« ディフレクター | トップページ | ステアリング »

2006年3月11日 (土)

サスペンションアーム

マシンとタイヤをつないでいる棒状のものです。

サスペンションアームは3つのパーツで構成されています。

アッパーアーム

ロワアーム

プッシュロッド

アッパーアーム(上)とロワアーム(下)は、

タイヤ側からふたまたにわかれて、

マシン側にジョイントしています。

Vの字型をしていて、鳥の鎖骨に似ているトコロから、

『ウィッシュボーン』と呼ばれています。

アッパー&ロワウィッシュボーンは

マシンとタイヤにただついているだけで

サスペンションの役割はしていません。

タイヤの挙動をサスペンションに伝えているのが

プッシュロッドです。

少し専門的に言うと、

プッシュロッドがロッカーを押し、

ロッカーがトーションバーにねじれを加え、

サスペンションの役割を果たします。

|

« ディフレクター | トップページ | ステアリング »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。