« 行くぜ! | トップページ | 節分☆ »

2006年2月 2日 (木)

フラストレーション

観て来ましたょ、

 

 『THE 有頂天ホテル』

 

感想とゆうか、なんとゆうか…。

あの、キレていいですか?

 もうサアイアク!!

作品が、とゆうことではないんですよ。

環境がサイアクなんです!

確かに夕べ思い立ったことなんで、出遅れた感はいなめません。

チケットを買う時には既に立ち見の札が。

「どうしたものか」と思っていたんですが、

なんとか席は確保出来たので観ることにしました。

席は前から3列目。しかも一番隅っこ。

ナナメからみたスクリーンは観にくいことこの上ない。

それはしかたないでしょう。出遅れた自分が悪いんです。

座れただけめっけモンです。

でもね…

最低限のマナーってもんがあるでしょう(`へ´)

 

 上映中にしゃべくるバカップル。

 

 はしゃいで歩き回るおこちゃま。

 

 仕舞には地震のおまけ付き。

 

おこちゃまに関しては仕方ないこともあるかもしれません。

善悪の区別がついてないだけかもしれないですしね。

問題なのは、一緒に観てる親!

親なら子供のしつけくらいちゃんとなさいな。

映画に集中出来たモンじゃありゃしないヽ(ー´_`-)ノ=3

何度途中で席を立とうと思ったことか…。

でも、善良な観客に迷惑をかけるわけにはいかないし、

なけなしのお金ももったいない。

結局最後まで我慢して観たんですが、

本編が終わり、クレジットが流れると、

次々と席を立つ人、人、人。

「あたしはまだ観てるのに!」

そんなあたしの前をまたいで平然と通り過ぎて行く。

もう、

 「金かえせー!!(;Д;)」

と、心の中で叫んだとさ。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

ここいらへんのことは、映画を観に行くリスクですよね。

観客とシンクロした時は、独りで観るよりよっぽど楽しいです。

でも今日みたいな時は、

せっかくの大スクリーンも音響効果も台無し。

あたしはいいトコ悪いトコ含めて

 「映画は映画館で観るもの」

と考えています。

が、

こんなありさまじゃ、その考えも揺らいじゃいます。

なんだかなぁヽ(ー´_`-)ノ=3  

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

それはさておき、感想です。

ストーリーは有って無きに等しい。

シチュエーションの面白さで展開して行く、

善くも悪くも三谷幸喜らしい作品でした。

『王様のレストラン』

を思い出しました。

 

王様のレストラン DVD-BOX La Belle Equipe DVD 王様のレストラン DVD-BOX La Belle Equipe

販売元:ポニーキャニオン
発売日:2003/09/03
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

王様のレストラン DVD-BOX La Belle Equipe 王様のレストラン DVD-BOX La Belle Equipe

販売元:ポニーキャニオン
発売日:2003/09/03
Amazon.co.jpで詳細を確認する

やっぱり舞台くさいんですよねヽ(´ー`)ノ

それが悪いと云ってるワケじゃないですよ。

おもしろけりゃ文句はありません。

実際おもしろかったし。

登場人物が盛りだくさんで、

しかもキャラが立ってて、

最後には広げた風呂敷をちゃんとたたんでる。

そのへんの構成は素晴らしいですね(^ω^)

感嘆させられます。

まぁそのぶん長いんですけど。

出演者も芸達者なひとが多いですね。

それだけで観ていてあきません。

それから特筆したいのはディテール

役者の技もあるんでしょうけど、

そのへんが実に丁寧で、作品の世界に引き込まれてしまいます。

もっとも、シチュエーション主体の作品なんで、

そこがイイカゲンだったら観られたモンじゃないんでしょうが…。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

サテ、この映画の『サミィの評価』は、悩んだんですが

 

 

  70pts

 

 

なぜ悩んだかとゆうと、

なにせ観た環境が環境だったんで、

そのあたりで冷静な評価がくだせなかったんです。

実はもっと低かったんですが、考慮した上でもうちょっと高くしました。

なので、ホントはもっと低いかもしれないし、

逆に高いかもしれません。

「テレビで観ても問題なさそうだなぁ」

とも思ったんで。

映画館で観ることにこだわりあるあたしとしては、

それでも観に行きますけどね。

結論としては、環境に影響され、冷静に観られなかったことが残念だし、

作品に対しても失礼だったな、と思いました。

どうか次は環境に恵まれますように…(;_;)

|

« 行くぜ! | トップページ | 節分☆ »

コメント

こんにちは、jamsession123goです。
ブログにコメントありがとうございました。
せっかく時間を作って映画館へ行ったのに、マナーの悪いお客と同じ時間帯になるのは、本当に悲しい気分ですね。
自分のせいではないので、どうしようともないのですが.......
jamsession123goは、レイトショーや日曜日の朝一番など、できるだけ人が見ない時間帯に見るようにしています。

投稿: jamsession123go | 2006年2月 2日 (木) 07時22分

おはようございます。
映画館には滅多に行く機会が無い私ですが、見に行った時はエンドロールまで全部見ますねえ。
以前、Matrix Reloadedを見に行ったときの事、クレジットが流れ始めるとゾロゾロと席を立つ人が結構いました。私はモチロン、BGMが私の好きなRage Against The Machineだったこともあって、最後まで見ていました。そして、エンドロールが終わった直後に続編Revolutionsの展開の重要なカギを握るシーンが1カット入るのです。そのカットはReloadedの“謎解き”的な意味合いも含まれているので、途中で席を立った人は入場料半分損したような感じでしたね。

投稿: 蜂須賀 | 2006年2月 2日 (木) 07時30分

こんにちは♪
いくらコメディはにぎやかに見るのがいいとしても、その環境は最悪でしたね~。
そんなことって往々にしてありますよね。
昨日は韓国映画を見てきたのですが、相変わらず韓流ブームが続いているらしくて、私より高齢のおばさまがとても多かったんです。
ほとんどの方がお友達と連れなのですが、とにかくお茶の間で見ているように合いの手が入るし大笑い過ぎてガックリでした。
(大笑いするほどのコメディじゃなかったもの・・・)
前置きが長くなりましたが、この作品、軽く楽しめていいですよね~。
感動というのはないですが、三谷ファンなら十分に隅々まで楽しめるはず!

投稿: ミチ | 2006年2月 2日 (木) 08時42分

TBありがとうございました。
ミスで別作品のTBも送ってしまいました。m(_ _)m

エンドクレジットが短い映画でしたね。
思わず早っと呟きそうに。^^

投稿: AKIRA | 2006年2月 2日 (木) 09時25分

まったくですよね、エンドロールが終わるまで含めて一本の作品ですよ。
途中で席を立つにしても、もう少し申しわけなさそうにそっと出て行ってほしいものです。
たぶん想像力がないだけで悪気は無いんでしょうから、ちゃんと啓蒙してあげないと。

ともあれ、映画は良くできてましたよ。
三谷さんも今回初めて、演劇出身という部分を“持ち味”として、うまく映画に活かせたように感じました。

投稿: tk_asa | 2006年2月 2日 (木) 13時24分

有頂天ホテルですかぁ。
優奈も見に行きたいんですよね〜。

そっか。佐藤寿人は元はジェフの選手なんですね〜。

マジですか〜(´∀`*)
いやぁ、楽しみですわ♪無理にでも機会作ろうかしら⋯(笑)

投稿: 優奈 | 2006年2月 2日 (木) 19時57分

こんばんわ☆
早速きちゃいました!

映画、いろんな意味で散々だったみたいですね。
映画を見るって行為を特別な時間としてる自分としてはそんなの我慢できないですね。
初めて見た時にしか得られない感動とかありますもんね。

今度見に行きたいと思うので、そしたら感想載せるんでまた来てください☆

投稿: ザ・ワールド | 2006年2月 2日 (木) 20時45分

こんばんわ!
今日THE有頂天ホテル観てきましたよ☆
映画館はこんでたけど騒ぐ人とかもあんまりいなくいい環境で観る事ができました!
いやはや、息つく間もなく笑いがこみ上げてくる!!
楽しい映画でした!
これからは毎年年末にテレビでながれるんじゃないですかね??

投稿: ザ・ワールド | 2006年2月 5日 (日) 23時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25436/582474

この記事へのトラックバック一覧です: フラストレーション:

» THE 有頂天ホテル [欧風]
今、公開中の映画って何ですか~?と聞かれたときに、皆さんが必ず思い浮かべるであろう作品が、この「THE 有頂天ホテル」 ではないかと。 だって監督の三谷幸喜や出演者の松たか子が公開前、これでもか!って位TVに出て宣伝してましたもの。あそこまであからさまな宣伝は見た事無かったな。出た人が友達を紹介する事で有名な笑っていいとものテレフォンショッキングにも、公開前の丁度いい時期に出てたしねぇ~。まあ、私もテレフォンショッキングがホントに「友達の輪」である、なんて野暮な事は言いませんけど(2ヶ月先まで... [続きを読む]

受信: 2006年2月 2日 (木) 01時41分

» 映画のご紹介(84) THE 有頂天ホテル [ヒューマン=ブラック・ボックス]
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(84) THE 有頂天ホテル The 有頂天ホテル 年末のホテルは、 とっても忙しい。 大好きな三谷幸喜監督の最新作。 jamsession123goは、今まで、三谷幸喜の監督作品(みん....... [続きを読む]

受信: 2006年2月 2日 (木) 07時18分

» 映画「The 有頂天ホテル」 [ミチの雑記帳]
映画館にて「The 有頂天ホテル」★★★★ 限られた時間と場所に様々な人を登場させる“グランド・ホテル形式”で、しかも23人ものオールスターキャストで、三谷幸喜がまたまた楽しませてくれた! まるで舞台を見に来たように、オーバチュアとともにビロードの幕がどんどん開いて出演者を紹介していく、そのオープニングに期待感が高まる。 登場人物の書き分けができているので、20人以上の出演者もなんら混乱することがない。それぞれの人生が絡み合い、想... [続きを読む]

受信: 2006年2月 2日 (木) 08時36分

» 『THE 有頂天ホテル』 [京の昼寝〜♪]
おかえりなさいませ、お客様。当ホテルは、愛と勇気と素敵な偶然をお届けします。 ■監督・脚本 三谷幸喜■キャスト 役所広司、戸田恵子、松たか子、佐藤浩市、香取慎吾、篠原涼子、伊東四朗、生瀬勝久、原田美枝子、オダギリジョー、西田敏行、唐沢寿明、石井正則、津川雅彦、YOU、寺島 進、近藤芳正□オフィシャルサイト  『THE 有頂天ホテル』 物語の舞台は大晦日の大ホテル。 そこに集ったそ... [続きを読む]

受信: 2006年2月 2日 (木) 08時51分

» フライトプラン [Akira's VOICE]
人を信じる事の大切さが伝わるサスペンス映画。 [続きを読む]

受信: 2006年2月 2日 (木) 09時22分

» THE 有頂天ホテル [Akira's VOICE]
面白いけれど,物足りない部分もある群像コメディ。 人混みの中を二時間歩いたような疲労感も。。 [続きを読む]

受信: 2006年2月 2日 (木) 09時23分

» 「有頂天ホテル」じゃなく「ホテル ルワンダ」 [オークションとサッカーとビンボーの日々]
ルワンダってご存知ですか? スティービー・ワンダーでもなければ、 アサヒの缶コーヒーでもありません。 アフリカにある国の名前です(回りくどくてスイマセン)。 面積は 2.63万k [続きを読む]

受信: 2006年2月 2日 (木) 09時34分

» 「THE 有頂天ホテル」 [それ、いいかも?]
「THE 有頂天ホテル」 グランド・ホテル形式において、これほど豪華なキャストを使いこなし、これほど多くのエピソードをうまいこと纏め上げたところは、やはり三谷幸喜ならではと言えるだろう。 いつもの見慣れた(見飽きた?)三谷ワールドには違いないが、それでも2時間16分退屈することなく楽しめた。 イメージキャストが100%実際のキャスティングとして実現したそうで、はまり役もあれば、意図的にはずし�... [続きを読む]

受信: 2006年2月 2日 (木) 13時26分

» 有頂天な脚本家が描いた有頂天なホテル [オールマイティにコメンテート]
THE有頂天ホテルは三谷幸喜作品に出演した事のある俳優陣が勢ぞろいした豪華キャストによる大晦日の高級ホテルを舞台にした映画である。映画館で鑑賞してきてこれほど最初から最後まで周りが笑いの絶えない映画は正直これが初めてだった。... [続きを読む]

受信: 2006年2月 2日 (木) 23時15分

» 『THE有頂天ホテル』を観て来ました! [☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!]
  『THE有頂天ホテル』観賞レビュー 2006年1月14日(土)より 全国東宝洋画系ロードショー 配給:東宝 2005年/日本 上映時間 136min (2時間16 分) 三谷幸喜 満を持して 監督第三弾  劇作家として、テレビドラマの脚本家として 日本第一の脚本家・三谷幸喜 大晦日の2時間・リアルタイム  日本映画史上かつてないオールスターキャスト 日本最大のステージ! 東宝のスタジオいっぱいに 建てられたホテ... [続きを読む]

受信: 2006年2月 4日 (土) 12時31分

» やっと「THE有頂天ホテル」見てきました [よしなしごと]
- やっと見に行ってきましたTHE有頂天ホテル。実はコメディはあんまり好きではないので(とうか、映画館で見る必要がないかなと思っているので)、最初は見に行かないつもりだったんですが、あまりにも周りの人が「映画によく行ってるからもう見たでしょ。どうだった?見に行きたいんだよね~。」と言われるので、そこまで評判高いなら、まあ見に行くかなということで行ってきました。... [続きを読む]

受信: 2006年2月 5日 (日) 00時00分

» 映画「THE有頂天ホテル(THE WOW-CHOTEN HOTEL)」を見る [MONKWELL MANOR GUEST HOUSE]
 「お帰りなさいませ、お客様。当ホテルは愛と勇気と素敵な偶然をお届けします」 (あらすじ) 物語の舞台は大晦日の大ホテル。「今年のうちに、心の中にある悩みをすっきりさせたい」「一年の終わりに、何かひとつくらい、いいことをしたい」みんながそんな思いを抱い....... [続きを読む]

受信: 2006年2月 5日 (日) 20時56分

» 王様のレストラン DVD BOX La Belle Equipe [AML Amazon Link]
王様のレストラン DVD BOX La Belle Equipe [続きを読む]

受信: 2006年5月21日 (日) 13時16分

» 有頂天ホテル−(映画:2006年109本目)− [デコ親父はいつも減量中]
監督:三谷幸喜 出演:役所広司、原田美枝子、角野卓造、篠原涼子、佐藤浩市、戸田恵子、松たか子、川平慈英、堀内敬子、香取慎吾、麻生久美子、YOU、オダギリジョー、寺島進、浅野和之、石井正則、生瀬勝久、唐沢寿明、津川雅彦、伊東四朗、西田敏行 評...... [続きを読む]

受信: 2006年9月10日 (日) 21時47分

« 行くぜ! | トップページ | 節分☆ »