« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月

2006年4月30日 (日)

ウォシャウスキー兄弟

『Vフォー・ヴェンデッタ 』


観てきました。

あとから知ったんですが、

原作があって、それも英国のコミックスなのだそう。

ウォシャウスキー兄弟が一枚噛んでるコトと、

ナタリー・ポートマンが出演してるコトくらぃしか知りませんでした。


舞台ゎ近未来、独裁国家となった英国。


  "V"と名乗る仮面の男が、恐怖政治を敷く政府に対し、

  革命を画策する。

  "V"に命を救われたエヴィーゎ彼に共鳴し…


といった感じのストーリー。

デジャヴの連続でした( ̄ω ̄;)

ストーリーに目新しぃものゎありませんでした。


   「あれ、これどっかで…(?_?)」


と思ぅコトしきり。

日本のアニメーション(や、マンガ)の影響を強く感じました。

原作ゎ'82〜'85にかけて書かれていたそうですが、

はたして、映画と原作ゎどれだけ違うんでしょうか(?_?)

話の筋、構成なんかゎ日本のアニメーションそのもの

と言っていぃほど、そっくりだった気がします。

伝え聞くトコロによると、

脚本を手がけたウォシャウスキー兄弟ゎ、

日本のアニメーションのオタクだとか。

『マトリックス』のプレゼンのときにゎ

押井守の『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』

を流し、


   「これを実写でやりたい」


と言ったそうな。

このエピソードが本当かどうかわかりませんが、

ものスゴクうなずけます。

『マトリックス』を観た時、

「これって攻殻機動隊の

 ぱくりじゃん!Σ( ̄ロ ̄;)」

攻殻機動隊をモチーフにしてるのがよくわかりました。


それにしても、ナタリー・ポートマンゎ美しぃですね(≧∀≦)

存在感もあって良かったです(´▽`)

彼女を起用したことに拍手を送りたいですね(゚▽゚*)♪


ちなみに、"V"ゎ『マトリックス』でエージェント・スミスを演じた

ヒューゴ・ウィーヴィングだそうです。

一切顔が出なくて、なんだかかわいそう…(´・ω・`)

 

この映画の『サミィの評価』ゎ

 

 

  72pts

 

 

おもしろかったです (゚▽゚*)♪

アクションシーンも良かったですし。

ウォシャウスキー兄弟ゎいろぃろなものを取り入れ、

それを咀嚼してまとめる能力に長けていますね。

その能力ゎ素晴らしぃです(^-^)

新しぃものゎなかったものの、結構楽しめた作品でした(*^¬^*)

| | コメント (4) | トラックバック (12)

2006年4月29日 (土)

チャンピオンズリーグ Semi-Finals 2nd-leg

ようやく観ました。

 

vs

 

結果から言ってしまうと、


バルサ 0 ー 0 ミラン

アグリゲートスコア 1ー 0 で

バルサがファイナル進出を決めました。


2ndレグゎEmpate a cero

0 - 0 でゴールが無かったんですが、

なんとも濃密な試合でした (*´∇`*)

会場となった、エスタディオ・カンプ・ノウの雰囲気も最高!

そんな空気に物怖じしなぃミランゎさすが( ̄ω ̄)

そして、最初にシュートしたのもミラン。

なんとも頼もしぃ限り(*^¬^*)

でも、バルサもすぐにやり返す。

のっけからテンションが高ぃです(’▽‘;;)ワクワク

ネスタを欠いたミランゎ若干分が悪ぃものの、

コスタクルタが持ち前の老獪さでカバーヽ(´▽`)ノ

バルサゎイニエスタがキレまくり!(≧∀≦)

チャビが抜けた穴を補ってあまりある活躍っぷり。

これじゃチャビも気が気じゃなぃでしょうねヽ(´ー`)ノ

あっとゆうまに前半ゎ終了。

五分五分の展開(ややバルサか)。


違ぃがでたのゎ後半。

選手交代で変化がだせなぃアンチェロッティに対し、

ライカールトの選手起用ゎいやらしぃまでの巧みさ。

ゴールにこそ結びつかなかったものの、

世界一わがまま贅沢なカンプ・ノウのお客が、

一切騒がなかったのゎ驚異的ですヾ(;◎_◎)ノ

アンチェロッティに足りなかったのゎ、

あと少しの勇気だったんじゃなぃでしょうか( ´_ゝ`)

もっとアグレッシブに行って欲しかったですね(´ω`)


とゎいえ、こんなにおもしろぃゲームもそうそぅありませんょ(≧▽≦)

この試合でわかったコトゎ、


    「フットボールのオモシロさゎ

     ゴールゃ結果がすべてでゎなぃ」


とゆうコト。

ボールを奪うトコロからシュートに至るまでのディスタンス。


   いかにボールを奪うか。

   いかにビルドアップするか。

   いかに相手のディフェンス陣を崩すか。


これが重要なんです。

かつてヨハン・クライフゎ言ぃました。

 

     「美しく勝利せよ」

 

この言葉がおいらのフットボール観の根幹を成しています。

いまの日本代表に欠けているものです。

ま、美しくなくてもいぃんですが、

ほかにも欠けてるものがあるから

感情移入できなぃんですがね…( ´_ゝ`)

日本代表になくて、ミランやバルサにあるもの。

1対1に対する情熱。

そして、フットボールそのものに対する情熱ですかね。

  (あくまでおいらの主観です。

  おいらが感じているコトなので、

  事実とゎ異なるかもしれません)

フットボールの醍醐味ゎ情熱です。

少なくとも、おいらを虜にしているのゎ、

その情熱です。

このゲームゎとびっきりでした(*^¬^*)

 

ファイナルゎ バルサ vs ガナーズ。

アルセーヌ・ベンゲルにしてみれば、

ようやく訪れたビッグチャンス。

そして、デニス・ベルカンプの集大成ですね。

花を持たせてあげたぃのゎやまやまですが、

バルサ、ビッグイヤーいただきます!o(≧ω≦)o

| | コメント (0)

2006年4月28日 (金)

知ってますか?

みなさん、日々の生活に疲れてませんか?

ストレスなど溜めてやしませんか?

そんな心がささくれてる方にオススメしたいのが、

 

 

『やわらか戦車』

 

です。

まぁとにかくご覧になってみて下さい。

説明ゎいらなぃはずです。

癒されます (*´∇`*)

現在、4まで制作されていますが、

そのうちまた続編が作られるコトでしょう。

気に入られた方ゎ、たまにチェックしてみて下さい。

最近ちまたでうわさになってるラレコ先生。

驚きなのが、

作画、作詞、作曲、唄、

全部1人で作られてるとゆうことΣ(゜ロ゜)

なんて多才な人なんでしょうヾ(;◎_◎)ノ

ほかにこんなものもあります。

 

 

『くわがたツマミ』

 

 

こちらゎなんと、毎週金曜に新作をドロップしてるそうです!

良くそんな短期間で作れるものですヽ(´ー`)ノ

ほかにもいろいろありますょ。


『1upちゃん』

 
『コアラッコの歌』

 
『ぷっぷくちゃん』

 
『カレーパンのうた』

 
ラレコ先生とゆうひとゎセンスがいぃんでしょうね。

よく見させてもらってます (゚▽゚*)♪

ちなみに『やわらか戦車』、

ブログにもなってます。

興味のある方ゎそちらもご覧になってみて下さい。

 
『やわらか戦線異常なし』

 
ささくれた心に一服のオアシスを。

あすへの活力になったらさいわいです(*^¬^*)

| | コメント (2)

2006年4月27日 (木)

ほんと、ちがぅんです

愛用してます。

浄水器。

おいらのゎピッチャー型浄水器。

それまでゎ一度煮沸した水を飲んでたんです。

でもやっぱりマズくって、

あんまり飲めなかったんですょ(´ω`)

水を買って飲むほどお金もなぃし、

 
   「ま、しょうがなぃか ┐(´ー`)┌」

 
とあきらめてました。

あるとき、ハンズでぷらぷらしてたら、

この浄水器に目が行ったんです。

おいらが買ったのゎ


  『アクアバイタリス』

 
1.3Lのタイプですけども、

本体ゎ¥3,600くらい。

水1Lあたりのコストゎ¥4くらいだったかな(?_?)

思わず衝動買いしちゃぃました(*^¬^*)

いざ飲んでみると、

これが望外におぃしかった!(≧∀≦)

お水って、おぃしぃとごくごく飲めるもんですね (゚▽゚*)♪

ちょっと感動でした (*´∇`*)








…なんか通販のひとみたぃ(ー∇ー;)

べつにおいらゎアクアバイタリスの手先じゃありませんょ( ̄ω ̄;)

ぁあ!

言えば言うほど説得力がなくなる ( ̄Д ̄;)

ので、もうヤメます( ´_ゝ`)

 

あ、『やわらか戦車』って知ってますか(?_?)

またあすにでも…。

Adios,Hasta manana.

| | コメント (4)

2006年4月26日 (水)

ゆるすまじ

おいらにはかけがぃのなぃ大事な存在があります。

それゎおいらの愛車、自転車のジミーです。

雨の日も風の日もいつもいつも一緒で、

うれしぃときゎともによろこび、

かなしぃときゎなぐさめてくれたジミー。

変速ギアもついてなぃような、

なんのヘンテツもなぃ自転車です。

名前の由来もちゃあんとあります。

ジミーのカラーリングゎ緑。

かつてF1に『ロータス』とゆうチームがありました。

ロータスのチームカラーゎグリーンにイエローのライン。

ジミーに黄色のラインゎ入ってませんが、

ロータスにあやかったのです。

ロータスと言えば往年の名ドライバー、

『ジム・クラーク』です。

(かつてセナゎジム・クラークの再来と言われてましたね)

そのジム・クラークの愛称、『ジミー』から

名前をちょうだぃしました。

片道3〜40分のトコロなら、

迷うコトなくジミーと出かけます。

つきあいも長く、もはやカラダの一部と言っても

過言でゎありません。

そんなジミーもよる年波にゎ勝てず、先日


「余命幾ばくも無し」

 
と宣告されたばかり。

雨の日ゎ乗らず、いたわっておりました。

なのに…。

ジミーと一緒に出かけようかとしていたら、

 
リアタイヤがパンクしてる!(;ロ;|||)

 
その前に乗ったときゎ、絶対パンクしてませんでした。

間違ぃありません。

 
これゎだれかの陰謀です!(* ̄m ̄)

 
確証があります。

こんなコトが過去にも何度もあったんです。

ほかにも、


  倒されてた

  かごにゴミが入れられてた

  ゴミ捨て場に置かれてた

     (↑これなんか特にヒドぃでしょ(><。))

 
てなコトがあったんです。

ゆるせませんょ!(`へ´)

同時に哀しくなります。


   「なんでこんな心なぃコトするんだろう。

    なんでこんな心なぃひとがいるんだろう」

 
と(ノ_・。)

自転車ゎわるくありません。

自転車に乗ってる人間が悪ぃコトゎあっても。

なんの恨みか知りませんが、

なぜジミーにそんなヒドぃ仕打ちをするんでしょう。

24時間見はってるワケにもいかないし、

防犯カメラを購入するゆとりもないし、

警察なんか人を見れば犯罪者扱いするし、

いっつも口先ばっかりで

なんのチカラにもなってくれないし。

頼れるものゎなにもありません。

もう、どうしたらいぃんでしょう。


神様、どうかジミーをお救ぃくださぃ…(;_;)

| | コメント (3)

2006年4月25日 (火)

春だから?

どうかしてる。

ほんと、どうかしてる。

よっぽど淋しいんだろうね。

たまに見るんですょ。

なぜ!?Σ( ̄д ̄;)て思うような夢を。

それゎ芸能人もしくゎ、友人が出てきて、

あまずっぱいラブストーリー

くりひろげるんです(*´ロ`*)

なにがわからないって、


   「なんでこのひとなの?/( ̄ロ ̄;)\」

 
ってひとがお相手になるんです。

ぜひ!(>_<)と思ってるひとゎでてこなくて、

そうゆう対象として見たことなぃひととか、

ごぶさたしてるひととかがでてくるんですょ。

その人選にゎ首をかしげちゃいます( ̄ω ̄;)

それにしてもはづかしぃのゎ、

その夢のあまずっぱいことあまずっぱいこと(*´ー`*)


おいらも相手も、おたがいまんざらでもなぃかんじってゆうか、

むしろスキ?みたぃらしぃ。

表面的にゎ「そんなコトなぃよ」ってみんなにゎ言ってるんだけど、

そんな2人の気持ち、実ゎみんなにバレバレ。

みんなニヤニヤしながらおいらとその相手をくっつけようと


あーもぅ、死ねばいぃのに、おいら(*´ロ`*)

 

どんな頭の構造してるか見てみたぃのもです(ー∇ー;)

人間、独りでいるとろくなもんじゃありませんね ┐(´ー`)┌

パートナーができるのゎいつの日か。







づいぶん先だろうな……_| ̄|○

| | コメント (7)

2006年4月24日 (月)

Rd.4 サンマリノGP 決勝

綿毛舞う春のイモラ。

しかし、今年ゎ29℃を超え、夏の様相を呈しています。

前戦とゎ逆に、予想よりも暑いGPとなりました。

好調フェラーリvsルノー。

そこにホンダとマクラーレンがどうからむか。

 

決勝のリザルトです。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
 1.ミハエル・シューマッハー GER フェラーリ BS 
 2.フェルナンド・アロンソ ESP ルノー Mi 
 3.ファン・パブロ・モントーヤ  COL マクラーレン Mi  
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
 4.フェリペ・マッサ BRA フェラーリ BS 
 5.キミ・ライコネン FIN マクラーレン Mi 
 6.マーク・ウェバー AUS ウィリアムズ・コスワース BS 
 7.ジェンソン・バトン GBR ホンダ Mi 
 8.ジャンカルロ・フィジケラ ITA ルノー Mi 
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
 9.ラルフ・シューマッハー GER トヨタ BS 
10.ルーベンス・バリチェロ BRA ホンダ Mi 
11.ニコ・ロズベルグ GER ウィリアムズ・コスワース BS 
12.ジャック・ヴィルヌーヴ CAN BMW Mi 
13.ニック・ハイドフェルド GER BMW Mi 
14.ヴィタントニオ・リウッツィ ITA トロ・ロッソ・コスワース Mi
15.スコット・スピード USA トロ・ロッソ・コスワース Mi
16.ティアゴ・モンテイロ POR ミッドランド・トヨタ BS
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
    
   デビッド・クルサード GBR レッドブル・フェラーリ Mi 
   佐藤琢磨 JPN アグリ・ホンダ BS   
   クリスチャン・クリエン AUT レッドブル・フェラーリ Mi
   井出有治 JPN アグリ・ホンダ BS
   ヤルノ・トゥルーリ ITA トヨタ BS
   クリスチャン・アルバース NED ミッドランド・トヨタ BS 
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
1周遅れ
2周遅れ 
リタイア 
V10エンジン

 

シューマッハー、聖地で見事に優勝!

ティフォシの溜飲をさげました(^▽^)

 
井出有治がアルバースをひっくり返し、

のっけからSCが入るとゆう、波乱で幕を開けたレース。

アロンソゎローンチの良さを生かしてスタートで前に出ようとするものの

行き場をなくしてマッサの前に出られず、

1stスティントの間中マッサにしっかりふたをされてしまいました。

それをいぃことにぶっちぎるシュー。

ここゎ抜きにくいイモラ。

これでレースゎ決まったかと思いきや、

2ndスティントに入ると、とたんに失速しました。

これがグレインなのかなんなのかよくわかりませんが、

マッサがピットに入ったとたん、あっとゆうまに

アロンソにつめられてしまったシュー。

だけどここゎイモラ。

抜きあぐんだアロンソゎ燃料を残したまま先にピットイン。

 
   「シューもここまでか(´Д`)」

 
おいらゎあきらめました。

が。

ここがこのレースのハイライトでしたね。

アロンソのアウトラップ

燃料をたくさん積み、しかもタイヤゎ暖まりきっていないため

ラップタイムが伸びなぃ。

このスキにシューゎスパートをかけ、

次の周にピットイン。

見事アロンソの前に復帰しました!ヾ(;◎_◎)ノ

トリハダですょ(o_o;)

いっぱぃいっぱぃの状況で冷静に作戦を立案したロス・ブラウン。

それをやってのけたシュー。

完璧なピット作業でシューを送り出したピットクルー。

そのどれかひとつでも崩れたら成功しなかった、

起死回生の一撃でした。

ここにフェラーリの底力を感じました。

残念ながら、ホンダやトヨタでゎこんな芸当ゎ無理でしょう。

ホンダゎピットでの不手際が重なり、

表彰台に上がれませんでした。

トヨタにいたってゎ、ポイントも獲れませんでした。

これが勝てるチームと勝てないチームの差なんだなと、

絶望的に思ぃ知らされました。

3rdスティント、シューに迫るアロンソでしたが、

重めのダウンフォースのため、コーナーでゎ迫るものの、

直線で逃げられ抜ききれず、最後ゎ自らのミスで勝負ゎ決しました。

昨シーズンとゎ違い、堂々と実力でもぎ取った勝利。

しかもここゎ、創始者エンツォの寵愛した御子息の名を冠した聖地。

よろこびもひとしおですヾ(´▽`*)ゝ♪

 
マクラーレンゎ、やっぱりぴりっとしませんでしたねぇ( ´_ゝ`)

あと、最近ニコが埋没気味…(´ω`)

ルーキーだからしょうがなぃのでしょうが、

光るトコロを見たいものです(^-^)

残念だったのゎ、琢磨の連続完走が途絶えたコト。

アグリゎ初の全滅です_| ̄|○

 
そういえば。

タバコスポンサーのロゴが変わっていて思い出しました。

今年からゎEUのタバコ広告禁止法施行により、

一切の例外なくEU圏内でタバコ広告が

禁止されてしまったんですね(ー∇ー;)

あと、オールドファンにゎなつかしいものがありましたね。

マルティーニのバナーです (゚▽゚*)♪

チャップマン時代のロータスや、

WRCに参戦していたランチアなどが思い起こされます (*´∇`*)

とうとぅ本格的にシーズンインしたF1。

今年ゎどんなドラマを見せてくれるのかな(^▽^)


ポイントランキング
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
ドライバーズチャンピオンシップ

 1. 36p フェルナンド・アロンソ
 2. 21p ミハエル・シューマッハー
 3. 18p キミ・ライコネン
 4. 15p ジャンカルロ・フィジケラ
 5. 15p ファン・パブロ・モントーヤ
 6. 13p ジェンソン・バトン
 7.  p フェリペ・マッサ
 8.  7p ラルフ・シューマッハー
 9.  p マーク・ウェバー
10.  5p ニック・ハイドフェルド
11.  5p ジャック・ヴィルヌーヴ
12.  2p ルーベンス・バリチェロ
13.  2p ニコ・ロズベルグ
14.  1p デビッド・クルサード
15.  1p クリスチャン・クリエン
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
コンストラクターズチャンピオンシップ

 1. 51p ルノー
 2. 33p マクラーレン・メルセデス
 3. 30p フェラーリ
 4. 15p ホンダ
 5. 10p BMWザウバー
 6.  p ウィリアムズ・コスワース
 7.  7p トヨタ
 8.  2p レッドブル・フェラーリ
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
ランクアップ
ランクダウン
ポイントゲット

| | コメント (12)

2006年4月23日 (日)

Rd.4 サンマリノGP 予選

まずゎ予選のリザルトです。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
 1.ミハエル・シューマッハー GER フェラーリ BS 
 2.ジェンソン・バトン GBR ホンダ Mi 
 3.ルーベンス・バリチェロ BRA ホンダ Mi 
 4.フェリペ・マッサ BRA フェラーリ BS 
 5.フェルナンド・アロンソ ESP ルノー Mi 
 6.ラルフ・シューマッハー GER トヨタ BS
 7.ファン・パブロ・モントーヤ COL マクラーレン Mi 
 8.キミ・ライコネン FIN マクラーレン Mi 
 9.ヤルノ・トゥルーリ ITA トヨタ BS  
10.マーク・ウェバー AUS ウィリアムズ・コスワース BS 
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
11.ジャンカルロ・フィジケラ ITA ルノー Mi 
12.ジャック・ヴィルヌーヴ CAN BMW Mi 
13.ニコ・ロズベルグ GER ウィリアムズ・コスワース BS 
14.デビッド・クルサード GBR レッドブル・フェラーリ Mi  
15.ニック・ハイドフェルド GER BMW Mi
16.ヴィタントニオ・リウッツィ ITA トロ・ロッソ・コスワース Mi 
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
17.クリスチャン・クリエン AUT レッドブル・フェラーリ Mi 
18.スコット・スピード USA トロ・ロッソ・コスワース Mi  
20.ティアゴ・モンテイロ POR ミッドランド・トヨタ BS 
19.クリスチャン・アルバース NED ミッドランド・トヨタ BS  
21.佐藤琢磨 JPN アグリ・ホンダ BS
22.井出有治 JPN アグリ・ホンダ BS
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
V10エンジン

 

1stピリオド

クリエン、しくじりましたね(×△×)

タイムがのびず、最後ゎアタックをやめてしまいました。

セカンドチームのリウッツィが突破したとゆうのに、

これゎちょっとなさけなぃ(/△\)

来シーズンゎモントーヤの加入が濃厚で、

しかもリウッツィの昇格の目もあり、

オーナーのマテシッツからもプレッシャーをかけられてる様子。

がんばれクリエン!(・へ・;;)

 

2ndピリオド

壮絶。

1:23.760がボーダーラインとなりました。

フィジコゎ読み違えましたね(´・ω・`)

チーム側としても、

まさかこんなハイスピードになるとゎ思ってなかったんでしょう。

最後ゎ手に汗握っちゃいましたヾ(;◎_◎)ノ

ヘルメットのカラーリングをイタリアンカラーに一新したフィジコ。

無念(><。)

決勝での挽回に期待。

母国で錦を飾っとくれょ!o(;_;)o

 

3rdピリオド

またひとつ、歴史が塗り替えられました。

シューマッハー、66回目のPP獲得。

故アイルトン・セナを抜き、

PP獲得数歴代単独トップになりました。

…。

うん。

複雑ですね。

今と昔のPPの価値とか、いろぃろ考えちゃいましたが、

偉大な記録にかわりゎありません。

コングラッチュレーション!


それにしても、3ピリのスタートにゎしびれました(≧∀≦)

跳ね馬の騎士2人がランデブーで先導する…。

なんとも胸躍る、プロローグじゃありませんか!o(≧ω≦)o

そしてもたらされたPP。

最高の結末を期待します (゚▽゚*)♪

 
ホンダの2位3位にゎ、ちょっと驚かされました。

それゎよろこばしぃコトなんですが、

問題ゎタイヤの発熱です。

タイヤに熱が入りにくいマシン特性のため、

決勝での苦戦が予想されます。

初ミシュランのルーベンスにゎいくぶん不利ですが、

いかにタイヤをマネージメントするか。

それがホンダの命題ですね。

 
方翼をもがれたルノー。

アロンソゎトラフィックに捕まったせいもあり、

5番手に沈みました。

が、燃料を積んでるとゆう情報もあり、

決勝でゎ優勝争いに加わってくること必至。

 
ホンダとゎ逆に、意外にも下位に沈んだのがマクラーレン。

この間のテストでモントーヤがメカニックともめ、

テストをすっぽかされたりと、

このところマネージメントがおかしぃですね(´・ω・`)

ロン・デニスらしくなぃです。

決勝で巻き返しを図ってくるでしょうが、

いまいちぴりっとしなぃ印象ですね。

大丈夫でしょうか…(´Д`)

 
決勝の焦点ゎ、なんといっても

聖地でフェラーリが勝てるかどうか。

ティフォシのフラストレーションを晴らせてくれるのか。

たのむょ!(ノ≧∀≦)ノ

| | コメント (1)

Rd.4 サンマリノGP 土曜フリー走行

ゆうべゎ用事があって観られませんでした(×△×)

いま、記録しといたものを観ています。

土曜フリープラクティスのリザルトです。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
 1.M・シューマッハー GER フェラーリ BS 
 2.F・アロンソ ESP ルノー Mi 
 3.G・フィジケラ ITA ルノー Mi 
 4.F・マッサ BRA フェラーリ BS 
 5.K・ライコネン FIN マクラーレン Mi 
 6.R・シューマッハー GER トヨタ BS 
 7.J・バトン GBR ホンダ Mi 
 8.J・ヴィルヌーヴ CAN BMW Mi 
 9.C・クリエン AUT レッドブル・フェラーリ Mi 
10.V・リウッツィ ITA トロ・ロッソ・コスワース Mi 
11.R・バリチェロ BRA ホンダ Mi 
12.M・ウェバー AUS ウィリアムズ・コスワース BS
13.D・クルサード GBR レッドブル・フェラーリ Mi 
14.S・スピード USA トロ・ロッソ・コスワース Mi 
15.N・ハイドフェルド GER BMW Mi 
16.C・アルバース NED ミッドランド・トヨタ BS 
17.J・トゥルーリ ITA トヨタ BS 
18.T・モンテイロ POR ミッドランド・トヨタ BS 
19.N・ロズベルグ GER ウィリアムズ・コスワース BS 
20.佐藤琢磨 JPN アグリ・ホンダ BS 
21.井出有治 JPN アグリ・ホンダ BS 
   J・P・モントーヤ COL マクラーレン Mi  
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
出走せず

V10エンジン

 

シュー速い!

てゆうか、BS素晴らしぃタイヤを持ち込んできましたね(^▽^)

去年からこっち、負けが込んでいるBS。

一概にタイヤの性能差だけで勝敗が決しているワケでゎありませんでしたが、

それを言ぃ訳にしてこなかったBSなりの回答なのでしょう。

 

それにしてもフェラーリとルノー、拮抗してますね(*^¬^*)

  「聖地の力は伊達じゃない」

そんなフェラーリの意気込みが見て取れます。

上位をフェラーリとルノーがキレイにわけあいました。

来季の去就が注目されていたシューゎ現役続行が濃厚。

そこにジョイントナンバーワンでキミの加入が噂されているフェラーリ。

今年1年契約のマッサゎ、そろそろネジを巻いて行かないと、

将来が見えてきません。

尻に火がついているコトでしょう。

フェラーリとルノー。

がっぷりよつです(’▽‘;;)ワクワク

 

それにしても心配なのゎモントーヤ。

マシンから水漏れしてました。

はたして予選までに治るんでしょうか( ´_ゝ`)

| | コメント (0)

2006年4月22日 (土)

Rd.4 サンマリノGP 金曜セッション

まずゎフリープラクティス1回目、2回目のリザルトです。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 1.F・アロンソ ESP ルノー Mi 
 2.M・シューマッハー GER フェラーリ BS 
 3.R・クビカ POL BMW Mi
 4.A・デビッドソン GBR ホンダ Mi 
 5.F・マッサ BRA フェラーリ BS 
 6.G・フィジケラ ITA ルノー Mi 
 7.J・トゥルーリ ITA トヨタ BS 
 8.A・ヴルツ AUT ウィリアムズ・コスワース BS 
 9.J・P・モントーヤ COL マクラーレン Mi
10.N・ハイドフェルド GER BMW Mi 
11.J・バトン GBR ホンダ Mi 
12.K・ライコネン FIN マクラーレン Mi 
13.R・バリチェロ BRA ホンダ Mi 
14.C・アルバース NED ミッドランド・トヨタ BS 
15.J・ヴィルヌーヴ CAN BMW Mi 
16.R・ドーンボス NED レッドブル・フェラーリ Mi 
17.V・リウッツィ ITA トロ・ロッソ・コスワース Mi 
18.N・ロズベルグ GER ウィリアムズ・コスワース BS 
19.M・ウェバー AUS ウィリアムズ・コスワース BS 
20.D・クルサード GBR レッドブル・フェラーリ Mi 
21.T・モンテイロ POR ミッドランド・トヨタ BS 
22.R・シューマッハー GER トヨタ BS 
23.S・スピード USA トロ・ロッソ・コスワース Mi 
24.C・クリエン AUT レッドブル・フェラーリ Mi 
25.G・モンディーニ SUI トロ・ロッソ・コスワース Mi 
26.M・ヴィンケルホック GER ミッドランド・トヨタ BS
27.佐藤琢磨 JPN アグリ・ホンダ BS
28.井出有治 JPN アグリ・ホンダ BS
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
3rdドライバー
V10エンジン

 
今シーズンはじめて、3rdドライバーでゎなく、

正ドライバーがトップタイムを刻みました。

2番手につけているのがシューマッハー。

マッサも5番手(実質3位)につけ、

フェラーリ好調です(≧▽≦)

イモラでゎやっぱりこうでなくっちゃ!\(^▽^@)ノヤホーイ

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

プラチナチケット落札

'08年のエントリー権を巡って、10を超えるチームが争ってきましたが、

獲得したのゎデビッド・リチャーズの『プロドライブ』に決定!

これでF1の12席ゎすべてうまることとあいなりました。

と、思いきや。

ミッドランドを買収して参戦するとゆう噂もあり、

ジャン・アレジのディレクシブや、ポール・ストッダードのミナルディ、

はてゎアーバインやらカーリンまで、

落選したチームにも可能性があるかも… ♪(*^ ・^)ノ⌒☆

| | コメント (2)

2006年4月21日 (金)

Rd.4 サンマリノGP 開幕

3週間の休みを経て、

いよぃよF1がヨーロッパに帰ってきます。

ここからがF1の本番ですね (゚▽゚*)♪

各所で盛んにテストが行われました。

 
とくに目を引いたのゎミシュランです。

「フライアウェイで連勝ゎルノーの力だけじゃないぞ」

と、アピールしているかのような好調さでした。

 
アグリも少ない予算のなか、

がんばってテストを敢行しました。

が、トラブル続きで実りゎ少なそう(×△×)

まぁ、うみを出したと思えば少しゎ救いがあるか…( ̄ω ̄;)

 
一番大きな動きがあったのゎ、なんといってもトヨタでしょう。

マイク・ガスコインを休職、

事実上の更迭処分にしました。

テストゎ上々、雰囲気も良くなったとのコトですが、

どうなんでしょう ┐(´ー`)┌

タイヤをBSにスイッチすることに反対したり、

ガスコインゎ日本側と衝突があったようです。

おいらが問題としたいのゎ、ガスコインを使いこなせなかった

トヨタのマネージメント力です。

トヨタF1参戦以来、おいらがつねにトヨタに感じていた違和感。

それゎおそらく、F1の空気になじんでいなぃコト

なんじゃないかと思ぃます。

別に迎合しろと思ってるワケじゃありません。

周りを見ないで、ただひたすら自分のやり方を

押し通しているような気がするんです。

一言で言うなら、

「空気を読んでない」

とゆうことです。

おいらにゎ、トヨタのやり方が、わがままで乱暴にうつるんです( ´_ゝ`)

応援したい気持ちゎあるんですが、

なんか素直に応援する気になれないんです(´・ω・`)

独立独歩でやってくのゎかまいませんが、

それがトヨタの成長のネックになってる気がするんです。

その影響とゆうか、最たる例がマネージメントです。

マネージメントに関してゎ、???と思うコトが多々あります。

そこらへんの見直しがはかられない限り、

トヨタがチャンピオン争いする日ゎ来ないでしょう。

 

さて、伝統のイモラです。

ティフォシの手前、負けるわけにゎいかないフェラーリ。

かくゆうおいらもティフォシです(^ω^)

このサーキットでゎBSの相性が良く、

勝てる可能性ゎ高いと思ぃます。

そろそろルノー以外のウィナーが観たいぞぉ\(^▽^@)ノヤホーイ

と、ゆうコトで、フェラーリに1票(*^¬^*)

あれから12年。

セナが見守るなか、ヨーロッパラウンド開幕です(≧▽≦)

| | コメント (1)

2006年4月20日 (木)

ファンなのです

渋谷ゎニガテです(>_<)

なんだかいごこちが悪ぃのです(´・ω・`)

しかも雨です( ´_ゝ`)

朝も早くて眠いです・゜・(つД`)・゜・

でも、行かねばならんのです(・へ・;;)

きょうが残された最後のチャンス。

行かねば。

渋谷へ。

なんでって(?_?)

金濱さんの映画、

 
   『剣』

 
を観るために!

行ってまいりましたょ。

渋谷シネ・ラ・セットへ。

行って良かった  (゚▽゚*)♪

銀幕の金濱さん。

あいかわらず可憐だった (*´∇`*)

アクションも決まっておりました(*^¬^*)

ただ、CGがいくぶんしょぼかった(×△×)

低予算でゎしょうがなぃんでしょうかね( ´_ゝ`)

予算がなぃなかで、よくがんばってた作品でゎなぃでしょうか。

次回作も期待しております(^ω^)

なにかあるときゎ、いつでも馳せ参じますょ ♪(*^ ・^)ノ⌒☆

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年4月19日 (水)

ぽっ てり(´∀`)

久しぶりにのぉんびりと一日を過ごしました。

えぇ、もう、なんっにも考えなぃ一日でしたヽ(°▽、°)ノ

新聞読んで、テレビ見て、本読んで、ラジオ聞いて、接骨院行って…。

んでもって、DVDレコーダーの整理をしました(^ω^)

ウチのDVDレコーダーゎ容量250GBで、300タイトルまで記録できます。

それが、容量的にも、タイトル数的にも

いっぱぃいっぱぃになってたんです(×△×)

容量ゎさておき、なんでそんなにタイトル数が多くなったかとゆうと、

原因ゎミュージック・クリップです(o_o;)

よく、CSの『スペースシャワーTV』のアーティスト特集とか、

カウントダウンなんかを録るんですょ。

んで、自分の気に入った曲を残して消去

 

   ここまでなら問題ゎありません。

 

DVDメディアに焼く時にアーティストごとに分類したいのと、

管理がラクなので、1曲ごとにタイトルを分割しちゃうんです。

 

   ↑これがいけなぃ(>_<)

 

おかげでタイトル数がうなぎのぼりです(ー∇ー;)

きょうゎMクリップを焼きに焼き、処分しました (゚▽゚*)♪

1曲(タイトル)数分だし、8倍速で焼いてるんで、

タイトル数ゎみるみる減っていきましたが、

短い分、容量が小ちゃぃ(´Д`)

1タイトルで0.1GBとか、せいぜぃ0.2GB。

消去しても消去しても空き容量が増えていかない_| ̄|○

  ちりも積もればなんとやら。

ようやく

 
     空き容量:43.3GB

 
     タイトル数:218

 
までこぎつけました\(^▽^@)ノヤホーイ

空き容量が20GBを超えたのゎひさかたぶりです(^ω^)

これでづいぶん落ち着きました(^-^)

それにしても、MクリップゎCDがわりに

よくかけてるからいぃものの、

映画やらなんやら、100枚じゃきかなぃ枚数のDVDが

日の目を見るのゎいつの日か…( ´_ゝ`)

| | コメント (1)

2006年4月18日 (火)

いよぃよこんや

チャンピオンズリーグ、セミファイナルの1stレグですね(’▽‘;;)ワクワク

アーセナル、ビジャレアルのサポーターにゎ申し訳ありませんが、

事実上の決勝戦、

 

  ミ vs

 

と、言っても、観られないんですが…(ー∇ー;)

おそらく『BARCA TV』でやると思うので、

それまでゎ目と耳をふさぐこととします( ´_ゝ`)

ひとつ聞こえてきたのゎ、

ピッポが発熱でダウン、欠場するとのコト(´・ω・`)

ジラルディーノにがんばってもらいましょう(>_<)

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

ピクシー、日本代表監督に意欲

 
もう、そうゆうのやめませんか(´ω`)

誤解のないよう言っておきますが、

おいらゎストイコビッチが大スキです。

だけど、またしても経験のない人に監督を任せるのゎ

いかがなものかと…。

今の日本にゎ、選手を導いてくれる人が、

まだまだ必要です。

おいらとしてゎクーマンがいぃんですがねヽ(´ー`)ノ

| | コメント (0)

2006年4月17日 (月)

憤懣やる方なし

やってきました大一番。

ミラノ・デルビー!o(≧ω≦)o

今回ゎインテルサポーターが抗議の意を込めて、

ゴール裏にだれもいなぃとゆう、異様な雰囲気の中ではじまりました。

…らしいです。

ミラン、インテル、双方ともに引かず、

白熱した試合でした。

…らしいです。

結果ゎ、

 

   ミラン 1−0 インテル

 

ミラン、勝ちました!(≧∀≦)

…それゎわかりました。

……。

えぇ、不満ですょ。

不満ですとも。

ミランに対して?

いえぃえ、文句を言うべきかどうかゎさだかじゃありません。

なぜなら試合内容がさっぱりわからなかったから、

文句もなにもあったものじゃありません。

みましたょ、試合ゎ。

 

  ──フジテレビで。

 

えぇ、えぇ、そうですとも。

 
文句ゎフジテレビにあるんです( ̄ω ̄)

 
フットボールシーンの大一番、

ミラノ・デルビーにもかかわらず、

放送枠が45分ってどうゆうコトですか!?

  合間合間にCMが入るし、

  選手交代すらフォローしてないし、

  はしょりかたがハンパなぃ! ( ̄Д ̄;)


あんな番組構成で、

試合の内容、流れ、テンション、熱、雰囲気、

何一つわかるワケがありません(`へ´)

ただ結果がわかった、てだけですヽ(ー´_`-)ノ=3

観られなかったよりマシ、てだけです ┐(´ー`)┌

 
フジテレビゎフットボールとゆう文化を解さない

 
局だとゆうことが、よっくわかりました。


やっぱり、地上波で観るもんじゃなぃんですかね…( ´_ゝ`)

| | コメント (2)

2006年4月16日 (日)

まづぃなぁ

バルサ vs ビジャレアル

ともすればチャンピオンズリーグ・ファイナルの

前哨戦にもなりうる試合です。

前半頭に先制したのゎよかったんですが、

その後ラーションが故障(одо)

代わりに入ったエスケーロも、すぐさま故障 ( ̄Д ̄;)

エスケーロに代わってマキシロペスが出場しました。

故障者多過ぎ!|||||/( ̄ロ ̄;)\|||||||

 

     ラーション

     エスケーロ

     マルケス

     ロナウジーニョ・ガウーショ

     メッシ

     チャビ

 

しゃれにならないですょ(´・ω・`)

ようやくモッタとガブリとデコ、ファン・ボメルが帰ってきたトコロに、

ラーションとエスケーロがoutです(/△\)

メッシも再発
したとの情報もあるし、

ビッグイヤーゎどうなるの!?(ノ_・。)

救ぃなのゎ、チャビの回復が順調なこと。

別メニューとゎいえ、チームに戻ってきたのゎ嬉しぃですね (゚▽゚*)♪

前半戦で交代枠を2つ、

しかも故障で使ってしまったバルサ。

試合ゎ結局このまま終わり、

1−0で勝利しました。

勝ったのゎいぃんですが、

故障者を出したのにゎ喜べません。

ビジャレアルもリケルメがいなぃと別チームですね。

試合の印象としてゎ、

  「ピリっとしなぃなぁ」

といった感じですね。

悪くゎないんですが、なんだか盛り上がりに欠けました。

故障者が多ぃせいでゎないと思ぃますがね。

一日も早く、故障者たちが帰ってくるコトを祈ります(-人-)

| | コメント (1)

2006年4月15日 (土)

あっぶなかった

FC東京 vs ジェフ

     2 ー 3

 

ジェフ、勝った!(≧∀≦)

前半ゎジェフが圧倒。

素晴らしぃサッカーを展開しました (*´∇`*)

全員が連動し、実に機能的でしたね。

巻の2ゴールで折り返します。

前半のちぐはぐなサッカーとゎ打って変わり、

後半ゎFC東京もネジを巻いてきました。

ところが、ジェフが追加点 (゚▽゚*)♪

ここまでゎバッチリでした(*´艸`)☆

問題ゎその後です。

水本がペナルティエリア内でハンドを取られPK(одо)

さらに立石がファンブルしたトコロを抜け目なく決められ、

1点差に詰め寄られます/( ̄ロ ̄;)\

いやな展開でしたが、なんとか逃げ切り、

ジェフの勝利!(o_o;)

いゃーあ、肝を冷やしました(ー∇ー;)

でも今日のジェフゎよかったですねヽ(´▽`)ノ

いぃ時のジェフが戻ってきました(^ω^)

この調子でたのむょ、ジェフヾ(´▽`*)ゝ♪

| | コメント (0)

2006年4月14日 (金)

乱歩地獄

2日続けて映画観に行っちゃいました(^▽^)

 

     『乱歩地獄』

 

この作品ゎ、去年観に行けずにもっとも悔やんだ作品です( ´_ゝ`)

そのリベンジです!

たまたま新文芸座でやるのを見つけ、

眠い目をこすって行ってきました・゜・(つД`)・゜・

江戸川乱歩の作品をオムニバスで、

4人の監督それぞれの手により映像化した映画です。

 

  『火星の運河』  竹内スグル監督

 

  『鏡地獄』  実相寺昭雄監督

 

  『芋虫』  佐藤寿保監督

 

  『蟲』  カネコアツシ監督

 

の4作。

 
『火星の運河』ゎよくわかりませんでした…(ー∇ー;)

 
『芋虫』ゎ松田龍平が良かったですね (゚▽゚*)♪

かれゎなんてゆうか、色気があるんですょね。

『蟲』の緒川たまき空気感のある役者さんで、

かなりスキです(^ω^)

『芋虫』も『蟲』もそれなりに楽しめました。

 
問題ゎ『鏡地獄』です。

最高ですね!o(≧ω≦)o

実相寺監督ゎやっぱりスゴぃ!

独特の実相寺アングルゎ、

かなりインパクトのある印象を残します。

『姑獲鳥の夏』しかり、

このような作品でゎ、存分にその効果を発揮しますね。

成宮寛貴
も実に良かった。

主役の浅野忠信に負けるとも劣らぬ存在感を示しました。

完成度が高く、ハイクォリティな作品でした(≧▽≦)

この映画の『サミィの評価』ゎ

 

 

  84pts

 

 

『鏡地獄』だけが突出していました。

美麗で怪しい映像ゎ、もう、鳥肌もんです(≧ω≦)

ほかの監督さんにゎもうしわけなぃ(o_o;)けども、

実相寺監督だけなら、もっと評価が高かったですね(*´∇`*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月13日 (木)

秋刀魚の味

小津安二郎監督の遺作、'62『秋刀魚の味』

を観てきました。

行った映画館ゎラピュタ阿佐ヶ谷

づいぶん久しぶりでした (゚▽゚*)♪

実ゎ小津映画、観たコトなぃんです( ´_ゝ`)

名前だけゎ良く知ってたんですが、

はたしていかな映画かと、楽しみにしていました(’▽‘;;)ワクワク

 
ストーリーゎ、

 妻に先立たれた平山周平(笠智衆)は、娘の路子(岩下志麻)と

 次男の和夫(三上真一郎 )の三人暮らし。

 家事の一切を路子に任せきっていた。

 ある日、友人から路子の縁談の話を持ちかけられる周平。

 「まだまだ子供」とはじめゎ考えているものの、

 いつしか娘に甘えるのゎやめ、嫁に送り出すことを決める。

とゆうようなものです。

 
なんとも滋味深い作品でした。

拍子抜けするほど、非常に淡々と物語が進んで

行きますが、それでいてあきなぃんです。

登場人物も一様に淡白なんですが、

なんか、こう、個性的なんです。

ふしぎな魅力のある映画ですね。

笠智衆のぼくとつとした演技も味わい深かったです(^▽^)

岩下志麻(若ぃ!Σ( ̄ロ ̄;))もフレッシュでいて、

それでいて空気感のある演技でした(^-^)

 
この映画を観て思ったのゎ、当時の時代背景ですね。

 一般庶民の家庭にもかかわらず、父親に敬語を使う。

 24歳で結婚適齢期を迎える。

 親が結婚相手を決めるコトが珍しくなぃ。

 精神年齢が現在より5〜10歳ゎ高ぃ。

 戦後17年でゎ、いまだ戦争が生なましぃんですね( ´_ゝ`)

観終わって、タイトルのコトをふと思ぃ出しました。

ネタバレになるんで具体的にゎ描きませんが、

ちょっと考えちゃいましたねヽ(´ー`)ノ

この映画の『サミィの評価』ゎ

 

 

  80pts

 

 

最初ゎそうでもなかったんですが、

あとからじんわりとくる映画です(^ω^)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年4月12日 (水)

のほほん

ミチさんのブログ、『ミチの雑記帳』

取り上げられていたスープカレー『心』に行ってきました。

スープカレー初挑戦です(*^¬^*)

店内ゎ落ち着いた雰囲気で、

なんとも居心地がよぃですね (゚▽゚*)♪

店員さんの接客態度も良く、

ゆったりとリラックスできました(^-^)

注文したのゎ骨付きチキンのスープカレー。

辛さゎ100段階Σ(゜ロ゜)選べて、

中辛くらいとゆう3番を選びました。

ごはんゎ白米と玄米が選べ、

量も大盛りまで無料で選べます。

ヘルシーに玄米にしようかと思ったんですが、

初挑戦なので、辛さ同様ベーシックに、

白米(普通盛り)にしました。

待つこと数分。

いよぃよ初体験です(ノ≧∀≦)ノ

スープとごはんが別々にきました☆○(゜o゜)o

どうやらスプーンに一口分のごはんを取り、

それをスープにくぐらせて食べるのがオススメだそう。

どきどきしつつ、さっそくいただいてみる(’▽‘;;)ワクワク

おいしぃ!(≧ω≦)

はじめてな味ですね。

上品な感じでよぃです(^▽^)

ヘルシーだし、いろぃろカスタマイズできるし、

なんだかハマりそぅです(^-^)

近々また行ってみよぅかな (゚▽゚*)♪

 

そうそう、きょう映画を観てきました。

小津安二郎監督の『秋刀魚の味』です。

ま、それゎ明日にでも…。

| | コメント (5)

2006年4月11日 (火)

なんだかなぁ

週刊少年ジャンプで連載中のマンガ

 

   『NARUTOーナルトー』

 

ミュージカル化するそうです。

…。

やめよぅよ、そうゆぅの(/△\)

以前にも同じように、

 

   『テニスの王子様』

 

   『BLEACH』

 

がミュージカル化されてきました。

ちょろっと観たんですが、

あまりにも出来が悪ぃヽ(ー´_`-)ノ=3

作品にゎ、向き不向きとゆうのがあると思うんです。

たとえば、もし舞台で始めた作品ならなんでもいいと思うんですが、

これが原作のあるものを舞台化するとなると、

やっぱり原作のイメージとか思ぃ入れがあるんで、

どうしても消化不良をおこしてしまうんだと思うんです。

一つの作品としてゎ質が低いし、大半のファンも喜ばないと思ぃます。

ごく一部のファンゎ喜ぶでしょうが…(ー∇ー;)

喜ぶ人がいるなら作るべきなんですかね ヽ(´ー`)ノ

(皮肉じゃないですょ(>_<))

 

『忍者イリュージョンNARUTOーナルトー』

演出ゎきだつよしさん。

TEAM発砲・B・ZINとゆう劇団の主宰の方で、

『大の大人が笑って泣けるヒーローもの』

舞台でやっていた方です。

忍術の演出ゎプリンセス天功が担当するとのコト。

TEAM発砲・B・ZINゎおもしろぃんですが、

やってるコトゎアニメのパロディですからね。

はたしてどうなることやら…(・へ・;;)

| | コメント (0)

2006年4月10日 (月)

なやんでます

チャンピオンズリーグもベスト4が出そろぃ、

いよいよ佳境を迎えました。

次のカードゎ

 

     アーセナル vs ビジャレアル

 

     ミラン vs バルセロナ

 

で、なやみです ( ̄Д ̄;)

おいらゎです。

それでいてでもあるんです。

あたっちゃいました(o_o;)

ぜいたくななやみだとゎ思うんですが、

ファイナルであたってほしぃカードでした(´・ω・`)

ひいき目抜きにしても、

実質決勝戦と言えるカードですね。

たしかにアーセナルゎアンリが好調だし、

ビジャレアルもリケルメを中心にしたまとまったチームです。

でも、選手層や資金力純粋な戦力だけみれば、

やっぱりミランやバルサの方が上だと思うんです。

ただ勝負ゎ水物なので、どこが勝ってもおかしくゎなぃですけどね。

まぁ、そこらへんゎ横においといて、

ミランとバルサ、

どちらを応援してよいやら…(/△\)

ファイナルならどっちもがんばれ!(ノ≧∀≦)ノ

でいぃんですが、

どちらかが脱落してしまうとゆうのゎなんとも

はがゆいとゆうかなんとゆうか…( ̄ω ̄;)

ミランはスクデットがむりっぽぃし、コッパイタリアもダメだった。

このままでゎノータイトルに終わる可能性が高いんで、

是が非でもタイトルがほしぉところ。

バルサゎチャンピオンズリーグになってからタイトルを獲っておらず、

チャンピオンズカップのころに初めてタイトルを獲ってから

10年以上も獲れておりません。

黄金期を迎えているとゎいえ、この千載一遇の

チャンスをのがすワケにゎいかなぃ。

まったく、身を裂かれるような想いです(ノ_・。)

| | コメント (5)

2006年4月 9日 (日)

観たぃのです

最近頻繁にJスポーツでロードレースのCMをやっています。

ロードレースもおおまかにいうと2つありますね。


バイクのレース

 

自転車のレース

 

おいらが言ってるのゎ後者の方です。

(バイクのロードレース、WGPもスキですょ(^▽^))

もう、たまりません!(>_<)

残念ながら、ウチでゎJスポーツ1、2しか見られず、

Jスポーツプラス、ESPNゎ見られないんです(;_;)

自転車のロードレースゎおもに、

Jスポーツプラスでやってるもんですから、

ほとんど見られないワケなんです(ρ_;)

自転車、大スキなんです。

どこがと聞かれると返答に困るんですが、

乗ってるとしあわせな気分になれますヽ(´▽`)ノ

観るのも大スキです (゚▽゚*)♪

(競輪にゎ興味がいかないんですがね( ´_ゝ`))

いつまでもぼんやり観てたりするんですょ。

昨シーズンゎツール・ド・ランカウイまで

観られてしあわせだったんですが、

今シーズンゎいまだリピート放送すらなぃ状況(ノ_・。)

CMを観る度に、もう、トリハダもんです(≧∀≦)

来月にゎグラン・ツールがはじまります。

あたしの心ゎすでにジロ・デ・イタリアへと飛んでいます。

リアルタイムで観るコトゎかないませんが、

グラン・ツールともなればリピート放送ゎ必ずあります。

今年からゎ、マリオ・チッポリーニ様ゎいませんが、

心を打つ、スペクタクルなドラマを期待しております(*^¬^*)

| | コメント (1)

2006年4月 8日 (土)

ヤメテー(><。)

今週に入ってからです。

づいぶん前の記事にコメントがきました。


  「いまごろなんだろ(?_?)」


コメントもコトバになってなぃ。


  「???(?_?)」

 
URLを表示すると、

ドラッグのサイトです。


  「なんじゃコリャ(?_?)」


しかも英語です。

記事との関連がわからなぃ。


       もしや


                    これが


       例の

 
                    あれですか?


 

スパムだぁ─────!Σ(;ロ;lll)

 

 

 
今週に入ってから、突然ですょ(;Д;)

いままでなかったんで、他のブログで困ってる人を見ても、


  「たいへんだなぁ( ´_ゝ`)」


と、まったく他人ごとでした。

ああゆうのは、一部の人気のあるブログにしか

こないもんだと思ってたんです。

なもんで、マサカじぶんのブログにくるなんて、

そんな発想がまるでなかったんです…(;_;)

このあいだなんか、寝ていたら

立て続けにコメントがきて、


  「なにごと!?Σ(゜□゜)」


と、起きてみれば


          ドモー。

          スパムッス。

          マイド。


   やっぱりかぃ!Σ( ̄ロ ̄;)


その間にもじゃんじゃかじゃんじゃかやってくる!Σ( ̄ロ ̄lll)

あわててアク禁にしましたヽ(ー´_`-)ノ=3

それにしても、アク禁にしてもアク禁にしてもやってくる。

しかも同じサイトからΣ( ̄ロ ̄;)

外国のサイトばっかりくるんです。

なまえがなまえだからかしら…(−▽−;)

ここまでたちが悪ぃとは思ぃませんでした( ̄ω ̄;)

なにか良い対策方法はなぃかしら…(/Δ\)

| | コメント (2)

2006年4月 7日 (金)

ひさしぶりだ

ネイルを購入しました。

 
     黒。

 
ふとたちよった100均でネイルに目が留まりまして(ΦωΦ)

ちょうど黒を切らしてたんです。

全面にぬるコトゎありませんが、

ちょっとしたアクセントで使うコトがあるんですょ。

しょっちゅう使うワケじゃありませんが、

ないと意外と不便するもんでして ┐(´-`)┌

 

  「そういや最近ネイルしてないなぁ( ´_ゝ`)」

 

そう。

アクシデントツメがぼろぼろになってしまったのです(><。)

しかも、その後も余波でわれ続けてたんですょ(ρ_;)

栄養が足りてなぃのかしら…(/△\)

思い当たるフシゎある(ー∇ー;)

今、ようやくふかヅメから立ち直りつつあるんですが、

再起にゎまだかかりそう…(´・ω・`)

そんなワケでネイルをやってなかったんです。

 

  「ツメ淋しぃなぁ…(ノ_・。) 」

 

(ペディキュアゎつけてますがね (゚▽゚*)♪)

ひさしぶりにネイルを買って、

ネイルのコトをいろぃろ考えてました。

 

  「そろそろ挑戦してみようかしら…」

 

いままで使ったコトなぃんですケド、

つけつめに手をだしてみようかと思い立ちました。

試してみたら報告します(*^¬^*)

| | コメント (1)

2006年4月 6日 (木)

ぅわあぃ♪ゝ(▽`*ゝ)(ノ*´▽)ノ♪

とうとう5000HIT達成!(≧▽≦)

みなさま、ありがとうございますm(._.)m

はじめたころゎ、

まさかこんなにもたくさんのひとが見てくれる とゎ

夢にも思ぃませんでした。

うれしぃものですね (゚▽゚*)♪

また気が向きましたら見に来てくださぃね(^▽^)
 

!Muchas Gracias!

| | コメント (4)

2006年4月 5日 (水)

おべんきょう

きょうゎご意見番さんにPCを教わってますV(^-^)V

「なんで早くおれに聞かないんだ(`ロ´)」

しかられました(´Д`)

でも、じつゎやさしぃんだな(^▽^)

いろんな問題が解決し、ほかにもおもしろぃコト教えてくれました(≧∀≦)

また教えてくださぃね♪(^-^)

| | コメント (1)

2006年4月 3日 (月)

Rd.3 オーストラリアGP 予選

ホンダキタ───────(゜∀゜)───────!!

ジェンソン、エラぃぞぅ!(≧∀≦)

まずゎ予選のリザルトです。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
 1.ジェンソン・バトン GBR ホンダ Mi
 2.ジャンカルロ・フィジケラ ITA ルノー Mi
 3.フェルナンド・アロンソ ESP ルノー Mi
 4.キミ・ライコネン FIN マクラーレン Mi
 5.ファン・パブロ・モントーヤ COL マクラーレン Mi
 6.ラルフ・シューマッハー GER トヨタ BS
 7.マーク・ウェバー AUS ウィリアムズ・コスワース BS
 8.ニック・ハイドフェルド GER BMW Mi
 9.ジャック・ヴィルヌーヴ CAN BMW Mi
10.ヤルノ・トゥルーリ ITA トヨタ BS
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
11.ミハエル・シューマッハー GER フェラーリ BS
12.デビッド・クルサード GBR レッドブル・フェラーリ Mi
13.ヴィタントニオ・リウッツィ ITA トロ・ロッソ・コスワース Mi
14.クリスチャン・クリエン AUT レッドブル・フェラーリ Mi
15.ニコ・ロズベルグ GER ウィリアムズ・コスワース BS
16.フェリペ・マッサ BRA フェラーリ BS
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
17.ルーベンス・バリチェロ BRA ホンダ Mi
18.クリスチャン・アルバース NED ミッドランド・トヨタ BS
19.スコット・スピード USA トロ・ロッソ・コスワース Mi
20.ティアゴ・モンテイロ POR ミッドランド・トヨタ BS
21.佐藤琢磨 JPN アグリ・ホンダ BS
22.井出有治 JPN アグリ・ホンダ BS
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
V10エンジン

 

1stピリオド

やっちゃいましたねー、ルーベンス(*´ロ`*)

出走ゎあとのほうが有利とゎいえ、

いくら何でもタメすぎです。(* ̄m ̄)

今回のように不測の事態が起きちゃえば手遅れですからね ┐(´-`)┌

そんな状況を作ってしまったチームも、

やっぱりトップチームと呼ぶにゎ未熟かな、と。

そこらへんが勝てるチームと

勝てないチームの差だと思うんです。

井出有治はどうしたんでしょう(?_?)

マシンの挙動が気になります。

トラブルかしら( ̄ω ̄;)

 

2ndピリオド

やっぱりきましたね、シャワー!Σ(゜□゜)

シューやニコゎ、モロにそのあおりを受けましたね( ´_ゝ`)

ジェンソンもきわどぃトコロでした(o_o;)

マッサは悪いクセが抜けませんねヽ(ー´_`-)ノ=3

フェラーリでのテストドラブ以降おさまったかと思ぃきや、

デビュー当時のような不安定さに逆戻りです( ̄ω ̄)

去年のような安定感を取り戻せば、

もう1ランク上のステージにいけるんですが…。

 

3rdピリオド

天候をうかがいつつの、

手に汗にぎる熱戦でしたヽ(´▽`)ノ

シャワーを気にして、重い燃料のまま

ニュータイヤを投入、アタックをした人。

ドライに向かうと判断し、通常通りのアタックをした人。

どっちつかずで悩むニック(*´艸`)☆

おもしろかったですねぇ (゚▽゚*)♪

そしてジェンソン。

ホンダ38年ぶりのPPです!♪ゝ(▽`*ゝ)(ノ*´▽)ノ♪

ジョン・サーティース以来ですからね。

ホンダのF1における歴史を感じますヽ(´ー`)ノ

(サーティースと言えば、2輪でも

チャンピオンになったドライバー。

バレのF1参戦はあるかしら(?_?))

横と後ろにゎルノーがぴたり。

ローンチの性能が良いルノーですから、

スタートできっちり前を押さえたいですね。

さらにその後ろにゎマクラーレン。

おそらく優勝ゎこの5人の中からでるでしょう。

ぜひともホンダに39年ぶりの優勝をもたらしてほしぃ。

たのむぞジェンソン!o(≧ω≦)o

 

最後に、決勝のグリッド

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
 1.ジェンソン・バトン GBR ホンダ Mi
 2.ジャンカルロ・フィジケラ ITA ルノー Mi
 3.フェルナンド・アロンソ ESP ルノー Mi
 4.キミ・ライコネン FIN マクラーレン Mi
 5.ファン・パブロ・モントーヤ COL マクラーレン Mi
 6.ラルフ・シューマッハー GER トヨタ BS
 7.マーク・ウェバー AUS ウィリアムズ・コスワース BS
 8.ニック・ハイドフェルド GER BMW Mi
 9.ヤルノ・トゥルーリ ITA トヨタ BS
10.ミハエル・シューマッハー GER フェラーリ BS
11.デビッド・クルサード GBR レッドブル・フェラーリ Mi
12.ヴィタントニオ・リウッツィ ITA トロ・ロッソ・コスワース Mi
13.クリスチャン・クリエン AUT レッドブル・フェラーリ Mi
14.ニコ・ロズベルグ GER ウィリアムズ・コスワース BS
15.フェリペ・マッサ BRA フェラーリ BS
16.ルーベンス・バリチェロ BRA ホンダ Mi
17.クリスチャン・アルバース NED ミッドランド・トヨタ BS
18.スコット・スピード USA トロ・ロッソ・コスワース Mi
19.ジャック・ヴィルヌーヴ CAN BMW Mi
20.ティアゴ・モンテイロ POR ミッドランド・トヨタ BS
21.佐藤琢磨 JPN アグリ・ホンダ BS
22.井出有治 JPN アグリ・ホンダ BS
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
10グリッド降格
V10エンジン

| | コメント (0)

Rd.3 オーストラリアGP 土曜フリー走行

きょうまでニュースや新聞などからは、

目をつむり耳を塞ぎ、

ようやくテレビの前にたどり着きました(´Д`)

やっとF1が観られる!(><。)

土曜フリープラクティスのリザルトです。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
 1.N・ハイドフェルド GER BMW Mi
 2.J・ヴィルヌーヴ CAN BMW Mi
 3.V・リウッツィ ITA トロ・ロッソ・コスワース Mi
 4.G・フィジケラ ITA ルノー Mi
 5.R・シューマッハー GER トヨタ BS
 6.F・マッサ BRA フェラーリ BS
 7.M・シューマッハー GER フェラーリ BS
 8.R・バリチェロ BRA ホンダ Mi
 9.J・トゥルーリ ITA トヨタ BS
10.S・スピード USA トロ・ロッソ・コスワース Mi
11.C・クリエン AUT レッドブル・フェラーリ Mi
12.M・ウェバー AUS ウィリアムズ・コスワース BS
13.J・バトン GBR ホンダ Mi
14.D・クルサード GBR レッドブル・フェラーリ Mi
15.N・ロズベルグ GER ウィリアムズ・コスワース BS
16.T・モンテイロ POR ミッドランド・トヨタ BS
17.F・アロンソ ESP ルノー Mi
18.井出有治 JPN アグリ・ホンダ BS
19.佐藤琢磨 JPN アグリ・ホンダ BS
20.J・P・モントーヤ COL マクラーレン Mi
21.K・ライコネン FIN マクラーレン Mi
   C・アルバース NED ミッドランド・トヨタ BS
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
出走せず

V10エンジン

 
雨が降ったりやんだりで、

路面コンディションがコロコロ変わる状況でのフリー走行。

予選や決勝をにらんでのセッティングや

タイヤチョイスなど、各チーム頭を悩ませたことと思います。

マクラーレンをのぞいてゎ。

2台とも、ほとんど走りませんでした。

よほどマシンが決まってるんですかね(?_?)

ルノーもマシンが決まってるようですね。

挙動がいいです。

気になったのゎトロ・ロッソですね。

V10の特性が功を奏し、

リウッツィにいたってゎ3位に食い込んできました。

とゎいえ、ラップタイムや順位ゎ目安でしかありませんが(ー∇ー;)

決勝でこんな微妙な天気になったら、

意外なこともおきそうです。

(でも、それってどうなんだろ ( ̄ω ̄;))

井出有治も初めて琢磨の前に出ましたね。

今週末ゎ今までと逆で、

琢磨のマシンにトラブルが続出。

週末に向けて、暗い影を落としています(´・ω・`)

トップにゎBMWの2台がつけています。

残念なのゎ、ジャックがエンジン交換するとのこと。

10グリッド降格です(/△\)

フェラーリとホンダもぼちぼちな印象。

トヨタゎ…

がんばれ(ー∇ー;)

BSとMiのウェットタイヤの性能差ゎまだ判断しかねますが、

BSの優位性ゎ薄れたのやもしれませんね。

予選ゎドライになるもよう。

はたして。

| | コメント (0)

2006年4月 2日 (日)

あぁ…(´Д`)

きょうは決勝だとゆうのに、

いまだ予選すら観てなぃヽ(ー´_`-)ノ=3

あしたこそ絶対観るぞ!

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

きのうはお花見に行ってきました(≧∀≦)

晴れてるし、

あったかいし、

満開だし、

言うことなし!でした(^▽^)

F1を観られなかったコトを除けば、ですが┐(´ー`)┌

それにしても、お花見はいいですねぇ(^-^)

あきもせず、爆発した桜をながめていました。

これでたちの悪ぃ酔っぱらいがいなければ、

最高なんですが…ヽ(ー´_`-)ノ=3

| | コメント (1)

2006年4月 1日 (土)

Rd.3 オーストラリアGP 金曜セッション

秋を迎えたオーストラリア。

気温ゎ20°くらいで路面温度が低く、

いかにタイヤを発熱させるかがポイントになりそうですね。

それでゎフリープラクティス1回目、2回目のリザルトです。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 1.A・デビッドソン GBR ホンダ Mi
 2.A・ヴルツ AUT ウィリアムズ・コスワース BS
 3.R・クビカ POL BMW Mi
 4.J・バトン GBR ホンダ Mi
 5.F・アロンソ ESP ルノー Mi
 6.M・シューマッハー GER フェラーリ BS
 7.K・ライコネン FIN マクラーレン Mi
 8.R・バリチェロ BRA ホンダ Mi
 9.J・P・モントーヤ COL マクラーレン Mi
10.F・マッサ BRA フェラーリ BS
11.G・フィジケラ ITA ルノー Mi
12.J・ヴィルヌーヴ CAN BMW Mi
13.D・クルサード GBR レッドブル・フェラーリ Mi
14.M・ウェバー AUS ウィリアムズ・コスワース BS
15.N・ハイドフェルド GER BMW Mi
16.J・トゥルーリ ITA トヨタ BS
17.S・スピード USA トロ・ロッソ・コスワース Mi
18.R・シューマッハー GER トヨタ BS
19.T・モンテイロ POR ミッドランド・トヨタ BS
20.R・ドーンボス NED レッドブル・フェラーリ Mi
21.C・クリエン AUT レッドブル・フェラーリ Mi
22.N・ロズベルグ GER ウィリアムズ・コスワース BS
23.N・ジャニ SUI トロ・ロッソ・コスワース Mi
24.V・リウッツィ ITA トロ・ロッソ・コスワース Mi
25.C・アルバース NED ミッドランド・トヨタ BS
26.M・ヴィンケルホック GER ミッドランド・トヨタ BS
27.佐藤琢磨 JPN アグリ・ホンダ BS
28.井出有治 JPN アグリ・ホンダ BS

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
3rdドライバー
V10エンジン

またしてもデビッドソンがトップタイム。

ジェンソンもレギュラードライバーのトップのトップにつけ、

ホンダゎ好調ですね(*^¬^*)

それにしてもデビッドソン、3rdドライバーにしておくにゎ

もったいないですねヽ(´ー`)ノ

(ま、それを言ったらヴルツもそうなんですが…( ´_ゝ`))

それにしても残念なのが、きょうゎリアルタイムで

予選が観られないコトですヽ(ー´_`-)ノ=3

帰ってゆっくり楽しむことにしますヽ(´ー`)ノ

| | コメント (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »