マッサ 
 6. 26p ファン・パブロ・モントーヤ
 7. 16p ジェンソン・バトン 
 8. 13p ルーベンス・バリチェロ 
 9. 12p ニック・ハイドフェルド
10.  8p ラルフ・シューマッハー
11.  p デビッド・クルサード 
12.  7p ジャック・ヴィルヌーヴ 
13.  6p マーク・ウェバー
14.  4p ニコ・ロズベルグ
15.  p ヤルノ・トゥルーリ
16.  1p クリスチャン・クリエン
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
コンストラクターズチャンピオンシップ

 1.121p ルノー
 2. 87p フェラーリ
 3. 65p マクラーレン・メルセデス 
 4. 29p ホンダ
 5. 19p BMWザウバー
 6. 11p トヨタ
 7. 10p ウィリアムズ・コスワース
 8.  p レッドブル・フェラーリ
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
ランクアップ
ランクダウン
ポイントゲット

| | コメント (3)

2006年6月25日 (日)

Rd.9 カナダGP 予選

ルノー フロント・ロウ独占!

3位にゎキミ・ライコネン。

ミハエル・シューマッハーゎ5位に沈む。

 

予選 リザルト
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
 1.フェルナンド・アロンソ ESP ルノー Mi
 2.ジャンカルロ・フィジケラ ITA ルノー Mi
 3.キミ・ライコネン FIN マクラーレン Mi
 4.ヤルノ・トゥルーリ ITA トヨタ BS 
 5.ミハエル・シューマッハー GER フェラーリ BS
 6.ニコ・ロズベルグ GER ウィリアムズ・コスワース BS 
 7. ファン・パブロ・モントーヤ COL マクラーレン Mi
 8.ジェンソン・バトン GBR ホンダ Mi 
 9. ルーベンス・バリチェロ BRA ホンダ Mi
10.フェリペ・マッサ BRA フェラーリ BS 
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
11.ジャック・ヴィルヌーヴ CAN BMW Mi 
12.クリスチャン・クリエン AUT レッドブル・フェラーリ Mi 
13.ニック・ハイドフェルド GER BMW Mi 
14.ラルフ・シューマッハー GER トヨタ BS 
15.ヴィタントニオ・リウッツィ ITA トロ・ロッソ・コスワース Mi 
16.デビッド・クルサード GBR レッドブル・フェラーリ Mi 
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
17.マーク・ウェバー AUS ウィリアムズ・コスワース BS 
18.スコット・スピード USA トロ・ロッソ・コスワース Mi 
19.ティアゴ・モンテイロ POR ミッドランド・トヨタ BS
20.クリスチャン・アルバース NED ミッドランド・トヨタ BS  
21.佐藤琢磨 JPN アグリ・ホンダ BS 
22.フランク・モンタニー FRA アグリ・ホンダ BS 
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。 
V10エンジン

 

ニコやった!ヾ(´▽`*)ゝ♪

6位です (゚▽゚*)♪

あわや1ピリ落ちかと思われましたが、

チームメイトのウェバーを蹴落として(ー∇ー;)なんとかクリア。

決勝での活躍に期待です.:♪*:・'(*⌒—⌒*)))

 
ジャックゎ地元で良いトコロを見せたかったんですが、

ギリで3ピリに進めず(>_<)

ここでの結果がCDの売り上げを左右するぞ(^ω^)

(ジャックゎ最近、自身のCDを発売したんです)

 
ホンダは久しぶりに2台そろって

3ピリに進んだんですが……(●´・_・`●)

SCが入りやすいサーキットですから、

タイヤの発熱の悪いホンダにゎキビシそうです(´・ω・`)

 
アロンソゎ5戦連続PP。

速ぃ……(O_o;)

シューゎ5位に沈んだものの、最高速ゎピカイチ

決勝での巻き返しが期待されます(u‿ฺu✿ฺ)

キミゎマシンがきまってますね(*^¬^*)

マシンの動きがシャープです。

スタートでフィジコをパスできれば、

おもしろぃ存在になりそうです(^▽^)

 

通算100勝へ王手をかけたミシュラン。

ブリヂストン勢のがんばりに期待します(≧ω≦)

| | コメント (0)

Rd.9 カナダGP 土曜フリー走行

フリープラクティス3 リザルト
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
 1.F・アロンソ ESP ルノー Mi
 2.G・フィジケラ ITA ルノー Mi
 3.J・ヴィルヌーヴ CAN BMW Mi 
 4.N・ハイドフェルド GER BMW Mi 
 5.K・ライコネン FIN マクラーレン Mi 
 6.M・シューマッハー GER フェラーリ BS 
 7.J・P・モントーヤ COL マクラーレン Mi 
 8.R・バリチェロ BRA ホンダ Mi 
 9.F・マッサ BRA フェラーリ BS 
10.S・スピード USA トロ・ロッソ・コスワース Mi 
11.C・クリエン AUT レッドブル・フェラーリ Mi 
12.J・バトン GBR ホンダ Mi
13.M・ウェバー AUS ウィリアムズ・コスワース BS 
14.D・クルサード GBR レッドブル・フェラーリ Mi
15.N・ロズベルグ GER ウィリアムズ・コスワース BS 
16.V・リウッツィ ITA トロ・ロッソ・コスワース Mi
17.J・トゥルーリ ITA トヨタ BS 
18.T・モンテイロ POR ミッドランド・トヨタ BS 
19.R・シューマッハー GER トヨタ BS 
20.佐藤琢磨 JPN アグリ・ホンダ BS
21.F・モンタニー FRA アグリ・ホンダ BS 
22.C・アルバース NED ミッドランド・トヨタ BS 
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
V10エンジン

| | コメント (1)

2006年6月24日 (土)

Rd.9 カナダGP 金曜セッション

フリープラクティス1 リザルト
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
 1.R・クビカ POL BMW Mi
 2.A・デビッドソン GBR ホンダ Mi
 3.A・ヴルツ AUT ウィリアムズ・コスワース BS
 4.M・シューマッハー GER フェラーリ BS
 5.R・バリチェロ BRA ホンダ Mi
 6.J・バトン GBR ホンダ Mi
 7.N・ジャニ SUI トロ・ロッソ・コスワース Mi
 8.R・ドーンボス NED レッドブル・フェラーリ Mi
 9.V・リウッツィ ITA トロ・ロッソ・コスワース Mi
10.C・アルバース NED ミッドランド・トヨタ BS
11.T・モンテイロ POR ミッドランド・トヨタ BS
12.R・シューマッハー GER トヨタ BS
13.F・モンタニー FRA アグリ・ホンダ BS
14.佐藤琢磨 JPN アグリ・ホンダ BS
15.山本左近 JPN アグリ・ホンダ BS
16.F・マッサ BRA フェラーリ BS
17.J・トゥルーリ ITA トヨタ BS
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
18.G・モンディーニ SUI ミッドランド・トヨタ BS
19.F・アロンソ ESP ルノー Mi
20.G・フィジケラ ITA ルノー Mi
21.C・クリエン AUT レッドブル・フェラーリ Mi
22.S・スピード USA トロ・ロッソ・コスワース Mi
23.J・ヴィルヌーヴ CAN BMW Mi
24.D・クルサード GBR レッドブル・フェラーリ Mi
25.N・ハイドフェルド GER BMW Mi
26.K・ライコネン FIN マクラーレン Mi
27.J・P・モントーヤ COL マクラーレン Mi
28.M・ウェバー AUS ウィリアムズ・コスワース BS
29.N・ロズベルグ GER ウィリアムズ・コスワース BS
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
3rdドライバー
No time

V10エンジン

 

フリープラクティス2 リザルト
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
 1.R・クビカ POL BMW Mi
 2.F・アロンソ ESP ルノー Mi
 3.A・ヴルツ AUT ウィリアムズ・コスワース BS
 4.K・ライコネン FIN マクラーレン Mi
 5.A・デビッドソン GBR ホンダ Mi
 6.G・フィジケラ ITA ルノー Mi
 7.M・ウェバー AUS ウィリアムズ・コスワース BS
 8.V・リウッツィ ITA トロ・ロッソ・コスワース Mi
 9.N・ハイドフェルド GER BMW Mi
10.J・ヴィルヌーヴ CAN BMW Mi
11.R・ドーンボス NED レッドブル・フェラーリ Mi
12.R・バリチェロ BRA ホンダ Mi
13.J・バトン GBR ホンダ Mi
14.C・アルバース NED ミッドランド・トヨタ BS
15.M・シューマッハー GER フェラーリ BS
16.R・シューマッハー GER トヨタ BS
17.J・P・モントーヤ COL マクラーレン Mi
18.C・クリエン AUT レッドブル・フェラーリ Mi
19.J・トゥルーリ ITA トヨタ BS
20.S・スピード USA トロ・ロッソ・コスワース Mi
21.N・ロズベルグ GER ウィリアムズ・コスワース BS
22.F・マッサ BRA フェラーリ BS
23.G・モンディーニ SUI ミッドランド・トヨタ BS
24.D・クルサード GBR レッドブル・フェラーリ Mi
25.N・ジャニ SUI トロ・ロッソ・コスワース Mi
26.佐藤琢磨 JPN アグリ・ホンダ BS
27.山本左近 JPN アグリ・ホンダ BS
28.T・モンテイロ POR ミッドランド・トヨタ BS
29.F・モンタニー FRA アグリ・ホンダ BS
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
3rdドライバー
V10エンジン

 

ホンダ、調子良さそうです (゚▽゚*)♪

とゎいえ、その好調さを決勝でも

キープできるかが問題なんですが( ̄ω ̄;)

現在盛んに人事異動がなされています。

チームの変革に着手しはじめたホンダ。

常勝ホンダの勇姿を見られるようになる日ゎくるのか(?_?)

 
アグリゎ新車、SA06の出来がまずまずのよう(´▽`)

ホンダからギヤボックスも供給され、

ようやく重心を下げるコトができますヽ(´ー`)ノ

SA06ゎSA05にくらべ、タイムが3秒縮まるそうですヾ(´▽`*)ゝ♪

これでようやくまともなレースが

出来るようになります(^ω^)

が、フランスGPに間に合うかゎ微妙で、

目下突貫作業中だそうです( ´_ゝ`)

なんとしても間に合わせてよ!(>人<)

| | コメント (0)

2006年6月23日 (金)

Rd.9 カナダGP 開幕

ホンダがたいへんなコトになってます/( ̄ロ ̄;)\

テクニカルディレクターのジェフ・ウィリスが

おかくれになってしまわれました(ー∇ー;)

公式発表がなぃので、よくはわかりませんが、

人事に不服があったとかなかったとか。

イギリスGPの予選で、ジェンソンが

アタックのタイミングをしくじりました。

その指示を出したのがジェフ・ウィリス。

ジェンソンとの不仲(?)もあり、

ファクトリーでマシンの設計に専念するコトになりました。

これには異を唱えるどころか、

ジェフ・ウィリスもやる気を見せていたらしいのですが、

中本さんが現場の指揮を執るシニアテクニカルディレクターに就任。

シニアテクニカルディレクターとゎ、

テクニカルディレクターを預かる役職で、

このあたりが契約違反だなんだともめたもよう。

このあいだのテストを最後に、

電話もメールも連絡がつかず、

実質、出社拒否状態なんだそうで、

これにはホンダも戸惑っているそうです。

ジェフ・ウィリス、現在ニートです( ̄ω ̄;)

いまは来期のマシンの開発に着手する重要な時期。

一刻の猶予もありませんヽ(ー´_`-)ノ=3

早急に解決しないと、取り返しのつかない事態になりかねません。

来期巻き返しを計りたいホンダに、暗雲がたちこめています(´・ω・`)

| | コメント (2)

2006年6月22日 (木)

いよぃよ

こんや決戦です(>_<)

しょっぱい試合を観るのゎもうたくさんヽ(ー´_`-)ノ=3

能力よりも魂のある選手を起用してほしぃ(ノ_・。)

魂よ、ドイツへ届け!(>人<)

精神集中です……o(≧ω≦)o

| | コメント (0)

2006年6月21日 (水)

今宵ゎねる

と、

ゆうべゎいってたものの、

観ちゃいました。

ドイツ戦もスウェーデン戦もしっかりと(ΦωΦ)

とゎいえ、さすがに寝ないと持たないので

試合の合間に寝ることにしたんですが……。

夢を見ました。

どんな夢かゎ忘れましたが、

夢の中でふと

   「おいらづいぶん寝てやしないか!?( ̄□ ̄|||)」

瞬間覚醒です∑(*☼_☉*)

あわてて時計をみると、まだ2時間しか寝ていなぃ(o_o;)

よほど待ち遠しかったか、見逃したくなかったか。

夢の中ででもサッカーのことを忘れなぃなんてなんて……(ー∇ー;)

すっかり中毒ですね ┐(´ー`)┌

われながら「よくやるよ」と思ぃました(*´ロ`*)

もすこし寝ようと目をつむっていると、

スパムに起こされる(  ̄´Д` ̄)

結局寝過ごすのが怖くなり、そのまま起きて

スウェーデン vs イングランドを観戦ヾ(´▽`*)ゝ♪

2 - 2か…( ´_ゝ`)

スウェーデン、勝てなんだぁ〜(´Д`)

良く追いついたと思いましたょ(*´ー`)

でも、なんとしても勝ってほしかった(>_<)

これで決勝トーナメントでの対戦相手はドイツに決まりました。

ホームのチームと当たるのは避けたかった(/△\)

でも、決まっちゃったものゎしかたなぃ。

こうなったらドイツ国民の狂乱に

たっぷり冷や水を差してもらうとしましょう( ̄−+ ̄)

たのむょ、ラーション!(≧∀≦)

| | コメント (2)

嗚呼……

W杯観たい(´・ω・`)

でも、やむにやまれず、今宵ゎねるコトにいたします(ρ_;)

| | コメント (1)

2006年6月20日 (火)

'06 W杯 スペイン vs チュニジア

スペイン 逆転勝ち!♪ゝ(▽`*ゝ)(ノ*´▽)ノワーイ♪


  スペイン 3 -1 チュニジア


ただ強いだけじゃなく、勝負強いスペイン。

決めるべき選手が決められるとゆうのゎ、

チームの完成度が高い証拠.:♪*:・'(*⌒—⌒*)))

しかし。

しかしです。

いくらスペインが強いといっても、

W杯で優勝できるかとゆうと、それゎはなはだ懐疑的( ̄ω ̄;)

それゎスペインの文化的歴史的背景によります。

まず、選手たちのモチベーションゎいかなるものか。

スペインの状況を日本に置き換えるなら、

日本、台湾、中国、韓国、北朝鮮の

混成チームで参加するようなもの。

カスティージャ(一般的に知られるスペイン語)とゆう

公用語があるものの、言語も文化も、地域ごとに異なります。

さらに、その地域ごとの確執も根深いものがあります。

そして、選手ゎまだしも、国民が盛り上がるかどうか。

日本でゎ代表戦と言えばもっとも観客が集まります。

が、スペインでゎ人が集まらず、

地方の2部ないし3部のクラブのスタジアムで代表戦が行われます。

逆に、地域ごとの代表チームがあるほど、

地域に置ける愛着執着結束があり、

かつ、独立心が強いんです。

それゆえ、毎回優勝候補に名を連ねても、

チームゎ空中分解をしてしまいます。

(オランダも、白人と黒人の確執から

空中分解してしまう点でゎ同じですね)

ポテンシャルでいえば世界屈指

押しも押されぬ優勝候補です。

しかし、結束力がなければ、優勝ゎ至難の業でしょう。

ただ、F1のフェルナンド・アロンソの例があります。

彼の活躍にゎ、国中がわいています。

F1とサッカーゎ文化的背景がまるで違うので

一概にゎ言えませんが、

国とチームがまとまれば、優勝の可能性ゎ十分にあります。

 

 

 

……おいらゎスペイン優勝の目ゎ

ないとにらんでいますがね ┐(´ー`)┌

| | コメント (1)

2006年6月19日 (月)

'06 W杯 日本 vs クロアチア

中田、川口は非常に良かった。

稲本も良かった。

福西は軽すぎる。

宮本は深く守り過ぎるし、しかも軽ぃ。

アレックスはディフェンスをさぼり過ぎる。

俊輔はボールに対する執着が足りなぃ。

シュートを打たないFWは怖くなぃ。

無人のゴール目の前で、どフリーでボールが来ても

決められないFWならいらなぃ。

残り5分で大黒に期待するのは酷とゆうもの。

あと10分早く入れて欲しかった。

とゆうより、巻を入れて起点を作るべきだった。

そうすれば玉田も生きたものを。

コーチングが足りなぃ。

チェイシングも少なぃ。

最終ラインが深ぃせいもあって

(それだけじゃありませんが)

プレスがゆるぃ。

凡ミスが多ぃ。

ジーコのイメージがわからなぃ。

日本にゎ『大和魂』とゆうものがあったはずなのに……。

8年前、カズゎ

  「魂はフランスに置いて来た」

と言いました。

今の日本代表ゎ魂を日本に忘れて来たのでしょうか。

オーストラリア戦もそうだけど、勝てる試合だったと思ぃます。

でも、それを勝てなぃのが日本の実力なんだ。

ブラジウが 2 - 0 でオーストラリアに勝ちました。

それがせめてもの救ぃ。

まだ終わらんよ。

| | コメント (7)

2006年6月18日 (日)

〜エピローグ〜

プロジェクター復活へのディスタンス #9

 

いま、交換ランプが届きました。

オーストラリア戦にゎ間に合わなかったものの、

クロアチア戦にゎなんとか、

ぎりぎり間に合いました.:♪*:・'(*⌒—⌒*)))

今夜ゎ仲間たちと応援しますo(^ヮ^)o

| | コメント (1)

2006年6月17日 (土)

'06 W杯 アルゼンチン vs セルビア・モンテネグロ

アルゼンチン 6 vs 0 セルビア・モンテネグロ

 

アルヘンティナ、強すぎ!

日本の試合を観ていると、


  「ゴールを決めるコトゎ、なんとむつかしぃんだろう」


と思わされますが、

アルデンチンの試合を観ていると、


  「サッカーってなんて簡単なんだろう!」


と思えてきますヽ(´▽`)ノ

球離れが速くて小気味よく、観ていて楽しいですね (゚▽゚*)♪

この試合、あまり出番がありませんでしたが、

アボンダンシエリのフィードゎ世界一ですね( ̄ω ̄;)

針の穴を通すような正確さで前戦に配球でき、

攻撃の起点にもなっています(o_o;)

愛しのコネホ、ハビエル・サビオラ。

我が最愛のフットボーラーです (*´∇`*)

よかったですねぇヾ(´▽`*)ゝ♪

ただ、たりなかったのゎゴル。

コネホのゴルが観たいよぅ(>_<)

マスチェラーノゎ素晴らしぃですね(^▽^)

アルゼンチンで5番をつけるのにふさわしい選手です。

(5番ゎカンビアッソがつけてますが(^^ゞ)

アルゼンチンにおいて、5番ゎ特別の意味があります。

最もフットボールが上手な選手

つけるコトがゆるされる番号です。

かれのようなタイプの選手、スキなんですょねぇ〜(*´ー`)

レオ・メッシでましたね(≧∀≦)

フルコース最後のDulceゎメッシのゴルでした(*^¬^*)

 もう、おなかいっぱい.:♪*:・'(*⌒—⌒*)))

それにしても、マラドーナ2世とゆう

十字架を背負わせるのゎかわいそうです(´・ω・`)

このチームにゎ、

リケルメ、アイマール、サビオラ、テベス、メッシと、

マラドーナの再来が5人もいます。

マラドーナの名前に才能をつぶされる選手もいますからね。

メッシゎメッシであってほしぃです。

おいらのなかでの優勝候補筆頭、アルゼンチン。

絶好調なのが心配です。

懸念しているのゎ、仕上がりが速すぎ、

途中で息切れしないかとゆうコト。

それとも、これからさらに熟成されるんでしょうか/( ̄ロ ̄;)\

 

 

 

 

ちなみにメヒコ。

アンゴラ戦ゎEmpate a ceroだったものの、

このチームゎ今大会、旋風を巻き起こすんじゃないかと

ひそかに予想しています。

ボルヘッティゎ心配ですが、ダークホースとして

メヒコを推したいですね(* ̄ー ̄)v

| | コメント (2)

2006年6月16日 (金)

'06 W杯 スウェーデン vs パラグアイ

今大会屈指の破壊力を誇るスウェーデン。

でも間が悪いことに、開幕して2戦連続で

超ディフェンシブなチームと対戦。

それで調子狂ったのかな( ´_ゝ`)

ラーションもズラタンも沈黙。

いぃかたちを作ってゎいるものの、

後一歩が遠い(´・ω・`)

パラグアイもここで負けたらグループリーグでの

敗退が決定しまうから必死だしヾ(;◎皿◎)ノ

 
   「Empateか……(´Д`)」

 
とあきらめかけていた89分、

 

「ヤタ──────────────────

────♪ゝ(▽`*ゝ)(ノ*´▽)ノワーイ♪────

────────────────────!!」


リュングベリのヘッドです!

未明にもかかわらず大絶叫しちゃってました(≧▽≦)

(叫んでる途中で気付きました(; ・x・)ゝ)

ロスタイムでのコーナーフラッグあたりでの

ラーションのいやらしさにゎしびれさせられましたo(≧ω≦)o

そして試合終了のホイッスル──。

喜び爆発(≧∀≦)

この試合でわかったのゎ、

 
  どうやらおいらゎスウェーデンに

  ものっそぃ思い入れがある

 
ようです.:♪*:・'(*⌒—⌒*)))

自分でも意外でした(;◎_◎)

優勝予想ゎアルゼンチンです。

ついでイタリア

でも優勝してほしいのゎスウェーデンですね(´▽`)

ラーション、バルサに戻って来てほしい……(ρ_;)

| | コメント (1)

2006年6月15日 (木)

'06 W杯 ドイツ vs ポーランド

思いのほかドイツの完成度が高く、

正直驚かされましたヾ(;◎_◎)ノ

ブレーメンの旗手、クローゼゎいぃですね (゚▽゚*)♪

いまキャリアのピークを迎えているようです。

あと、シュバインシュタイガー。

スキです(´▽`)

皇帝バラックゎこれからコンディションが

上がってくるコトでしょう。

これならベスト8くらいまでゎ行けそうですね(*^¬^*)

この試合、正直勝てないと思ってました。

ポーランドゎ退場者を出していたにもかかわらず、

ゴールが遠く、バーやポストにはじかれまくり、

あまつさえ自ゴールを脅かされるとゆう始末。

しかし、そこが日本と違うトコロ

ノイヴィルがロスタイムにゴール!

これにゎ思わず拍手をしちゃいましたヽ(^▽ ^)ノ

ゲルマン魂健在!

大和魂ょいずこ……(/△\)

日本も少しゎみならってほしぃものです。

クラマーさん、いっぱつ喝を入れてやってくださいな(* ̄m ̄)

| | コメント (2)

2006年6月14日 (水)

'06 W杯 ブラジル vs クロアチア

ブラジウ、勝ちました!(≧∀≦)

 

  ブラジル 1 vs 0 クロアチア

 

できればもっとコテンパンにやっつけてくれたら

よかったんですが( ̄ω ̄;)

ともかくこれで日本の可能性ゎ広がりました(^▽^)

 

クロアチアゎ固いですね ( ̄Д ̄;)

ブラジウの猛攻を1点でしのぎました。

まぁ、ブラジウの2トップの動きゎ緩慢、

いかにも重そうでしたが…… ┐(´ー`)┌

それに対して、ホナウジーニョ・ガウーショと

カカゎキレてましたね (゚▽゚*)♪

カカのゴルゎ!Gorazzo!でしたo(≧ω≦)o

ホベルトカルロスもカフーも衰えるコトを知りませんねヽ(´ー`)ノ

ホビーニョも素晴らしかった(*^¬^*)

なぜパヘイラゎ彼をスタメンで起用しないんでしょうか(ーζ‐)?

無類の攻撃力を誇るブラジウですが、

ディフェンスゎ穴がありますね。

おいらの予想でゎ、ブラジウの優勝ゎありません。

ねらうゎカフーとホベルトカルロスの裏。

エメルソンとゼ・ホベルトがカバーしてますが、

決定的な弱点になるでしょう。

 
クロアチアゎ'98と比べ、たしかにタレントゎ減りました。

が、逆にいやらしぃチームになったと感じます。

'98よりもむしろ、与し難いくせものですねヽ(ー´_`-)ノ=3

 
さて、日本ゎこの2チームに勝たねばなりません。

不可能でゎありません。

試合終了のホイッスルが鳴るまでゎ……。

ともかく次のクロアチア戦に勝ちましょうo(^-^)o

| | コメント (2)

2006年6月13日 (火)

'06 W杯 日本 vs オーストラリア

負けた……_| ̄|○

戦前のおいらの予想ゎ

 

 日本 0 - 2 オーストラリア

 

でした。

しかし、まさかの先制ゴール!

 
  「このまま予想よはずれてくれぇ!(>_<)」

 
と心で念じていましたが,

残り6分で3失点(;□;|||)

1失点目、飛び出したらさわらなきゃ、川口……。

2失点目、ぼさっとしてちゃだめだよ、福西……。

ボール持たれてからチェックに行っても遅いんだょ……。

3失点目、もはや……。

嗚呼……orz

2点差で日本が負けるトコロまで当ててしまいました(ノ_・。)

ちなみに次のクロアチア戦の予想ゎ

 

  日本 0 - 1 クロアチア


です。

たのむからはずれてー!(><。)

まだあきらめない(。♋ฺ‸♋ฺ。)

| | コメント (2)

2006年6月12日 (月)

〜終章〜

プロジェクター復活へのディスタンス #8

 

奮闘むなしく、W杯にゎ間に合いませんでした(;Д;)

脱力……_| ̄|○

それでも、やるだけやったとゆう満足感も、

若干ですが、あります。

半壊れのテレビで観戦します(>_<)

| | コメント (0)

Rd.8 イギリスGP 決勝

アロンソ ポール・トゥ・ウィン!

ミシュラン 通算99勝目!

決勝リザルト
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
 1.フェルナンド・アロンソ ESP ルノー Mi
 2.ミハエル・シューマッハー GER フェラーリ BS 
 3.キミ・ライコネン FIN マクラーレン Mi
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
 4.ジャンカルロ・フィジケラ ITA ルノー Mi 
 5.フェリペ・マッサ BRA フェラーリ BS 
 6.ファン・パブロ・モントーヤ COL マクラーレン Mi 
 7.ニック・ハイドフェルド GER BMW Mi 
 8.ジャック・ヴィルヌーヴ CAN BMW Mi 
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
 9.ニコ・ロズベルグ GER ウィリアムズ・コスワース BS 
10.ルーベンス・バリチェロ BRA ホンダ Mi 
11.ヤルノ・トゥルーリ ITA トヨタ BS 
12.デビッド・クルサード GBR レッドブル・フェラーリ Mi
13.ヴィタントニオ・リウッツィ ITA トロ・ロッソ・コスワース Mi
14.クリスチャン・クリエン AUT レッドブル・フェラーリ Mi 
15.クリスチャン・アルバース NED ミッドランド・トヨタ BS 
16.ティアゴ・モンテイロ POR ミッドランド・トヨタ BS 
17.佐藤琢磨 JPN アグリ・ホンダ BS 
18.フランク・モンタニー FRA アグリ・ホンダ BS
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
   ジェンソン・バトン GBR ホンダ Mi
   スコット・スピード USA トロ・ロッソ・コスワース Mi
   ラルフ・シューマッハー GER トヨタ BS
   マーク・ウェバー AUS ウィリアムズ・コスワース BS
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
1周遅れ
2周遅れ
3周遅れ 
リタイア
V10エンジン

 

アロンソにゎ楽な展開でしたね。

キミがシューのふたをしてくれましたから ┐(´ー`)┌

ただ、2回目のピットストップでキミをかわした

シューゎさすが!( ̄~ ̄)

頭でわかっていても、それを実行できる

ドライバーゎ少ないです。

 
マクラーレンゎ完全に白旗ですねヽ(ー´_`-)ノ=3

信頼性がなく、競争力のないマシン。

来シーズン、残るドライバーがいない。

チームにも倦怠ムードが感じられます(* ̄m ̄)

 
ホンダも問題ゎ山積みですね( ̄ω ̄;)

レースペースが遅いのみならず、

このところ予選でもふるいません。

エンジンゎすこぶる良いです。

でも、いまのF1ゎエンジンだけでゎ勝てません。

レーシングチームとして、抜本的な改革が必要でしょう。

トヨタも同じことが言えます。

 
BMWゎよかったですね (゚▽゚*)♪

久々のダブル入賞です(≧∀≦)

現時点での先行きゎ明るいです(^ω^)

いずれホンダやトヨタと同じ問題を

抱える可能性ゎあるでしょうが。

 

そして、こちらもひさびさ。

アグリ、ダブル完走!\(^▽^@)ノヤホーイ

途中どたばたゎあったものの、終わりよければすべて善し。

ニューマシンが待ち遠しぃ。

キャッチ・ア・ミッドランド! ♪(*^ ・^)ノ⌒☆

 

ポイントランキング
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
ドライバーズチャンピオンシップ

 1. 74p フェルナンド・アロンソ
 2. 51p ミハエル・シューマッハー
 3. 33p キミ・ライコネン 
 4. 32p ジャンカルロ・フィジケラ
 5. 26p ファン・パブロ・モントーヤ 
 6. 24p フェリペ・マッサ
 7. 16p ジェンソン・バトン 
 8. 13p ルーベンス・バリチェロ 
 9. 10p ニック・ハイドフェルト
10.  8p ラルフ・シューマッハー
11.  7p デビッド・クルサード 
12.  p ジャック・ヴィルヌーヴ 
13.  6p マーク・ウェバー
14.  4p ニコ・ロズベルグ
15.  1p クリスチャン・クリエン
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
コンストラクターズチャンピオンシップ

 1.106p ルノー
 2. 75p フェラーリ
 3. 59p マクラーレン・メルセデス 
 4. 29p ホンダ
 5. 17p BMWザウバー
 6. 10p ウィリアムズ・コスワース
 7.  8p トヨタ
 8.  8p レッドブル・フェラーリ
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
ランクアップ
ランクダウン
ポイントゲット

| | コメント (3)

2006年6月11日 (日)

Rd.8 イギリスGP 予選

予選リザルト
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
 1.フェルナンド・アロンソ ESP ルノー Mi
 2.キミ・ライコネン FIN マクラーレン Mi 
 3.ミハエル・シューマッハー GER フェラーリ BS
 4.フェリペ・マッサ BRA フェラーリ BS 
 5.ジャンカルロ・フィジケラ ITA ルノー Mi
 6.ルーベンス・バリチェロ BRA ホンダ Mi 
 7.ラルフ・シューマッハー GER トヨタ BS
 8.ファン・パブロ・モントーヤ COL マクラーレン Mi 
 9.ニック・ハイドフェルド GER BMW Mi 
10.ジャック・ヴィルヌーヴ CAN BMW Mi 
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
11.デビッド・クルサード GBR レッドブル・フェラーリ Mi 
12.ニコ・ロズベルグ GER ウィリアムズ・コスワース BS 
13.ヴィタントニオ・リウッツィ ITA トロ・ロッソ・コスワース Mi 
14.クリスチャン・クリエン AUT レッドブル・フェラーリ Mi 
15.スコット・スピード USA トロ・ロッソ・コスワース Mi 
16.ティアゴ・モンテイロ POR ミッドランド・トヨタ BS 
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
17.マーク・ウェバー AUS ウィリアムズ・コスワース BS 
18.クリスチャン・アルバース NED ミッドランド・トヨタ BS  
19.ジェンソン・バトン GBR ホンダ Mi 
20.佐藤琢磨 JPN アグリ・ホンダ BS
21.フランク・モンタニー FRA アグリ・ホンダ BS
22.ヤルノ・トゥルーリ ITA トヨタ BS
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
No time

V10エンジン

 

ジェンソン、地元で沈む(´・ω・`)

せっかくヘルメットをイングランド旗、

セント・ジョージにしていたのに……( ̄ω ̄;)

モナコで好調だったウィリアムズもふるわず。

 
トゥルーリゎピットアウト直前にエンジンブロウ。

 
BMWゎあいかわらず調子がいぃですね (゚▽゚*)♪

| | コメント (0)

2006年6月10日 (土)

Rd.8 イギリスGP 土曜フリー走行

フリープラクティス3のリザルトです。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
 1.M・シューマッハー GER フェラーリ BS 
 2.N・ハイドフェルド GER BMW Mi 
 3.F・マッサ BRA フェラーリ BS 
 4.K・ライコネン FIN マクラーレン Mi 
 5.G・フィジケラ ITA ルノー Mi 
 6.F・アロンソ ESP ルノー Mi 
 7.R・バリチェロ BRA ホンダ Mi 
 8.J・ヴィルヌーヴ CAN BMW Mi 
 9.V・リウッツィ ITA トロ・ロッソ・コスワース Mi 
10.S・スピード USA トロ・ロッソ・コスワース Mi 
11.J・バトン GBR ホンダ Mi 
12.D・クルサード GBR レッドブル・フェラーリ Mi 
13.T・モンテイロ POR ミッドランド・トヨタ BS 
14.C・クリエン AUT レッドブル・フェラーリ Mi 
15.J・P・モントーヤ COL マクラーレン Mi 
16.J・トゥルーリ ITA トヨタ BS 
17.M・ウェバー AUS ウィリアムズ・コスワース BS 
18.N・ロズベルグ GER ウィリアムズ・コスワース BS 
19.R・シューマッハー GER トヨタ BS 
20.F・モンタニー FRA アグリ・ホンダ BS 
21.佐藤琢磨 JPN アグリ・ホンダ BS 
   C・アルバース NED ミッドランド・トヨタ BS 
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
No time

V10エンジン

 

琢磨クラッシュ!Σ( ̄ロ ̄lll)

予選に間に合うんでしょうか?(´・ω・`)

モンタニーも同じようなトコロでスピン。

アグリ、心配です(´Д`)

 
BMWゎあいかわらず好調ですね (゚▽゚*)♪

 
逆に、トヨタゎBスペックを投入しているにも関わらず、

ふるいませんねヽ(ー´_`-)ノ=3

| | コメント (0)

Rd.8 イギリスGP 金曜セッション

英国とゎ思えないような好天に恵まれた初日。

気温もぐんぐんと伸びました。

フリープラクティス1、2のリザルトです。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
 1.R・クビカ POL BMW Mi 
 2.G・フィジケラ ITA ルノー Mi
 3.A・ヴルツ AUT ウィリアムズ・コスワース BS 
 4.A・デビッドソン GBR ホンダ Mi 
 5.J・トゥルーリ ITA トヨタ BS 
 6.F・マッサ BRA フェラーリ BS
 7.F・アロンソ ESP ルノー Mi 
 8.M・シューマッハー GER フェラーリ BS 
 9.M・ウェバー AUS ウィリアムズ・コスワース BS
10.R・バリチェロ BRA ホンダ Mi 
11.R・シューマッハー GER トヨタ BS 
12.R・ドーンボス NED レッドブル・フェラーリ Mi 
13.T・モンテイロ POR ミッドランド・トヨタ BS 
14.J・P・モントーヤ COL マクラーレン Mi 
15.C・アルバース NED ミッドランド・トヨタ BS 
16.G・モンディーニ SUI ミッドランド・トヨタ BS 
17.J・バトン GBR ホンダ Mi 
18.J・ヴィルヌーヴ CAN BMW Mi 
19.N・ロズベルグ GER ウィリアムズ・コスワース BS 
20.N・ハイドフェルド GER BMW Mi 
21.K・ライコネン FIN マクラーレン Mi 
22.V・リウッツィ ITA トロ・ロッソ・コスワース Mi 
23.C・クリエン AUT レッドブル・フェラーリ Mi 
24.S・スピード USA トロ・ロッソ・コスワース Mi 
25.D・クルサード GBR レッドブル・フェラーリ Mi 
26.N・ジャニ SUI トロ・ロッソ・コスワース Mi
27.佐藤琢磨 JPN アグリ・ホンダ BS
28.F・モンタニー FRA アグリ・ホンダ BS
29.山本左近 JPN アグリ・ホンダ BS
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
3rdドライバー 
V10エンジン

 

BMWが好調ですね (゚▽゚*)♪

クビカゎ実にいぃ仕事をしているようですね。

評判が良く、ひょっとしたら来シーズンから

レギュラー昇格もあり得そうな塩梅です。

 
それからトロ・ロッソ。

リミッターがついてるとゎいえ、

V10エンジンゎ伊達じゃない(?)。

 
逆に不調なのゎホンダ、レッドブル。

特にレッドブルゎマシンの挙動がナーバスで苦戦しています。

 
今GPで悩まされそうなのが風。

シルバーストーンゎもともと飛行機の離発着場

でしたから、風ゎ吹きさらし。

現在のF1マシンのエアロダイナミクスゎ

非常にナーバスですから、こういった風に弱く、

挙動を乱すマシンが続出しました。

この風がどのような影響を及ぼすでしょうかね(?_?)

| | コメント (0)

2006年6月 9日 (金)

Rd.8 イギリスGP 開幕

F1サーカスゎドーバーを越え、

ホームGPを迎えます (゚▽゚*)♪

ホームと銘打ったのゎ、英国を拠点とするチームが

大半を占めるためです。

ファクトリーが近いとゆうコトゎ、

サーキットと連動して動けるコトゎ言うに及ばず、

有事の際にゎファクトリーからパーツを直送する

なんてコトもできます。

なんと言っても、勝手知ったる土地で

レースをするとゆうのゎ、精神的に違うでしょうね(^▽^)

さて、開幕直前、朗報が飛び込んできました(≧▽≦)

アグリ、今GPからサードドライバーを起用。

それも、山本左近です♪ゝ(▽`*ゝ)(ノ*´▽)ノワーイ♪

昨シーズン、ジョーダン(現ミッドランド)

サードドライバーを経験。

レギュラードライバーを上回る好走を見せ、

ジョニー・ハーバートに大いに気に入られました。

その山本左近、サードドライバーとして

3戦の契約を交わしました。

そして、その3戦が終わるとモンタニーとの契約も切れます

と、ゆうコトゎ(?_?)

さて、どうなるでしょうね(^ω^)

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

ローランギャロスも終盤を迎えて来ました。

バイディソバ、残念ながら敗退です(´・ω・`)

いぃテニスをしてたんですがね……( ´_ゝ`)

ナルバンディアンはリタイアです(/△\)

今大会ゎリタイアした選手が目立ちます。

ATPやWTAのスケジュールのキビシさが問題になってますが、

ローランギャロスゎ大きな大会だけに、

疲労などが吹き出して来てしまうんでしょうねヽ(ー´_`-)ノ=3

これゎ由々しき問題です。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

W杯ドイツ大会開幕ですね!\(^▽^@)ノヤホーイ

もー、こまったコトに、今週末ゎ

 

  F1イギリスGP

  全仏オープンテニス


  W杯

 

と、イベントが目白押し!/( ̄ロ ̄;)\

嗚呼、時間が足りなひ……(´・ω・`)

うれしぃ悲鳴なんでしょうが、

欲張りなおいらとしてゎ、どれも捨てられません。

できるかぎり観ます。

体力の続く限り……( ̄−+ ̄)

| | コメント (0)

2006年6月 8日 (木)

う〜む

ローランギャロスをぜんぜん観られてなぃヽ(ー´_`-)ノ=3

気がつけばヒンギスまで敗退してるじゃありませんかΣ( ̄ロ ̄;)

1試合もヒンギスの試合を観てないょ〜(ρ_;)

あとゎバイディソバに期待するのみ。

ヒンギスの優勝が観たかったなぁ……( ´_ゝ`)

 
男子ゎビッグネームが次々と敗退して行きましたが、

なんだかんだ順当な感じに落ち着いてますね(^ω^)

フェデラー vs ナルバンディアン

たのしみですねぇ〜( ̄~ ̄)

ルビチッチにゎ悪いですが、

決勝で待つのゎナダルでしょう。


ゆっくり観たいなぁ(´・ω・`)

| | コメント (0)

2006年6月 7日 (水)

〜第6章〜

プロジェクター復活へのディスタンス #7

 

サミィ、奮起す。

性懲りもなく交換ランプを注文しました( ̄−+ ̄)

代引きでの注文。

それまでにお金を調達できるのか!?

あとわ野となれ山となれです ┐(´ー`)┌

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

ナダル、順調に勝ち進んでますねぇ(*´艸`)☆

ジョコビッチゎ残念でしたけど( ´_ゝ`)

ナダルゎ赤土の王様のように言われていますね。

しかし、おいらゎもの足りません。

クレーコート、そしてローランギャロスといえば

グスタボ・クエルテンです(≧▽≦)

ことしゎそのグーガがいません(;_;)

順当に行けばファイナルゎ

フェデラー vs ナダル

でしょうが、

クエルテン vs ナダル

が観たぃ!o(≧ω≦)o

そんな妄想をしつつ、

重い眼と格闘しながら観ています。

……もつかしら ( ̄Д ̄;)

| | コメント (1)

2006年6月 6日 (火)

ぼーぜん

えっΣ( ̄ロ ̄;)

外が明るぃ。

朝です。

そんなはずゎなぃんです。

だって、テニスを見てるはずだったんですから。

でもテレビでゎ天気予報が流れてる。

……

 


(одо)

 

 

 

気を失ってました。

ローランギャロスも見逃しました。

そーとーガタがきてるのかしら(´Д`)

| | コメント (0)

2006年6月 5日 (月)

あせまみれ

半身浴にはまってます(^▽^)

このところ多忙で、身体にガタがきており、

接骨院の先生に身体を暖めるように言われて

はじめてみました。

これが気持ちいぃo(≧ω≦)o

帰ってきたらまずお風呂場に直行、

お湯をはりに行きます。

ヒノキのチップの入った袋

入れるのを忘れずに ♪(*^ ・^)ノ⌒☆

お湯につかり書を読みふけること数分、

しとどに汗が流れてきます(o_o;)

体内の毒物が流れ出るような感じです(^-^)

最後に汗をキレぃにあらい流して

お風呂を出るとスッキリ爽快(゚▽゚*)♪

身体がふわりと軽くなったような気がします (*´∇`*)

お風呂がスキなうえに本を読むのがスキなので一石二鳥!

あとゎ寝るだけです(-o-)Zzz…

はじめてまだ数日ですが、

習慣になりそうな気配(*^¬^*)

ちなみにいま読んでるのゎ『ダ・ヴィンチ・コード』

 

ダ・ヴィンチ・コード(上) Book ダ・ヴィンチ・コード(上)

著者:ダン・ブラウン
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

ダ・ヴィンチ・コード(中) Book ダ・ヴィンチ・コード(中)

著者:ダン・ブラウン
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

ダ・ヴィンチ・コード(下) Book ダ・ヴィンチ・コード(下)

著者:ダン・ブラウン
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

<上>の前半ゎ話がなかなか展開しないんで

とっつきが悪かったんですが、

中盤以降、少しずつおもしろくなってきました(^ω^)

こうゆう構造の話ゎスキですね (゚▽゚*)♪

同じ構造(まだ読み途中なんで断言できませんが)

『鳥玄坊 根源の謎』
明石散人著

 

鳥玄坊〈1〉根源の謎 Book 鳥玄坊〈1〉根源の謎

著者:明石 散人
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ゎ最高におもしろかったです(≧∀≦)

是非。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

ローランギャロス。

女子シングルゎ、ハンチュコバもシャラポワも日本勢も

敗退してしまいました(´・ω・`)

あとゎ旧女王ヒンギスと新鋭バイディソバに期待します。

特にヒンギスのローランギャロス初優勝を期待したいですね♪

さて今夜のお楽しみゎ、なんと言っても

ナダル vs ヒューイット

嗚呼、どちらも負けてほしくなぃ!(>_<)

| | コメント (4)

2006年6月 4日 (日)

テニスを観た

フランスはパリ、ローランギャロスでは

きょうも熱戦が繰り広げられてます。

そのなかの

マテュー vs ナダル

を観ました。

ナルバンディアン vs ガスケ

のときのように、地元の声援を一心に集める試合。

おいらの目はナダルにくぎづけになりました。

逆風を突き進むナダル。

孤軍奮闘の様相を呈しています。

第1セット第12ゲームを、踏ん張ったものの

ブレイクされてセットを落とす。

第2セットあたまでも同じように、ねばったあげくゲームを落としました。

押し込まれても押し込まれても、ナダルはくじけずに立ち向かいました。

そして、ナダルは

この長い長い試合を制したのです。

1.5倍速で観てたので、子細まではわかりかねましたが、

それでも尚、ナダルは輝いていました。

そんなナダルを観て、勇気をもらった気分です(^▽^)

おいらもあきらめずに、

やれるトコロまでがんばってみますo(^-^)o

| | コメント (0)

2006年6月 3日 (土)

一日経って

ショックから醒めました。

そのかわりに、しでかしたコトの大きさに

押しつぶされてまいりました。

忙しぃんですが、気もそぞろとゆうか、

考えがまとまらないとゆうか……。

ブログもなにを書いていぃやら浮かばず、

思うがままにとりとめもなく書いてる次第です。

いまゎなんとか、前向きになろうとしています。

なんと自分ゎ弱いのかと、思い知らされています。

嗚呼、あすもまた、早い。

そして夜ゎ遅いコトでしょう。

普段は決して口にしないと誓っているんですが、

いまゎ正直、

 

──つかれた。

| | コメント (1)

2006年6月 2日 (金)

〜第5章〜

プロジェクター復活へのディスタンス #6

 

きょう、プロジェクターの交換ランプが届きました(≧∀≦)

この日をどんなに待ちわびたコトか……ヽ(´ー`)ノ

ワクワクしながら梱包を解き、品物を拝見(’▽‘;;)ワクワク

まごうことなき交換ランプです!\(^▽^@)ノヤホーイ

ランプをなまで見るのゎ初めてでした。

さっそくプロジェクターをひっくり返し、

ランプの交換ですヾ(´▽`*)ゝ♪

無惨に砕け散った旧ランプを取り出して

えっ(・ρ゜)

大きさが全然違う!Σ( ̄ロ ̄lll)

型番を確認したけど、間違いなく注文したものです。

ネットで確認してみても、やっぱりあってる。

これゎいったいどうゆうコト(ーζ‐)?

メーカーゎ合ってるし、

型番も合ってるし、

対応機種も合ってる

対応機

……

………………

終わった……_| ̄|○

対応機種の型番の数字が前後してました。

完全においらのまちがいです。

しかも返品不可。

しくじったぁ……(;□;|||)

高かったのに(><。)

終了です。

もはや手の打ちようがありません。

時間もお金もなにもかも足りません。

大事な場面でいつもやらかすおいら。

今回もまたやっちゃいました。

せっかく間に合ったと思ったのに(ρ_;)

ダメージ大きいです……_| ̄|......○

| | コメント (0)

2006年6月 1日 (木)

すぎやまぁあ(;ロ;|||)

負けちゃいましたね、杉山選手(ノ_・。)

レザイ戦の前半、充実したプレイをしていたんですが、

中盤戦あたりから圧されだし、

挽回できぬまま終わってしまいました(´・ω・`)

相手のレザイゎ格下とゎいえ、

WTAランキング以上の力を感じました。

地元とゆうこともあるし、ちょっと注目したいですね。

 

ナルバンディアン vs ガスケ

おもしろかったですねぇ (゚▽゚*)♪

19歳の新鋭ガスケが、ATPランク3位のナルバンディアン相手に

真っ向から渡り合っていましたヾ(;◎_◎)ノ

勝負の分かれ目ゎ第3セット。

地元のガスケゎ観客の声援をバックにナルバンディアンを攻め立て、

このセットで先にブレイクします。

この勢いを持続したかったものの、そこゎナルバンディアン。

すぐさまブレイクバック。

最後ゎ接戦を制し、ガスケをブレイクして

ナルバンディアンが獲ります。

ガスケゎここで若さを露呈

ギリギリのところでセットを落したとゆう精神的なものと、

疲労による肉体的な負荷により、

プレイに微妙なずれが出てきたんでしょう。

それをつかみきれず、第4セットゎ

あっさりと獲られてしまいました(>_<)

逆にナルバンディアンゎさすがでしたね(*゜▽゜)ノ

押し込められようとも慌てず踏ん張り、

チャンスと見るや攻勢に出る。

試合の流れに逆らわずに受け流していました。

それにしてもガスケ。

いぃ選手ですね (*´∇`*)

ちょっと惚れました(*´艸`)☆

このさきたのしみです(^-^)

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

忙しぃのです( ´_ゝ`)

合間合間にちら見することしかできません(´Д`)

ゆっくりテニスを観たいよぅ!(´ω`)

自分のことが最優先 by 相田みつお

| | コメント (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »