« Rd.3 オーストラリアGP 土曜フリー走行 | トップページ | おべんきょう »

2006年4月 3日 (月)

Rd.3 オーストラリアGP 予選

ホンダキタ───────(゜∀゜)───────!!

ジェンソン、エラぃぞぅ!(≧∀≦)

まずゎ予選のリザルトです。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
 1.ジェンソン・バトン GBR ホンダ Mi
 2.ジャンカルロ・フィジケラ ITA ルノー Mi
 3.フェルナンド・アロンソ ESP ルノー Mi
 4.キミ・ライコネン FIN マクラーレン Mi
 5.ファン・パブロ・モントーヤ COL マクラーレン Mi
 6.ラルフ・シューマッハー GER トヨタ BS
 7.マーク・ウェバー AUS ウィリアムズ・コスワース BS
 8.ニック・ハイドフェルド GER BMW Mi
 9.ジャック・ヴィルヌーヴ CAN BMW Mi
10.ヤルノ・トゥルーリ ITA トヨタ BS
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
11.ミハエル・シューマッハー GER フェラーリ BS
12.デビッド・クルサード GBR レッドブル・フェラーリ Mi
13.ヴィタントニオ・リウッツィ ITA トロ・ロッソ・コスワース Mi
14.クリスチャン・クリエン AUT レッドブル・フェラーリ Mi
15.ニコ・ロズベルグ GER ウィリアムズ・コスワース BS
16.フェリペ・マッサ BRA フェラーリ BS
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
17.ルーベンス・バリチェロ BRA ホンダ Mi
18.クリスチャン・アルバース NED ミッドランド・トヨタ BS
19.スコット・スピード USA トロ・ロッソ・コスワース Mi
20.ティアゴ・モンテイロ POR ミッドランド・トヨタ BS
21.佐藤琢磨 JPN アグリ・ホンダ BS
22.井出有治 JPN アグリ・ホンダ BS
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
V10エンジン

 

1stピリオド

やっちゃいましたねー、ルーベンス(*´ロ`*)

出走ゎあとのほうが有利とゎいえ、

いくら何でもタメすぎです。(* ̄m ̄)

今回のように不測の事態が起きちゃえば手遅れですからね ┐(´-`)┌

そんな状況を作ってしまったチームも、

やっぱりトップチームと呼ぶにゎ未熟かな、と。

そこらへんが勝てるチームと

勝てないチームの差だと思うんです。

井出有治はどうしたんでしょう(?_?)

マシンの挙動が気になります。

トラブルかしら( ̄ω ̄;)

 

2ndピリオド

やっぱりきましたね、シャワー!Σ(゜□゜)

シューやニコゎ、モロにそのあおりを受けましたね( ´_ゝ`)

ジェンソンもきわどぃトコロでした(o_o;)

マッサは悪いクセが抜けませんねヽ(ー´_`-)ノ=3

フェラーリでのテストドラブ以降おさまったかと思ぃきや、

デビュー当時のような不安定さに逆戻りです( ̄ω ̄)

去年のような安定感を取り戻せば、

もう1ランク上のステージにいけるんですが…。

 

3rdピリオド

天候をうかがいつつの、

手に汗にぎる熱戦でしたヽ(´▽`)ノ

シャワーを気にして、重い燃料のまま

ニュータイヤを投入、アタックをした人。

ドライに向かうと判断し、通常通りのアタックをした人。

どっちつかずで悩むニック(*´艸`)☆

おもしろかったですねぇ (゚▽゚*)♪

そしてジェンソン。

ホンダ38年ぶりのPPです!♪ゝ(▽`*ゝ)(ノ*´▽)ノ♪

ジョン・サーティース以来ですからね。

ホンダのF1における歴史を感じますヽ(´ー`)ノ

(サーティースと言えば、2輪でも

チャンピオンになったドライバー。

バレのF1参戦はあるかしら(?_?))

横と後ろにゎルノーがぴたり。

ローンチの性能が良いルノーですから、

スタートできっちり前を押さえたいですね。

さらにその後ろにゎマクラーレン。

おそらく優勝ゎこの5人の中からでるでしょう。

ぜひともホンダに39年ぶりの優勝をもたらしてほしぃ。

たのむぞジェンソン!o(≧ω≦)o

 

最後に、決勝のグリッド

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
 1.ジェンソン・バトン GBR ホンダ Mi
 2.ジャンカルロ・フィジケラ ITA ルノー Mi
 3.フェルナンド・アロンソ ESP ルノー Mi
 4.キミ・ライコネン FIN マクラーレン Mi
 5.ファン・パブロ・モントーヤ COL マクラーレン Mi
 6.ラルフ・シューマッハー GER トヨタ BS
 7.マーク・ウェバー AUS ウィリアムズ・コスワース BS
 8.ニック・ハイドフェルド GER BMW Mi
 9.ヤルノ・トゥルーリ ITA トヨタ BS
10.ミハエル・シューマッハー GER フェラーリ BS
11.デビッド・クルサード GBR レッドブル・フェラーリ Mi
12.ヴィタントニオ・リウッツィ ITA トロ・ロッソ・コスワース Mi
13.クリスチャン・クリエン AUT レッドブル・フェラーリ Mi
14.ニコ・ロズベルグ GER ウィリアムズ・コスワース BS
15.フェリペ・マッサ BRA フェラーリ BS
16.ルーベンス・バリチェロ BRA ホンダ Mi
17.クリスチャン・アルバース NED ミッドランド・トヨタ BS
18.スコット・スピード USA トロ・ロッソ・コスワース Mi
19.ジャック・ヴィルヌーヴ CAN BMW Mi
20.ティアゴ・モンテイロ POR ミッドランド・トヨタ BS
21.佐藤琢磨 JPN アグリ・ホンダ BS
22.井出有治 JPN アグリ・ホンダ BS
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
10グリッド降格
V10エンジン

|

« Rd.3 オーストラリアGP 土曜フリー走行 | トップページ | おべんきょう »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。