« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月

2006年5月31日 (水)

愚痴です

いやはゃなんとも忙しぃのです。

食事も満足なものでゎなく、

睡眠も十分でゎなく、

笑っちゃうくらぃお肌の塩梅が芳しくないです(≧▽≦)

もうホント、燦々たるありさま\(^▽^@)ノヤホーイ

鏡を見るのがツラぃ今日この頃で御座います(* ̄ー ̄)v

プロアクにすがっちゃおうかしらん (゚▽゚*)♪

TBやコメントが入るたびに非常に救われるのですが、

同時に、返すことができずに罪悪感でいっぱいであります。

申し訳なぃです(>_<)

がんばります!

もうちょっとまってくださぃ!!

みすてないでくださひ(ノ_・。)

 
そんなですからね。

スポーツもまともに観ちゃいません。

かろうじて観たのゎF1くらい。

ええ。 目にクマ作ってますとも♪ゝ(▽`*ゝ)(ノ*´▽)ノワーイ♪

 
気がつけば『ジロ・デ・イタリア』も終わっちゃいました。

イヴァン・バッソ 初優勝オメデトー!(≧∀≦)

ドロミテ山塊でのあなたの勇姿を一目見たかった(*´ロ`*)

 
全仏オープンテニス、ローランギャロスも

すでに開幕しています。

しかも、サフィンとロディックが負けちゃった!(;□;|||)

まだまともに観ちゃいなぃってーのに……(ρ_;)

ロディックゎ負傷リタイア。

マラトくんゎ病みあがりでコンディション不良。

あのおちゃめなマラトくんが

悲壮感たっぷりだなんて……(。♋ฺ‸♋ฺ。)

がんばってたし、いぃプレイしてたのに_| ̄|○

 
映画も観にいきたいよぅ。

ホントならあしたゎ映画三昧の予定だったのになぁ(><。)

 
すべてゎあすをおもしろおかしく暮らすため。

堪え難きを耐え、忍び難きを忍び、

虚弱体質な身体にもムチ打って、

この艱難辛苦を乗り越えるのだぁ!o(≧ω≦)o

「愚痴を云おうぜ」 by 相田みつお

オゥイェイヾ(´▽`*)ゝ♪

たまったものをはきだしちゃうぜぃ ♪(*^ ・^)ノ⌒☆






















えー、おみぐるしいトコロをお見せしました(ー∇ー;)

どうぞ、平にご容赦(≧∀≦)

かなりやられちゃってるワケです。

深夜バスに乗った鈴井氏や大泉氏のように。

淋しぃのです。

真鍋姉さんよろしく、かわいぃ三角形のPに

メールしちゃおうかと思うほど。

こんなおいらにはげましのコメントいただけたら

すっごぃうれしいです(≧ω≦)

いずれかならずお返事します。

しばしおまちを(^-^)

| | コメント (1)

2006年5月30日 (火)

〜第4章〜

プロジェクター復活へのディスタンス #5

 

交換ランプ入手の為、

金策に奔走する日々を送っておりましたが、

このたびなんとか集まりまして、ようやく入金 (゚▽゚*)♪

あとゎ手元に届くのを待つだけです。

嗚呼その日が待ち遠しひ……ヽ(´ー`)ノ

それにしても、やっぱり多忙です(´・ω・`)

そろそろからだにガタが……_| ̄|○

| | コメント (0)

2006年5月29日 (月)

Rd.7 モナコGP 決勝

アロンソ、モナコ初V!

2位にモントーヤ。

3位にゎ2年半ぶりの表彰台を獲得したクルサード。

 

決勝リザルト
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
 1.フェルナンド・アロンソ ESP ルノー Mi
 2.ファン・パブロ・モントーヤ COL マクラーレン Mi 
 3.デビッド・クルサード GBR レッドブル・フェラーリ Mi 
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
 4.ルーベンス・バリチェロ BRA ホンダ Mi 
 5.ミハエル・シューマッハー GER フェラーリ BS
 6.ジャンカルロ・フィジケラ ITA ルノー Mi 
 7.ニック・ハイドフェルド GER BMW Mi 
 8.ラルフ・シューマッハー GER トヨタ BS
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
 9.フェリペ・マッサ BRA フェラーリ BS 
10.ヴィタントニオ・リウッツィ ITA トロ・ロッソ・コスワース Mi 
11.ジェンソン・バトン GBR ホンダ Mi 
12.クリスチャン・アルバース NED ミッドランド・トヨタ BS 
13.スコット・スピード USA トロ・ロッソ・コスワース Mi 
14.ジャック・ヴィルヌーヴ CAN BMW Mi 
15.ティアゴ・モンテイロ POR ミッドランド・トヨタ BS 
16.フランク・モンタニー FRA アグリ・ホンダ BS 
17.ヤルノ・トゥルーリ ITA トヨタ BS
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
   クリスチャン・クリエン AUT レッドブル・フェラーリ Mi
   ニコ・ロズベルグ GER ウィリアムズ・コスワース BS
   キミ・ライコネン FIN マクラーレン Mi
   マーク・ウェバー AUS ウィリアムズ・コスワース BS
   佐藤琢磨 JPN アグリ・ホンダ BS 
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
3rdドライバー
No time

1周遅れ
2周遅れ
3周遅れ 
DNF
リタイア
V10エンジン

 

う〜ん ( ̄Д ̄;)

アロンソのライバルが次々と脱落して行くレースでしたね。

予選でシューマッハーがマシンを停めた件ゎ有罪、

最後尾グリッドからの出走となり、これで脱落 ┐(´ー`)┌

今回目覚ましいパフォーマンスを見せ、

中盤から追い上げていたウェバーも、

エキゾーストがやられて脱落( ´_ゝ`)

SCが入るとこんどゎキミが脱落(´・ω・`)

以下ゎ序盤でルーベンスにふたをされ、

すでに優勝戦線から脱落済みヽ(ー´_`-)ノ=3

こうしてモナコのウィナーズカップゎ

アロンソの手中に収まったワケです。

とわいえ、アロンソも決して楽に勝てたワケでゎありません。

キミのハードプッシュに対し、

タイヤをいたわりつつキッチリ防衛。

昨年の轍をふまないあたり、さすが王者ですね(^▽^)

それにしても、シューの快進撃を見ると、

最後尾にまわされたのが悔やまれます(´Д`)

 

ポイントランキング
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
ドライバーズチャンピオンシップ

 1. 64p フェルナンド・アロンソ
 2. 43p ミハエル・シューマッハー
 3. 27p ジャンカルロ・フィジケラ
 4. 27 p キミ・ライコネン
 5. 23p ファン・パブロ・モントーヤ 
 6. 20p フェリペ・マッサ
 7. 16p ジェンソン・バトン 
 8. 13p ルーベンス・バリチェロ 
 9.  p ラルフ・シューマッハー 
10.  p ニック・ハイドフェルト  
11.  p デビッド・クルサード
12.  6p マーク・ウェバー 
13.  6 p ジャック・ヴィルヌーヴ
14.  4p ニコ・ロズベルグ
15.  1p クリスチャン・クリエン
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
コンストラクターズチャンピオンシップ

 1. 91p ルノー
 2. 63p フェラーリ
 3. 50p マクラーレン・メルセデス 
 4. 29p ホンダ
 5. 14p BMWザウバー
 6. 10p ウィリアムズ・コスワース
 7.  p トヨタ
 8.  p レッドブル・フェラーリ
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
ランクアップ
ランクダウン
ポイントゲット

| | コメント (1)

2006年5月28日 (日)

Rd.7 モナコGP 予選

シューマッハー、モナコで4回目のPP!

2位ゎアロンソ。

3位ゎウェバー。

 

予選リザルト
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
 1.ミハエル・シューマッハー GER フェラーリ BS 
 2.フェルナンド・アロンソ ESP ルノー Mi 
 3.マーク・ウェバー AUS ウィリアムズ・コスワース BS 
 4.キミ・ライコネン FIN マクラーレン Mi 
 5.ジャンカルロ・フィジケラ ITA ルノー Mi 
 6.ファン・パブロ・モントーヤ COL マクラーレン Mi 
 7.ルーベンス・バリチェロ BRA ホンダ Mi 
 8.ヤルノ・トゥルーリ ITA トヨタ BS
 9.デビッド・クルサード GBR レッドブル・フェラーリ Mi 
10.ニコ・ロズベルグ GER ウィリアムズ・コスワース BS
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
11. 
12.クリスチャン・クリエン AUT レッドブル・フェラーリ Mi 
13.ヴィタントニオ・リウッツィ ITA トロ・ロッソ・コスワース Mi 
14.ジェンソン・バトン GBR ホンダ Mi 
15.ジャック・ヴィルヌーヴ CAN BMW Mi 
16.ニック・ハイドフェルド GER BMW Mi
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
17.クリスチャン・アルバース NED ミッドランド・トヨタ BS 
18.Tティアゴ・モンテイロ POR ミッドランド・トヨタ BS 
19.スコット・スピード USA トロ・ロッソ・コスワース Mi 
20.佐藤琢磨 JPN アグリ・ホンダ BS 
21.フランク・モンタニー FRA アグリ・ホンダ BS 
22.フェリペ・マッサ BRA フェラーリ BS 
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
V10エンジン

 

第1ピリオド

波乱が予想された予選ゎ

マッサのクラッシュで幕を開けました。

マッサゎこれで脱落( ´_ゝ`)

いきなりの波乱に「これゎ!Σ( ̄ロ ̄;)」と、

この後の展開にワクワクしました( ̄−+ ̄)

ところが。

残り時間も少なく、アタックをつぶされたドライバーも

多かったわりにゎ、順当な結果に終わりました。

しかし、「2ピリゎあれそうだな」と期待ヽ(´ー`)ノ

 
第2ピリオド

ホンダが伸びない/( ̄ロ ̄;)\

ジェンソンゎここで脱落(/△\)

逆に好調なのがクルサード。

危なげなくクリアして行きました (ノ゚ο゚)ノ

ラルフが落ちたのゎあまり驚きませんでしたね。

逆にヤルノゎがんばったなと(^-^)

 
第3ピリオド

久しぶりに予選男の本領を発揮したウェバー。

これゎ驚きましたΣ(゜ロ゜)

最近ゎニコの影に隠れがちだっただけに、

しっかり存在をアピールしました (゚▽゚*)♪

それにしても記者会見でのアロンソ。

人相わるっ!( ̄ロ ̄lll)

人を殺したような人相でしたね(ー∇ー;)

たしかにPPを獲れていたであろうアタックを

つぶされたのゎわかりますが、

あそこまで憮然としなくてもいぃだろうに……( ´_ゝ`)

シューの肩を持つワケじゃありませんが、

ラスカスでマシンを止めたのゎ故意でゎないと思います。

たしかに、'94、'97と、チャンピオンを獲りに行く為に

ライバルにマシンをぶつけに行ったことゎあります。

が、いまゎさすがにやらないでしょう。

なにかと悪い噂が立っているフェラーリです。

いま悪い評判が立つのゎおいしくなぃですからね ┐(´ー`)┌

ともあれ、フェラーリが(マシンが)決まっているのゎ

まちがいなく、決勝が楽しみです(^▽^)

キミも4位につけてるのが不気味です。

モナコゎ予選順位がすべてといっても過言でゎありません。

がしかし、PPの勝率ゎ決して高くありません。

シューゎジンクスをはねのけ、セナと並ぶ

モナコマイスターに輝けるか。

 
それにしても、思ったほど荒れませんでしたね( ̄ω ̄;)

 
PS.

エドワール・ミシュランに哀悼の意を表します。

| | コメント (1)

2006年5月27日 (土)

Rd.7 モナコGP 土曜フリー走行

フリープラクティス3のリザルトです。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
 1.フェルナンド・アロンソ ESP ルノー Mi
 2.ミハエル・シューマッハー GER フェラーリ BS 
 3.ジャンカルロ・フィジケラ ITA ルノー Mi 
 4.デビッド・クルサード GBR レッドブル・フェラーリ Mi 
 5.ニコ・ロズベルグ GER ウィリアムズ・コスワース BS 
 6.ファン・パブロ・モントーヤ COL マクラーレン Mi 
 7.マーク・ウェバー AUS ウィリアムズ・コスワース BS 
 8.ジェンソン・バトン GBR ホンダ Mi 
 9.フェリペ・マッサ BRA フェラーリ BS  
10.キミ・ライコネン FIN マクラーレン Mi 
11.ルーベンス・バリチェロ BRA ホンダ Mi 
12.クリスチャン・クリエン AUT レッドブル・フェラーリ Mi 
13.ニック・ハイドフェルド GER BMW Mi 
14.ティアゴ・モンテイロ POR ミッドランド・トヨタ BS 
15.クリスチャン・アルバース NED ミッドランド・トヨタ BS 
16.ヴィタントニオ・リウッツィ ITA トロ・ロッソ・コスワース Mi 
17.スコット・スピード USA トロ・ロッソ・コスワース Mi 
18.ジャック・ヴィルヌーヴ CAN BMW Mi 
19.ヤルノ・トゥルーリ ITA トヨタ BS 
20.佐藤琢磨 JPN アグリ・ホンダ BS 
21.ラルフ・シューマッハー GER トヨタ BS 
22.フランク・モンタニー FRA アグリ・ホンダ BS   
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
V10エンジン

 

マクラーレンゎ仕上がりがいぃようです。

キミもモントーヤもモナコで優勝経験があるし、

そもそもマクラーレンゎモナコでの優勝回数が

最も多いチームです。

持っているデータが素晴らしいんでしょうね(*゜▽゜)ノ

 

そのへんで弱いのがホンダ。

若いチームである上に、去年ゎ出場停止で出走していません。

づいぶん苦戦しているようです(´・ω・`)

 
それからトヨタ。

ここも経験が浅いですからね。

Bスペックを投入したゎいぃものの、

いぃトコロがありません。

Bスペックが威力を発揮するのゎ次戦まで

待たねばならないかもしれません。

 

逆に経験がないのに善戦しているのがアグリ。

タイムが出てますね (゚▽゚*)♪

少しゎ期待できるやもしれませんょ(^-^)

 
ルノーとフェラーリゎあいかわらず

安定して速いですね。

それからウィリアムズも調子いぃですね(^▽^)

おやじさんゎ'83のモナコウィナーです。

活躍を期待してますヾ(´▽`*)ゝ♪

 
それにしても、速い

V8になって最高速こそ落ちましたが、

コーナリングスピードがかなり速くなってます。

タイヤの性能が上がったのも大きいコトでしょう。

見ていて迫力が違いますね(o_o;)

 
モナコゎ予選が命。

'92のセナvsナイジェルのように、

サーキット上でゎ抜けません。

その予選も、15分の間に22台のマシンが

タイムアタックするワケです。

もう、阿鼻叫喚ですょ/( ̄ロ ̄;)\

クリアラップなんかそうそうとれません。

となると、番狂わせの可能性が

そうとう高くなります。

おもしろそうな予選になりそうですね(≧∀≦)

| | コメント (0)

2006年5月26日 (金)

Rd.7 モナコGP 木曜セッション

モナコGP開幕です♪ゝ(▽`*ゝ)(ノ*´▽)ノワーイ♪

モナコゎ特別なGP。

金曜がお休みで、木曜に開幕するあたりからも、

特別な雰囲気をかもしだします。

安全性の基準ゃ、そのほかもろもろ、

いまのF1の基準にゎそぐわないにも関わらず、

モナコがF1から消えることゎありえないのです。

F1の象徴でもあるモナコ。

今年もモンテカルロにF1が帰ってきました(^▽^)

 

フリープラクティス1、2のリザルトです。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
 1.A・ヴルツ AUT ウィリアムズ・コスワース BS 
 2.A・デビッドソン GBR ホンダ Mi 
 3.J・P・モントーヤ COL マクラーレン Mi 
 4.F・アロンソ ESP ルノー Mi 
 5.R・ドーンボス NED レッドブル・フェラーリ Mi 
 6.K・ライコネン FIN マクラーレン Mi 
 7.G・フィジケラ ITA ルノー Mi 
 8.D・クルサード GBR レッドブル・フェラーリ Mi 
 9.J・バトン GBR ホンダ Mi 
10.F・マッサ BRA フェラーリ BS 
11.J・トゥルーリ ITA トヨタ BS 
12.T・モンテイロ POR ミッドランド・トヨタ BS
13.R・バリチェロ BRA ホンダ Mi  
14.G・モンディーニ SUI ミッドランド・トヨタ BS 
15.M・シューマッハー GER フェラーリ BS 
16.V・リウッツィ ITA トロ・ロッソ・コスワース Mi 
17.M・ウェバー AUS ウィリアムズ・コスワース BS 
18.R・シューマッハー GER トヨタ BS 
19.N・ロズベルグ GER ウィリアムズ・コスワース BS 
20.J・ヴィルヌーヴ CAN BMW Mi 
21.C・クリエン AUT レッドブル・フェラーリ Mi 
22.N・ハイドフェルド GER BMW Mi 
23.S・スピード USA トロ・ロッソ・コスワース Mi 
24.C・アルバース NED ミッドランド・トヨタ BS 
25.F・モンタニー FRA アグリ・ホンダ BS 
26.R・クビカ POL BMW Mi 
27.N・ジャニ SUI トロ・ロッソ・コスワース Mi 
28.佐藤琢磨 JPN アグリ・ホンダ BS  
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
3rdドライバー 
V10エンジン

 

まずアグリです。

Rd.10アメリカGPまでフランク・モンタニーを

起用するコトを決めたようです。

体制ゎ極力安定させた方が良いと思いますょ(^-^)

 

トヨタゎはやくもBシャシーを投入です。

フロントサスペンションを大幅に改良してきました。

これでタイヤがうまく使えるようになったでしょうか(?_?)

ただ心配なのゎ、このサスペンション、

昨シーズンの後半に使っていたものの発展型で、

ヤルノにゎあまりマッチしなかったもの。

たしかにこちらの方が性能ゎ上のようですが、

はたしてどっちにころびますか(o_o;)

 

さて、モンテカルロゎきょうお休み。

そこかしこでセレブリティなパーティが行われていることでしょう。

そんな現地でF1を観てみたいものです(*´ー`)

| | コメント (1)

2006年5月25日 (木)

プラド美術館展

久しぶりに美術館に行ってきました (゚▽゚*)♪

きょう行ってきたのゎ、おいらが行く頻度が一番高い

上野の東京都美術館です。

きょうゎなんだかやたらと人が多かったですね(*゜▽゜)ノ

大道芸人なんかもいましたょ(^ω^)

May25_1351








ジャグリングをしている方

May25_1238








鉄板のような変わった楽器を奏でる方

 
修学旅行と思しき中学生たちや、

道行く人たちも足を止めて観ていました(^▽^)

もちろんおひねりをわたしてきましたょ ♪(*^ ・^)ノ⌒☆

 

そんな雰囲気を楽しみつつ、観に行ってきたのゎ

 

   プラド美術館展

 

スペインが誇る世界屈指の美術館、

『プラド』の美術展です\_(δ_δ*)

ぃやーぁ素晴らしかった!(≧∀≦)

 
  グレコは厳格。

  ベラスケスゎ陰影が印象的。

  ティツィアーノは優美。

  ムリージョは幻想的。

  ルーベンスは重厚で奥行きがある。

  ゴヤは厳かでありつつも柔和な一面を見せる。

 
雑感で恐縮ですが(^^ゞ

とくにムリージョ、ルーベンス、ゴヤゎ

ドラマティックで良かったです(*^¬^*)

お時間がある方ゎぜひ、足を運んでみてください。

必見の価値ありですょ(* ̄ー ̄)v

 

 

PS.

じぶんへのおみやげに、

ルーベンスの『フォルトゥーナ(運命)』

のしおりを買ってきましたヾ(´▽`*)ゝ♪

絵画のしおりを集めるのがちょっとした趣味なんです(^ω^)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年5月24日 (水)

日々多忙

きょう、数日ぶりにPCを触りました。

PCから記事をupするのも久しいワケです。

いやぁ、忙しいのゎいぃコトなんでしょうが、

できればホドホドがいぃなぁ……(*´ー`)

なんてひよってみたりみなかったり(^^ゞ

まぁ、おいらがどう思おうと、

まだしばらくゎ忙しいのです( ̄ω ̄;)

その間隙を縫って、あしたゎ絵画を観に行ってこようかと (゚▽゚*)♪

ステキな絵を観て、英気を養ってまいりますヽ(´▽`)ノ

| | コメント (1)

2006年5月23日 (火)

〜第3章〜

〜第4章〜

プロジェクター復活へのディスタンス #4

 

やっちゃっちゃいました。

見切り発車(ー∇ー;)

交換ランプを注文しちゃいました。

ネットで注文したんですが、初めてなので不安でいっぱいです(o_o;)

見切り発車で注文したのにはワケがあります。

メーカー注文になるので、発送がすぐになるとは限らないらしいのです。

お金ができても、W杯に間に合わないんじゃ、

もともこもありませんからね。

はたしてこれが吉と出るか凶と出るか。

賭けですね…( ´_ゝ`)

そしてもちろん、きょうも多忙です(>_<)

| | コメント (2)

2006年5月22日 (月)

〜第2章〜

プロジェクター復活へのディスタンス #3

 

見つけた!(≧∀≦)

安い交換ランプ見つけました♪

これでW杯に間に合わせることが、現実味を帯びてきましたよー(^▽^)

とゆうワケで(?)

はい、多忙です(^-^)

| | コメント (0)

2006年5月21日 (日)

〜第1章〜

プロジェクター復活へのディスタンス #2

 

なんと!

めどが立ちました!Σ(゜ロ゜)

まさかこんな早い時期に復活のめどが立つとゎ

まったくもって思っておりませんでした。

W杯に間に合わせるコトゎ絶望視していただけに

うれしぃ誤算です (゚▽゚*)♪

とゎいえ、まだまだ未知数なトコロがあります。

時間ゎあるので焦らずに行こうと思います(^ω^)

とゆうワケで、多忙です(ー∇ー;)

| | コメント (0)

2006年5月20日 (土)

アルカンシェル

バルサカンペオンの興奮冷めやらじ。

バルサのユニ着て街を歩いたりしてます(*^¬^*)

さて、バルサに来るやらミランに来るやらと、

その去就が注目されていたアンリ。

チャンピオンズリーグのファイナルの後、

 
   「今夜決めるよ」

 
と言っておりました。

ミランゎシェバがチェルシーに行くだのなんだのと

まことしやかに噂されてるし、

(出て行かないでー(;Д;))

それ以前にユーヴェのスキャンダルの影響で揺れに揺れています。

(チャンピオンズリーグ出られるのかな( ´_ゝ`))

バルサゎバルサで、アンリの友人であるエトーが

「いっしょにやろう」とアンリに声をかけてるとか、

「アンリが来るなら出てく」と言ってるだとか、

いやぃや、人種差別に嫌気がさして出て行くんだとか、

いろぃろ言われています。

まぁ、ミランゎスタムが出てっちゃうし、

高齢化が進むDFの補強(若返り)がまず先決だし、

バルサゎラーションの代役(ポジションでゎなく役割)を捜したい。

(実際ラーションが抜けるのゎそうとうイタぃ(ノ_・。) )

とゎ言え、ファイナルでのアンリを見て、

 
  「やーっぱスゴぃ選手だなー ( ̄Д ̄;)」

 
ってあらためて思いました。

1人少ないガナーズゎ、イタリアも真っ青なくらい

ディフェンシブなフットボールをしていました。

でも、アンリゎひとりでプジョールゃ

ビクトール・バルデスを心胆寒からしめました。

たったひとりで攻撃の形を作れるなんてΣ( ̄ロ ̄;)

ガナーズにしてみれば、そんなアンリを失うとゆうコトゎ、

攻め手を失うコトと同義ですからね。

アルセーヌ・ベンゲルにしてみれば大問題です( ̄ω ̄;)

 
  「こんな選手が来たらいったい……(o_o;)」

 
期待に胸も膨らむとゆうものo(≧ω≦)o

しかしてその決断ゎ、

 

  ガナーズ残留!


でも正直、ほ、としましたヽ( ´ o`)ノ=3

もしシェバが出てってしまうならミランゎいいかもしれませんが、

クレスポが来るって話だし、ピッポもジラもいる。

それよりもほかにお金をかけていただきたい。

バルサにとって選手の個の能力ゎ、

チームの戦術の上に立脚するものであり、

決定的な要素でゎありません。

(ロナウジーニョ・ガウーショも、チームの象徴でゎありますが、

必要不可欠な選手とゆうワケでゎありません)

ここにアンリが来てしまうとメレンゲ(マドリー)のように

崩壊の危険性があります。

アンリゎ落ち着くところに落ち着いて

良かったんでゎないかと(^ω^)

ジョゼ・ピカレスク・モウリーニョも

「よかったんじゃないの?」と言っています。

クラッキがひとつのチームに集まり過ぎるのも、

フットボール界全体のことを考えれば、

あまりよろしくありませんからね。

きょうゎ雨が少し降って、大きな虹がでました(^▽^)

アンリの残留ゎそれと同じくらい、

清々しぃものでした (゚▽゚*)♪

| | コメント (2)

2006年5月19日 (金)

わからなぃ

この間、出かけたときのこと。

駅のホームをてくてく歩いてると、

サラリーマンの方が駅員さんに

 
  「女の人が倒れてますよ」

 
と声をかけていました。

出勤の時間帯だったので、これから

会社へ向かうところなのでしょう。

サラリーマンの方ゎそのまま行ってしましました。

おいらも用事があったので急いでいたんですが、

ふ、と思ったんです。

 
   「もし自分が倒れてる人や困ってる人を見かけたら

   いったいどうするだろう」

 
自分の用事を蹴ってでもその人を助けてあげるだろうか、と。

日本人ゎ仕事にまじめで、なんとしても

時間通りに仕事に行こうとしますょね。

それゎ素晴らしぃコトなんですが、

人助けの為に会社に遅刻したり欠勤したら、

いったいどうゆう評価を受けるんでしょうか?

このときのおいらゎ、

 
  「駅員さんが対応してるからだいじょうぶだろ」

 
と、先を急ぎましたが、

これが道ばただったりとかしたら、

はたしておいらゎ助けるだろうかと、

ひとり煩悶としちゃいました。

自分が遅れることで人に迷惑をかけるけるとしたら、

遅れないようにしなきゃいけない。

でもそんなときにでくわしたとして、

倒れてる人や困ってる人を捨て置いて行けるだろうかと。

人道的に考えれば助けたやるべきだと、当然のごとく考えます。

でも、現実にゎそう簡単に選択できないと思うんですょね。

ケース・バイ・ケースで千変万化するとゎ思いますが、

たとえどんな状況であろうと捨て置いて行ってしまえば、

おいらゎ確実に後悔すると思うんです。

ほかに人がいたとしてもです。

この答えゎいまだ出ていません。

キレイごとだけで生きて行ける社会だったら、

どんなにいぃだろうと思います。

いまのところゎ、

そんな状況にでくわさないコトを祈っています。

あなたならどうしますか?

| | コメント (3)

2006年5月18日 (木)

戴冠!

バルサ勝ったー!(≧∀≦)

ドリームチームからはや14年。

ファンガールを経て、暗黒の時代を乗り越え、

ふたたびドリームチームが帰ってきましたヾ(´▽`*)ゝ♪

クライフの時代に比べると物足りないと

おっしゃる方もいるかと思いますが、

それゎそれ。

クライフゎ究極的に理想のフットボールでしたが、

ライカールトゎもっとリアリスティックです。

リアリスティックであるぶん、クライフのドリームチームほど

華やかさやはまった時の鬼神のごとき強さゎありませんが、

コンスタントに勝てるのゎライカールトのドリームチームでしょう。

  (おいらゎクライフの方がスキですが……(^-^))

好みの違いゎあるでしょうが、

新生ドリームチームに歓喜しましょう(≧▽≦)

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

試合自体ゎ残念ながら、少々退屈なものでした( ´_ゝ`)

その最たる原因ゎレフェリーでしょう。

前半のバルサの決定的なシーン。

レーマンがペナルティエリアでエトーを倒し、

こぼれ球をジュリがゴールネットに突き刺しました。

レフェリーが下したジャッジゎ、

ジュリのゴール以前のレーマンのファールを取り、

レーマンにレッドカードとゆうもの。

あのジャッジゎないでしょう ┐(´ー`)┌

あの状況なら、普通ゎアドバンテージを取って

ジュリのゴールを認めます。

そのあとでレーマンにイエローカードでも

提示すればいぃでしょう。

しかし、ジュリのゴールゎ認められず、レーマンゎ退場。

双方痛み分けの形になりました。

これで試合の展開が変わります。

バルサゎボールをポゼッションするも、

1人少ないガナーズゎ自陣に引きこもり、

試合ゎ停滞しました。

逆におもしろかったのゎ

1人少ないガナーズが先制点をあげたこと。

 
    「これだからファイナルゎ怖い」

 
ガナーズの先制自体ゎおもしろかったんですが、

これにより余計に退屈になってしまいました( ´_ゝ`)

前半ゎこのまま終了。

後半、バルサゎ予想通りイニエスタを投入してきました。

(ゆるせなかったのゎ、アナウンサーが

イエニスタと言っていたこと。

抗議の電話をかけようかと思っちゃいました(* ̄m ̄) )

これによりリズムがかわり始めます。

前戦でボールを奪いチャンスを増やすとともに、

ロナウジーニョ・ガウーショと連携し、

ガナーズのディフェンスを揺さぶる。

バルサゎさらにラーションを投入、

いやらしくかきまわします。

見事なまでのポジショニング。

柳沢あたりゎお手本にしてほしいものですね。

ラーションをつかまえきれなくなり、

ガナーズのディフェンスゎ崩壊し始める。

そして同点ゴールが生まれます。

最後の交代枠ゎチャビかと思ってたんですが、

ライカールトの選択ゎ

  out オレゲル

  in ベレッチ

これがぴたりとはまり、

決勝ゴールをたたき出したんです。

ガナーズゎウォルコットを出しませんでしたね ┐(´ー`)┌

あれだけエリクソンに売り込んでいたのに……(´・ω・`)

見たかったなぁ(>_<)

それからベルカンプ。

引退が惜しまれます(´ω`)

そして試合ゎ終了。

バルサ、14年ぶりの戴冠!♪ゝ(▽`*ゝ)(ノ*´▽)ノワーイ♪

試合に変化をもたらしたのゎイニエスタです。

しかし、決定づけたのゎラーションでした。

かれなくしてこの試合、乗り切れるものでゎありませんでした。

来季も残留して欲しいんですが……(/△\)

ビッグイヤー獲得により、新たな時代に突入します。

新生ドリームチームの伝説ゎ、幕を開けたばかりです(*^¬^*)

| | コメント (1)

2006年5月17日 (水)

欧州クライマックス

いよいょこんや、ヨーロッパのチャンピオンが誕生します(≧∀≦)

最右翼ゎなんといってもバルサでしょう(*^¬^*)

たしかに、アルセーヌ・ベンゲル率いるガナーズも

素晴らしぃチームだと思います。

が、今のバルサゎ特別な存在です。

フットボール史にくさびを打ち込み、

伝説を作っている最中なんです。

ガナーズでゎ最初で最後のチャンスになる可能性が高い

ベンゲルにゎ、勝たせてあげたくもあるんですが、

厳しいと言わざるをえません。

とゎいえ、『ミラン vs リバプール』のような例もあります。

下駄を履くまでわかりませんからね。

おいらとしてゎ、やっぱりバルサに勝ってもらいたぃ(>_<)

たのむぞ! バルサ!!

あしたゎバルサ優勝の記事を書きます(≧▽≦)

| | コメント (0)

2006年5月16日 (火)

〜序章〜

プロジェクター復活へのディスタンス #1

 

このトコロ、多忙です。

(コメントゃTBできず、もうしわけなぃのです(;_;))

おかげであまり寝ておらず、

不眠症のケのあるおいらにしてゎめずらしく、

30分以内に入眠できるようになっております( ´_ゝ`)

お肌の具合が気になる

今日この頃でございます(。♋ฺ‸♋ฺ。)

プロージェクターがやられてはや幾日。

気持ちの整理がついてまいりました。

いまゎただ、W杯へ向け復活を目指し、

切り詰めた生活をば送っておりまする。

仲間よりの期待もまた、

切り詰めた生活にはりとくじけぬココロを

もたらせてくれもします。

仲間の期待に答え、

我がCasaにてパブリックビューイングをするコトを

夢から現実へと、なんとしても成し遂げなければなりません。

……がんばります( ̄ω ̄;)

場所が場所なら300インチにもなるプロジェクターですからね。

ただいま策を講じております(゚▽゚*)♪

(か、皮算用?(o_o;))

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

最近、ジーコに対して思い違いをしているコトに気づきました。

ジーコゎフットボールの神様だとゆうコト。

もちろん、そんなコトゎ知っていましたが、

神様だとゆうことを思い違いをしていたワケです。

そもそも『神』とゆうものゎ


『ただただありがたいもの』


だとゆうコトです。

つまり、本来『神』ゎお願いする存在でも、

都合の良いものでも、

期待するものでもないのです。

ただあるだけでありがたいとゆうもので、

天皇と同じようなものなのです。

そして、ジーコゎその『神』なのです。

批判するような対象でゎないのです。

苦言を呈すなどもってのほか。

そう考えたら、なんだか、す、としました。

 
  「ジーコが監督をするならしょうがないな」

 
と。

良しにせよ悪しきにせよ、ジーコを監督に起用した

協会の責任です。

それに時期も時期だし、批判のたぐいゎいっさい捨てて、

100%肯定して応援しようと思います。

批評するのゎ終わってからでも遅くありませんからね(^-^)

勝っても負けてもかまいません。

ジーコのすることに文句ゎありません。

ただひたすら応援させてもらいます。

いまゎジーコが監督を引き受けてくれたことを

甘受致します(≧∀≦)

| | コメント (0)

2006年5月15日 (月)

日本代表決定

W杯を戦う23人のリストが発表されました。

GK
川口能活
土肥洋一
楢崎正剛

DF
加地亮
駒野友一
中澤佑二
宮本恒靖
田中誠
三都主アレサンドロ
中田浩二

MF
福西崇史
稲本潤一
中田英寿
小野伸二
小笠原満男
遠藤保仁
中村俊輔

FW
高原直泰
大黒将志
柳沢敦
玉田圭司
巻誠一郎

 


サプライズがありました。

巻の選出ゎ別に驚きませんでした。

選ばれると信じてたワケじゃなくて、

選ばれると思ってたんで。

 ただ、巻の名前が呼ばれたとき、

 記者団から「ぉおぉ……」

 と声が出たのにゎ、思わず笑っちゃいました(*´艸`)☆

 悪い意味じゃないですょ(;◎д◎)ノノ

おいらにとってのサプライズゎ

玉田の選出久保の落選(одо)

ジーコゎ2トップで行くコトを選択するだろうし、

なら久保と高原で決まりだと思ってましたから。

別に玉田がよろしくないと言っているワケでゎないので

悪しからずm(._.)m

選ばれた選手ゎ選ばれなかった選手の分まで

がんばって欲しいものです(^-^)

 

予想スターティングメンバー

4-4-2

  柳沢  高原

中村      中田

  小野  福西

アレックス   加地
  中澤  宮本

    川口

 

3-5-2

  柳沢  高原

中村  中田  加地

  小野  福西

中澤  宮本  田中

    川口

 


成績予想

 0勝 0分 3敗

 グループリーグ敗退

 総得点0

 

自嘲でもなく、皮肉でもなく、悲観でもなく、

冷静な戦力分析とシミュレーションの結果です。

決してあざけているワケでゎありません。

もちろん、この予想が外れることを祈っているし、

選手たちのがんばりにゎ期待しています(^ω^)

とにもかくにも、重要なのゎ初戦のオーストラリア戦です。

この試合でゴールを決められれば、

その後の展開ゎかなり変わってくるはずです。

逆に初戦をノーゴールで終わってしまうと、

そのままずるずると行ってしまう可能性が高いので、

勝ち負けよりもまずゎゴールをあげるコト

じゃないかと思っています。

がんばれ! 日本代表!!

どんな結果に終わろうとも、応援するコトゎやめませんo(≧ω≦)o

| | コメント (1)

2006年5月14日 (日)

Rd.6 スペインGP 決勝

アロンソ、地元初V!

フィジコも3位に入り、ルノーゎ1-3フィニッシュ。

シューゎ失速、2位が精一杯。

 

決勝リザルト
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
 1.F・アロンソ ESP ルノー Mi
 2.M・シューマッハー GER フェラーリ BS 
 3.G・フィジケラ ITA ルノー Mi 
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
 4.F・マッサ BRA フェラーリ BS 
 5.K・ライコネン FIN マクラーレン Mi. 
 6.J・バトン GBR ホンダ Mi 
 7.R・バリチェロ BRA ホンダ Mi 
 8.N・ハイドフェルド GER BMW Mi 
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
 9.M・ウェバー AUS ウィリアムズ・コスワース BS
10.J・トゥルーリ ITA トヨタ BS 
11.N・ロズベルグ GER ウィリアムズ・コスワース BS 
12.J・ヴィルヌーヴ CAN BMW Mi 
13.C・クリエン AUT レッドブル・フェラーリ Mi 
14.D・クルサード GBR レッドブル・フェラーリ Mi
15.V・リウッツィ ITA トロ・ロッソ・コスワース Mi 
16.T・モンテイロ POR ミッドランド・トヨタ BS 
17.佐藤琢磨 JPN アグリ・ホンダ BS  
   C・アルバース NED ミッドランド・トヨタ BS
   S・スピード USA トロ・ロッソ・コスワース Mi
   R・シューマッハー GER トヨタ BS
   J・P・モントーヤ COL マクラーレン Mi
   F・モンタニー FRA アグリ・ホンダ BS 
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
1周遅れ
2周遅れ
3周遅れ
4周遅れ
リタイア
V10エンジン

 

アロンソゎ自身初にして、スペイン人としても初めて、

スペインGPに勝利しました。

これで、フェラーリに傾きかけていた流れを、

ふたたびぐいっと引き寄せましたね(^▽^)

過去10年で見ると、カタロニアで勝ったドライバーゎ、

7割の確率でチャンピオンになっています。

連続表彰台記録も12に伸ばして歴代2位。

この安定性がある限り、シューが連勝しようと

逆転される心配ゎしばらく必要ないですね。

 

決勝ゎ路面温度が高く、タイヤの特性が外れてしまったのでしょうか。

予選までゎ無類の速さを誇ったフェラーリ&シュー。

アロンソ気勢をそぎたかったにもかかわらず、

逆に勢いづかせてしまいました。

 
ホンダゎ今季初ダブル入賞。

 
ラルフゎ同士討ちで自爆。

悪いクセが出ました。

 
そして、琢磨ゎヨーロッパラウンドに入って初完走 (゚▽゚*)♪

 
スペインGP、予想通り、ほとんどオーバーテイクシーンがなく、

退屈な部類に入るレースだったと思います。

抜きどころがないうえに、

マシンのポテンシャルの差が大きく反映されるため、

しょうがないことだと思います( ´_ゝ`)

この結果が今のチーム間の戦力分布図でしょう。

 
このレースでちょっとおもしろかったこと。

ラルフの同士討ちのシーンと、

アルバース vs アロンソ。

まずラルフの同士討ちのシーンゎ、井出有治がアルバースを

ひっくり返したシーンと瓜二つでしたね。

ラルフの進入がもう少し速ければ、

トゥルーリはひっくり返されていたでしょう。

ラルフゎ過去、このようなことを何度も繰り返しています。

アルバース、シューから必死に逃げるアロンソに

みごとなブロッキング。

昨日の腹いせでしょうか。

アルバースの通せんぼぶりゎあまり評判がよろしくありません。

さて、これらがまかり通っているのに、

井出有治が同じことをするとライセンスを

取り消されてしまうんでしょうね。

井出ゎ自身のタイムロスにつながったとしても、

大きく道を譲っていました。

接触したのもアルバースのときが初めて。

ラルフなんかゎなんど同じことをやってるかわかりません。

まったく、FIAの公平ぶりにゎ頭が下がります ┐(´ー`)┌

 

ま、

ともあれ、

次ゎ伝統のモナコ。

いまから待ち遠しいですo(≧ω≦)o

 

ポイントランキング
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
ドライバーズチャンピオンシップ

 1. 54p フェルナンド・アロンソ
 2. 39p ミハエル・シューマッハー
 3. 27p キミ・ライコネン
 4. 24p ジャンカルロ・フィジケラ
 5. 20p フェリペ・マッサ
 6. 16p ジェンソン・バトン 
 7. 15p ファン・パブロ・モントーヤ 
 8.  p ルーベンス・バリチェロ 
 9.  7p ラルフ・シューマッハー 
10.  p ニック・ハイドフェルド 
11.  6p マーク・ウェバー
12.  6p ジャック・ヴィルヌーヴ
13.  p ニコ・ロズベルグ
14.  1p デビッド・クルサード
15.  1p クリスチャン・クリエン
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
コンストラクターズチャンピオンシップ

 1. 78p ルノー
 2. 59p フェラーリ
 3. 42p マクラーレン・メルセデス 
 4. 24p ホンダ
 5. 12p BMWザウバー
 6. 10p ウィリアムズ・コスワース
 7.  7p トヨタ
 8.  2p レッドブル・フェラーリ
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
ランクアップ
ランクダウン
ポイントゲット

| | コメント (5)

Rd.6 スペインGP 予選

Buenas noches.
?Como hesta Ud.?
?Todo va bien?
…….
No pasa nada.
…….
………….
!Cono!
!Hijo de puta!
……Disculpe.
No problema.


えー、傷心のサミィです。

若干取り乱しましたが、とりあえず大丈夫です。

気を取り直しまして。


予選リザルト
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
 1.F・アロンソ ESP ルノー Mi
 2.G・フィジケラ ITA ルノー Mi
 3.M・シューマッハー GER フェラーリ BS 
 4.F・マッサ BRA フェラーリ BS 
 5.R・バリチェロ BRA ホンダ Mi 
 6.R・シューマッハー GER トヨタ BS 
 7.J・トゥルーリ ITA トヨタ BS 
 8.J・バトン GBR ホンダ Mi 
 9.K・ライコネン FIN マクラーレン Mi 
10.N・ハイドフェルド GER BMW Mi 
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
11.M・ウェバー AUS ウィリアムズ・コスワース BS 
12.J・P・モントーヤ COL マクラーレン Mi 
13.N・ロズベルグ GER ウィリアムズ・コスワース BS 
14.J・ヴィルヌーヴ CAN BMW Mi 
15.C・クリエン AUT レッドブル・フェラーリ Mi
16.V・リウッツィ ITA トロ・ロッソ・コスワース Mi 
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
17.S・スピード USA トロ・ロッソ・コスワース Mi 
18.T・モンテイロ POR ミッドランド・トヨタ BS 
19.C・アルバース NED ミッドランド・トヨタ BS 
20.佐藤琢磨 JPN アグリ・ホンダ BS 
21.F・モンタニー FRA アグリ・ホンダ BS 
22.D・クルサード GBR レッドブル・フェラーリ Mi
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
V10エンジン

 

1stピリオド

DC、200戦目のメモリアルGPにミソをつけました。

クラッシュにてあえなくKOです。

終盤ハラハラさせられたのゎ、16のところにニコがいたこと。

モンタニーのアタックそっちのけで釘付けでした。

それにしてもアルバース、品がないですね ┐(´ー`)┌

 
2ndピリオド

イモラあたりで気づいたんですが、

この予選方式で一番おもしろいのゎ2ピリですね。

全力でぶつかってくる中堅チームと、

決勝を見据え、ゆとりを残したいトップチーム。

おかげで力が拮抗し、誰が落ちてもおかしくないような、

過酷なサバイバルゲームと化すのです。

今回餌食になったのゎモントーヤ。

さじ加減が微妙ですからね。

微妙とゎいえ、トップチームもここで

ニュータイヤを2セット投入してきています。

そんなところからも、2ピリのむつかしさが

うかがい知れるのでゎないでしょうか。

 
3rdピリオド

ルノー、フロントロウ独占!

セカンドロウゎフェラーリ!

シュー届かなかった(´Д`)

アロンソゎ地元で見事にPP。

そして、キミゎ下位に沈みましたね( ´_ゝ`)

ルノーゎ軽いかもしれません。

逆にフェラーリ、特にシューゎ積んでるんでしょうね。

バトンとキミも積んでる可能性があります。

例年、退屈になりがちなスペインGP。

マシンの性能が如実に反映されてしまうからなんですが、

これゎちょっと、決勝がおもしろくなりそうです (゚▽゚*)♪

 

それにしてもプロジェクター。

ランプを換えれば復活するんでしょうが、

なにせ家庭用とゎワケがちがいます。

はたしていくらかかるやら(ρ_;)

折しも今ゎひもじい暮らしをしております。

はたしてW杯に間に合うのかヽ(ー´_`-)ノ=3

やさぐれサミィでした。

Un buen fin de semana.
Adios, hasta manana.
Ciao.

| | コメント (1)

たわごと

理想としてゎ

4-1-2-3

    高原(久保)
中村      小野

  稲本  中田

    阿部
村井      三浦
  中沢  盛岡

    川口

 

現実的にゎ

4-1-4-1

    高原(久保)

中村      小野
  稲本  中田

    阿部
村井      三浦
  中沢  盛岡

    川口

 

バリエーション

4-2-3-1

    高原(久保)

中村  中田  小野

  阿部  稲本

村井      三浦
  中沢  盛岡
    川口

 

オプション

4-4-2

  久保  高原

中村      中田

  小野  稲本

村井      三浦
  中沢  盛岡
    川口


本来ならばFWゎ久保が望ましぃ。

が、1トップとするならば高原のほうが適任か。

中村、中田ゎ相手のサイドバックにプレスをかけつつ、

サイドを崩し切り裂くウィングとして。

小野と稲本ゎセントラルMFとして

攻守に渡ってユーティリティに動き、バランスさせる。

なんとなればフォワードを飛び越え、

積極的にシュートを放つ。

バイタルエリアに阿部をフォアリベロとして配置。

奪ったボールゎまず阿部に預け攻撃の起点とし、

阿部ゎ左右前戦にとボールを散らして交通整理をする。

サイドバックゎ機を見て前戦へ、

ウィングと連携してボールを運び、クロスを揚げる。

しかし、あくまでディフェンスを基本とし、

自重することを忘れてゎならなぃ。

センターバックゎ阿部と連携してプレッシング、

最終ラインを高く保ち、中盤をコンパクトに。

サイドバックが上がった時ゎ、そのスペースをカバーする。

GKゎスウィーパーの役割もはたさねばならなぃ。

パワープレイを仕掛けるならば、

前戦に巻を配し、後方から阿部のクロスを当てる。

肝要なのゎポジショニングとバランス。

選手間の距離を的確に保ち、確実にスペースを埋める。

そして、1対1でゎ絶対に負けなぃとゆう情熱。

美しく勝利せよ。










妄想です ┐(´ー`)┌

村井ゎW杯絶望だし(>_<)

「こうするべきだ」と言ってるワケでゎなく、

ただの妄想であり、たわごとです。

おいらが見てみたいだけですので悪しからずm(._.)m

システムや戦術ありきでチームを構成するならば、

それに則した選手を集めれば良いでしょう。

選手の能力でチームを構成するならば、

選手の能力を活かせるシステムや戦術を

構築するべきでしょう。

システムや戦術ゎ大事ですが、

システムや戦術に選手をむりやり当てはめようとすれば

必ず崩壊します。

3バックだろうが4バックだろうが、

選手が活きればいぃんです。

相手に合わせるのもいぃでしょう。

理想で勝てれば世話なぃんですがね( ´_ゝ`)

理屈だけじゃ勝てなぃコトゎわかっているので、

妄想して楽しんでみました。

『理想のフットボール 敗北する現実』

ゆう書があります。

興味がある人ゎ読んでみて下さい。

 

いまゎただ、ジーコを支持します。

誰を選考しようと、

どんなシステム、戦術を選んだとしても、

グループリーグ全敗に終わったとしても、

ジーコと日本代表を見守り、応援します。

ただ、ちょっとやさぐれモードなので、

若干毒が加味されてるかもしれませんが、

お気になさらないで下さい( ´_ゝ`)

| | コメント (2)

2006年5月13日 (土)

Rd.6 スペインGP 土曜フリー走行

フリープラクティス3のリザルトです。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
 1.M・シューマッハー GER フェラーリ BS 
 2.G・フィジケラ ITA ルノー Mi
 3.N・ハイドフェルド GER BMW Mi 
 4.C・クリエン AUT レッドブル・フェラーリ Mi 
 5.D・クルサード GBR レッドブル・フェラーリ Mi 
 6.R・バリチェロ BRA ホンダ Mi 
 7.F・マッサ BRA フェラーリ BS 
 8.F・アロンソ ESP ルノー Mi 
 9.J・P・モントーヤ COL マクラーレン Mi 
10.K・ライコネン FIN マクラーレン Mi 
11. J・バトン GBR ホンダ Mi
12.S・スピード USA トロ・ロッソ・コスワース Mi 
13.R・シューマッハー GER トヨタ BS 
14.V・リウッツィ ITA トロ・ロッソ・コスワース Mi 
15.N・ロズベルグ GER ウィリアムズ・コスワース BS 
16.M・ウェバー AUS ウィリアムズ・コスワース BS 
17.J・ヴィルヌーヴ CAN BMW Mi
18.J・トゥルーリ ITA トヨタ BS 
19.T・モンテイロ POR ミッドランド・トヨタ BS
20.佐藤琢磨 JPN アグリ・ホンダ BS 
21.C・アルバース NED ミッドランド・トヨタ BS 
22.F・モンタニー FRA アグリ・ホンダ BS 
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
V10エンジン

 

琢磨、こんどゎアルバースを食った!

パワステが効いてるんですかね(≧▽≦)

昨日のモンテイロに続いて、アルバースまで(>_<)

いままでゎパワステが具合悪かったり、

アシスト量が弱かったりと、

ハンデを負っていたんです。

今のF1ゎ、パワステがなければ曲がれないほど

ステアリングが重いんですょ。

イモラで「今一番何が欲しい?」と訊かれた琢磨ゎ、

迷わず「パワステ!」と答えたそうです。

今回ゎいぃようですね (゚▽゚*)♪

ただ心配なのゎ、SA05ゎハイドロリック系に

弱点を抱えているようで、

Gのキツぃカタロニアでゎ、最後までもつか心配です( ´_ゝ`)

 
ジャック、またしてもエンジン交換(´Д`)

運搬中のアクシデントにより、

エンジンが損傷した可能性があり、

かといってレギュレーション上エンジンをあけるワケにもいかず、

泣く泣くエンジン交換とゆうことに相成ったワケです(/△\)

前戦でせっかくポイントを獲ったのに、

その流れをキープできません。

 
クルサードゎメモリアルGPだったんですね(^▽^)

DC、F1参戦200戦目です(^○^)

オメデトー♪

 
BSゎとてもいぃタイヤを開発してきたようですね。

グレインが出にくいんでしょうか。

タイムが落ちないんです。

アロンソにしてみたらたまらないでしょうね(o_o;)

決勝の戦略も見据えた上で、どう予選を迎えるのでしょうか。

PPからの勝率が高いサーキットですからね。

 

ってゆーかぁー!!

 
プロジェクター


がぁ!!!!!Σ( ̄□ ̄lll)

 
¥90万のプロジェクターがぁ!!!(;□;|||)

ランプが切れました……(;Д;)

F1を観るときゎいつもプロジェクターで

100インチの大画面で観てたんです。

いつものように観ていたら突然、

 
っパン!!

 
軽い破裂音とともに画が消えました。

始めは何が起きたのか理解できませんでした。


ま、まさか


ガクガク(((゜Д゜)))ブルブル

 
矢吹ジョーになりました……( ´_ゝ`)

W杯をひかえ、なかまを呼んでウチで

パブリックビューイングでもと思ってたんですが、

まさかこのタイミングで切れるとゎ……_| ̄|○

ただいまパニクり中ですヽ(°▽、°)ノ

| | コメント (2)

Rd.6 スペインGP 金曜セッション

フリープラクティス1、2のリザルトです。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 1.A・デビッドソン GBR ホンダ Mi 
 2.R・ドーンボス NED レッドブル・フェラーリ Mi 
 3.F・アロンソ ESP ルノー Mi 
 4.A・ヴルツ AUT ウィリアムズ・コスワース BS 
 5.C・クリエン AUT レッドブル・フェラーリ Mi 
 6.M・シューマッハー GER フェラーリ BS 
 7.G・フィジケラ ITA ルノー Mi 
 8.J・バトン GBR ホンダ Mi  
 9.R・シューマッハー GER トヨタ BS 
10.R・バリチェロ BRA ホンダ Mi 
11.J・トゥルーリ ITA トヨタ BS 
12.N・ハイドフェルド GER BMW Mi 
13.R・クビカ POL BMW Mi 
14.M・ウェバー AUS ウィリアムズ・コスワース BS 
15.K・ライコネン FIN マクラーレン Mi 
16.J・ヴィルヌーヴ CAN BMW Mi 
17.F・マッサ BRA フェラーリ BS 
18.J・P・モントーヤ COL マクラーレン Mi 
19.N・ロズベルグ GER ウィリアムズ・コスワース BS 
20.D・クルサード GBR レッドブル・フェラーリ Mi 
21.N・ジャニ SUI トロ・ロッソ・コスワース Mi 
22.G・モンディーニ SUI ミッドランド・トヨタ BS 
23.S・スピード USA トロ・ロッソ・コスワース Mi 
24.V・リウッツィ ITA トロ・ロッソ・コスワース Mi 
25.C・アルバース NED ミッドランド・トヨタ BS 
26.佐藤琢磨 JPN アグリ・ホンダ BS 
27.T・モンテイロ POR ミッドランド・トヨタ BS 
28.F・モンタニー FRA アグリ・ホンダ BS 
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
3rdドライバー 
V10エンジン

 

琢磨、ミッドランドを1台食う!

あくまでフリー走行ということで、

手放しで喜ぶワケにゎいきませんが、

それゎそれ、これゎこれ。

ひとまず喜んじゃいましょう♪ゝ(▽`*ゝ)(ノ*´▽)ノワーイ♪

| | コメント (1)

2006年5月12日 (金)

Rd.6 スペインGP 開幕

シューマッハーのホームからアロンソのホームへ。

赤一色だったレースが、今度ゎ青一色に様変わりします。

シューに連勝をゆるし、危機感を強めたアロンソ。

地元で立て直しを計りたぃトコロですね。

ミシュランとしても、通算勝利数をBSにオーバーテイクされました。

  BS 97勝 ─ Mi 96勝

はたして逆襲はあるのか。

 
今シーズンもこのレースが終わると中盤戦に入ります。

6/18、序盤戦最後のレースゎ、奇しくもチャンピオンズコース、

カタロニアサーキットで行われます。

F1のチームが最もテストを行うこのサーキット、

それにゎ理由があります。

もちろん、気候と天候が安定してるとゆうのもありますが、

一番のポイントゎ、車の特性が如実に現れるとゆうことです。

ここで速ぃとゆうコトゎすなわち、

どこに行っても速ぃとゆうコトなんです。

中盤戦を前に、今シーズンのチーム間の

位置関係を知るにゎ最適と言えますね。

 
井出有治、正式にFIAからライセンスを取り消されました。

非常に残念です。

この裁定ゎあまりに重すぎます。

井出にひっくり返されたアルバースでさえ、

 
   「あれはレーシングアクシデント。

   ライセンスを失うようなことじゃない」

 
と肩を持っています。

この裁定、どう考えてもおかしぃ。

各国のメディアもそう考えています。

でゎ、なぜここまで重い判定になったのか。

最初ゎ訓戒だけでした。

それが、効力ゎないが効能ゎある

井出降ろしのアドバイスへと変化し、

ついにゎライセンス取り消しとゆう実刑になったのです。

一説によると、08年にエントリーを望むチームが殺到した為、

お荷物的なチームを排除したぃとゆう思惑が働き、

このようないじめとして発露したと考えられています。

その昔、FIA会長マックス・モズレーも

マーチとゆうチームでF1に参戦した時代がありました。

彼ゎその時の苦労を忘れてしまったのでしょうか。

それとも、そのときの苦しさを味合わせたい

とでも思っているのでしょうか。

かつてジャン・マリー・バレストルの独裁時代がありました。

それに異議を唱え、バレストルを退け、

青雲の志を持ってFIAの会長に納まったのだと思っていました。

しかし、いまではバレストルの時代をなつかしくも思います。

どこでねじ曲がってしまったのでしょうね。

ともかく、井出有治ゎ欧州に残るようですね。

バルセロナにゎ来ていませんが、

次のモナコにゎ顔を出すようです。

鈴木亜久里氏も、井出有治の面倒を見ると公言しています。

一日も早く復帰してくることを祈っております。

 
ヨーロッパGPでゎモンタニーを起用したアグリ。

「次もそうとは限らない」と言っていたものの、

結局スペインGPでも引き続きモンタニーを起用。

調整がつかなかったようですね。

オールジャパンに固執するつもりゎなぃようです。

それでいぃと思ぃますね。

いまゎキャリアがあって開発力のあるドライバーが必要です。

ルノーでのテストドライバーを務めていたモンタニーゎ

まさしく適役と言えるでしょう。

問題ゎ3rdドライバーです。

金曜に3台走らせるコトができるのゎ大きぃですからね。

むつかしぃでしょうが、それが出来るようになれば、

ミッドランドとの差も、少しゎ縮められるはずです。

日本の企業のみなさん。

アグリを応援して下さぃ(;_;)

| | コメント (1)

2006年5月11日 (木)

憑物落し

このところずぅっと時間がなぃ時間がなぃ(´・ω・`)

時間に追われ、せわしなく日々を過ごしていました。

やることがてんこもりで、ひとつだけじゃもったいなぃと

複数のコトを同時にこなしていく。

いぃかげんそんな生活に嫌気がさし、

 
    「もーいーや!(Φ□Φ)」

 
ってぜんぶほっぽりだしてゲームしてみました。

ひさーしくゲームなんかしてなかったんですょ。

まえにちょっとやってみたんですが、そのときゎ

 
  「こ、こんなコトしてていぃのか/( ̄ロ ̄;)\」

 
と、そわそわしちゃってすぐやめちゃぃました。

でもきょうゎ違ぃます。

 
「どーでーもいーでーすよー(* ̄m ̄) 」

 
すてばちです ┐(´ー`)┌

ぼ──────────っとやってました。

んで、ぼーっとやっててたら、ふ、と頭をよぎったんです。

 
   「なーんで時間が足りなぃんだろ」

 
『やんなきゃいけなぃ』と思ってたコトについて、

考えるでもなく考えてみる。

そもそもなんでやんなきゃいけなぃのか。

『それ』ゎべつに人に頼まれたコトじゃないし、宿題でもなぃ。

だれのためでもなく、やんなかったからって

ひとに迷惑をかけるものでもなぃ。

 
  「あれ(・ρ゜)じゃ、なんでだ(?_?)」

 
『やんなきゃいけなぃ』と思ってたそれゎ、

目的を成す為に必要だと、じぶんでスキ勝手に

課したものだったんです。

それらをこなす為に謀殺され、そんなコトも忘れてました。

しかも、本来の目的の時間を割いてまで、

『やんなきゃいけなぃ』コトをこなしていたんです。

これじゃぁ本末転倒( ´_ゝ`)

『やんなきゃいけなぃ』コト。

 
強迫観念とゆう名の物怪に憑かれていたんです。

 
そのことに気づいたとき、

自分のなかで何かが瓦解しました。

そして肩が、ふ、と軽くなりました。

ひととのつき合ぃを犠牲にし、

遊ぶコトを犠牲にし、

本来の目的までも犠牲にしてしまう

恐ろしぃ物怪、『強迫観念』

この物怪ゎゆとりをエサにどんどん大きくなって行きます。

楽しぃはずの趣味の時間すらこの物怪の手にかかると、

たちまち『やんなきゃいけなぃ』コトに変貌し、

楽しむどころかただこなして行くだけになってしまうんです。

あやうく取り殺されるトコロでした(o_o;)

『やんなきゃいけなぃ』と思ってたコトを取捨選択して

ざっくりと切り捨ててみようと思ぃます (゚▽゚*)♪

でもこの物怪、決して死ぬコトがありません。

気をゆるすと知らぬ間に取り憑いてきます。

流砂のよぅに、じわりじわりと取り込まれてしまうので

気をつけなきゃですね(*^¬^*)

これを読んでるあなた。

取り憑かれてやしませんか?

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

そういやゲームといえば、次世代ゲーム機のコトです。

任天堂の『Wii』ってスゴぃですねΣ(゜ロ゜)

デモ映像を見っけました。

これゎちょっとやってみたいですねぇ(^ω^)

SONYがキラーコンテンツ

『ファイナルファンタジー』と『ドラゴンクエスト』

をかっさらって、任天堂から一気にシェアを奪って久しぃですが、

ニンテンドーDS発売から徐々に任天堂が盛り返してきてますね。

『PS3』が¥6万以上もする、ばかみたいに高い価格設定

  (純然たるゲーム機にしてくれればいぃのに(ー´_`-))

をした上に、以前ほどの求心力を失った『ファイナルファンタジー』。

  (『ドラゴンクエスト』の動向ゎ良く知りません。

   『神剣ドラゴンクエスト 甦りし伝説の剣』の続編ゎ

   『Wii』でリリースされるそうですが)

SONYゎ盟主の座を守れるのか。

それとも再び任天堂が台頭するのか。

ダークホースの『X-BOX』はどうか。

次代の覇権を握るのゎどこになるんでしょうか (?_?)

| | コメント (3)

2006年5月10日 (水)

しまったぁ!( ̄□ ̄|||)

ジロ・デ・イタリア

Jスポーツ2だったんだ!!!( ̄□ ̄|||)

 
今頃気づくなんて……(ρ_;)

ロードレースといえばJスポーツPlus(旧3)ってゆうのが

頭にあったんで、まったくノーマークだったんです( ´_ゝ`)

しかも、ツール・ド・フランスゎJスポーツPlusでやるって

事前情報も仕入れていたんで、

なおのこと盲目になっていました(´・ω・`)

こうなったら

 
    「早いうちに気づいてよかった♪」

 
て思うようにしよ!

Jスポーツ2なら観られるんだし。

レッツ ポジティブシンキング♪(○゜ε^○)

Oh, year!!\(^▽^@)ノヤホーイ

| | コメント (1)

2006年5月 9日 (火)

第4ステージ

すでに開幕してるんですよねぇ。

ジロ・デ・イタリア

もう第4ステージですょ。

観られませんけどね(´・ω・`)

あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛観たいよぅ(><。)

JスポーツPlus観られないんです(ノ_・。)

今年ゎ誰がマリア・ローザに袖を通すんでしょうね。

1日も早くJスポーツ1、2でリピート放送してほしぃです(ρ_;)

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

もうじき始まるのが

全仏オープンテニス

ですね。

今年のローランギャロスゎ(も?)楽しみです(≧∀≦)

現役復帰したヒンギス。

メルボルンでも旋風を巻き起こした彼女が、

ローランギャロスでどんな活躍をするのか。

グランドスラムで唯一獲得してないのが

このローランギャロスですからね。

女子ゎ見所満載ですね(*^¬^*)


一方の男子。

ローランギャロスと言えばこの人。

グスタボ・クエルテンですヾ(´▽`*)ゝ♪

グーガ、大スキなんです(≧▽≦)

グーガがタイトルところをまた観たいですね (゚▽゚*)♪

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

これから夏に向けてスポーツイベントが目白押しですね(^ω^)

今年ゎなんと言ってもW杯がありますから♪ゝ(▽`*ゝ)(ノ*´▽)ノワーイ♪

唯一の気掛りゎ、1ヶ月前にも関わらず、

いまだおいらのなかでテンションが上がってきていないコトです(´・ω・`)

むしろチャンピオンズリーグのファイナルの方に

気が行ってます( ̄ω ̄;)

きょうの代表の試合も流し見でした。

だれか楽しみ方を教えて下さぃ(;_;)

| | コメント (1)

2006年5月 8日 (月)

Rd.5 ヨーロッパGP 決勝

フェラーリ連勝!(≧▽≦)

シューマッハーゎ優勝、

マッサも3位に入り、フェラーリゎ2台そろって表彰台です。

2位にゎアロンソが入り、着実にポイントゲットです。

 

決勝リザルト
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
 1.ミハエル・シューマッハー GER フェラーリ BS
 2.フェルナンド・アロンソ ESP ルノー Mi
 3.フェリペ・マッサ BRA フェラーリ BS 
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
 4.キミ・ライコネン FIN マクラーレン Mi 
 5.ルーベンス・バリチェロ BRA ホンダ Mi 
 6.ジャンカルロ・フィジケラ ITA ルノー Mi 
 7.ニコ・ロズベルグ GER ウィリアムズ・コスワース BS 
 8.ジャック・ヴィルヌーヴ CAN BMW Mi 
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
 9.ヤルノ・トゥルーリ ITA トヨタ BS 
10.ニック・ハイドフェルド GER BMW Mi 
11.スコット・スピード USA トロ・ロッソ・コスワース Mi 
12.ティアゴ・モンテイロ POR ミッドランド・トヨタ BS 
13.クリスチャン・アルバース NED ミッドランド・トヨタ BS
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。 
   ラルフ・シューマッハー GER トヨタ BS 
   ファン・パブロ・モントーヤ  COL マクラーレン Mi 
   佐藤琢磨 JPN アグリ・ホンダ BS
    フランク・モンタニー FRA アグリ・ホンダ BS
   ジェンソン・バトン GBR ホンダ Mi 
   クリスチャン・クリエン AUT レッドブル・フェラーリ Mi 
   マーク・ウェバー AUS ウィリアムズ・コスワース BS 
   デビッド・クルサード GBR レッドブル・フェラーリ Mi 
   ヴィタントニオ・リウッツィ ITA トロ・ロッソ・コスワース Mi 
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
1周遅れ 
リタイア
V10エンジン

 

フェラーリ強し。

シューゎ完璧なレースでしたね。

スタートからアロンソについて行き、

最初のピットストップでゎかわせなかったものの、

2回目のピットストップ前にゎ予選さながらのアタック!

見事、前に踊り出ます。

シュー限界説が飛び交うなか、

全盛期と変わらぬ走りを見せるシュー。

マスコミを黙らせるにゎ十分な走りでした(^ω^)

マッサもアロンソの前に出るコトこそできませんでしたが、

キャリア初の表彰台 (゚▽゚*)♪

十分な活躍を見せました。

 
アロンソゎそつなく2位に入り、

被害を最小限にとどめました。

が、その表情ゎ渋く、フェラーリの巻き返しを

重くとらえてるようです。

 
マクラーレンゎそろそろストラテジーの

見直しをはかった方がいぃでしょう。

予選での順位の悪さを決勝まで引っ張ってしまっています。

昨シーズンならば、決勝で取り戻せたんですが、

来んシーズンゎ決勝において、そこまでの早さがありません。

ライコネンゎ30馬力アップとも言われている

ニューエンジンを強行投入したものの、表彰台に届かず。

悪い流れを断ち切れません。

伝統的にコンサバなマクラーレン。

そろそろ動ぃてもらいたぃものです( ´_ゝ`)

 
ホンダゎやっぱり決勝で伸びてきませんね。

F1の早さの比率ゎ、

 
   ドライバ− 1

   エンジン  2

   シャシー  3

   タイヤ   4

 
と言われています。

もっとも大きな要素であるタイヤを使い切れなければ、

いかにエンジンが良かろうと早くゎなれません。

サスペンションのジオメトリー変更するなり、

重量配分を変えるなり、

メカニカルグリップを増やしてやるコトが急務。

マシンの素性が良く、

かつ、最強のエンジンを積んでいるだけに、

見ていて歯がゆいことこの上ありません(´・ω・`)

 
同じコトゎトヨタにも言えます。

Bスペックのシャシーでゎフロントサスペンションを

大幅に変更しているらしく、

期待できる……のかしら(?_?)

Bスペックゎモナコから投入の予定。

 
にしてもうれしかったのゎ、

ニコ入賞ヾ(´▽`*)ゝ♪

予想的中!

予選終了時点でゎどうなるコトかと思いましたが、

最後尾から巻き返してでの入賞。

ルーキーだとゆうコトを忘れてしまうような

見事なレース運びですね(*^¬^*)

未来のチャンピオン候補であるコトゎ、

現時点でゎ間違ぃありません。

 
琢磨、またしてもスタートで魅せましたね(≧∀≦)

ロケットスタートのあと、レッドブルとトロ・ロッソの

同士討ちの間隙をぬって、いっきに12位に浮上!

まさにミラクルと呼ぶにふさわしぃキレた走りです。

とゎいえ、見せ場ゎここまで( ´_ゝ`)

アグリゎ2戦連続全滅(×△×)

モンタニーのマシンからゎ火が出る始末。

さらに、哀しぃ知らせが。

井出有治、ライセンス取り消しです(;ロ;|||)

     カワイソス……

井出が遅いワケでも、危険なワケでもありません。

マシンが悪すぎるだけです。

その責を井出1人にかぶせるのゎ、

あまりに酷とゆうものだろう、FIAよ。

だれかファシストモズレーの独裁を止めて下さい(ノ_・。)

 

ポイントランキング
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
ドライバーズチャンピオンシップ

 1. 44p フェルナンド・アロンソ
 2. 31p ミハエル・シューマッハー
 3. 23p キミ・ライコネン
 4. 18p ジャンカルロ・フィジケラ
 5. 15p フェリペ・マッサ 
 6. 15p ファン・パブロ・モントーヤ
 7. 13p ジェンソン・バトン
 8.  7p ラルフ・シューマッハー 
 9.  p ルーベンス・バリチェロ
10.  6p マーク・ウェバー
11.  p ジャック・ヴィルヌーヴ 
12.  5p ニック・ハイドフェルド
13.  p ニコ・ロズベルグ
14.  1p デビッド・クルサード
15.  1p クリスチャン・クリエン
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
コンストラクターズチャンピオンシップ

 1. 62p ルノー
 2. 46p フェラーリ
 3. 38p マクラーレン・メルセデス
 4. 19p ホンダ
 5. 11p BMWザウバー
 6. 10p ウィリアムズ・コスワース
 7.  7p トヨタ
 8.  2p レッドブル・フェラーリ
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
ランクアップ
ランクダウン
ポイントゲット

| | コメント (9)

2006年5月 7日 (日)

Rd.5 ヨーロッパGP 予選

アロンソ、今シーズン初PP!!

2位3位にゎフェラーリがつけました。

ウィリアムズゎフリープラクティス後にエンジン交換。

10グリッド降格です。

 

予選リザルト
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
 1.フェルナンド・アロンソ ESP ルノー Mi 
 2.ミハエル・シューマッハー GER フェラーリ BS 
 3.フェリペ・マッサ BRA フェラーリ BS 
 4.ルーベンス・バリチェロ BRA ホンダ Mi 
 5.キミ・ライコネン FIN マクラーレン Mi 
 6.ジェンソン・バトン GBR ホンダ Mi 
 7.ヤルノ・トゥルーリ ITA トヨタ BS 
 8.ジャック・ヴィルヌーヴ CAN BMW Mi 
 9.ファン・パブロ・モントーヤ COL マクラーレン Mi 
10.マーク・ウェバー AUS ウィリアムズ・コスワース BS
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
11.ラルフ・シューマッハー GER トヨタ BS 
12.ニコ・ロズベルグ GER ウィリアムズ・コスワース BS 
13.ジャンカルロ・フィジケラ ITA ルノー Mi 
14.デビッド・クルサード GBR レッドブル・フェラーリ Mi
15.ニック・ハイドフェルド GER BMW Mi
16.ヴィタントニオ・リウッツィ ITA トロ・ロッソ・コスワース Mi
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
17.クリスチャン・クリエン AUT レッドブル・フェラーリ Mi
18.クリスチャン・アルバース NED ミッドランド・トヨタ BS 
19.スコット・スピード USA トロ・ロッソ・コスワース Mi
20.ティアゴ・モンテイロ POR ミッドランド・トヨタ BS 
21.佐藤琢磨 JPN アグリ・ホンダ BS
22.フランク・モンタニー FRA アグリ・ホンダ BS
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
V10エンジン
エンジン交換
ベスト3タイム抹消

 

1stピリオド

赤旗だ!

と思ぃきや、タイミングモニタのトラブルです/( ̄ロ ̄;)\

これゎヒドぃ! ( ̄Д ̄;)

ミッドランドなんか、それを見るや

マシンをガレージに戻してましたからね。

このトラブルのせいでクリアラップをとれなくなった

ドライバーがいるはずですし、

アタックできなくなったドライバーもいるはず。

これゎ物議をかもしそうですね。

             ˙˙°・: ・°˙˙
   かもすぞー˙˙°°(・□・)°°˙˙ うおー

期待のモンタニー、トラブルで走れず。

はたた(´Д`)


2ndピリオド

過酷。

またしても過酷。

地元ドイツ勢、3人脱落です( ´_ゝ`)

今回、密かにニコにゎ期待しているんです。

いまのトコロゎ残念な結果になってるんですが……。

フィジコ、ジャックに阻まれ脱落orz

 
   「神様…なぜフィジコにばかり受難を……(;_;)」

 
怒り心頭のフィジコ、BMWのピットに殴り込みです!

ジャックにしてみれば

 
 「いやぃや、おれもアタック中だったし(;◎д◎)ノノ」

 
てトコでしょうが、

フィジコゎ納得いかないでしょうね(ーζ‐)

そして皮肉にも、そのジャックゎ最後の最後で生き残る。

蹴落とされたラルフゎフリーズしたコトでしょうね(одо)

あぶなかったのゎウェバー。

給油口から若干火が出ました。

ごくごく小規模な火災だったため大事にゎ至りませんでしたが、

イヤですね( ̄ω ̄;)


3rdピリオド

やっぱり問題になってきましたね。

最初のむだな周回です。

タイムアタックをするでもなく、

ただガソリンを減らすためだけの走行。

決勝のレース展開に手を加えるためのこのルール。

作為的に提供されたスペクタクルにゎ、

おいらゎ素直に喜べません( ̄ω ̄;)

イコールコンディションでゎなぃ状況でのPPとゆうのゎ

PPの価値を著しく貶めます。

セナゎ嘆いているコトでしょうヽ(ー´_`-)ノ=3

GPDAの間でも協議され、

早ければ次のスペインまでにゎ変更される可能性もあります。

エコ団体やスポンサー企業などで物議をかもしてるこの問題。

             ˙˙°・: ・°˙˙
   かもすぞー˙˙°°(・□・)°°˙˙ うおー

空タンクでの予選復活を希望します。

 
で、マクラーレン。

(燃料をたくさん)積んでるんですかね。 遅ぃです(´・ω・`)

どうもコンサバな作戦しかとってきません。

予選順位の悪さが決勝に

響ぃているように思えるんですが( ´_ゝ`)

 
ホンダゎ決勝の気温もそれなりに高くなりそうでチャンスがありますが、

タイヤの発熱問題を解決しない限り、

優勝ゎむつかしぃでしょうね ( ̄Д ̄;)

 
ジャックゎ2ピリでのフィジコのアタック妨害により

3ピリでのベスト3のタイム抹消。

グリッドを1つ下げるコトになりました。

 
決勝ゎルノーとフェラーリの対決。

そこにマクラーレンがいかに絡むか。

といった展開が予想されます。

果たして。


決勝のグリッドです。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
 1.フェルナンド・アロンソ ESP ルノー Mi
 2.ミハエル・シューマッハー GER フェラーリ BS
 3.フェリペ・マッサ BRA フェラーリ BS
 4.ルーベンス・バリチェロ BRA ホンダ Mi
 5.キミ・ライコネン FIN マクラーレン Mi
 6.ジェンソン・バトン GBR ホンダ Mi
 7.ヤルノ・トゥルーリ ITA トヨタ BS
 8.ファン・パブロ・モントーヤ COL マクラーレン Mi
 9.ジャック・ヴィルヌーヴ CAN BMW Mi
10.ラルフ・シューマッハー GER トヨタ BS
11.ジャンカルロ・フィジケラ ITA ルノー Mi
12.デビッド・クルサード GBR レッドブル・フェラーリ Mi
13.ニック・ハイドフェルド GER BMW Mi
14.ヴィタントニオ・リウッツィ ITA トロ・ロッソ・コスワース Mi
15.クリスチャン・クリエン AUT レッドブル・フェラーリ Mi
16.クリスチャン・アルバース NED ミッドランド・トヨタ BS
17.スコット・スピード USA トロ・ロッソ・コスワース Mi
18.ティアゴ・モンテイロ POR ミッドランド・トヨタ BS
19.マーク・ウェバー AUS ウィリアムズ・コスワース BS 
20.佐藤琢磨 JPN アグリ・ホンダ BS 
21.フランク・モンタニー FRA アグリ・ホンダ BS
22.ニコ・ロズベルグ GER ウィリアムズ・コスワース BS
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
V10エンジン
10グリッド降格
ベスト3タイム抹消

| | コメント (0)

Rd.5 ヨーロッパGP 土曜フリー走行

きれぃに晴れ上がったニュルブルクリンク。

まぁ、めづらしぃコトもあるもんですね(*^¬^*)

晴れてるニュルブルって、あんまり記憶になぃですから。

標高もかなり高く、山の天気ゎなんとやらと申しますが、

週末の天気ゎ良ぃようですね。

フリープラクティス3のリザルトです。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
 1.M・シューマッハー GER フェラーリ BS
 2.F・マッサ BRA フェラーリ BS 
 3.R・シューマッハー GER トヨタ BS
 4.J・ヴィルヌーヴ CAN BMW Mi
 5.G・フィジケラ ITA ルノー Mi 
 6. F・アロンソ ESP ルノー Mi
 7.J・バトン GBR ホンダ Mi
 8.C・クリエン AUT レッドブル・フェラーリ Mi
 9.V・リウッツィ ITA トロ・ロッソ・コスワース Mi
10.K・ライコネン FIN マクラーレン Mi
11.N・ロズベルグ GER ウィリアムズ・コスワース BS 
12.S・スピード USA トロ・ロッソ・コスワース Mi 
13.R・バリチェロ BRA ホンダ Mi 
14.M・ウェバー AUS ウィリアムズ・コスワース BS
15.N・ハイドフェルド GER BMW Mi
16.D・クルサード GBR レッドブル・フェラーリ Mi 
17.J・P・モントーヤ COL マクラーレン Mi 
18.J・トゥルーリ ITA トヨタ BS 
19.T・モンテイロ POR ミッドランド・トヨタ BS
20.C・アルバース NED ミッドランド・トヨタ BS 
21.F・モンタニー FRA アグリ・ホンダ BS 
22.佐藤琢磨 JPN アグリ・ホンダ BS  
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
V10エンジン

 

フランク・モンタニー、速ぃですねぇー☆○(゜o゜)o

 
「ルノーでテストドライバーをやっていたのゎ伊達じゃなぃ!」

 
といったトコロでしょうか。

久しぶりにグランプリにフランス人が帰ってきましたね(^ω^)

 
あと目立ったのゎ、フェラーリがサンマリノから引き続き好調ですね。

マッサゎ前戦のようにいぃ仕事を期待します (゚▽゚*)♪

 
マクラーレンが下位に沈んでいるのが気掛りですが、

予選になれば上がってくるコトでしょう。

BMWやドイツ人ドライバーも含め、地元ですからね。

活躍してもらわなぃとo(^-^)o

 
天気ゎいぃものの、さすがに涼しいニュルブルクリンク。

タイヤの発熱の悪ぃホンダゎ、

予選でゎ上位に食い込んでくると思ぃますが、

決勝ゎキビシぃものになっちゃうんじゃないでしょうか…( ´_ゝ`)

対策を急がれたし( ̄ω ̄)

| | コメント (0)

2006年5月 6日 (土)

Rd.5 ヨーロッパGP 金曜セッション

フリープラクティス1、2のリザルトです。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 1.A・ヴルツ AUT ウィリアムズ・コスワース BS
 2.F・アロンソ ESP ルノー Mi 
 3.M・シューマッハー GER フェラーリ BS
 4.R・ドーンボス NED レッドブル・フェラーリ Mi 
 5.A・デビッドソン GBR ホンダ Mi 
 6.R・シューマッハー GER トヨタ BS 
 7.J・バトン GBR ホンダ Mi J・トゥルーリ ITA トヨタ BS
 8.R・クビカ POL BMW Mi
 9.G・フィジケラ ITA ルノー Mi
10.A・スティール GER ミッドランド・トヨタ BS
11.N・ロズベルグ GER ウィリアムズ・コスワース BS 
12.C・アルバース NED ミッドランド・トヨタ BS
13.K・ライコネン FIN マクラーレン Mi
14.F・マッサ BRA フェラーリ BS
15.R・バリチェロ BRA ホンダ Mi
16.M・ウェバー AUS ウィリアムズ・コスワース BS
17.J・P・モントーヤ COL マクラーレン Mi
18.C・クリエン AUT レッドブル・フェラーリ Mi
19.D・クルサード GBR レッドブル・フェラーリ Mi
20.N・ハイドフェルド GER BMW Mi
21.V・リウッツィ ITA トロ・ロッソ・コスワース Mi 
22.N・ジャニ SUI トロ・ロッソ・コスワース Mi
23.S・スピード USA トロ・ロッソ・コスワース Mi 
24.J・ヴィルヌーヴ CAN BMW Mi
25.T・モンテイロ POR ミッドランド・トヨタ BS
26.佐藤琢磨 JPN アグリ・ホンダ BS
27.F・モンタニー FRA アグリ・ホンダ BS
28.J・トゥルーリ ITA トヨタ BS
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
3rdドライバー
No time
V10エンジン 

 

トゥルーリゎバイブレーションに悩まされ、

満足に走れなかったもよう。

トヨタゎ本拠地が近く、ホームGPと言えるニュルブルクリンク。

応援団が大挙して訪れているようだし、

いぃトコロを見せたいですね (゚▽゚*)♪

| | コメント (0)

2006年5月 5日 (金)

Rd.5 ヨーロッパGP 開幕

ヨーロッパラウンドに入り、

とうとぅルノーの連勝にストップがかかりました。

はたして、次に勝ち名乗りをあげるのはどのチームでしょうか(?_?)


依然としてルノーは好調

トラブルはテストで出しきり、本番には出さなぃ。

あいかわらずスキがなぃですね(ー∇ー)

 
マクラーレン(メルセデスですが)は

パワフルなエンジンを開発してきました。

ニューエンジンは出力が30馬力向上Σ(゜ロ゜)

が、信頼性が追ぃ着かず、

今回の投入は見送るコトになりました。

マクラーレン、どうしても信頼性が足を引っ張ります(´ _ゝ`)

 
そして、この2チームの間で動きがありました。

フェラーリへの移籍が濃厚と見られていたキミ・ライコネン。

ところが、ここへきてミハエル・シューマッハーが

契約を2年延長するコトになり、

シューと組むコトを嫌ったキミは行き場がなくなってしまぃました。

とはいっても、信頼性のなぃマクラーレンには

ほとほと愛想が尽きている(* ̄m ̄)

そこで浮上してきたのがルノー。

フェルナンド・アロンソが抜けた後釜に入ろうって寸法です。

先行き不透明なルノーとはいえ、

2年過ごし、シューが引退した後に

フェラーリ入りするとゆう手もあります。

ルノーとしても、アロンソが抜けた穴に

これほど相応しいドライバーもいません。

相思相愛ってトコロでしょうか。

噂ではすでに仮契約を結んだとも言われています。

 
おかげで命拾ぃしたのがフェリペ・マッサ。

来シーズン残留の目が出てきましたね(゜∀゜)♪

 
それにしても残念なのが、井出有治の欠場

サンマリノでアルバースをひっくりかえしたのが響いたようです。

FIAから圧力がかかったようで、

事実上の出場停止です(/Δ\)

サードドライバーとして金曜に出走予定だった

フランク・モンタニーがセカンドドライバーに昇格。

井出は次のスペインGPも欠場するようです。

出場停止の効力はなぃのですが、

無理に出場すると、最悪ライセンス剥奪の恐れもあり、

政治力のなぃ新参チームにはつらぃトコロですね(´Д`)

これにはキミも同情しているよぅです。

井出の欠場により、金曜に3台目を走らせられなくなり、

ミッドランドとの差をつめるチャンスを失いました。

鈴木亜久里ゎ井出を見捨てず、

レギュラーシートに戻すつもりでいるようです(^▽^)

そのためにゎテストでマイレージをかせぐコトが必須。

一日も早く復帰してくるコトを期待します (゚▽゚*)♪

| | コメント (0)

2006年5月 4日 (木)

ぃよっしゃあ!

バルサ、カンペオ━ 

♪ゝ(▽`*ゝ)(ノ*´▽)ノワーイ♪

ン!!


途中足踏みがあったので、

 
  「やっと……(´ o`)=3 」

 
な感じゎあったものの、2年連続です(´∀`)

あとゎエトーのピチーチと、

ビッグイヤーをもらって、

今シーズンを締めくくりたいですね (゚▽゚*)♪


バルサに再び、黄金時代がおとずれた……(ρ_;)

| | コメント (1)

2006年5月 3日 (水)

渋谷にて #3

映画三昧だったこの日。

シメの1本ゎ


   『立喰師列伝』

 

Tatigui








 

唐突に押井守が新作を公開するとゆう話が飛び込んで来た時、

メディアから話が伝わってこなかったので、

キツネにつままれたような気分になったものです。

が、タイトルを聞ぃたとたん


  「あ、なるほど…(ー∇ー;)」


スッゴく得心しました。


  「これゎメジャーにゎなりえなぃ」


(もともと押井守ゎメジャー足り得るか微妙だと思ぃますが)

押井守といえば、アニメ映画『イノセンス』

イメージが強ぃかと思ぃますが、

この『立喰師列伝』こそ、

押井守の本当にやりたかったコトなんだと思ぃます。

とゆうのゎ、押井守の過去の作品を見ていると、

立ち食いそば屋のシーンが何度となくでてきます。

印象的に描かれるそのシーンにゎ愛情を感じずにゎいられません。

そしてとうとう、その集大成を見せるのだな、

と考えたワケです。

自分のスキなコトをやるのだから、

トコトン好き勝手にやるであろうコトゎ容易に想像がつき、

前述の↑言葉が出てきたワケです。

ストーリーゎ、どうでもいぃですね( ´_ゝ`)

そうゆうもんじゃなぃです。

『立喰いのプロ』なる存在を人類文学的観点から語り、

さらにゎ戦後の昭和史をも絡めてひとつの物語となす。

もってまわった語り口での長ゼリフなど、

もう押井守の独壇場。

押井守好きなひとにゎたまらなぃでしょうね(^▽^)

この映画の『サミィの評価』ゎ

 

 

  73pts

 

 

『スーパーライヴメーション』なる映像手法を用いるなど

新しいものと、押井守独特のコメディセンスの融合。

存分に堪能させてもらいました (゚▽゚*)♪

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2006年5月 2日 (火)

渋谷にて #2

『ブロークン・フラワーズ』を観て

ホクホクになったおいら (゚▽゚*)♪

つぎに観に行ったのゎ


『モルタデロとフィレモン』


Mortadero_y_firemon





スペイン史上空前の大ヒットを記録したとゆう映画です。

も〜ゆかいゆかぃ(≧∀≦)

痛快なくだらなさです (*´∇`*)

ストーリーゎ


  スペインの諜報機関TIAが秘密兵器を発明した。

  DDT(ダウナー・電波・飛ばし機)と呼ばれるこの兵器ゎ、

  攻撃を受けるとやる気をなくしてしまうとゆう恐ろしいもの(^▽^)

  その兵器がなんと盗まれたしまったからさあ大変!

  ぬすんだ男ゎDDTを悪名高きドクサイ帝国に売り渡そうとしていた。

  この世界の危機に対し、TIAゎ敏腕スパイのフレディを

  海外から招聘、これに当たらせた。

  TIA1のダメダメスパイコンビのモルタデロとフィレモンゎ

  フレディに負けじと事件首を突っ込むのだが…

 
とゆうものですが、あまり関係なぃでしょう(*^¬^*)

よくもまぁこんなしょーもなぃもんを作ったもんです。

しかも、それでいて丁寧に作ってあるってゆうのが素晴らしぃ。

CGをふんだんに使ってるんですが、

顔の表情をディフォルメするのに使うなど、

キメの細かいコトをしている。

 
「真剣にバカバカしぃものを作ろうとしているんだ」

 
とゆう、真摯な姿勢が見て取れます。

 
この映画の『サミィの評価』ゎ

 

 

  78pts

 

 

できればもう一度観たいですね(^ω^)

クレジットに流れる曲に字幕がつぃていたんですが、

どうも様子がおかしぃ。

歌詞と字幕が違うんです。

しばらく聞ぃてて、はたと気づきました。

 
  「これ空耳ぢゃん!Σ( ̄ロ ̄;)」

 
どうやら小林賢太郎(ラーメンズ)が

翻訳(翻訳って/( ̄ロ ̄;)\)したもののようですね(ー∇ー;)

本編を翻訳した方もセンスを感じます。

DVDが出たらほしぃ1本です (゚▽゚*)♪

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年5月 1日 (月)

きょうゎ渋谷で

映画三昧な一日でした (*´∇`*)

なにせ1日で3本観ちゃいましたから(^ω^)

朝から晩まで映画漬けです。

用事がなければ、あともう1本観ようと思ってたんですが(ー∇ー;)

まず朝イチで観てきたのが


『ブロークン・フラワーズ』


Broken





老いた女たらしの男、ドンのもとに1通の手紙が。

差出人不明のその手紙ゎ、

どうやら20年前に別れた女性からのものらしぃ。

ピンクの便せんにゎ、

別れたあとに妊娠に気づき、男の子が生まれたこと。

19歳になったその子が、父を捜して旅に出たことが

タイプライターで記されていた。

おせっかいな隣人のおかげで、

手紙の差出人を探すはめになるドン。

ピンクの便せんとタイプライターを手がかりに、

戸惑いながらも旅に出る。

 
ドンを演じるのゎビル・マーレイ

これがまた絶品!(≧∀≦)

老年にさしかかった孤独なかつての女たらしの、悲哀と物悲しさ。

それでいてコミカルで、

どこかだらしないドンがいとおしく思えてきます(*^¬^*)

映画の印象ゎ、とても穏やか。

とても繊細なタッチで描かれています。

さらに所々に挿入されるカットが、

この繊細な映画を引き立てます。

そして、ただ繊細なだけじゃありません。

ユーモアのセンスが素晴らしぃ (゚▽゚*)♪

おもゎず「うふふ(*´艸`)☆」と笑っちゃいます(^▽^)

 
この映画の『サミィの評価』ゎ

 

 

  75pts

 

 

穏やかでユーモラスな雰囲気に酔いしれました(´∀`)

劇中曲もまたいぃ(≧ω≦)

映画の雰囲気に良く馴染みます。

ぃやあ、おもしろかったですねぇ〜。

早起きしたかぃがあったってもんです(^-^)

| | コメント (0) | トラックバック (4)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »