« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月

2006年3月31日 (金)

Rd.3 オーストラリアGP開幕

きょう開幕ですね(≧▽≦)

1週あいたワケですが、そのあいだにいろいろと動きがあったようです。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

キミ・ライコネン、マクラーレンとの契約延長にサインせず

ロン・デニスの再三の打診にも首をたてにふらなかったキミ。

その最大の理由ゎマシンの信頼性の低さ。

いいレースをしてもマシンに裏切られ続けてきたキミゎですからね( ´_ゝ`)

ミカ・ハッキネンのアドバイスもむなしく、見切りをつけたもよう。

でゎモントーヤが残留するコトになったのかといえば、

どうやらそうでもないようです。

キミの態度にしびれを切らしたロンゎ、

なんとニコ・ロズベルグにオファーを出したとのことΣ(゜ロ゜)

父のケケはマクラーレンに乗っていたコトもあるし、

ニコ自身、かつてマクラーレンの育成プログラムに

入っていたと、縁浅からぬ仲。

キミゎフェラーリへ行ってしまぅのでしょうか(´・ω・`)

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

GPMAFIAと和解

'08から新シリーズの展開を謳ってきたものの、

やはり本音ゎF1に残りたかったんですね ┐(´-`)┌

まぁ、好条件を引き出すための駆け引きだったコトゎ

周知の事実だったんですが(ー∇ー;)

いままでねばってきたものの、

バーニー・エクレストンが'08のエントリー締め切りを

3月24〜31日に限定するとゆう強攻策をとったため、

あえなく白旗を揚げてしましました(/△\)

FIAの独裁に待ったをかけてくれるんじゃないかと

ひそかに期待してたんですが…ヽ(ー´_`-)ノ=3

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

ミナルディ、08年に復活!?

ミナルディの元オーナー、ポールス・トッダードが

F1界からリタイアしたことを後悔しているようで、

『ヨーロピアン・ミナルディ』の名称で

エントリー申請をすませたもよう。

ただ、FIAとしてゎチーム数を12に限定したいと考えており、

残る席ゎあと1つ。

ほかにゎ、かつてベネトンやBARでディレクターをやっていた

デビッド・リチャーズ率いる『プロドライブ』。

スバルのWRC参戦の先鋒をつとめていた会社ですね。

それから、『ディレクシブ』と手を組み、マクラーレンと

提携したジャン・アレジ。

参戦すれば、マクラーレンのジュニアチームになるでしょう。

そして、エディ・アーバインが暗躍する『ロシア系チーム』。

プラチナチケットをてにするのゎはたしてどこか(?_?)

あたしとしてゎ、ぜんぶ参戦してもらいたいんですが…(´・ω・`)

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

マイク・ガスコイン、更迭!?

いやーあ、仰天ニュースですょΣ( ̄ロ ̄;)

今シーズンの失敗作マシンの責任を取らされるもよう。

ギャラ($800万、およそ¥9.4億)のわりに

仕事がじゅうぶんではないと判断、

すでに後任探しも佳境に入ったようす。

来年からゎ、ホームの富士スピードウェイでF1が開催される

とゆうことで、凱旋をはたしたいトヨタとしては

火急の案件のようですね。

いやいや!Σ( ̄ロ ̄lll)

いまガスコインを解雇してどーすんの!

今のルノーを作ったのゎガスコインです。

昨シーズンのトヨタの躍進もガスコインの手腕によるトコロです。

烏合の衆だったトヨタF1チームを、

ガスコインが適材適所に人材を配し、

組織を機能的に潤滑させたからからこその躍進です。

ギャラが高いのゎ、トヨタ自ら法外なギャランティーを

提示してルノーから引き抜いたからです。

それなのにギャラが高いゎないでしょうヽ(ー´_`-)ノ=3

当時そのコトで、ほかのチームゎドン引きだったんですょ?

世界のトヨタなんですから、もうちょっと

よく考えてほしぃです。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 

いろいろとニュースが入ってきてますが、

次の日にゎ状況が一変してるコトもめずらしくなぃF1。

メルボルンでゎどんなドラマを見せてくれるか楽しみです (゚▽゚*)♪

天候が不順で、シャワーも予想されるています。

ブリヂストンゎウエットタイヤのテストもしてきたそうなので、

はたして、ドラマにどんな色づけをしてくるのか?

メルボルンに強いシューマッハーの巻き返しゎあるのか?

12連続ポイントゲット中のバトンゎどうか?

琢磨ゎ連続完走できるのか?

話題の尽きない週末に、胸躍らせています(≧ω≦)

| | コメント (1)

2006年3月30日 (木)

シリアナ

観てきました。

この映画ゎスゴく楽しみにしてたんですょ。

劇場で予告編を観て、

中東のテロにフォーカスを当ててるんだと思ったんです。

なぜイスラム教の人ゎテロに走るのか。

もちろん、すべてのひとがテロに走るワケじゃないのゎ

わかってますょ( ̄ω ̄;)

その、一部の人がテロに走る行動原理とか、

文化的背景とか、

そういったものを期待してたんです。

 

  甘かったぁー!( ̄ロ ̄;)

 

先入観を持たずに映画を観たいので、

事前に情報を仕入れずに劇場に行くんですが、

石油の利権がらみの映画だったんですね(ー∇ー;)

この映画ゎいろいろな立場の人の目線で描かれてます。

石油会社のひとの目線。

中東の王子の目線。

アメリカの工作員の目線。

イスラム教徒の目線。

などなど。

あたしゎおつむのデキがかんばしくなぃので、

おのおのの考えてるコトとかゎ、おぼろげながら

わかりゎしたんですが、

どれも中途半端とゆうかなんとゆうか…( ´_ゝ`)

全体的な印象がぼやけてしまっていて、

で、どうしたいの(?_?)

とゆうのが率直な感想です。

言いたぃコトゎわからないでゎないんですが(ー∇ー;)

あたしの、かんばしくなぃおつむでゎ

よくわかりませんでした。

前日に『ホテル・ルワンダ』を観たせいがあるのかしら(?_?)

この映画の『サミィの評価』ゎ

 

  40pts

 

はっきり言って、あたしゎタイクツでした!

しかも長いし( ̄ω ̄;)

イビキかいて寝てるオヤジにゎカチンときましたが、

  

「それもやむなしか(´・ω・`)」

 

とも思っちゃいました( ´_ゝ`)

なんか不穏な空気とかキナ臭い空気ゎ常に流れてるんですが、

(それゎ良ぃんですょ)

それがいつ爆発するのか、

いつ話が展開するのか、

じりじりしながら待ってたら、

唐突に終わりました(/△\)

1時間で待ちくたびれてしまったし ┐(´-`)┌

この映画がツマラナぃとゎ言いません。

みるひとが観れば、良作なのかもしれません。

あたしのおつむじゃついてけなかっただけです。

あしからずm(._.)m

| | コメント (1) | トラックバック (5)

2006年3月29日 (水)

あたしはしあわせでした

ようやく時間の工面がつき、観にいけました。

 

   『ホテル・ルワンダ』

 

スゴぃ映画でした。

あたしの貧困なボキャブラリーでゎ表現できなぃほど。

'94のルワンダで起きた、

100万人の犠牲者を出した凄惨な大量虐殺の中、

自分の家族と1200人の難民を救った男を描いた、

実話をもとにした映画です。

怖かった。

隣人、知人、友人、家族。

次々と殺されて行くところを、

目をつむってやりすごすしかない。

初めは、

 「なぜわかり合えないんだろう」

『ミュンヘン』 を観た時と同じ感情が芽生えました。

が、

国連軍が白人(外国人)を退去させてからは

それどころではなかった。

殺されないことで精一杯。

一寸先が見えない状態の中、

人間の強さを見せつけられました。

時にはあこぎなまでにしたたかに生き抜く人々。

極限状態にもかかわらず、

唄い、踊り、はしゃぐ、

希望を失わない無垢な子供たち。

なにも知らなかったあたしは、自分を恥じました

退去して行く国外の人々。

その忸怩たる想いが、あたしにも少し、わかりました。

そのシーンであたしは涙が止まりませんでした。

哀しみや感動で泣くのは、

誰でも簡単に想像できると思います。

その時なぜ、涙が止まらなくなったのか、

言葉にできません。

退去する外国人は手助けすることができない。

残ったところで何ができるわけでもなく、

帰らねば母国の人間に迷惑がかかる。

難民を見殺しにして、退去する他ない無力さ。

助けに来ているのに、難民を救えない国連軍の大佐の無力さ。

救われる外国人たちを目の前に見ながら、

自分たちが救出されないことがわかっている難民たち。

これから安全な所に行く人をただ力なく見送る

難民たちの無力さ。

退去して行く外人たちに助けを求める難民たちに、

「だめだよ」とたしなめる主人公ポール。

雨の中、立ち尽くし、見送る彼の表情が

脳裏に焼き付いてはなれません。

見ていて思ったのは、

 
  「これは本当にあったことなの?」

 
無知なあたしは、映画の背景を全く知らず、

それでいてあまりのリアルさに、

ただただ戦慄するだけでした。

この映画を評価するのは気が引けますが、

 

 

  92pts

 

 

一人でも多くの人々に、この映画を観てもらいたいです。

| | コメント (5) | トラックバック (14)

2006年3月28日 (火)

嗚呼ジミー(;Д;)

最近、ジミーの具合がかんばしくなぃんです。

ジミーとは、あたしの自転車の名前なんですが、

名前をつけるほどの愛着を持っているんです。

長年連れ添い、

もはや身体の一部と言えるジミー。

きょう、お医者さまにみてもらったトコロ、

「寿命ですね。手のほどこしようがありません」

なんですって!? Σ (;ロ;lll)

なんでも、治すコトは可能だけど、

患部を全摘のうえ、別構造のパーツを移植

しなければならない。

メーカーに問い合わせても、

同じ物はすでに生産しておらず

在庫もないそうです。

患部は後ろのタイヤの車軸部分。

ここが変われば、キャラクター(個性)が変わってしまいます。

「新しいの買ったほうが安いよ」

何度言われたことでしょう。

十の誕生日に祖母より賜りしジミー。

お金の問題ではありません。

あとはだましだまし、

余生を大事にすごします(ρ_;)

| | コメント (2)

2006年3月27日 (月)

なんと!

『THE 鈴木タイムラー』が終了してしまいました(;□;|||)

毎週楽しみにしてたのに…(ρ_;)

でも、悪ぃコトばかりじゃありません。

『イグザンプラー』がテレビに進出するそうですΣ(゜□゜)

それにともない、

  「テレビの真似をしています。」

から

  「ネットの真似をしています。」

になるとのこと(^▽^)

『THE 鈴木タイムラー』の後番組としてはじまるのかしら(?_?)

『イグザンプラー』ゎ伝説の番組、

『テレバイダー』の雰囲気を色濃く残す番組です。

民放キー局にゎできなぃ、はっちゃけた番組を期待します(^ω^)

ネットでの配信も残すトコロあと4回

過去の名場面集の配信ゎ今月いっぱい

ゼヒ見てみてください。

オモシロぃですょ(≧▽≦)

| | コメント (0)

2006年3月26日 (日)

あっΣ(゜ロ゜)

あっ\xAD堯福❺蹇❶

話には聞いていたけども、

本当に咲いていたんですね、桜(^▽^)

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

桜は咲いたけど、あたしの心は散りました(;д;)

とうとうフクアリで、負けました(;□;|||)

不敗神話に終止符をうたれ、いまだ迷走を続けるジェフ。

どうにもちぐはぐで定まらない。

負けてもいぃから、ジェフらしぃサッカーを!

1日も早く、この長いトンネルから抜け出ますよぅに…(;_;)

| | コメント (0)

2006年3月25日 (土)

おかえりヽ(´▽`)ノ

ゆうべゎ上海から仲間が一時帰国しました(≧▽≦)

反日デモが盛んだったころゎ、

づいぶん心配したものですが、

日本の報道とゎかなりの格差があった模様。

ほっ、と、胸をなでおろしたものです(^-^)

ゆうべゎ彼女をかこんで、

ささやかながら、パーティを開きました (゚▽゚*)♪

帰国したのもつかの間、

ほどなくして中国に帰るとのコト。

日本にいる間、いそがしぃスケジュールみたいだけど、

また遊びにきてょね(^▽^)

| | コメント (1)

2006年3月24日 (金)

映画観たぁ!

きょう観てきたのゎ

 

『機動戦士ZガンダムⅢ 〜星の鼓動は愛〜』

 

まず、この映画の『サミィの評価』ゎ

 

  計測不能

 

ガンダムゎ思ぃ入れが強すぎて判断できません( ´_ゝ`)

でも、3部作の中で1番オモシロかったですね (゚▽゚*)♪

もちろん、つっこみドコロゎ満載なんですが(ー∇ー;)

とゎいえ、映画館でガンダムを観るのゎいいです (*´∇`*)

きょう観て改めて思ったコト。

キャラが本当によく作られてる!

ポジション、配置、構造、

どれも絶妙にバランスしています。

セリフなんかも素晴らしぃ。

なにげなぃ一言も、実に良く練り込まれている。

それにゎ感嘆のため息しかでません。

そのほか、世界観やニュータイプの存在など、

ものズゴくクォリティが高ぃですね。

と、なんだか手放しのホメよぅですが、

それだけ素晴らしぃ映画かとゆうと…

その判断ゎ先のとおり、判じられません。

気になったトコロもたっくさんありました。

べつに、テレビ版と違うからとゆうワケでゎありません

それとゎ別の作品として楽しみたぃので。

でもこれだけゎ言いたぃ。

全5部作くらいにしてほしかった(´・ω・`)

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

さて、そのあと喫茶店にいってきました (゚▽゚*)♪

 

     『皇琲亭』

 

以前いったときゎ、

「いいお店だけど、値段も高いし、敷居の高い店だな」

とゆう印象でした。

行きたいけど、おいそれと手が出せない高嶺の花として、

憧憬のまなざしで見ていたんですが、

久しぶりにいったら、

「あれ(?_?) 思ったより庶民的(o_o;)」

喫茶店に行き出したばかりの頃に行ったお店だったから

どこか神格化されてたんでしょうね(*^¬^*)

値段も思ったほど高くありませんでした。

いいお店ですね(^▽^)

まったりとさせていただきました(^-^)♪

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

その後、ようやく接骨院に行けました。

行きたくても開いてる時間に行けない日が続き、

さすがにからだに限度がきてたんで、

念願の! といったしだいです(ー∇ー;)

んで、おそるおそるからだの状態を聞いてみたトコロ、

すっかりあきれられてました(/△\)

だって体質だもん!

しょうがないじゃん(;Д;)

つきあっていくしかないのよね …┐(´-`)┌

| | コメント (4) | トラックバック (5)

2006年3月23日 (木)

あげげ

日々忙しくせわしなく、気づけば時間が経っている…( ´_ゝ`)

ヒマをもてあますよりゎいいんだろうけど、

ゆとりくらぃゎほしいもの ┐(´-`)┌

たまにゎ喫茶店で、時間を気にせず

ゆっくりと書でも読んでみたぃな(>_<)

どなたかステキな喫茶店を知っていたら教えてくださいm(._.)m

『カフェ』でゎなくて、『喫茶店』が良ぃのです。

そう、『喫茶「一服」』のよぉな(^ω^)

おいしぃコーヒーとおいしぃケーキ、

そしてくつろげる空間楽しめる場所に行きたぃです( ^-^)_且~

…癒されたぃ(´・ω・`)

帰ってきたら、

からだがぎくりしゃくりとするのです(´Д`)

しかも哀しぃコトに、

半分以上のツメにひびが入り、

手当ての甲斐なく割れてしまった(;□;|||)

またしばらくネイルができなぃ(ρ_;)

深ヅメだょお…_| ̄|○

栄養が行き届いてないのかしら(?_?)

寝るのゎ惜しいけど、寝ないと美容に悪ぃ。

アンビバレントにゆれうごくあたしヽ(´ー`)ノ

で、

結局寝ます(*^¬^*)

あしたゎ映画を観にいくぞ!

おやすみなさい(-o-)Zzz…

あ、待った!Σ(゜□゜)

近々ブログのタイトルかえようかと思ぃます。

『徒然』使ってるひとすっごい多いんですね。

ので、かえようかと(ー∇ー;)

どう思われますか(?_?)

コメントいただけたら、うれしぃです (゚▽゚*)♪

でゎこんどこそ、

オヤスミなさい・゜・(つД`)・゜・

| | コメント (2)

2006年3月22日 (水)

勝った(ρ_;)

ジェフ、今季初勝利!

けど、テレビでやってないってどーゆーこと!?(`へ´)

…といっても、また落ちてました(´Д`)

最近忙しぃしなぁ( ´_ゝ`)

ま、ともかく、

ようやく勝てましたょ(;_;)

 

今季のジェフゎどこかおかしぃ。

どうにもちぐはぐだ。

昨季、当然のようにできてたコトが、

今季ゎできていなぃ。

オートマティズムもポジショニングも

モビリティもチェイシングも

どれをとっても、かんばしくなぃ。

オシムさんが「つかれてるのかい?」

と言ったのもうなずける( ̄ω ̄)

(オスムさんの言葉なので、額面通りにゎうけとれませんが)

そう、ひとことで言えば、

走ってなぃんです。

ジェフのサッカーのアイデンティティである、

『走る』

ことができてなぃ。

ナビスコを獲ってテングになってるのか、

本当につかれているのか…。

後者の方がマシだけど、

このままじゃ、また以前のジェフに戻ってしまう(´・ω・`)

これじゃぁオシムさんが残った意味がなぃ。

がんばれジェフ!

もうひと夢見せておくれょ(>_<)

| | コメント (1)

2006年3月21日 (火)

飛龍伝

夕べは芝居を観に行ってきました。

 

   『飛龍伝』

Photo

 

舞台を観て泣いたのは始めてかもしれません(ρ_;)

『飛龍伝』ゎ個人的に特に思い入れのある舞台なんで

なおのコトがあったんでしょうね。

学生運動をもとにしたストーリーです。

主人公は60年安保の国会前闘争の時に亡くなった、

全学連の東大生、樺美智子さんをモチーフにした神林美智子。

(物語の舞台は70年安保です)

ひょんなことから全共闘40万の委員長となった田舎娘の神林美智子。

『鬼の四機』こと第四機動隊の隊長、山崎一平と

闘争を通じて愛を育み、

そして殺し合う、

愛と悲劇の物語。

つかこうへいはどれも大スキなんですが、

『広島に原爆を落とす日』と

この『飛龍伝』は特にスキなんです。

感想は、胸がつまって言葉にできません。

終盤、一目もはばからず、ボロボロ泣きました。

涙でぐじゅぐじゅになりながら、

叫びたいほど感動しました。

いいもの観させていただきました(^-^)

この舞台を観られたコトに感謝します。

| | コメント (1)

2006年3月20日 (月)

Rd.2 マレーシアGP 決勝

エンジン交換によるペナルティもあり、

シャッフルされたスターティンググリッド

V8になってはじめての2レース目

すでに何基もエンジンがやられており、

耐久性に不安が残る。

さらに、スコールがレースをかき回す可能性もあり、

波乱を予感させました。

決勝のリザルトです。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 1.ジャンカルロ・フィジケラ ITA ルノー Mi
 2.フェルナンド・アロンソ ESP ルノー Mi
 3.ジェンソン・バトン GBR ホンダ Mi
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 4.ファン・パブロ・モントーヤ COL マクラーレン Mi
 5.フェリペ・マッサ BRA フェラーリ BS
 6.ミハエル・シューマッハー GER フェラーリ BS
 7.ジャック・ヴィルヌーヴ CAN BMW Mi
 8.ラルフ・シューマッハー GER トヨタ BS
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 9.ヤルノ・トゥルーリ ITA トヨタ BS
10.ルーベンス・バリチェロ BRA ホンダ Mi
11.ヴィタントニオ・リウッツィ ITA トロ・ロッソ・コスワース Mi
12.クリスチャン・アルバース NED ミッドランド・トヨタ BS
13.ティアゴ・モンテイロ POR ミッドランド・トヨタ BS
14.佐藤琢磨 JPN アグリ・ホンダ BS
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

   ニック・ハイドフェルド GER BMW Mi
   スコット・スピード USA トロ・ロッソ・コスワース Mi
   井出有治 JPN アグリ・ホンダ BS
   クリスチャン・クリエン AUT レッドブル・フェラーリ Mi
   マーク・ウェバー AUS ウィリアムズ・コスワース BS
   デビッド・クルサード GBR レッドブル・フェラーリ Mi
   ニコ・ロズベルグ GER ウィリアムズ・コスワース BS
   キミ・ライコネン FIN マクラーレン Mi
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

1周遅れ
2周遅れ
3周遅れ
リタイア
V10エンジン

 

フィジコやたああああああああああああああああ

ああああああヽ(∇⌒ヽ)(ノ⌒∇)ノあああああああ

ああああああああああああああああ(ノ≧∀≦)ノ

 

まず、スタートで飛び出したのがアロンソ。

ウィリアムズの2台が牽制し合ってるトコロを

うまぃコトついて一気に3位へ浮上。

 

逆にニコゎスタートでつまづき

ずるずると順位を下げてしまいました( ´_ゝ`)

 

そして、なにより見逃せないのが、

琢磨のロケットスタートです!(≧∀≦)

弾丸のようなスピードでゴボウ抜きですヾ(´▽`*)ゝ♪

スタートに定評のある琢磨の面目躍如ですね (゚▽゚*)♪

 

キミ、マシンをぶつけられリタイア。

コーナーの侵入前にぶつけられたあと、

挙動をみだしてクラッシュ。

期待してただけに残念(´Д`)

 

ニコ、無念のエンジンブロウ

レースでゎあまりいいコトロが見せられなかった。

 

ウェバーゎハイドロっぽいですね。

 

レッドブルゎギアじゃなぃかと川井さんらが言ってました。

 

モントーヤゎ今回も目立った走りじゃありません

でしたね( ´_ゝ`)

レースペースがどうもよろしくなぃ。

キミがリタイアしてしまったので、

マシンが問題なのかどうかわかりません。

オフのテストでもキミに負けっぱなしでした。

本人ゎいぃと言ってゎいますが、

マシンと相性が悪ぃのかもしれませんね。

エンジンが壊れなかったのゎさいわぃです。

 

バリチェロもマシンとの相性が悪ぃかもしれません。

今回わピットでのスピードオーバーといぃ、

さんざんでしたね。

 

トヨタ勢ゎいけませんねぇ( ´_ゝ`)

タイヤの使い方がまだわかってなぃようなんですが、

なにより問題なのゎ、原因不明なコト。

次のオーストラリアも迷走必至です┐(´-`)┌

 

ジャックゎ光る走りを披露しました(^▽^)

見事2ポイントゲット!

まだまだジャックを観たぃぞぉ!(^○^)

げんきなジャックが観たいぞぅ!(´▽`)

 

フェラーリゎよくポイントゲットしましたね。

ただ、エンジンに大きな不安を残しました。

さらに、フロントウイングの問題。

スピードが乗るとフロントウイングがたわみ、

規定の地上高をしたまわるんです。

地上に近づけば、それだけダウンフォースが大きくなります。

各チームの反発も強く、対策を講じなければならなぃでしょう。

 

ジェンソンゎ3位につけたものの、

レースペースがいまいちでした(´・ω・`)

 

2位にゎアロンソがつけ、ルノーゎ

24年ぶりのワンツーフィニッシュを決めました。

ルノーゎ強いですねヽ(´ー`)ノ

2戦を終えて、エンジンが無事だったのゎ

ルノーとメルセデス(意外Σ(゜□゜))だけ。

(コスワースV10ゎ振動も少ない上に

回転数を抑えてるので、壊れなくて当然なので除外)

いまのトコロ、スキが見当たりません。

 

そして、フィジコゎ一年ぶりの優勝(≧▽≦)

亡き親友に捧げる勝利です( ´_ゝ`)

先週、幼い頃からのカート仲間を交通事故でなくしました。

この勝利ゎ、友、ピエトロに届いたコトでしょう。

 

今回特筆したぃのゎ、なんといっても琢磨の走りです!(≧∀≦)

スタートでのロケットスタートも、目をみはるものでしたが、

素晴らしかったのゎそのあとです。

4年前の、それも急ごしらえのマシンであるにもかかわらず、

しっかりレースをしてました(^▽^)

井出有治ゎなさけなぃ走りなワケでゎありません。

あれが普通なんです。

が、琢磨ゎリウッツィと抜きつ抜かれつのレース展開です!

これがいかにスゴぃコトか!

スポーツカーvs軽自動車みたぃなもんです。

ダウンフォースが圧倒的に足りず、

コーナリング中のスピードが遅ぃ。

ここで後ろの車に一気につめられます。

コーナリングスピードが遅ぃうえに、

さらにメカニカルグリップも悪ぃので、

最強ホンダエンジンをもってしても

コーナーの立ち上がりが遅く、

ストレートでの伸びがなぃ。

いまのF1ゎ、遅ぃ車でも抜くのがムツカシぃんです。

でもアグリのマシンゎ、どこからでも

しかけられてるくらぃ、圧倒的に遅ぃんです。

でゎなぜ、琢磨ゎリウッツィとバトルができたのか。

コーナーへのブレーキング競争でギリギリまでがまんし、

スピンすれすれの、限界を超えたアンバランスな状態の

マシンをねじふせ、

立ち上がりのライン取りを絶妙にとるコトで、

なんとか戦ってるんです。

しかも、それでいてマシンを壊さなぃ。

クラッシュやスピンをしなぃとゆうコトだけじゃありません。

極限状態でもミスをせず、

マシンをいたわる走りをしているんです。

セパンでのコックピット内の温度ゎ

55°とも言われてるなかでですょ!

こんな驚異的なコトができるドライバーゎ、

F1界でも片手で数えられるほどしかいません。

わかっちゃいるけど、速ぃマシンに乗ったトコを

見たくなっちゃいます ┐(´-`)┌

あんな走りを見せられたら、チームゎたまらなぃでしょうね(^-^)

「足を引っ張るワケにゎいかん!」

奮起するコトでしょう (^ω^)

これからも琢磨から目が離せません。

 

おつかれちゃん、琢磨 (゚▽゚*)♪

そして、コングラッチュレーション、フィジコ!(≧▽≦)

| | コメント (6)

2006年3月18日 (土)

Rd.2 マレーシアGP 予選

ランチタイムのあいだに、

いろいろと動きがあったよぉですね。

フェラーリゎシューマッハーのみならず、

マッサもエンジン交換した模様。

マッサゎこれで20グリッド降格Σ( ̄ロ ̄;)

午前中タイムが出なかったバリチェロもエンジン交換

これが予選にどうぉ影響をあたえるか。

予選のリザルトです。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
 1.ジャンカルロ・フィジケラ ITA ルノー Mi
 2.ジェンソン・バトン GBR ホンダ Mi
 3.ニコ・ロズベルグ GER ウィリアムズ・コスワース BS
 4.ミハエル・シューマッハー GER フェラーリ BS
 5.マーク・ウェバー AUS ウィリアムズ・コスワース BS
 6.ファン・パブロ・モントーヤ COL マクラーレン Mi
 7.キミ・ライコネン FIN マクラーレン Mi
 8.フェルナンド・アロンソ ESP ルノー Mi
 9.クリスチャン・クリエン AUT レッドブル・フェラーリ Mi
10.ラルフ・シューマッハー GER トヨタ BS
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
11.デビッド・クルサード GBR レッドブル・フェラーリ Mi
12.ルーベンス・バリチェロ BRA ホンダ Mi
13.ヤルノ・トゥルーリ ITA トヨタ BS
14.ジャック・ヴィルヌーヴ CAN BMW Mi
15.ニック・ハイドフェルド GER BMW Mi
16.フェリペ・マッサ BRA フェラーリ BS
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
17.スコット・スピード USA トロ・ロッソ・コスワース Mi
18.ヴィタントニオ・リウッツィ ITA トロ・ロッソ・コスワース Mi
19.クリスチャン・アルバース NED ミッドランド・トヨタ BS
20.ティアゴ・モンテイロ POR ミッドランド・トヨタ BS
21.佐藤琢磨 JPN アグリ・ホンダ BS
22.井出有治 JPN アグリ・ホンダ BS
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

10グリッド降格
20グリッド降格
最後尾まで降格
V10エンジン

 

フィジコやたあああああああああああああああああああああああああああああヽ(∇⌒ヽ)(ノ⌒∇)ノ

F1界屈指の実力を誇りながらも、

いつも運に見放されていたフィジコ。

それだけに、フィジコのPPゎうれしぃなヾ(´▽`*)ゝ♪

 

ジェンソンも2位につけた。

優勝へ照準ピタリですね(ΦωΦ)

 

そして、

やったね、ニコ!ヽ(´▽`)ノ

デビュー2戦目にしてセカンドロウ獲得

!Fantastico!ですね。

2代目フライングフィンのせがれゎドイツ人ですが、

その血ゎ受け継がれているコトでしょぉ(^-^)

 

キミとアロンソゎ沈みましたね。

マクラーレンゎいかにも(燃料を)積んでそうですが、

アロンソゎどうなんでしょう(?_?)

フィジコが「アロンソはどうしたんだろうね」

言っていましたが、あれゎ本音なのか、

それとも三味線弾いているのか…ヽ(´ー`)ノ

 

クリエンゎ2戦連続3ピリまで残りました!

見事ですね(^▽^)

もっと注目されてもいぃはずなんですが、

華がなぃんですょね( ´_ゝ`)

 

トヨタゎまたしてもかんばしくなぃですね(´・ω・`)

ラルフに至ってゎエンジンブロウですょ ┐(´-`)┌

予選後にマシンをいじる場合ゎ最後尾に回らねばなりません。

 

 

バリチェロゎどうなんでしょうね(?_?)

10グリッド降格が決まっているので

2ピリにとどまったのかもしれません。

 

BMWの2台ゎ、予選こそふるぃませんでしたが、

スピードゎありそう。

決勝に期待ですね(^ω^)

 

それでゎ決勝のグリッドです

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 1.ジャンカルロ・フィジケラ ITA ルノー Mi
 2.ジェンソン・バトン GBR ホンダ Mi
 3.ニコ・ロズベルグ GER ウィリアムズ・コスワース BS
 4.マーク・ウェバー AUS ウィリアムズ・コスワース BS 
 5.ファン・パブロ・モントーヤ COL マクラーレン Mi 
 6.キミ・ライコネン FIN マクラーレン Mi  
 7.フェルナンド・アロンソ ESP ルノー Mi 
 8.クリスチャン・クリエン AUT レッドブル・フェラーリ Mi 
 9.ヤルノ・トゥルーリ ITA トヨタ BS 
10.ジャック・ヴィルヌーヴ CAN BMW Mi
11.ニック・ハイドフェルド GER BMW Mi 
12.スコット・スピード USA トロ・ロッソ・コスワース Mi 
13.ヴィタントニオ・リウッツィ ITA トロ・ロッソ・コスワース Mi 
14.ミハエル・シューマッハー GER フェラーリ BS 
15.クリスチャン・アルバース NED ミッドランド・トヨタ BS 
16.ティアゴ・モンテイロ POR ミッドランド・トヨタ BS
17.佐藤琢磨 JPN アグリ・ホンダ BS 
18.井出有治 JPN アグリ・ホンダ BS 
19.デビッド・クルサード GBR レッドブル・フェラーリ Mi  
20.ルーベンス・バリチェロ BRA ホンダ Mi  
21.フェリペ・マッサ BRA フェラーリ BS  
22.ラルフ・シューマッハー GER トヨタ BS 
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

V10エンジン

 

アグリの2人ゎ棚ぼたで4グリッドアップです(≧∀≦)

それにしてもずぃぶんシャッフルされたものです( ̄ω ̄;)

決勝ゎルノー、マクラーレン、フェラーリ、ホンダの

4つどもえの戦いになるでしょう。

ウィリアムズが好調なので、

ひょっとしたら絡んでくるかもしれませんね。

不気味なのがBMW

ダークホースですね。

エンジンがターボからNAに変更になった89年。

開幕してからの3戦で、3チームが優勝を分かち合いました。

今シーズンわV10からV8へ変更になりました。

はたしてあしたゎだれが勝つのか(?_?)

あたしゎキミに1票です(^ω^)

| | コメント (6)

Rd.2 マレーシアGP 土曜フリー走行

フリープラクティス3回目のリザルトです。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 1.M・シューマッハー GER フェラーリ BS
 2.F・アロンソ ESP ルノー Mi
 3.G・フィジケラ ITA ルノー Mi
 4.J・バトン GBR ホンダ Mi
 5.C・クリエン AUT レッドブル・フェラーリ Mi
 6.K・ライコネン FIN マクラーレン Mi
 7.R・シューマッハー GER トヨタ BS
 8.N・ロズベルグ GER ウィリアムズ・コスワース BS
 9.D・クルサード GBR レッドブル・フェラーリ Mi
10.J・トゥルーリ ITA トヨタ BS
11.M・ウェバー AUS ウィリアムズ・コスワース BS
12.J・ヴィルヌーヴ CAN BMW Mi
13.N・ハイドフェルド GER BMW Mi
14.V・リウッツィ ITA トロ・ロッソ・コスワース Mi
15.R・バリチェロ BRA ホンダ Mi
16.J・P・モントーヤ COL マクラーレン Mi
17.F・マッサ BRA フェラーリ BS
18.C・アルバース NED ミッドランド・トヨタ BS
19.S・スピード USA トロ・ロッソ・コスワース Mi
20.T・モンテイロ POR ミッドランド・トヨタ BS
21.佐藤琢磨 JPN アグリ・ホンダ BS
22.井出有治 JPN アグリ・ホンダ BS
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

V10エンジン


ミハエル・シューマッハーゎ予選に向けて、

エンジン交換してくるよぉです。

こうなると気になるのゎ予選での

シューマッハーの動向です。

10グリッドダウンするとなると、

最高でも11番グリッド。

燃料制限を受けてでも、

少しゎマシなグリッドを得るか。

もしくゎ、最後尾グリッドにする代わりに

燃料制限を逃れるかです。

 

タイムがでてないモントーヤ。

どぉやらイニシャルがよろしくなかったよぉですね( ´_ゝ`)

『エンジン1基2GP規定』のため、

少しでもマイレージを抑えたぃ。

つまり、セッティングがつめられなぃんです。

モントーヤゎ予選までにどれだけセッティングを

合わせこんでこれるか、勝負ドコロですね。

| | コメント (2)

Rd.2 マレーシアGP 金曜セッション

早くも第2戦の開幕です(^▽^)

今シーズン開幕からいきなりの連戦。

しかもフライアウェイとくれば、

どこの陣営もてんてこまいでしょぉヾ(;◎_◎)ノ

とくに、産声をあげたばかりのアグリなんかゎ

さぞかしたたらを踏んでるコトだと思います( ´_ゝ`)

ばぶーヽ(°▽、°)ノ

がんばれアグリ!

それでゎフリープラクティス1回目、2回目のリザルトです。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 1.A・デビッドソン GBR ホンダ Mi
 2.A・ブルツ AUT ウィリアムズ・コスワース BS
 3.F・アロンソ ESP ルノー Mi
 4.F・マッサ BRA フェラーリ BS
 5.K・ライコネン FIN マクラーレン Mi
 6.G・フィジケラ ITA ルノー Mi
 7.M・シューマッハー GER フェラーリ BS
 8.J・バトン GBR ホンダ Mi
 9.J・ヴィルヌーヴ CAN BMW Mi
10.R・バリチェロ BRA ホンダ Mi
11.J・トゥルーリ ITA トヨタ BS
12.N・ハイドフェルド GER BMW Mi
13.R・クビカ BMW Mi
14.J・P・モントーヤ COL マクラーレン Mi
15.V・リウッツィ ITA トロ・ロッソ・コスワース Mi
16.D・クルサード GBR レッドブル・フェラーリ Mi
17.R・シューマッハー GER トヨタ BS
18.N・ジャニ SUI トロ・ロッソ・コスワース Mi
19.S・スピード USA トロ・ロッソ・コスワース Mi
20.M・ウェバー AUS ウィリアムズ・コスワース BS
21.N・ロズベルグ GER ウィリアムズ・コスワース BS
22.G・モンディーニ SUI ミッドランド・トヨタ BS
23.C・クリエン AUT レッドブル・フェラーリ Mi
24.C・アルバース NED ミッドランド・トヨタ BS
25.R・ドーンボス NED レッドブル・フェラーリ Mi
26.T・モンテイロ POR ミッドランド・トヨタ BS
27.佐藤琢磨 JPN アグリ・ホンダ BS
28.井出有治 JPN アグリ・ホンダ BS
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

3rdドライバー
V10エンジン

 

ホンダのデビッドソン、2戦連続でトップタイムですね(^ω^)

ホンダにゎ表彰台以上を期待します。

フェラーリのマッサ、エンジン交換したようです (´・ω・`)

これで10グリッド降格ですね。

マクラーレンゎマシンバランスが決まってるよぉですが、

マイナートラブルが出ているとのコト。

あいかわらず信頼性に不安を残します( ´_ゝ`)

完走すればマクラーレンが優勝かと予想しています。

でもメルセデスエンジンが… ┐(´-`)┌

エンジン全開率が70%のセパンサーキット。

もつかなぁ(ー∇ー;)

トヨタゎ前戦に続き、タイヤが使ぃ切れてなぃよぉです。

苦戦必至ですね…。

もうじき予選がはじまります。

スペクタクルな予選を期待しますo(≧ω≦)o

| | コメント (0)

Rd.2 マレーシアGP開幕

今日開幕ですね♪ゝ(▽`*ゝ)(ノ*´▽)♪

舞台ゎ灼熱のマレーシア。

エンジン1基2GP規定により、

1戦走ったエンジンで臨まなければなりません。

ただでさえ熱く、エンジンにキビシぃ

サーキットにもかかわらず、です。

どのチームも、ルーバーやらエキゾーストシュラウドやら

開けまくってくるコトでしょぉ。

問題なのゎ前述した

 

  『エンジン1基2GP規定』

 

です。

エンジンブロウでリタイアしたジャック・ヴィルヌーブゎ

ペナルティなくエンジン交換ができます。

が、

チェッカー3周前にエンジンに変調をきたした

デビッド・クルサードゎチェッカーを受け完走したため、

エンジン交換をすると10グリッド降格の

ペナルティを受けます。

昨シーズンならば、

ジャックゎ予選の出走順位が最初となり、

タイムが出しにくくなるような

ペナルティが科せられました。

今シーズンゎ予選がノックアウト方式の

いっせい出走になったため、

このペナルティがなくなりました。

エンジン交換しなければリタイアするコト間違いなしの

DCゎペナルティを受けてでも交換せざるを得ません。

パワーダウンしたエンジンをなんとか

チェッカーまで運んだDCがペナルティを受け、

リタイアしたジャックゎおとがめなしとゆうのゎ

いかがなものかと…( ´_ゝ`)

DCの憤りももっともです。

そもそも、『エンジン1基2GP規定』ゎ

「1つ1つのレースゎ『グランプリ』である」と、

独立した、偉大なレースだとのたまわっていた

FIAの発言とゎ矛盾するレギュレーションです。

安全面からエンジンの出力を抑えたいのゎわかるんですが、

スポーツマンシップとゆう観点からゎ

いただけないと思います( ̄ω ̄)

 

ま、ともかく。

初戦、燃料ポンプのトラブルでリタイアした

井出有治にとってセパンサーキットゎ、

GTでもF・ニッポンでも走ったコトがあるサーキットです。

右も左もわからず、走行経験もなく、

実践テストとゆうか、空気になじむコトで

せいいっぱいだった初戦にくらべ、

グランプリを1レース経験したコトも含めて、

いくぶん勝手がわかるんじゃないでしょうか(^▽^)

前レースで問題を抱えた無線ゎメーカーを変え、

見づらかったミラーゎ位置を変え、

燃料ポンプのトラブルを回避するため、

スペアカーに乗り換えるコトにしました。

結果を期待するのゎ酷な状態でゎありますが、

少しゎ自分のレースができると思います。

忍耐との勝負ゎかわりませんが、

がんばってほしぃですね(^ω^)

いまだ人材機材経験時間と、

あらゆるものが不足しているアグリですが、

1戦1戦が勉強の場です。

(春だけに)たけのこのような(笑)

成長を期待したいです(*^¬^*)

| | コメント (3)

2006年3月17日 (金)

こわいのです

あたしゎ春がキラぃです(´・ω・`)

花粉舞い散るこの季節が、大キラぃなのです。

おわかりですょね。

そう、あたしゎ花粉症なのです(ρ_;)

目ゎカユぃし痛ぃししょぼしょぼするし、

鼻ゎつまるしハナミズゎ止まらなぃし

下向けないしくしゃみゎ止まらなぃし

もう、ぃやあああああああああああああああああああああああああああああああああああ(;□;|||)

花粉症にゎヨーグルトがよいと聞き、

最近毎日のむヨーグルトを飲んでます。

おかげでなのか、なんだか調子が良いです(^-^)

でも、花粉症がヒドくなったら引きこもります(>_<)

冬が恋しい…(;_;)

| | コメント (2)

2006年3月15日 (水)

Rd.1 バーレーンGP 感想

待ちに待った開幕戦♪ゝ(▽`*ゝ)(ノ*´▽)ノ♪

オフシーズンゎ、例年以上に話題が豊富でしたからね(*^¬^*)

オール・ホンダの復活。

BMWがザウバーを買収。

レッドブルがミナルディをセカンドチームに。

そして、スーパーアグリのF1参戦。

よくも間に合わせたものです(^ω^)

 

さらに、レギュレーションが大きく変更されました。

タイヤ交換の復活。

エンジンがV10からV8へ。

それにともない、排気量も3000ccから2400ccへ。

それから、予選フォーマットの変更。

大きなレギュレーション変更を経て、迎えた開幕戦。

いままで想像でしかなかったチームの戦力が、

いよいよ白日の下にさらされます(≧▽≦)

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

金曜フリープラクティスでゎ、

フェラーリとホンダが速さを見せました。

ただ、まだまだセッティングなどの

プログラムをこなしているだけだし、

エンジンの回転数を抑えているため、

本当の意味での戦力差ゎわかりません( ´_ゝ`)

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

土曜セッション。

フリープラクティスゎ直前の砂嵐のせいで、

まるでウエットのような路面コンディションでした(/△\)

これにゎ全チーム頭を悩ませたコトでしょう。

タイヤの比較をしてなぃチームが大半だと思います。

これじゃぁタイヤの選びようがありません。

アグリにとってゎ、さらにキビシぃ状況ですね(´Д`)

3rdドライバーを走らせていたチームが、

俄然有利になりました。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

そんな状況で迎えた予選。

1stピリオド

タイヤ選択の問題ゎ、決め打ちをしていたチームが多く、

あまり混乱がなかったようです。

が、

フレッシュタイヤとユーズドタイヤのタイム差が

1.5秒から2秒と大きく、

フレッシュタイヤを温存してくると思われたトップチームが

最初から投入してきました。

そして、

キミ・ライコネンがクラッシュ!!!( ̄□ ̄|||)

残り4:34で赤旗です。

右リアサスペンションアームのロワウィッシュボーンが

壊れたのが原因でした。

そこでオモシロかったのゎ、

キミがマシンを降りず、ピットまで

自走して戻ってきたコトです☆○(゜o゜)o

ここで降りてしまうとマシンが回収できず、

次のセッションに出走できなくなるからとのコト。

この赤旗にゎトップチームも誤算だったでしょう。

特に青くなったのゎルノーとトヨタでしょう。

ルノーゎタイムを出しておらず、

トヨタゎ(速い)タイムが出ていない。

再会直前、ピットレーンに連なるマシン、マシン、マシン。

これにゎワクワクしましたね(‘▽‘;;)

結局、ここで振り落とされたのゎ、

 

17.ラルフ・シューマッハー トヨタ BS
18.クリスチャン・アルバース ミッドランド・トヨタ BS
19.ティアゴ・モンテイロ ミッドランド・トヨタ BS
20.佐藤琢磨 アグリ・ホンダ BS
21.井出有治 アグリ・ホンダ BS
22.キミ・ライコネン マクラーレン Mi

 

キミゎやはりマシンの修復が間に合わず、

出走できませんでした。

そしてラルフΣ( ̄ロ ̄;)

ほかの4台ゎ予想通りです。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

2ndピリオド

脱落者ゎ

 

11.ジャック・ヴィルヌーヴ BMW Mi
12.ニコ・ロズベルグ ウィリアムズ・コスワース BS
13.デビッド・クルサード レッドブル・フェラーリ Mi
14.ヤルノ・トゥルーリ トヨタ BS
15.ヴィタントニオ・リウッツィ トロ・ロッソ・コスワース Mi
16.スコット・スピード トロ・ロッソ・コスワース Mi

 

ニコゎ若さが出ましたね (´-`)

スピンしなければ通過していたコトでしょう。

…トゥルーリ|||||/( ̄ロ ̄;)\|||||||

とちゅう、決勝さながらのピットワークが見られたのゎ

興味深かったです(^▽^)

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

3rdピリオド

 

PP.ミハエル・シューマッハー フェラーリ BS
 2.フェリペ・マッサ フェラーリ BS
 3.ジェンソン・バトン ホンダ Mi
 4.フェルナンド・アロンソ ルノー Mi
 5.ファン・パブロ・モントーヤ マクラーレン Mi
 6.ルーベンス・バリチェロ ホンダ Mi
 7.マーク・ウェバー ウィリアムズ・コスワース BS
 8.クリスチャン・クリエン レッドブル・フェラーリ Mi
 9.ジャンカルロ・フィジケラ ルノー Mi
10.ニック・ハイドフェルド BMW Mi

 

シューマッハー見事!(^▽^)

これでセナの記録に並びました。

記録とゆう記録をほしいままにしているシューマッハーに、

新たな記録を樹立しました。

でもこの記録ゎ、そっとしていてほしかった( ´_ゝ`)

それにしても、久しぶりのフェラーリのフロントロウ独占。

フェラーリ復活を印象づけました。

クリエンゎ大健闘ですね!(*^¬^*)

昨シーズン、長足の進歩を遂げたドライバーです。

今シーズンの活躍に注目ですね(^ω^)

フィジコゎマシンにトラブルを

抱えていたようですね( ´_ゝ`)

神様。 なぜかれにばかり受難をお与えになるのですか(;_;)

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

新しぃフォーマットでの予選。

「スペクタクルな予選が帰ってきたヾ(´▽`*)ゝ♪」

とゆう印象です。

が、

3ピリの燃料問題ゎいかがなものかと…(/△\)

むだに周回を重ねなければタイムを出せませんからね( ´_ゝ`)

決勝をよりオモシロくするためなのゎわかりますが、

ルールによって作為的に作られるスペクタクルゎ

諸手を挙げて喜べません。

純粋な勝負を見たいです。

まぁ、オモシロきゃいいやとも思っちゃうんですがね(ー∇ー;)

アンビバレントなあたし…(´Д`)

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

決勝

楽しぃ時間でした (*´∇`*)

やっぱり、F1なしにゎ生きていけません(^ω^)

アロンソとシューマッハーのせめぎ合いゎ

手に汗握りましたo(≧ω≦)o

アロンソ、王者のレース運びでした。

シューマッハー、いまだ衰えず。

皇帝健在です!

 

キミの追い上げゎ!Fantastico!ですねヽ(´ー`)ノ

信頼性さえ確保できれば、チャンピオンゎ

かれのものじゃないかと予想します。

 

今シーズンのホンダゎ期待大です。

結果こそ残せませんでしたが、

マルチウィンゎ可能でしょう。

 

ニコゎスゴかったですねぇ!(≧ω≦)

父とゎ真逆のなめらかなドライビング。

ウィリアムズゎ、かれの起用が

正解だったと思ったコトでしょう。

2世ドライバーゎスキなんです(^ω^)

ネルソン・ピケのせがれ、ネルシーニョや、中嶋一貴も、

早くF1で観たいです (゚▽゚*)♪

 

クリエンのポイントゲットゎ立派です。

レッドブルゎ意外に速いですね。

クリエンゎ化けるかもしれません。

 

マッサゎ悪ぃクセがでました。

それがなければ…。

レースにタラレバゎ禁物です( ̄ω ̄;)

 

DCとハイドフェルドのサイドバイサイドゎ、

F1の醍醐味ですね(*^¬^*)

ニックゎいいレースをしましたね(^ω^)

F3000時代のあだ名ゎ『クイック・ニック』

その名に恥じないレースっぷりでしたヾ(´▽`*)ゝ♪

 

トヨタゎスピードがなぃですね…。

タイヤをうまく使い切れてなぃようです。

予選といい、まだまだ稚拙さが目立ちます。

 

ジャックゎ、あわや! でしたね。

BMW、エンジンに不安が残ります…。

 

ジャンカルロ。

神様…(;Д;)

 

井出有治ゎ散々でしたね( ´_ゝ`)

チームのマネージメントもママごとレベル。

それもまぁ、いたしかたないでしょう。

琢磨の完走ゎ立派!

アグリの成長を、気長に見守っていきます壁|_・)

ブリヂストン、いいようですね(^▽^)

ミシュランに優秀の美をかざらせてゎいけません。

 

 

ここ数シーズン思っているコトなんですが、

給油ゎなくしたらいいんじゃないかと。

たしかに、それによって順位ゎシャッフルされるんですが、

サーキットで観てるひとにゎわかりにくいですょね。

初心者にしてみたら、キツネにつままれたようなものです。

ピット戦略ゎチームの領域です。

やっぱり、ドライバー同士のぶつかり合いが

観たいと思うんです。

給油がなくなれば順位の変動ゎ少なくなっちゃう

とゎ思いますが…( ´_ゝ`)

 

ともあれ、

血湧き肉踊る一年がはじまりました(^-^)

存分に楽しませていただきますヽ(∇⌒ヽ)(ノ⌒∇)ノ

| | コメント (2)

2006年3月14日 (火)

Rd.1 バーレーンGP 決勝

いや〜ぁ、オモシロかったぁ(≧▽≦)

まずゎリザルトから。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
 1.F・アロンソ ルノー Mi
 2.M・シューマッハー フェラーリ BS
 3.K・ライコネン マクラーレン Mi
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
 4.J・バトン ホンダ Mi
 5.J・P・モントーヤ マクラーレン Mi
 6.M・ウェバー ウィリアムズ・コスワース BS
 7.N・ロズベルグ ウィリアムズ・コスワース BS
 8.C・クリエン レッドブル・フェラーリ Mi
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
 9.F・マッサ フェラーリ BS
10.D・クルサード レッドブル・フェラーリ Mi
11.V・リウッツィ トロ・ロッソ・コスワース Mi
12.N・ハイドフェルド BMW Mi
13.S・スピード トロ・ロッソ・コスワース Mi
14.R・シューマッハー トヨタ BS
15.R・バリチェロ ホンダ Mi
16.J・トゥルーリ トヨタ BS
17.T・モンテイロ ミッドランド・トヨタ BS
18.佐藤琢磨 アグリ・ホンダ BS
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
   井出有治 アグリ・ホンダ BS
   J・ヴィルヌーヴ BMW Mi
   G・フィジケラ ルノー Mi 
   C・アルバース ミッドランド・トヨタ BS

リタイア
V10エンジン 
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

ドライバーズチャンピオンシップ

 1. 10p フェルナンド・アロンソ
 2.  8p ミハエル・シューマッハー
 3.  6p キミ・ライコネン
 4.  5p ジェンソン・バトン
 5.  4p ファン・パブロ・モントーヤ
 6.  3p マーク・ウェバー
 7.  2p ニコ・ロズベルグ
 8.  1p クリスチャン・クリエン
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

コンストラクターズチャンピオンシップ

 1. 10p ルノー
 2. 10p マクラーレン
 3.  8p フェラーリ
 4.  5p ホンダ
 5.  5p ウィリアムズ
 6.  1p レッドブル
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

長くなるので、感想ゎまた…(ー∇ー;)

 

最近、F1の用語解説などをしていますが、

知りたいコトや、気になるコト、

「それゎちがうだろ」とツッコミなど、

ございましたら、いつでもお待ちしております(^-^)

| | コメント (0)

2006年3月12日 (日)

Rd.1 バーレーンGP 予選

嗚呼、またしても時間がない(´Д`)

取り急ぎ、予選のリザルトを。

 1.M・シューマッハー フェラーリ BS
 2.F・マッサ フェラーリ BS
 3.J・バトン ホンダ Mi
 4.F・アロンソ ルノー Mi
 5.J・P・モントーヤ マクラーレン Mi
 6.R・バリチェロ ホンダ Mi
 7.M・ウェバー ウィリアムズ・コスワース BS
 8.C・クリエン レッドブル・フェラーリ Mi
 9.G・フィジケラ ルノー Mi
10.N・ハイドフェルド BMW Mi
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

11.J・ヴィルヌーヴ BMW Mi
12.N・ロズベルグ ウィリアムズ・コスワース BS
13.D・クルサード レッドブル・フェラーリ Mi
14.J・トゥルーリ トヨタ BS
15.V・リウッツィ トロ・ロッソ・コスワース Mi
16.S・スピード トロ・ロッソ・コスワース Mi
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

17.R・シューマッハー トヨタ BS
18.C・アルバース ミッドランド・トヨタ BS
19.T・モンテイロ ミッドランド・トヨタ BS
20.佐藤琢磨 アグリ・ホンダ BS
21.井出有治 アグリ・ホンダ BS
22.K・ライコネン マクラーレン Mi

V10エンジン

 

オモシロぃ予選でした (*´∇`*)

書きたいコトゎやまほどあるんですが、

感想はまたのちほど。

見ドコロ、展望ゎフジテレビにまかせます(ρ_;)

| | コメント (3)

Rd.1 バーレーンGP 金曜セッション

とうとう開幕しました (゚▽゚*)♪

初戦ゎ砂漠での決戦と、いきなりハードですね(>_<)

フリープラクティス1回目、2回目のリザルトです。

 1.A・デビッドソン ホンダ Mi
 2.M・シューマッハー フェラーリ BS
 3.A・ブルツ ウィリアムズ・コスワース BS
 4.F・マッサ フェラーリ BS
 5.F・アロンソ ルノー Mi
 6.V・リウッツィ トロ・ロッソ・コスワース Mi
 7.R・ドーンボス レッドブル・フェラーリ Mi
 8.G・フィジケラ ルノー Mi
 9.J・バトン ホンダ Mi
10.R・クビカ BMW Mi
11.C・クリエン レッドブル・フェラーリ Mi
12.K・ライコネン マクラーレン Mi
13.J・P・モントーヤ マクラーレン Mi
14.N・ハイドフェルド BMW Mi
15.N・ジャニ トロ・ロッソ・コスワース Mi
16.S・スピード トロ・ロッソ・コスワース Mi
17.M・ウェバー ウィリアムズ・コスワース BS
18.R・バリチェロ ホンダ Mi
19.D・クルサード レッドブル・フェラーリ Mi
20.T・モンテイロ ミッドランド・トヨタ BS
21.N・ロズベルグ ウィリアムズ・コスワース BS
22.R・シューマッハー トヨタ BS
23.M・ヴィンケルホック ミッドランド・トヨタ BS
24.J・トゥルーリ トヨタ BS
25.J・ヴィルヌーヴ BMW Mi
26.C・アルバース ミッドランド・トヨタ BS
27.佐藤琢磨 アグリ・ホンダ BS
28.井出有治 アグリ・ホンダ BS

3rdドライバー
V10エンジン

ホンダ、フェラーリ、速いですね。

ルノー、マクラーレンゎ三味線を弾いてるんでしょう。

(三味線ゎ語弊があるなぁ(ー∇ー;))

純粋な速さでゎ、マクラーレンが一番速いと予想しています。

トヨタゎ見えてきませんねぇ。

アグリゎ走れただけでも大健闘です。

時間がないので駆け足でm(._.)m

予選も新方式になり、どうなるコトやら楽しみですヽ(´▽`)ノ

| | コメント (0)

2006年3月11日 (土)

スティント

F1ではレース中の区切りと区切りの

あいだの走行をさします。

たとえば、2ストップのレースをすると仮定すると、

スタートから最初のピットストップまでを

1stスティント。

最初のピットアウトから2度目ののピットストップまでを

2ndスティント。

2度目のピットアウトからチェッカーまでを

3rdスティント。

と、このように呼称します。

| | コメント (0)

ローンチ

発進、発射の意。

F1ではスタートするときの転がり出しを差します。

発進という意味そのままですね。

ほかに、ニューマシンの発表会を差したりします。

ラウンチとも言います。

| | コメント (0)

グレイニング

タイヤのささくれのこと。

新品タイヤで走り始めたとき、

少し走るとタイヤにささくれができて

性能が低下します。

デグラデーションと違うのは、

しばらく周回すると回復するということです。

グレイニングによって性能が低下している状態を

ドロップ・オフと言います。

グレイニングは、短くグレインと言うときもあります。

| | コメント (0)

インラップ、アウトラップ

インラップは、ピットに入る時の周回。

アウトラップは、ピットから出た直後の周回こと。

| | コメント (0)

エクストラフォーメーションラップ

改めて行われたフォーメーションラップのことです。

スターティンググリッドでトラブルがあり、

スタートがアボート(延期)になることがあります。

そのとき、すぐに再スタートができる場合は

エクストラフォーメーションラップを行います。

アボートになる原因を作ったドライバーは

最後尾グリッドに回ることになり、

そのドライバーがいたグリッドは空くことになります。

| | コメント (0)

フォーメーションラップ

レース前に スターティンググリッドにつくための

1周の走行のことです。

本来は隊列を整えるための周回ですが、

この間にマシンの確認や、

タイヤやブレーキのウォームアップなど、

ドライバーにとっては大切な周回になります。

周回ペースは先頭のドライバーが自由に決められます。

ファーメーションラップの間は追い越し禁止です。

(トラブルが起きたマシンは例外)

| | コメント (0)

ダミーグリッド

フォーメーションラップの前に並んでいるグリッドのこと。

フォーメーションラップ前のグリッドをダミーグリッド。

フォーメーションラップ後のグリッドを

スターティンググリッドと言います。

| | コメント (0)

スターティンググリッド

スタートするときのグリッドのこと。

前車がスターティンググリッドにマシンを並べた後、

問題がなければグリーンフラッグが振られ、

シグナルにライトが点灯し、

スタートの瞬間を待ちます。

| | コメント (0)

グリッド

レースをスタートするときのポジション。

スタート位置。

予選上位のドライバーほどスタートラインに近い

ポジションにつけられます。

| | コメント (0)

SC

セーフティーカーの略。

クラッシュや悪天候などで、サーキットをレーススピードで

走行することが危険な時、レースカーの先頭に立って

周回スピードをコントロールします。

原則として、その時首位を走っているマシンの前につけます。

セーフティーカーが先導している間は追い越し禁止。

(ただし、トラブルを抱え、スローダウンしたマシンは例外)

車間距離が一気につまり、実質レースは

仕切り直しになっちゃいます。

この状況を利用してピットストップするのが、

レース戦略としてはセオリーですね。

セーフティーカーがピットに入ったあと、

コントロールラインを過ぎたら追い抜きが解禁になります。

| | コメント (0)

GPMA

『グランプリ・マニュファクチャラーズ・アソシエーション』

の略です。

メンバーは

メルセデス

BMW

ルノー

ホンダ

トヨタ

(かつてはフォードも)

の5社。

FIAの独裁に立ち向かうべく、

エンジンメーカー同士が手を組んだ組織です。

| | コメント (0)

ステアリングタイロッド

タイロッドとかステアリングロッドと言われたりします。

フロントサスペンションアームのトコロにあり、

ノウズからタイヤの方(アップライト)に

向かってジョイントしています。

アッパーアームと同じ高さにつけられているのが普通ですね。

ステアリングの動きをフロントタイヤに伝える役割をしています。

| | コメント (0)

ステアリング

ハンドルのコトですね。

市販車のようにクラクションやエアバッグは

ついてません(当然かヽ(´ー`)ノ)が、

F1の場合シフトレバーやクラッチ、

いろいろな調整用のボタンに

ディスプレイまでついています。

| | コメント (0)

サスペンションアーム

マシンとタイヤをつないでいる棒状のものです。

サスペンションアームは3つのパーツで構成されています。

アッパーアーム

ロワアーム

プッシュロッド

アッパーアーム(上)とロワアーム(下)は、

タイヤ側からふたまたにわかれて、

マシン側にジョイントしています。

Vの字型をしていて、鳥の鎖骨に似ているトコロから、

『ウィッシュボーン』と呼ばれています。

アッパー&ロワウィッシュボーンは

マシンとタイヤにただついているだけで

サスペンションの役割はしていません。

タイヤの挙動をサスペンションに伝えているのが

プッシュロッドです。

少し専門的に言うと、

プッシュロッドがロッカーを押し、

ロッカーがトーションバーにねじれを加え、

サスペンションの役割を果たします。

| | コメント (0)

ディフレクター

シャシーのノウズの脇、

サイドポンツーンの前にある板のコトです。

チームによってはないトコロもありますね。

ディフレクターはマシンの側面に流れる空気を

整流する役割をはたします。

タイヤとノウズの間にあるものをディフレクター、

サイドポンツーン前にあるものをバージボードと

わけて言ったりします。

| | コメント (0)

FIA

国際自動車連盟。

F1の統括団体です。 F1の他に、WRCなどの

国際的な四輪自動車レースも統括しています。

| | コメント (0)

レギュレーション

規定、規則のコトです。

ルールみたいなものですね。

レギュレーションには2種類あります。

スポーティングレギュレーションと

テクニカルレギュレーションです。

スポーティングレギュレーションは競技規則。

これはFIAの判断で即時に変更が可能です。

テクニカルレギュレーションは車両規定です。

これはかなりこまかく規定されています。

○○は地上高○mmから○mmまで、

マシンの中心線から○mmまでの中に

収めなければならない。

といった具合です。

昔に比べ、今のマシンがにかよっているのは、

テクニカルレギュレーションによるトコロが少なからずあります。 テクニカルレギュレーションは、

マシンを作る都合上、変更には2年以上かかります。

| | コメント (1)

ディフューザー

マシンのテールランプの下にある部分です。

スロープの中身をくり抜いたような

形状と言えばイメージしやすいですかね(?_?)

説明がムツカシぃです(>_<)

後ろに向かって天井が高くなる

トンネルのような形をしています。

ディフューザーは、空力の最重要パーツで、

マシンの下に流れる空気を吐き出す効果があります。

F1は、ここでもっとも多くのダウンフォースをかせぎだします。

専門的なコトを言うと、

ディフューザーによって空気が吸い出されるコトで、

マシン下部に流れる空気の流速が速まり、

グランドエフェクト効果、ヴェンチュリー効果によって

ドラッグを増やすコトなくダウンフォースを発生させられます。

他の空力付加物は、ディフューザーの

効果を高めるために存在しています。

一見関係なさそうなパーツも、

マシンの先からの空気の流れを整流し、

ディフューザーの効果を引き出すのです。

もしディフューザーが禁止されれば、

マシンの形は、そうとう変わってしまうでしょう。

| | コメント (1)

サイドポンツーン

サイドポッドとも言います。

フロントタイヤの後ろにある、マシンの、横にはりだした部分。

中にはラジエターやオイルクーラーが設置されており、

開口部から空気を取り入れ、マシンを冷却させます。

| | コメント (2)

モノコック

一体化構造を意味する言葉ですが、

おもにシャシーの骨格の部分をさします。

アルミニウムの板を蜂の巣状に成形したアルミハニカムに、

カーボンファイバー(炭素繊維)のシートをはりつけ、

オートクレーブとゆう巨大なカマドで焼き上げて作成します。

| | コメント (0)

シャシー

車体のコトです。

おもにタイヤ、エンジンを除いたものをさします。

シャーシとも言いますね。

| | コメント (0)

フラットスポット

ブレーキングのさい、タイヤがロックしたときに、

タイヤの一部分だけが偏摩耗してできた、

平らな部分です。

フラットスポットができると

バイブレーションが発生します。

多角形のタイヤで走るコトをイメージすると わかりやすいかもしれませんね。

そうなると、その振動でサスペンションアーム

壊れてしまうコトもあります。

フラットスポットができてしまったら

交換するのが定石です。

| | コメント (0)

デグラデーション

タイヤの“タレ”のコト。

消耗のことですね。

タイヤは新品の時が一番グリップします。

しばらくするとタイヤがタレてきて、グリップが低下します。

タイヤは一定の割合で摩耗(消耗)して

グリップを失って行き、

最終的にはグリップしなくなります。

| | コメント (1)

LD値

ダウンフォースドラッグの効率を数値化したものです。

ウイングなどの空力付加物に空気を当てることで

ダウンフォースは発生します。

(一部例外はありますが)

空気に当たるとゆうコトは、

ドラッグもまた、発生します。

ダウンフォースがなければ速く走るコトはできません。

が、ドラッグが増えるとスピードが伸びない。

ダウンフォースは増やし、

ドラッグは減らす。

高度な航空力学と流体力学を駆使し、

F1は、その相反する矛盾を

高次元でバランスさせているんです。

| | コメント (0)

空力

エアロダイナミクス/エアロとも。

空気力学のことです。

 

F1ではマシンを流れる空気の効果をさします。

ダウンフォースドラッグなどのコトですね。

| | コメント (0)

ドラッグ

空気抵抗のコトです。 F1は300km/h以上で走行します。

つまり、300km/hの風にさらされているワケです。

速く走るためには、ちょっとでも減らしたい、不要なものです。

| | コメント (1)

ダウンフォース

直訳すると“下がる力”ですね。

つまり、下へ押さえつける力のコトです。

F1は空気の力でマシンを路面に押さえつけるコトで

早く走行するコトを可能にしています。

反対の力が『揚力』。

飛行機が空を飛べるのは、

揚力が発生しているからです。

その飛行機をひっくりかえすとどうなるでしょう?

そうイメージするとわかりやすいかもしれませんね。

| | コメント (0)

!Buenas tardes!

サミィです(^-^)

昨日は初心者置いてきぼりなコトを書いてしまいました。

説明すると長くなると思ったもので…(/Δ\)

(ま、十分すぎるほど長かったんですが( ̄ω ̄;))

なので、今日は専門用語の解説をしてみようと思います。

お役に立ったら幸いです(^▽^)

|

2006年3月10日 (金)

‘06 F1GP

いよいよ今日、開幕ですねo(≧ω≦)o

開幕前の戦力予想をしてみました。

初心者置いてけぼりですが、

参考になったら幸いです。

 

チーム名 エンジン タイヤ 評価
カーナンバー ドライバー名 評価

ルノー Mi 95pts
 1.フェルナンド・アロンソ 95pts
 2.ジャンカルロ・フィジケラ 90pts

マクラーレン・メルセデス Mi 93pts
 3.キミ・ライコネン 95pts
 4.ファン・パブロ・モントーヤ 90pts

スクーデリア・フェラーリ BS 87pts
 5.ミハエル・シューマッハー 95pts
 6.フェリペ・マッサ 87pts

トヨタ BS 85
 7.ラルフ・シューマッハー 85pts
 8.ヤルノ・トゥルーリ 90pts

ウィリアムズ・コスワース BS 83pts
 9.マーク・ウェバー 88pts
10.ニコ・ロズベルグ 83pts

ホンダ Mi 90pts
11.ジェンソン・バトン 90pts
12.ルーベンス・バリチェロ 90pts

レッドブル・フェラーリ Mi 75pts
14.デビッド・クルサード 86pts
15.クリスチャン・クリエン 83pts

BMW・ザウバー Mi 80pts
16.ニック.ハイドフェルド 85pts
17.ジャック・ヴィルヌーヴ 84pts

ミッドランド・トヨタ BS 70pts
18.ティアゴ・モンテイロ 70pts
19.クリスチャン・アルバース 72pts

スクーデリア・トロ・ロッソ・コスワース Mi 65pts
20.ヴィタントニオ・リウッツィ 80pts
21.スコット・スピード ?

スーパーアグリ・ホンダ BS 45pts
22.佐藤琢磨 88pts
23.井出有治 80pts?

 

エンジン

ルノー 90pts

メルセデス 85pts

フェラーリ 90pts

トヨタ 92pts

コスワース 87pts

ホンダ 95pts

BMW 90pts

 

タイヤ

ミシュラン 93pts

ブリヂストン 95pts

 

ざっと羅列してみました。

以下詳細です。

 

  ルノー

昨年から引き続き、絶好調のようですね。

シャシーもエンジンのV8化にともなってさらに絞り込まれ、

見るからにダウンフォースの発生量が増加してそうです。

LD値も随一なんじゃないですかね。

エンジンのV8化により発生した振動も、

112度バンクのエンジン開発のノウハウを生かし、

見事に押さえ込んでいるとのこと。

ドライバーズラインアップも最強と言っていいでしょう。

しかし、死角がなぃワケでゎありません。

すでに来期マクラーレンへの移籍が決定しているアロンソゎ、

チームとの不協和音が漏れ聞こえて来ています。

さらに、本社の会長にカルロス・ゴーンが就任し、

F1への継続参戦を認めているものの、

  「1年ごとに参戦の是非を検討する」

と考えており、先行き不透明です。

スポンサーに関しても、JTが撤退を表明しています。

チャンピオンの最右翼であるコトゎ間違いないのでしょうが、

ひとたびお家騒動が巻き起これば、一気に崩壊する不安定さも内封しています。

 

  マクラーレン

シャシーゎさらに攻め込んで来てますね。

文句のつけようのなぃできです。

問題ゎエンジン。

明らかに回ってなぃですね。

それから信頼性。

咋シーズンの二の舞ゎ避けたぃトコロ。

エンジンさえきまれば、ピカイチのマシンでしょう。

ドライバーズラインアップゎルノー同様最強ですね。

しかし、来期どちらかが出て行かなければならず、

不穏な空気が流れています。

オプションを行使されなかったモントーヤ。

来期のフェラーリ入りが噂されるライコネン。

空中分解の危険性をはらんでいます。

 

  フェラーリ

ルノーや、特にマクラーレンと比べると、

いかにもコンサバな印象です。

エンジンゎそれなりに回っているようですが、

問題ゎシャシー。

ロリー・バーンも簡単にゎ引退できそぉにないですね。

ニコラス・トンバジスの加入で上昇カーブを描けるか。

ドライバーズラインアップゎ強力。

シューマッハーに衰えゎまだなく、

マシンのできがよければ、

チャンピオンに返り咲く可能性ゎ大きいでしょう。

マッサゎかつてテストドライバーをつとめており、

復帰と捉えるコトもできますね。

バリチェロが抜けた穴を、

キッチリ埋めてくれるコトでしょう。

 

  トヨタ

ニューマシン発表時の古くさいマシンゎ、

案の定開発用でした。

マイク・ガスコインの手腕ゎ見事ですね。

エンジンも回っている模様。

昨シーズンを観る限り、信頼性も高そう。

いよいよ優勝をねらえるマシンを

用意できたんじゃないでしょぉか。

ドライバーズラインアップゎ手堅いですね。

トゥルーリゎ決勝でもその速さを発揮できれば文句無し。

問題ゎラルフ。

ムラっ気がなくならないかぎり、一流のドライバーにゎなれません。

 

  ウィリアムズ

ワークスエンジンを失い、ガケっぷちですね。

シャシーも、エイドリアン・ニューウェイや

ジェフ・ウィリスが抜けて以来、

毎年デザイナーが変わっており、

継続開発とゆうウィリアムズらしさがみられません。

ロータス、ブラバム、ティレル…。

名門チームも落ちる時ゎ速く、

いまが正念場ですね。

ネガティブな要素ばかりが目につきますが、

ポジティブな要素もあります。

ようやく現代風のシャシーを作って来ました。

コスワースエンジンもワークスエンジンでこそなぃですが、

ワークス勢よりも回ってそうですね。

ただ、ワークス勢と比べて資金がないので、

シーズンを通しての開発にゎ不安が残ります。

トヨタもそうですが、BSタイヤへの

チェンジゎすんなりときまり、好タイムを連発。

ドライバーズラインアップも開発力のある

ドライバーをそろえています。

ここらで名門の巻き返しを期待したいですね。

 

  ホンダ

かなり速いようですね(^▽^)

マシンゎロールアウトした時に善し悪しがわかるそうです。

咋シーズンゎシェイクダウンしたときに

  「あ、今シーズンゎ終わった」

と思ったそうです。

そして実際その通りになりました。

今季ゎスタッフ、ドライバーとも、にっこにこです。

今シーズンのシャシーの開発方向ゎ、ドラッグの低減。

いまやF1界最高のエンジンとなったものの、

最高速が伸びないのゎドラッグが高かったコト。

LD値が極端に悪かったワケです。

RA106ゎドラッグが減らされたおかげで、

ずいぶん速くなったようですね。

ギアボックスもシームレスギアが好調。

こちらもF1界一と呼び名が高いです。

ドライバーズラインアップもよいですね。

オールホンダになり、車名もRAが復活しました。

今季ゎ初優勝どころか、マルチウィンが期待できそうです。

 

  レッドブル

ホンダのトコロでも書きましたが、

マシンの素性ゎロールアウトの時にわかると言いますが、

このマシンゎダメでしょう。

真冬のシルバーストーンでオーバーヒートしてるようじゃ、

レースになりません。

エイドリアン・ニューウェイが加入し、

突貫工事でテコ入れをしているようです。

ニューウェイの加入は◎。

来季からに期待です。

フェラーリエンジンゎ本家のフェラーリとゎ若干

仕様が違うようですが、よいものでしょう。

ドライバーズラインアップゎトップチームに比べれば数段落ちます。

でも、開発力のあるクルサードゎレースでも好調。

クリエンも昨シーズンゎ長足の成長を遂げました。

でも、昨シーズンほどの活躍ゎ期待できないでしょう。

 

  BMWザウバー

BMWが買収し、ワークスチームとなったものの、

1年目でゎ期待薄ですね。

シャシーもボチボチですが、

ワークスチームにしてゎ物足りなぃ。

ただし、F1界一の風洞を持っているだけに、

シーズンを通じての開発力ゎ期待で来ます。

かつての最強エンジンも今ひとつ。

それでも十分回っているんですがね。

このチームも来季からでしょう。

 

  ミッドランド

サッカーのチェルシーのように

世界を席巻するロシアンマネー。

しかし、アブラモビッチほど気前がよくなぃ

アレックス・シュナイダー。

エンジンゎよいんですが、

それだけのマシンですね。

ドライバーズラインアップも持参金目当てで実力ゎ二の次。

いるだけのチームと言っても過言でゎありません。

だれも期待してないでしょう。

 

  トロ・ロッソ

愛すべきミナルディもとうとう資金難に屈しました(ρ_;)

イタリア語でレッドブルを冠するチームに生まれ変わりました。

今後、若手のF1ドライバーゎどこから

デビューしたら良いのでしょうか。

期待すべき点ゎベルガーが共同オーナーに就任したコト。

シャシーゎ実質昨シーズンのレッドブル。

エンジンゎV10にリミッターをつけたもの。

ドライバーズラインアップも貧弱。

ここで修行を積んで、レッドブル入りを目指すチームですね。

 

  スーパーアグリ

期待したいのゎヤマヤマですが…(—´_`-)

シャシーゎ4年前落ち。

グリッドに並ぶのが精一杯。

すべてが足りてない状況で、

手弁当での参戦といったトコロですね。

頼みの綱ゎエンジンとギアボックス。

ドライバーズラインアップゎ、

はっきり言って誰が乗っても変わらないでしょう。

ヨーロッパラウンドまでのフライアウェイゎ、

どこまで息を止めてられるかのガマンくらべ。

ニューマシンの投入もモナコ以降になる模様。

と、絶望的な状況なんですが、

ホンダの全面バックアップとゆう、

超強力な後ろ盾があります。

ニューマシンの投入以降、どう化けるか楽しみですね。

いまゎ1日も早くF1に馴染むことを期待します。

 

  タイヤ戦争

タイヤ交換が復活し、BSゎアドバンテージを

取り戻した可能性が高いですね。

Miゎ今季限りの撤退を表明しています。

来季からゎタイヤがワンメイクになるコトが決定しており、

タイヤ戦争ともお別れですね。

目一杯堪能したいトコロです。

 

長っ!!!( ̄□ ̄|||)

サラっと書いたつもりが、タィヘンなコトに…(/△\)

ともかく、今シーズンゎレギュレーションが大幅に変わり、

70年代後半から80年代前半のような、

近年まれに見る大混戦になるコト必至ですね(^ω^)

| | コメント (4)

2006年3月 9日 (木)

つづきまして

『オリバー・ツイスト』に気を良くしたあたしが

続いて観に行ったのが

 

  『シムソンズ』

 

カーリングを題材にした青春グラフィティですね(^ω^)

トリノオリンピックの興奮冷めやらず。

そして脚本もあるていど予想がつき、計算できる。

  「おおきくはずすコトゎないだろう」

意気揚々と劇場に足を運びました。

予想通りでした(笑)

よくも悪くも期待を裏切らない、素直な作品でしたね(^ω^)

シムソンズの4人の女の子ゎみんなよかったo(≧ω≦)o

元気な女子高生は、見ていて実によぃですね。

和むし、元気になりますヽ(´ー`)ノ

なかでも加藤ローサ高橋真唯

加藤ローサ、チャーミング。

高橋真唯、キュート。

2人ともコミカルなキャラクターを

見事に(素?)演じていました。

特に加藤ローサゎよかったですね。

彼女の『天使の笑顔』にゎ、

掛け値無しの値打ちがあります。

目が離せませんでした。

脇を固める出演者も、実によかったですね。

だれが欠けても成り立たない、

絶妙なキャスティングでした。

中でも異彩を放っていたのが、

北海道と言えばこの人!

ご存知! 大泉洋でございます(≧▽≦)

この道産子スーパースター、たまらなく魅力的ですね(*´∇`*)

彼が出てくると画がしまります。

(個人的に大ファンだからかもしれませんが( ̄ω ̄;))

役者にもっとも必要な『華』があるんでしょう。

いまやすっかり全国区ですね(*^¬^*)

ディテールに見るべきトコロゎ特になかったものの、

ストーリーゎ王道。

わかっていても、気持ちよく転がされて行きました (゚▽゚*)♪

鬱で弱っていたあたしにゎたまりませんでした。

もう、ぼろぼろ泣いちゃいました(ρ_;)

見応えのあるものとゎ言えないかもしれませんが、

観るのに体力がいらない、軽やかな作品です。

映画ゎ大作がすべてでゎありません。

こうゆう作品も必要ですね。

くりぃーむしちゅーのバラエティ番組を見ていて思ったんですが、

ベタもいいもんです(^-^)

おかげでヒドくこじらせていた鬱が、すっきりと晴れました(≧∀≦)

それから、この映画がよかったのゎ、

まったくのフィクションでゎなく、

事実に基づいたものであるとゆうこと。

トリノオリンピックでの活躍もあり、

いまカーリングが大人気のようですね(^-^)

飽きっぽいメディアのコトなのでいつまで続くかわかりませんが、

認知されたコトゎ大きいでしょうね。

確実に歴史にくさびを打ち込みました。

この映画もその一助となっているコトでしょう。

『サミィの評価』ゎ

 

  80pts 

 

たしかにつっこみドコロゎいくつかあるでしょうが、

それでも良作であるコトに間違いゎありません。

DVD欲しぃなぁヽ(´▽`)ノ

| | コメント (4) | トラックバック (10)

2006年3月 8日 (水)

レースに行く前に

映画を2本観て来ました。

当時、ヒドく鬱をこじらせており、

前日に観た『ミュンヘン』のおかげで

さらに重くなっていました。

それでも、重い足を引きずり観に行ってきたんです( ´_ゝ`)

  

  『オリバー・ツイスト』

 

19世紀の英国(おもにロンドン)を舞台にした孤児の話。

当時の生活風俗が鮮やかによみがえり、

なんとも生き生きとして素晴らしかったですヽ(´ー`)ノ

泣き虫で、いつも貧乏くじばかり引いている、

世界で一番不幸な少年、オリバー・ツイスト。

そんなオリバーくんが世知辛い世間の荒波に翻弄されつつも、

けなげに生きて行く様を描いている。

次から次へと押し寄せてくる災難に

なす術もなく振り回されるオリバーくんを、

なんとか守ってあげたくなってしまいます( ´_ゝ`)

  (まぁ、そうゆう構造の脚本なんですが)

母性本能を刺激する子なんですょねぇ(´▽`)

なんてゆうか、小動物系のカワイさです(^ω^)

登場人物の女性がかわいがるのもうなずけます。

そのオリバーくんの演技がスゴくよかった(*^¬^*)

  (ドジャーくんもよかったですね(^ω^))

演じているのか、素なのか、わからなぃくらい、

ナチュラルな演技でした(^-^)

ただ、このオリバーくん、あまりにも主体性がなさすぎです(´・ω・`)

あまり書くとネタばれになるので書きませんが、

そのへんに物足りなさが残りました。

彼のキャラクターで主人公にすえてしまうと、

どうしてもそうゆう脚本の構成になってしまうのでしょうが…。

ほかにもいくつか脚本的な不満がありました。

物語の結末に100%の納得ゎ得られませんでしたし(´・ω・`)

それでも、貧しくともしたたかに生きて行く少年たちや、

ひとのやさしさにゎ感動させられました(^▽^)

鬱で弱ってたあたしにゎツボでした( ´_ゝ`)

そのへんを加味した『サミィの評価』ゎ

  

  76pts

 

1800円払って観た価値あったと思います (゚▽゚*)♪

少しの元気をもらい、続いて観に行ったのゎ…

明日に続きます(>_<)

| | コメント (3) | トラックバック (5)

2006年3月 7日 (火)

ただいまぁー!(^◯^)

レースから帰ってまいりました(^▽^)

またしても連日ピーカン!

今シーズンゎ天候にめぐまれました (゚▽゚*)♪

Mar04_1249

 

 

 

 

 

 

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

某県のスキーのクラブ対抗に出場して来ました (*´∇`*)

かつて万年4部だったわがクラブも、

おととし3部と4部が統合になった年になんと2部に昇格し、

去年は堂々、危なげなく2部残留を果たしました(^-^)

はたして来年も2部残留できるのか(?_?)

スケジュールゎ、

  金曜、フリー

  土曜、ジャイアントスラローム(大回転)

  日曜、クロスカントリーのリレー

とゆう流れです。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

初日ゎまず、足慣らしです。

滑りのチェック、レースを想定したターン、

目指すイメージへ滑りをアジャストして行きます。

仲間のアドバイスのおかげで方向性が定まり、

滑りが向上するなど絶好調でした(*^¬^*)

トコロが。

 

個人的にゎ絶好調でしたが、チーム的にゎ…。

ウチのエース(北海道出身)の子供が車にはねられ、

欠場を余儀なくされました(´・ω・`)

さらに、別のスキ—場で滑っていたチームメイトが

ポール練習をしている最中に激しく転倒。

パトロールが出動する騒ぎとなりました。

転倒時の記憶がなく、だれも見ていなかったので

どう倒れたかゎわかりませんが、この転倒で首を損傷。

一晩様子をみたものの、

結局翌朝電車で帰宅、病院へ行くとゆうことで欠場(/△\)

 (ちなみにエースの子供ゎ1ヶ月入院するコトになったものの、

  大事にゎ至りませんでした。

  もう一人の方ゎ首がヘルニアのようになっていて、

  腕にシビレが出ていますが、あたしたちの帰りを

  出迎えられるくらいまで回復しています。)

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

そんな状況で迎えたGS(ジャイアントスラローム)

出場ゎ最大10人。

チーム内の上位5人が、全体の順位によってポイント獲得。

ウチゎ2人が欠場、しかも補欠もいないため8人がエントリー。

キビシぃのゎ、欠場した2人とゆうのが、

エースを含めたポイントゲッターだとゆうこと(´Д`)

さらに、出場者の1人ゎレース初出場(×△×)

3部降格ゎ決まったようなものでした_| ̄|○

 

出走順ゎ去年のタイムが早い順に

第1シード、第2シードとなり、

あたしゎ第4シードでした。

出走順が早い方が有利なGS。

2部ゎ1部の後の出走(1部2部ゎ15チームずつ)で、

第4シードとなれば、もはやまともなレースなど期待で来ません(>_<)

でゎ実際どうだったかとゆうと、

それどころじゃありませんでした(;Д;)

 

チームメイト同士のサポートがなければなりたちません。

が、ウチゎそのへんがぐだぐだ(/△\)

ひとの配置や引き継ぎなどで謀殺され、

気づけばもうすぐ自分の出走順Σ(゜□゜)

慌ててウエアを脱ぎ、ヘルメットをかぶろうとすると、

持って来たはずのヘルメットがないΣ( ̄ロ ̄;)

いそいで、自分の役割分担のトコロに向かおうとしていた

チームメイトを引き止めて借り受け、

自分のゴーグルをヘルメットにつけようとすると、

ゴーグルをつける留め金が外れる!Σ( ̄ロ ̄lll)

慌てているため指がもつれうまく修復できない(×△×)

ようやくゴーグルをつけ終え、メルメットをかぶると

目にゴミがΣ( ̄д ̄lll)

でももう自分の出走順になってしまったヽ(ー´_`-)ノ=3

あきらめて位置につくも、ブーツのバックルをレース向けに

ガチガチに締めておらず、ユルぃまんまだったことにきづく|||||/( ̄ロ ̄;)\|||||||

そんな状況に絶望しているトコロにスタート音が。

スタートするタイミングゎ、

ピ、ピ、ピ、ピ、ピ、ポ

といった感じの音で、音の始まりから最後の、ポ、までの間だったら

いつ出てもかまわないんです。

その音がしはじめたんです。

となりに立っている係の人に

  「出てもいいんですか(?_?)」

と聞くと、にべもなく

  「どうぞ」

いや、まって!!!( ̄□ ̄|||)

普通音がする前に一言言ってくれるもんでしょ!!

慌ててスタートをきりましたょ/( ̄Д ̄;)\t

そんな案配ですから、コンセントレートなどでようハズもありません。

あれホド好調だった滑りがうそのようにぐだぐだ(´Д`)

ごてごてにまわった最悪の滑りでした(/△\)

例年、レース後半で足が終わってしまっていたんですが、

今年ゎまったく攻めきれず、ゴール後も足が全然残っていました(´・ω・`)

レースをしたとゆうよりも、ただ滑って来ただけです。

でも意外に周りの評価が高く、タイムもチームの中で2位。

全体(150人くらい)でゎ30番台でした。

例年より順位が良いくらいです。

とゎいえ、滑り自体ゎ間違いなく遅かったし、まだまだ攻められました。

しかも、出走順位のわりにゎバーンコンディションがかなり良く、

タイムロスが相当に少ない状況でした。

それだけに、ちゃんとレースに集中できていればと思うと、

かなりの悔しさが残りました。

なにせ1年でこれ1本きりですからね ┐(´-`)┌

 

ともあれ、チームに貢献し、来年ゎ第2シードに返り咲きです。

あと、意外だったのゎ、レース初出場だった子。

チームで4番目のタイムをたたき出し、しっかり貢献してくれました(^▽^)

結果、GSのリザルトゎ

 

   15チーム中7位

 

予想外の高順位ですヾ(´▽`*)ゝ♪

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

クロスカントリーリレー

エントリーゎ5人。

1周3kmのコースを1人1周。

はっきりいって、もんっのスッッッゴくたいへんです(´Д`)

ので、だれもやりたがりません ┐(´-`)┌

のでので、ウチのクラブゎニンジン作戦です。

カベに耳ありショウジに目あり。

問題になるとマズぃので詳細ゎ伏せさせていただきますm(._.)m

ニンジンをぶらさげてもやりたがらないくらい、キツイ競技です。

今年ゎエース不在で、代わりにレース初心者の子に出てもらいました。

しかも、前日の練習で始めてクロカンの板をはいたばかり/( ̄ロ ̄;)\

若さと陸上部でならした体力で勝負です。

でもこの子、GSのときもそうでしたが、センスがいい。

エントリーしたのゎあたしとクロカン好きの方。

残りの3人ゎ、初心者、それに毛が生えた程度のひとヽ(ー´_`-)ノ=3

まぁ、あたしもひとのことなど言えないのですが…。

 

出走順のテーマゎ

 

  『先行逃げ切り』

 

エース不在で責任感が増したあたしゎオーダーのついて考えてみました。

会長の出したオーダーに異議を唱え、

あたしのオーダーを押し通しました。

 

第1走者ゎ、いっせいので(しかも1部2部同時に!)スタートします。

スタート直後ゎかなりの混乱で、自分のペースが崩れること必至!

少し距離が短くなるものの、だれもやりたがりません。

しかも、抜くことのボーナスも、

いっせいのでスタートするので、抜くも抜かないもありません。

でも、メンツを考えるに

 

  「…おいらしかいないか( ´_ゝ`)」

 

クロカン好きの方ゎちょっとお年をめされ気味。

自ら志願(実ゎ泣く泣く(ρ_;))しました。

 

第2出走ゎ3番目にクロカン歴が長い子。

アルペンスキー(普通のスキー)ゎたいしたことないものの、

クロカンゎ4回目。

 

第3出走に初レースの子。

センスに期待。 あえて最後にしなかった。

 

第4出走にベテランの方。

巻き返しを期待。

 

アンカーにアルペンの現エース。

クロカンゎ2回目。 でも、アルペンの基本ゎできている。

去年ゎ大ブレーキだったものの、1度経験したことで、成長した可能性あり。

ハマればいける。 のるかそるかなので、アンカーに据えてみる。

 

当日。

バーンコンディションゎカリカリ /( ̄ロ ̄;)\

 

  「前に進めなぃかも… ( ̄ω ̄;)」

 

コースレイアウトゎ、

最初に少し登って、下ってカーブ、下ってヘアピン。

あとゎだらだらした長い登り。

練習で下りを下ってみる。

昨晩のチューンナップが効いたのか、ものスゴぃスピード!Σ( ̄ロ ̄lll)

ビビって下りの真ん中あたりからブレーキをかけるも、

カリカリだから止まらない!!!( ̄□ ̄|||)

なんとか減速に成功し、コーナーを曲がったものの、

 

  「こりゃケガするかも… ( ̄Д ̄;)」

 

身のキケンを多いに感じました(´Д`)

そこで戦術を考えてみた。

クロカンゎ、速いひと、遅いひと、スゴく遅いひとにわかれます。

速いひとゎ一握り。

ほとんどゎどんぐりの背比べです。

 

  「下りゎみんな腰がひけるハズ。 下りでとばして

   転んで止まれば差をつけられる!」

 

この作戦をベテランのひと以外に提案しました。

 

いざスタート。

案の定大混乱。

あたしゎ、

 

  「まわりゎ気にしちゃダメ。

  前に出たいひとゎ行かせればいい。

   ペースを乱して、あとで絶対ガス欠になるハズ」

 

登りにさしかかった頃にゎ、ビリから5番目あたり。

勝負ゎこのあとの下り。

無理せず、ゆとりをもって滑りました。

 

いざ下りにさしかかると、めちゃめちゃ漕ぎましたヾ(;◎_◎)ノ

スタートワックス(短い距離しかもたないケド滑る)

のおかげで速いコト速いコト(^ω^)

前の選手にゎ

 

  「どいてどいて! ○○番どけて!!」

 

ルールで許されているので、後ろから叫んでどいてもらい、

いっきにゴボウ抜きです!(・へ・;;)

コーナーにさしかかったとき、

雪がユルみはじめていたので、

(プライドもあるし(ー∇ー;))ちょっと減速して転倒せず

コーナーをまわりました。

続く下りでも一気にとばし、順位を挽回。

登りでも1人抜いて、真ん中より少し後ろあたりでタッチ。

作戦大成功!o(≧ω≦)o

速いひとをそろえる第1走者の中で、

われながらかなりの大健闘と言えるんじゃなでしょうか(^ω^)

その後もみんな現状維持か、抜いて順位を上げて行きました。

結果として、オーダーがバッチリハマったようですヽ(´▽`)ノ

クロスカントリーリレーのリザルトゎ

 

   15チーム中6位

 

初レースのこのがんばりもあって、かなりの好成績です(≧∀≦)

 

サテ、気になるGSクロカン合わせた総合順位ゎ、

 

   15チーム中4位

 

10位あたりにいた去年とくらべて、

主力を欠いたにもかかわらず大躍進です♪ゝ(▽`*ゝ)(ノ*´▽)ノ♪

主力が戻れば、なんだか1部すらも見えて来そうな勢いですヾ(´▽`*)ゝ♪

3部落ちが決まったと思った開幕前。

それだけに喜びもひとしおです(^ω^)

 

帰り道、毎年よる手打ちの蕎麦屋さんがあります。

ここの蕎麦を食べると

  「今シーズンも終わった」

と感慨深くなります(^-^)

直前までこじらせてた鬱ゎどこへやら。

すっかりリフレッシュして帰って来ました (゚▽゚*)♪

直前に観て来た映画の感想ゎ後日書きますね(*^¬^*)

なんだか随分長くなっちゃいましたね。

それでゎまた(^▽^)

| | コメント (2)

2006年3月 2日 (木)

晴れた!(≧∀≦)

雨降れど心晴れる。

Muy buenas noches. サミィです♪

今日、映画を観てきました。

    『オリバー・ツイスト』

    『シムソンズ』

の2本。

おかげで、このトコロこじらせていた鬱が

きれいさっぱり晴れました!(≧∀≦)

ただいま移動中で、ケータイからのupなんで、

映画の感想等は後日書きます。

最近滞りがちだったコメントやTBも

これからはばんばんやりますょぉo(≧ω≦)o でも、ちょっとお休みします( ̄ω ̄;)

「復活したんじゃなかったんかぃ!」

とゆうつっこみは、ひとまず横に置いといてください。

いまのあたしは

「いざ鎌倉!(^▽^)ノ」

といった心境なんです。

なぜなら、これから某県の

スキーのクラブ対抗に出場するべく移動中なのです(゜▽゜)♪

とゆうワケで、

帰って来るまでは

ネットにつなぐコトも ケータイで連絡するコトも

一切できなくなっちゃうんですヽ(´ー`)ノ

のでので。

レースがんばってきまぁーす!(^∇^)

Un buen fin de cemana.

Adios, Hasta la proxima.

!Ciao!

| | コメント (3)

雨…

雨ゎ鬱をより深ぃ所へ引き込んでいきます。

が、それにもめげずに行って来ました。

 

   『ミュンヘン』

 

ミュンヘンの事件のコトゎまったくと言っていいほど知らず、

その後のコトも、ましてや事情など知りようはずもありません。

そんなまっさらな状態で観たんですが、

観終わった直後の今の感想ゎ、

 

  重い……(ー´_`-)

 

なんだか鬱をこじらせてしまぃました( ´_ゝ`)

この作品ゎ、意図してかせずかゎわかりませんが、

説明がほぼなく、感情移入するとゆうよりゎ

事件を客観的に眺めてるような印象です。

淡々としていて、なんだかおぼろげにしかわかりません。

でも、怖かった。

 

感情移入ができなかったワケでゎありません。

彼にも守るものがあり、そのためにひとを殺める道を選択した。

やがて狙う側から狙われる側へ…。

守るためにしたことが結果、危険にさらすハメになった。

そこが怖かった。

憎しみゎ憎しみしか呼ばない。

恐るべき復讐の連鎖。

どんな事情があろうと、ひとを殺めるコトは許されるコトでゎありません。

 

民族の問題ゎムツカシぃですね。

日本と韓国、中国もそうですが、歴史的な背景、

民族のアイデンティティ、イデオロギー、

なんとも実に複雑です。

それぞれに言い分があるのゎわかります。

家族や恋人、愛する人たちを殺された悲しみや憎しみは

筆舌に尽くすものがあるでしょう。

それを知らないから言えるのかもしれませんが、

過去ゎ水に流し、先のコトを考えていかなくてゎ

いつまでたっても解決するコトゎないでしょう。

そんなコトを強烈に考えさせられました。

そして、その流れを変えられないむなしさ、無力さ。

ひとのおろかさ、業の深さ。

そんなものが残りました。

結果、より鬱をこじらせてしまいました。

 

この映画の『サミィの評価』ゎ

 

 

  75pts

 

 

説明を省いたのもきっと、スピルバーグの計算なんでしょう。

説明不足にも関わらず、心に響く作品でした。

| | コメント (5) | トラックバック (8)

2006年3月 1日 (水)

悲しぃ…

ゆうべの日本vsボスニア・ヘルツェゴビナゎ

2—2の引き分けですか。

悲しぃです。

勝てなかったから?

違います。

試合を観られなかったから?

それも違います。

観る気になれませんでしたから。

それが悲しぃ理由です。

 

サッカーゎ三度の食事よりも大スキです。

前回のワールド杯ゎスタジアムに観に行きました。

それなのに、なぜ日本代表に対する情熱を失ってしまったのか。

ツマラナぃからです。

もともと、もっとも愛しているチームゎジェフでした。

日本代表ゎミラン、バルサに次ぐ、4番目のチームだったんです。

それでも代表に対する情熱ゎなみなみならぬものがありました。

監督がトルシエからジーコに変わった時、

不安もありましたが、期待の方がかったんですが…。

しばらくして見えてきたコト。

 

  代わり映えがしなぃ。

 

  いってるコトとやってるコトが違う。

 

  方向性が見えてこなぃ。

 

招集メンバーゎいつも同じような顔ぶれ。

変化が見えてこなぃ。

 

  「Jリーグで上位のチームから呼ぶ」

セレッソ大阪の選手が呼ばれないのゎなぜでしょう。

以前ゎジェフもそうでした。

それから、鹿島偏重主義も疑問に感じます。

 

方向性ゎ、本当に見えて来ません。

戦術がないからしょうがないのかもしれませんが、

なにをやりたぃのか、なにを試したいのか、

見えてこない上に成果がともなわない。

方向性が見えてこないのゎ、成果が得られてないからです。

この4年で代表はむしろ、弱くなったかもしれません。

(トルシエの時代に戻りたいとゎ思いませんが)

 

それでも、あまりジーコを悪く言いたくないんです。

ジーコを起用し、ジーコを支持し続ける首脳陣ゎ

少し考えた方がいいと思いますが。

たとえば、ジーコがブラジル代表監督だったら、

結果ゎもっと違ったでしょう。

日本にゎ、もっと適任な監督がいたと思います。

ビエルサ、ザッケローニ、イルレタ・ゴジェナ、デシャン…。

 

ドイツW杯ゎジーコで行くでしょう。

1勝もできずに敗退すると予想しています。

ジーコの運だけが頼りです。

ここ一番の時に結果を出して来たジーコの強運が

今回も発揮されれば、あるいゎ…

1勝くらぃできるかもしれません。

 

本大会に向け、あたしの情熱が再燃するコトを信じたいです。

| | コメント (2)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »