« つづきまして | トップページ | !Buenas tardes! »

2006年3月10日 (金)

‘06 F1GP

いよいよ今日、開幕ですねo(≧ω≦)o

開幕前の戦力予想をしてみました。

初心者置いてけぼりですが、

参考になったら幸いです。

 

チーム名 エンジン タイヤ 評価
カーナンバー ドライバー名 評価

ルノー Mi 95pts
 1.フェルナンド・アロンソ 95pts
 2.ジャンカルロ・フィジケラ 90pts

マクラーレン・メルセデス Mi 93pts
 3.キミ・ライコネン 95pts
 4.ファン・パブロ・モントーヤ 90pts

スクーデリア・フェラーリ BS 87pts
 5.ミハエル・シューマッハー 95pts
 6.フェリペ・マッサ 87pts

トヨタ BS 85
 7.ラルフ・シューマッハー 85pts
 8.ヤルノ・トゥルーリ 90pts

ウィリアムズ・コスワース BS 83pts
 9.マーク・ウェバー 88pts
10.ニコ・ロズベルグ 83pts

ホンダ Mi 90pts
11.ジェンソン・バトン 90pts
12.ルーベンス・バリチェロ 90pts

レッドブル・フェラーリ Mi 75pts
14.デビッド・クルサード 86pts
15.クリスチャン・クリエン 83pts

BMW・ザウバー Mi 80pts
16.ニック.ハイドフェルド 85pts
17.ジャック・ヴィルヌーヴ 84pts

ミッドランド・トヨタ BS 70pts
18.ティアゴ・モンテイロ 70pts
19.クリスチャン・アルバース 72pts

スクーデリア・トロ・ロッソ・コスワース Mi 65pts
20.ヴィタントニオ・リウッツィ 80pts
21.スコット・スピード ?

スーパーアグリ・ホンダ BS 45pts
22.佐藤琢磨 88pts
23.井出有治 80pts?

 

エンジン

ルノー 90pts

メルセデス 85pts

フェラーリ 90pts

トヨタ 92pts

コスワース 87pts

ホンダ 95pts

BMW 90pts

 

タイヤ

ミシュラン 93pts

ブリヂストン 95pts

 

ざっと羅列してみました。

以下詳細です。

 

  ルノー

昨年から引き続き、絶好調のようですね。

シャシーもエンジンのV8化にともなってさらに絞り込まれ、

見るからにダウンフォースの発生量が増加してそうです。

LD値も随一なんじゃないですかね。

エンジンのV8化により発生した振動も、

112度バンクのエンジン開発のノウハウを生かし、

見事に押さえ込んでいるとのこと。

ドライバーズラインアップも最強と言っていいでしょう。

しかし、死角がなぃワケでゎありません。

すでに来期マクラーレンへの移籍が決定しているアロンソゎ、

チームとの不協和音が漏れ聞こえて来ています。

さらに、本社の会長にカルロス・ゴーンが就任し、

F1への継続参戦を認めているものの、

  「1年ごとに参戦の是非を検討する」

と考えており、先行き不透明です。

スポンサーに関しても、JTが撤退を表明しています。

チャンピオンの最右翼であるコトゎ間違いないのでしょうが、

ひとたびお家騒動が巻き起これば、一気に崩壊する不安定さも内封しています。

 

  マクラーレン

シャシーゎさらに攻め込んで来てますね。

文句のつけようのなぃできです。

問題ゎエンジン。

明らかに回ってなぃですね。

それから信頼性。

咋シーズンの二の舞ゎ避けたぃトコロ。

エンジンさえきまれば、ピカイチのマシンでしょう。

ドライバーズラインアップゎルノー同様最強ですね。

しかし、来期どちらかが出て行かなければならず、

不穏な空気が流れています。

オプションを行使されなかったモントーヤ。

来期のフェラーリ入りが噂されるライコネン。

空中分解の危険性をはらんでいます。

 

  フェラーリ

ルノーや、特にマクラーレンと比べると、

いかにもコンサバな印象です。

エンジンゎそれなりに回っているようですが、

問題ゎシャシー。

ロリー・バーンも簡単にゎ引退できそぉにないですね。

ニコラス・トンバジスの加入で上昇カーブを描けるか。

ドライバーズラインアップゎ強力。

シューマッハーに衰えゎまだなく、

マシンのできがよければ、

チャンピオンに返り咲く可能性ゎ大きいでしょう。

マッサゎかつてテストドライバーをつとめており、

復帰と捉えるコトもできますね。

バリチェロが抜けた穴を、

キッチリ埋めてくれるコトでしょう。

 

  トヨタ

ニューマシン発表時の古くさいマシンゎ、

案の定開発用でした。

マイク・ガスコインの手腕ゎ見事ですね。

エンジンも回っている模様。

昨シーズンを観る限り、信頼性も高そう。

いよいよ優勝をねらえるマシンを

用意できたんじゃないでしょぉか。

ドライバーズラインアップゎ手堅いですね。

トゥルーリゎ決勝でもその速さを発揮できれば文句無し。

問題ゎラルフ。

ムラっ気がなくならないかぎり、一流のドライバーにゎなれません。

 

  ウィリアムズ

ワークスエンジンを失い、ガケっぷちですね。

シャシーも、エイドリアン・ニューウェイや

ジェフ・ウィリスが抜けて以来、

毎年デザイナーが変わっており、

継続開発とゆうウィリアムズらしさがみられません。

ロータス、ブラバム、ティレル…。

名門チームも落ちる時ゎ速く、

いまが正念場ですね。

ネガティブな要素ばかりが目につきますが、

ポジティブな要素もあります。

ようやく現代風のシャシーを作って来ました。

コスワースエンジンもワークスエンジンでこそなぃですが、

ワークス勢よりも回ってそうですね。

ただ、ワークス勢と比べて資金がないので、

シーズンを通しての開発にゎ不安が残ります。

トヨタもそうですが、BSタイヤへの

チェンジゎすんなりときまり、好タイムを連発。

ドライバーズラインアップも開発力のある

ドライバーをそろえています。

ここらで名門の巻き返しを期待したいですね。

 

  ホンダ

かなり速いようですね(^▽^)

マシンゎロールアウトした時に善し悪しがわかるそうです。

咋シーズンゎシェイクダウンしたときに

  「あ、今シーズンゎ終わった」

と思ったそうです。

そして実際その通りになりました。

今季ゎスタッフ、ドライバーとも、にっこにこです。

今シーズンのシャシーの開発方向ゎ、ドラッグの低減。

いまやF1界最高のエンジンとなったものの、

最高速が伸びないのゎドラッグが高かったコト。

LD値が極端に悪かったワケです。

RA106ゎドラッグが減らされたおかげで、

ずいぶん速くなったようですね。

ギアボックスもシームレスギアが好調。

こちらもF1界一と呼び名が高いです。

ドライバーズラインアップもよいですね。

オールホンダになり、車名もRAが復活しました。

今季ゎ初優勝どころか、マルチウィンが期待できそうです。

 

  レッドブル

ホンダのトコロでも書きましたが、

マシンの素性ゎロールアウトの時にわかると言いますが、

このマシンゎダメでしょう。

真冬のシルバーストーンでオーバーヒートしてるようじゃ、

レースになりません。

エイドリアン・ニューウェイが加入し、

突貫工事でテコ入れをしているようです。

ニューウェイの加入は◎。

来季からに期待です。

フェラーリエンジンゎ本家のフェラーリとゎ若干

仕様が違うようですが、よいものでしょう。

ドライバーズラインアップゎトップチームに比べれば数段落ちます。

でも、開発力のあるクルサードゎレースでも好調。

クリエンも昨シーズンゎ長足の成長を遂げました。

でも、昨シーズンほどの活躍ゎ期待できないでしょう。

 

  BMWザウバー

BMWが買収し、ワークスチームとなったものの、

1年目でゎ期待薄ですね。

シャシーもボチボチですが、

ワークスチームにしてゎ物足りなぃ。

ただし、F1界一の風洞を持っているだけに、

シーズンを通じての開発力ゎ期待で来ます。

かつての最強エンジンも今ひとつ。

それでも十分回っているんですがね。

このチームも来季からでしょう。

 

  ミッドランド

サッカーのチェルシーのように

世界を席巻するロシアンマネー。

しかし、アブラモビッチほど気前がよくなぃ

アレックス・シュナイダー。

エンジンゎよいんですが、

それだけのマシンですね。

ドライバーズラインアップも持参金目当てで実力ゎ二の次。

いるだけのチームと言っても過言でゎありません。

だれも期待してないでしょう。

 

  トロ・ロッソ

愛すべきミナルディもとうとう資金難に屈しました(ρ_;)

イタリア語でレッドブルを冠するチームに生まれ変わりました。

今後、若手のF1ドライバーゎどこから

デビューしたら良いのでしょうか。

期待すべき点ゎベルガーが共同オーナーに就任したコト。

シャシーゎ実質昨シーズンのレッドブル。

エンジンゎV10にリミッターをつけたもの。

ドライバーズラインアップも貧弱。

ここで修行を積んで、レッドブル入りを目指すチームですね。

 

  スーパーアグリ

期待したいのゎヤマヤマですが…(—´_`-)

シャシーゎ4年前落ち。

グリッドに並ぶのが精一杯。

すべてが足りてない状況で、

手弁当での参戦といったトコロですね。

頼みの綱ゎエンジンとギアボックス。

ドライバーズラインアップゎ、

はっきり言って誰が乗っても変わらないでしょう。

ヨーロッパラウンドまでのフライアウェイゎ、

どこまで息を止めてられるかのガマンくらべ。

ニューマシンの投入もモナコ以降になる模様。

と、絶望的な状況なんですが、

ホンダの全面バックアップとゆう、

超強力な後ろ盾があります。

ニューマシンの投入以降、どう化けるか楽しみですね。

いまゎ1日も早くF1に馴染むことを期待します。

 

  タイヤ戦争

タイヤ交換が復活し、BSゎアドバンテージを

取り戻した可能性が高いですね。

Miゎ今季限りの撤退を表明しています。

来季からゎタイヤがワンメイクになるコトが決定しており、

タイヤ戦争ともお別れですね。

目一杯堪能したいトコロです。

 

長っ!!!( ̄□ ̄|||)

サラっと書いたつもりが、タィヘンなコトに…(/△\)

ともかく、今シーズンゎレギュレーションが大幅に変わり、

70年代後半から80年代前半のような、

近年まれに見る大混戦になるコト必至ですね(^ω^)

|

« つづきまして | トップページ | !Buenas tardes! »

コメント

こんばんは!
TB&コメントありがとうございます。
いよいよ今年のF1始まりますね。
アグリ注目ですが、まだまだですかね。
まずは、一歩始まることに意味があると思います。
でも頑張れ!

投稿: グレート・タカ | 2006年3月11日 (土) 02時57分

どうもです!
ついに始まりましたね。
放送が待ち遠しくて、どきどきもんです。

いやあ、お詳しい。
すばらしい分析です。
私なんか車が走り始めてからやっと、「この車なんだっけ?」なんて、毎年チームとドライバーの確認から入るようなものでf(^^;)。
今年は我慢の戦いでしょうけど、亜久里さん、琢磨、井出には完走目指してがんばってもらいたいもんです。

あとミカには、アロンソが来る前にチャンピオンをとってもらいたいなあ。

レッドブルのエイドリアン・ニューウェイは、レイトンハウスの不遇時代から好きなマシンデザインだったので、密かに応援してますf(^^;)。

投稿: コレバナ | 2006年3月11日 (土) 09時37分

本気度200%超な感じのサミィさんの分析、堪能させていただきました。それにしても詳しいですね。(感激!!)
最強ルノーは磐石かと思っていたのですが、不安定要素をはらんでいるんですね。アロンソの連覇も危うしですか...。とすれば、コンサバフェラーリの復権も当然ありですね。◆ホンダはかなりの高評価ですね。ホンダユーザーのわたしとしても当然肩入れしつつの観戦にはなるんですが、どうも宗一郎さん亡き後のホンダF1の本気度に疑いのマナザシを向けている者としては、どうよ?な気もしないではありません。RAの復活に、本気の復活を見ていいのか...。◆レッドブルはエイドリアン・ニューウェイの加入を大躍進の鍵と見ているんですが、やっぱ間に合いませんか今シーズンは...、残念。◆プライベーターになってしまったウィリアムズですが、わたしとしてはケケの息子ニコの走り(見たことないケド)に注目。でも、サミィさんの評価は83ptsですか...う〜ん、キビシイですね。ま、今年光る走りを見せてくれれば、トップチームからのお呼びもかかるかもですし、とにかく注目してみます。◆デハ(^^)/

投稿: miiron | 2006年3月11日 (土) 10時05分

いよいよ開幕ですね。でも、鈴鹿が今年で最後とは・・・ちょっと、いやかなり寂しいものがあります。

投稿: mac | 2006年3月11日 (土) 18時12分

この記事へのコメントは終了しました。

« つづきまして | トップページ | !Buenas tardes! »