« 悲しぃ… | トップページ | 晴れた!(≧∀≦) »

2006年3月 2日 (木)

雨…

雨ゎ鬱をより深ぃ所へ引き込んでいきます。

が、それにもめげずに行って来ました。

 

   『ミュンヘン』

 

ミュンヘンの事件のコトゎまったくと言っていいほど知らず、

その後のコトも、ましてや事情など知りようはずもありません。

そんなまっさらな状態で観たんですが、

観終わった直後の今の感想ゎ、

 

  重い……(ー´_`-)

 

なんだか鬱をこじらせてしまぃました( ´_ゝ`)

この作品ゎ、意図してかせずかゎわかりませんが、

説明がほぼなく、感情移入するとゆうよりゎ

事件を客観的に眺めてるような印象です。

淡々としていて、なんだかおぼろげにしかわかりません。

でも、怖かった。

 

感情移入ができなかったワケでゎありません。

彼にも守るものがあり、そのためにひとを殺める道を選択した。

やがて狙う側から狙われる側へ…。

守るためにしたことが結果、危険にさらすハメになった。

そこが怖かった。

憎しみゎ憎しみしか呼ばない。

恐るべき復讐の連鎖。

どんな事情があろうと、ひとを殺めるコトは許されるコトでゎありません。

 

民族の問題ゎムツカシぃですね。

日本と韓国、中国もそうですが、歴史的な背景、

民族のアイデンティティ、イデオロギー、

なんとも実に複雑です。

それぞれに言い分があるのゎわかります。

家族や恋人、愛する人たちを殺された悲しみや憎しみは

筆舌に尽くすものがあるでしょう。

それを知らないから言えるのかもしれませんが、

過去ゎ水に流し、先のコトを考えていかなくてゎ

いつまでたっても解決するコトゎないでしょう。

そんなコトを強烈に考えさせられました。

そして、その流れを変えられないむなしさ、無力さ。

ひとのおろかさ、業の深さ。

そんなものが残りました。

結果、より鬱をこじらせてしまいました。

 

この映画の『サミィの評価』ゎ

 

 

  75pts

 

 

説明を省いたのもきっと、スピルバーグの計算なんでしょう。

説明不足にも関わらず、心に響く作品でした。

|

« 悲しぃ… | トップページ | 晴れた!(≧∀≦) »

コメント

Sammyさん!

ジーコジャパン複雑なお気持ちですね。

王ジャパンはいかがでしょうか?

民族問題含めて、国家を超えて仲良くしていくのは
「相手がいる」ことなので、難しいですね。

WBC前巨人戦とともに、愛国心に触れてみました。

投稿: 「感動創造」 | 2006年3月 2日 (木) 08時07分

こんにちは♪
TBありがとうございました。
私の地元でも冷たい雨が降っています。
雨ってちょっと憂鬱になるのに、この映画をチョイスなさるとは・・・。
この映画重いですよね、ホント。
でも見てよかったでしょう?
やっぱり何でも考えるきっかけをもらうって大事ですものね。
トリノが無事終わったのを考えると、やはりあのミュンヘンオリンピックの惨劇が与えた衝撃は計り知れなかったんだなと思います。

投稿: ミチ | 2006年3月 2日 (木) 15時36分

う~ん、アノ事件はリアルタイムで知ってますからねえ・・・。
映画に対しては、「裏話」的なものを知りたいという野次馬根性的な興味を持っています、「重い」話ではありますが・・・

投稿: 蜂須賀 | 2006年3月 3日 (金) 11時43分

こんにちは、お久しぶりです。
ブログへコメントありがとうございました。
民族と宗教問題は、jamsession123goにとってとても難しく、理解することができません。
この映画は、jamsession123goにとっては、ちょっと手強かったですね。

投稿: jamsession123go | 2006年3月 3日 (金) 20時45分

 TBありがとうございますm(_ _)m

 世界的に知られている事件であっても、
やはり当事国にしか分からない深刻な問
題は、「重い」とゆー一言では片づけられ
ないモノがありますよね。

 日本と北の「拉致問題」ももっと根が深く
簡単に解決出来ることではないと改めて
思ってしまいます。

投稿: たましょく | 2006年3月 8日 (水) 23時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25436/889499

この記事へのトラックバック一覧です: 雨…:

» 映画「ミュンヘン」 [ミチの雑記帳]
映画館にて「ミュンヘン」★★★★ スティーヴン・スピルバーグ監督が、1972年のミュンヘン・オリンピックで実際に起きた事件の真相を、史実に基づいて映画化した問題作。 私自身おぼろげにしか記憶がないミュンヘン・オリンピック開催中のイスラエル選手団襲撃事件を、当時のニュース映像をまじえたこの映画で勉強させてもらった。それにしてもイスラエルとパレスチナの問題はちょっとやそっとでは理解できない。連綿と続く憎しみは果てることがなさ�... [続きを読む]

受信: 2006年3月 2日 (木) 15時33分

» ミュンヘン [Akira's VOICE]
事実以上の驚きは無い。 でも,響くメッセージは胸に刺さる。 [続きを読む]

受信: 2006年3月 2日 (木) 17時06分

» 社会派超大作「ミュンヘン」見てきました [よしなしごと]
 30個目のアカデミー賞受賞なるか?スティーブンスピルバーグの「ミュンヘン」を見てきました。 [続きを読む]

受信: 2006年3月 2日 (木) 23時39分

» 映画のご紹介(92) ミュンヘン [ヒューマン=ブラック・ボックス]
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(92) ミュンヘン- こんなこと言っちゃいけないけど 彼のエンターテーメント的な映画が 懐かしいなあ 2006年第78回アカデミー賞主要5部門ノミネート(作品、監督、編集....... [続きを読む]

受信: 2006年3月 3日 (金) 20時51分

» 映画のご紹介(92) ミュンヘン [ヒューマン=ブラック・ボックス]
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(92) ミュンヘン- こんなこと言っちゃいけないけど 彼のエンターテーメント的な映画が 懐かしいなあ 2006年第78回アカデミー賞主要5部門ノミネート(作品、監督、編集....... [続きを読む]

受信: 2006年3月 5日 (日) 20時31分

» 「ミュンヘン」 ベスト・オブ・スピルバーグ   [アタマにシャンプー、ココロにシネマ。]
☆☆☆☆ 「宇宙戦争」のようなつまらないSF映画をつくったすぐあとに、こういう名作をつくってしまうというのは、どういう頭の構造をしているのだろうと思いますが、そのような凡人にははかりしれないところが、... [続きを読む]

受信: 2006年3月 8日 (水) 22時57分

» ミュンヘン [何を書くんだろー]
「ミュンヘン」 評価 ★★★★☆ 『あらすじ』  1972年、ドイツのミュンヘンで開催されるオリンピックのため、選手たちが次々と選手村へと集まる 中、ブラック・セプテンバー(黒い9月)と名乗るテロ集団によって、イスラエル人の選手、コーチ、大...... [続きを読む]

受信: 2006年3月 8日 (水) 23時03分

» ■〔映画鑑賞メモVol.9〕『ミュンヘン』(2005/スティーヴン・スピルバーグ) [太陽がくれた季節]
~「第20回冬季トリノ五輪開催記念」(^^)あれこれ―その2:ああ、ミュン篇(^^) →その1:ああ、トリノ五輪篇~僕のメダル獲得予想は「金3、銀3、銅4」は、こちら! →その3:ああ、名古屋篇~ストーンズ「名古屋公演」行くか行くまいか...は、こちら! おはようございます、ダーリン/Oh-Wellです! さて、2月12日の朝を迎えました。東京は穏やかな晴天です!! 私め、友人に誘われたこともあり、今週中に『ミュンヘン(2005/スティーヴン・スピルバーグ)』〔>1:IMD... [続きを読む]

受信: 2006年3月19日 (日) 14時14分

« 悲しぃ… | トップページ | 晴れた!(≧∀≦) »