« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月

2006年2月28日 (火)

オメデトー(^▽^)

今夜ゎスクーデリア・サミィの会合です。

本城敬大さん、誕生日おめでたう(*^¬^*)


そして夜ゎふけてゆく…( ´_ゝ`)

| | コメント (0)

2006年2月27日 (月)

帰って来たエース

男子スラローム

皆川選手、あと一歩でした(>_<)

でも、

りっぱ!

です(≧▽≦)

カービングスキーの登場とともに

頭角を現した皆川選手。

一躍日本のエースに登りつめ、

前途明るくライジングサンの如し。

と思った矢先、

大きなケガにより、一線から脱落。

その後、次代のエース佐々木明選手の台頭により

一気に日影へと押しやられて行く…。

世間は復活を期待しつつも、

 

  『皆川は終わった』

 

と考えるひとが大半を占めていました。

しかし、

今年、見事に復活!

そして4位に入りました。

!Fantastico!

皆川選手に対し、賞賛を惜しみません(^-^)

 

湯浅選手、素晴らしぃ滑りでした!

佐々木明選手のように天才肌でゎなく、

練習の虫、努力のひとです。

それがようやく開花しました(*^¬^*)

確かに佐々木明選手のように天才肌でもなく、

華があるワケでゎありません。

でも、努力の天才だと思っています(^-^)

 

生田選手、あきらめない姿勢ゎステキです(^ω^)

この経験を糧にがんばってほしぃです  (゚▽゚*)♪

 

最後に佐々木明選手。

残念でした……(/△\)

もっとも期待していた選手だったんですが、

カタハンでゎ仕方ありません( ´_ゝ`)

カタハン=片足通過反則ゎ事故です。

競技をしたコトないひとにゎわからないでしょうが、

カタハンゎある種のどうしようもないたぐいの事故なんです。

でも、佐々木明選手のコメントは彼らしく、

かつ清々しいものでした(^▽^)

W杯でのリベンジに期待です(^ω^)

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

あいかわらず鬱です(;_;)

心がささくれてます。

もう、ハダからして荒んでます。

われながら救いようのない状況です。

が、

みなさまの暖かいコメントのおかげで、

「あたし、生きててもいいんだ」

とゆう気にさせてくれました。

ありがとうございますm(._.)m

いまゎあまりひとに会いたくない気分ですが、

前へ進むための推進力をいただけたように思っています。

感謝のコトバもありません(ρ_;)

| | コメント (3)

2006年2月25日 (土)

いまさらながら

荒川選手、

オメデトーございまぁーす!(≧∀≦)

やってくれましたね、金メダル!

あーもーホントにいまさらだなぁ(´・ω・`)

でも、なんど祝っても良いコトですょね (゚▽゚*)♪

実ゎいまだに観てなぃのです(ρ_;)

なので、コメントしようにもなんとも…。

今夜リピート放送があるらしいので、

リベンジを果たさんと、

虎視眈々とねらっております(ΦωΦ)

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

実ゎ最近、鬱なんです。

個人的にものスゴくショッキングなコトがありまして…。

感情が複雑に絡み合って、

なんとも形容しがたぃ心持ちです。

なんとか立ち直ろうと努力をしてるんですが、

ふ、と頭をよぎってしまうんです。

そうなるともう、悪い方向へひた走っちゃいます。

奈落の底に真っ逆さまー……_| ̄|○

ヒドく弱ってます……(ρ_;)

| | コメント (6)

しくじったぁー!(;□;|||)

最近早寝早起きをしてたんですが、

ちょっとむちゃした感が…( ´_ゝ`)

9時に寝て0時に起き、

トリノオリンピックを観始めました。

朝のフィギュアを心待ちにしつつ、

ブログのコメントを返したりしてました。

エアリアルを観ていたトコロまでゎ覚えているんですが…

気を失ってました(;□;|||)

気がつきゃ8時ですょ/( ̄ロ ̄;)\

コメント返せてないゎフィギュアゎ見逃すゎ約束の時間に間に合わないゎ

もう、さんざんです(ρ_;)

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

で、行って来たのが

角川映画大映撮影所です。

じゃーん(‘▽‘)



食堂の前に飾ってありました。

人間大の『ガメラ』です(*^¬^*)

入り口にゎ『大魔人』

スタジオの壁面にゎ『妖怪大戦争』

妖怪達の絵。

門の柵にゎ『眠り狂四朗』の円月殺法のシルエット。

敷地内の神社ゎ『大魔神神社』でした (゚▽゚*)♪

なんだかものを創る空気とゆうか、

どこか牧歌的な雰囲気のあるいい所でした (*´∇`*)

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

帰りの電車でのこと。

夕刊にゎ

『荒川金メダル!』

の文字。

キタ───────(゜∀゜)───────!!

ヤタ───────(≧∀≦)───────!!

見逃した…(;Д;)

その夕刊を読んでいたおじさま、

あたしにその夕刊をくれました。

ありがとうございました(^▽^)

それにしても、そんなに物欲しそうな顔してたのかしら(?_?)

| | コメント (2)

2006年2月23日 (木)

このところ

トリノオリンピックの記事をいっさい書ぃてませんが、

かといって観てなぃワケでも、興味が薄いワケでもなぃんです。

毎日早寝(0時前)早起き(3時くらい)して観てますょ(^-^)

あいかわらずのジャンキーっぷりです (*´∇`*)

でゎなぜかとゆうと、

別に理由ゎないんですょヽ(°▽、°)ノ

女子フィギュアについても書きたいし。

でも、なにげに最近忙しかったんですょねぇ。

あと観ることに熱中してしまってたし。

それから、最近なんだか似たようなことばかり書いてるなぁ

とおもったんですょ。

いろんなことを書きたくて、何かにかたよって書くのゎ

本意でゎないので…。

(とゎいえ、興味あることなんでかたよるんですが(ー∇ー;))

一番大きいのゎ、

 

   『なぜ日本ゎメダルを獲れないのか』

 

を書いたことですかね。

ずっと自分の中にくすぶっていたコトで、

一人でも多くの人に知ってもらぃたかったコトだったんですょ。

(実ゎまだ語り尽くせてなぃんですが( ´_ゝ`)

長くなるんでひかえました)

それを吐き出すことができて、

若干燃え尽きた感があるんですょねヽ(´ー`)ノ

(あれ、結構理由があるなぁ(?_?))

一人でも多くの人に読んでもらいたくて、

あえて書かなぃとゆうのもあるかもしれないです。

ま、

でも、

そのうち書きたくなって勝手に書き出すと思われます(*^¬^*)

あ、せっかくなので、

アルペンスキー(滑降、スーパー大回転、大回転、回転)

って、早そうな人が遅かったり、

たいして攻めてなさそうなのに早かったりしますょね(?_?)

その違いってなじみのなぃ人にゎわかりにくぃと思ぃます。

そこで簡単な見分け方をひとつ。

ターンの時に板から雪煙があがりますょね。

それが多いときゎそれだけ減速してるとゆうこと。

少ないときゎスピードを殺さずターンができた証なんです。

あとゎ緩斜面の手前でいかにスピードに乗ってこれるかですね。

さっそくトリノオリンピックネタを書いちゃいました(^ω^)

サテ、あしたゎなにをかこうかな (゚▽゚*)♪

| | コメント (2)

2006年2月22日 (水)

今日は銀座で

鉄板焼きo(≧ω≦)o

今日は銀座で

おいしかったぁ〜ヽ(´▽`)ノ

もちろん、スポンサー付きです(^ω^)

| | コメント (4)

2006年2月21日 (火)

ゆうべのこと

寝ていたら、

ふ、と意識が戻って来た。

まだ夜中だとゆうことゎ、目を開けずともわかった。

あたしゎ不眠症のけがあるので、寝てる時に目が覚めた時ゎ

極力目を開けなぃようにしているんです。

 

窓を背にして横向きに寝ている。

外ゎとても静か。

窓の方から音が聞こえてくる。

車が走って行った。

静かだからよく聞こえる。

遠くで猫が鳴いている。

少し長めの鳴き声だ。

 

また鳴いた。

さっきより少し近い。

あかちゃんのようにも聞こえる。

なんだか少し、気味が悪い。

 

また鳴いた。

さらに近づいた。

猫の鳴き声ともあかちゃんの声とも違うようだ。

そこはかとなく怖い。

 

また鳴いた。

窓の外のあたりまで来た。

怖い。

得体が知れない。

いやだ。

なにかいやだ。

心臓が早鐘を打つ。

目を開け振り向く勇気がわかない。

 

——これはなにか違うものだ。

 

頭が否定する。

あたしは霊感がない。

そんな経験は未だかつてない。

しかし。

本能が忠告する。

自分の世界の常識が通じるものではない。

やりすごせ。

やりすごすんだ。

背中に冷たい汗が浮く。

 

また鳴いた。

 

——部屋の中で。

 

頭の後ろ、ベッドのへりにいる。

間違いなく、なにかいる。

金縛りになった。

恐怖は限界を超える。

 

助けて。

 

声が出ない。

頭の後ろでベッドのへりをたたく音。

扇風機の羽ををベッドのへりに当てたように、

連続して

 

ぼんぼんぼんぼんぼんぼんぼんぼん

 

と音がする。

音に合わせた振動が恐怖を運んでくる。

なにをしているんだ。

 

助けて。

助けて。

助けて。

助けて。

 

動けない。

声が出ない。

後ろの存在は、あたしの理解を超えている。

ハウリングポイントはとうに超え、

理性は虚空へ消えてった。

 

——助けて。

 

音が止まった。

金縛りが解ける。

堪えていたものが吹き出そうとすると、

 

頭を。

 

何かが後頭部を押さえた。

手か?

押さえられてるあたりがジンジンとしびれる。

なにかのエネルギー体のようなもを押さえつけられているようだ。

動けない。

金縛りは解けた。

恐怖で動けない。

やりすごせ。

やりすごすんだ。

なにかが寄ってくる。

気配でわかる。

その動きは迷いが、ない。

なにをするか、考えながらの動きではない。

体中のあらゆる器官が警告を発する。

 

——逃げられない。

 

やりすごすことはできない。

意を決し、頭を押さえつけているものをつかむ。

うでか?

振り向けども何もいない。

しかし、右手は何かを間違いなくつかんでいる。

その右手を何かがつかむ。

見えない何かが右手を引きはがそうとする。

強い力だ。

それを左手で必死で払いのける。

何かが寄ってくる。

それを左手で制する。

何かに触れる。

見えないが。

 

顔。

 

顔だ。

それがあたしにのしかかってくる。

顔がある。

得体の知れない何かが。

顔が。

左手でその首を押さえる。

のしかかってくる。

何かが。

そうか!

 

パチリ。

目を開ける。

夜。

体は窓を背にして横向きに寝ている。

何かにのしかかられたところで夢だと気づき、無理矢理覚醒した。

びっしょりと汗をかいている。

恐る恐る後頭部に手をやる。

何もない。

当然だがほっとした。

それを確認してから振り向く。

何もいない。

月が出ていた。

体を戻し、再び寝ることにした。

 

あたしは夢をみていたのでした。

しかし、あの体験は強烈なリアリティをともなって、

あたしの中に残っています。

 

えと、

  「夢オチかょ!」

とか

  「夢だったのあとなにもなしかょ!」

とかゎ言わないでくださぃね。

これ、小説でもなんでもないんですょ。

本当に見た夢んなんです( ´_ゝ`)

ものすごく怖かったんで、書いてみました(ー∇ー;)

| | コメント (2)

2006年2月20日 (月)

ただいまぁー(^○^)

スキーにいってきました♪ゝ(▽`*ゝ)(ノ*´▽)ノ♪

某県某市の市民スキーツアーに参加しました。

ひごろのおこないがよかったせぃか(笑)

連日ピーカン(*^¬^*)

おかげで日焼けしちゃいました(ー∇ー;)

今シーズン初滑りでなんどもころんじゃいましたが、

たぁのしかったぁヽ(´▽`)ノ

しかし、そのツケが…。

カラダ中が筋肉痛で、階段の上り下りで悲鳴!

HONDAのアシモのほうが、

よっぽど動きがスムーズです(´Д`)

| | コメント (3)

2006年2月17日 (金)

なぜ日本ゎメダルを獲れなぃのか

いまだメダルが取れなぃ日本。

それに対し、どの種目でもまんべんなく強さを発揮するアメリカ。

その違いゎどこにあるんでしょぉか。

よくいわれてることとして、

 

  『体格の差』

  『身体能力の差』

 

とゆうものがあります。

しかし、

スピードスケートの清水選手ゎ背が低くとも無類の強さを誇っていました。

柔道でゎ筋力でかなわずともひけをとることゎありません。

たしかに有利不利ゎあるでしょぉが、決定的な理由でゎないようです。

でゎ、なぜここまで差が出るのでしょぉか。

下に少々古いですが、とある表があります。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

シドニーオリンピックにおける国別メダル獲得数と人口、GDPの関係

a.メダル数
b.金メダル数
c.人口(万人)
d.GDP(億ドル)
e.一人あたりのGDP(ドル)
f.メダル1個あたりの人口(万人)
g. メダル1個あたりのGDP(億ドル)

         a    b      c          d          e          f        g
1.アメリカ    97 39  27,836 92,992 33,407    287   959
2.ロシア     88 32  14,693   1,846  1,256    167     21
3.中国      59 28 127,756  9,912   776 2,165   168
4.オーストラリア 58 16   1,889   3,940 20,858   33     68
5.ドイツ     57 14   8,222 21,119 25,686    144    371
6.フランス    38 13   5,908 14,319 24,237    155    377
7.イタリア    34 13   5,730 11,710 20,436    169    344
8.キューバ    29 11   1,120   160  1,429    39       6
9.英国      28 11   5,883 14,419 24,510     210   515
10.韓国      28  8   4,684   4,069  8,687     167   145
11.ルーマニア   26 11   2,233  340  1,523    86     13
12.オランダ    25 12   1,579  3,937 24,934    63   157
13.ウクライナ   23  3   5,046   497  985     219     22
14.日本      18  5  12,671 45,219 35,687    704 2,512
15.ハンガリー   17  8   1,004   474  4,721    59     28
                    (金子達仁著 『彼らの神』より)

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

この表を見て気づくコト。

 

  『人口の多い国』

  『経済的に豊かな国』

 

にメダルが集まっているコト。

才能とゆうものゎ、そうポンポンと出てくるものでゎありません。

人口の多さゎ、その確率を高めてくれます。

豊かな国ゎ、経済的な支援が期待できるでしょう。

でゎ、世界屈指の豊かさを誇り、

1億を超える人口を抱える、

大国と云っても差し支えなぃハズの日本。

ならば、メダルラッシュになってもおかしくなぃハズですが、

実際にゎベスト10にも入れてません。

メダル一つあたりのコストが飛び抜けて高く

効率の悪さが目立ちます。

なぜこうもふるわなぃのでしょうか。

極端な言い方をすれば、

 

 日本においてスポーツゎ文化でゎなく、

 体育なのである。

 

とゆうことでゎなぃでしょうか。

日本でスポーツをするのゎ安易なことでゎありません。

社会人であれば、まず仕事が優先されます。

練習をするのゎ事後とが終わったあと。

スポーツのために休みをもらおうものなら白い目で見られます。

会社の支援ゎ期待できません。

スピードスケートの及川選手ゎごくごくまれな例でしょう。

選手やチームを支援するのも、見返りがあってこそ。

思ったような利益が出なければ、あっさり手を引きます。

 

スペインにゎFCバルセロナとゆうサッカーチームがあります。

FCバルセロナのユニフォームにゎスポンサーのロゴが入ってません。

でゎスポンサーがついてなぃのかと云えば、

そんなことはなぃのです。

それでもなぜ、企業ゎスポンサードするのかと云えば、

それゎ誇りです。

チームを支援する喜びなんです。

スポーツが文化として根付いている欧米でゎ

珍しい感覚でゎありませんが、

日本でゎ考えにくぃことです。

それだけ日本でゎスポーツの地位が低いんです。

 

それゎインフラの充実度をみてもわかります。

スポーツ施設の乏しさゎ、スポーツをしている人なら

肌で感じているコトでゎないでしょうか。

1施設あたりの行儀人口密度ゎ世界有数です。

そして、施設の貧弱さもあげられます。

日本のトップアスリートゎ大抵海外でキャンプをはります。

国内の施設でゎ物足りないからに他なりません。

こんな、スポーツをするのに適さなぃ環境でゎ

競技人口だって伸び悩んでしまします。

 

競技人口がのびないのゎ他にも理由があります。

アスリートのセカンドライフです。

日本におけるメジャースポーツで名を成した選手なら

指導者や解説者など、将来が開けています。

しかし、マイナースポーツや、

大成しなかった選手のセカンドライフゎシビアなものです。

マイナースポーツでゎ国の支援も薄く、予算がない。

指導者だけでゎ生活できない。

大成しなかった選手ゎ、選手としての経験を生かした

仕事に就けることなど、そうゎありません。

完全なリスタートをしいられるワケです。

つまり、アスリートを目指すことゎ

かなりのリスクをともなうワケです。

セカンドライフの受け皿がなぃとゆうコトも、

文化として根付いてなぃコトの現れでゎないでしょうか。

 

メディアについてもそうです。

報道されるスポーツゎごくわずか。

オリンピックなどの大きな大会でもない限り、

報道される機会など、皆無に等しぃワケです。

報道されなければ、企業としてゎスポンサードするうまみがなく、

一般の人たちの関心を引くこともなぃんです。

それでもメディアゎあおります。

 

さもメダルが獲れそうなコトを言って、

無理矢理視聴者に期待感を持たせ、

選手に過度のプレッシャーをかける。

手弁当でがんばってる日本のアスリートたちが、

国の支援を受け、近代的な施設で科学的なトレーニングをこなす

諸外国にかなうワケがありません。

当然のごとくメダルにゎ手が届きません。

視聴者は、

 

  「なぁんだ。ぜんぜんダメじゃん」

  「応援しがいがなぃなぁ」

 

と失望します。

 

 普段ゎ見向きもしてくれなぃクセに、

 なんの支援もしてくれなぃクセに、

 大きな大会のたびにアスリートたちにあぁだこぉだと文句を付ける。

 それでも笑顔で「すみません」と頭を下げるアスリートたち。

 

あたしゎ、そんなアスリートたちが不憫でなりません。

 

応援こそすれ、文句を言う資格などなぃのです。

 

メダルが獲れないのゎ獲れない環境にあるから。

メダルが獲れたのゎ選手のがんばり。

 

選手の健闘を、畏敬の念を持って讃えてあげましょう。

 

日本がメダルをとれなぃ理由の一端を

端的に書いてみました。

(もちろん、すべての競技がそうとゎ限らないですが)

日本でゎいかにスポーツが文化として根付いてなぃか、

そしてなぜメダルがとれなぃかが、

少しでもおわかりいただけら幸いです。

 

この状況を憂い、変えたいと思ってくれたかたへ。

むつかしいことをしなくても変えていけると思います。

まずゎスポーツを始めてみてください。

どんなスポーツでもかまいません。

趣味の範囲で十分です。

競技人口が増えれば、自然とインフラも整備されるハズです。

支援することゎもっと簡単です。

サッカーくじの『toto』を買いましょう。

『toto』ゎスポーツ振興をしています。

しかし、売り上げが伸びず最近ゎ赤字続きです。

良かったら協力してあげてください。

 

あたしゎ無知なにわかです。

この記事の内容も、大半ゎ

金子達仁著、『彼らの神』の受け売りです。

彼らの神 Book 彼らの神

著者:金子 達仁
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

そんなあたしが言うのゎおこがましぃんですが、

日本にスポーツが文化として根付いてくれたら、

あたしゎしあわせです(^ω^)

| | コメント (11)

2006年2月16日 (木)

ゴドーを待ちながら

またしても。

またしてもですょ。

 

スピードスケート女子500m

岡崎選手、あと一歩でした。

しかし、その一歩のなんと遠きことよ…(/△\)

風邪でコンディションが不十分な中、

よくがんばったと思います。

そのみかえり、

メダルが得られなかったのゎ、

残念とゆうか、獲らせてあげたかった( ´_ゝ`)

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

女子カーリング

初勝利! オメデトー!ヾ(´▽`*)ゝ♪

アメリカに勝ちました!

試合を観てないので内容ゎわかりませんが…(ー∇ー;)

でも、カーリングってオモシロぃですょね(^▽^)

観てるとやってみたくなりませんか(?_?)

あたしゎスゴくやってみたくなりますo(≧ω≦)o

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

メダルが遠い日本。

なぜ日本ゎメダルがとれないのか。

メダルラッシュの国との違いゎなにか。

あしたゎそのへんを考察してみようと思います。

 

ゴドーは来ませんねぇ。

ウラジーミルもエストラゴンもしびれを切らしてます。

ゴドーを待ちながら。

ゴドー(メダル)を待ちながら、

来ることを信じて

また明日も日本を応援するのです(-_-)

| | コメント (7)

2006年2月14日 (火)

まだかねぇ…

日本、またしてもメダルに手が届かず(×△×)

スピードスケート男子500m、

あと一歩だったんですけどねぇ(´Д`)

清水選手もふるいませんでした。

今大会、キビシぃ結果になることゎ予測済みでした。

今のトコロ予想通りなんですが、

予想通りこられるとゎ思いませんでした( ̄ω ̄;)

ちなみに、金メダルの獲得数の予想ゎ、

0ないし、とれても1個。

どうか予想通りになりませんよう…(/△\)

| | コメント (8)

いよいよ!

こんやゎいよいよ清水宏保が登場ですね(≧∀≦)

腰を故障してからゎ調子があがらない清水選手。

腰痛ゎスタートダッシュとゆう最大の武器を奪いさりました。

それでも調整をかさね、

なんとかコンディションを合わせ込んで来た。

メンタリティは天下一品超一級品。

清水選手の戦いぶりに注目です(^-^)

ちなみに、あたしの知り合いに

清水宏
とゆうひとがいます。

『宏保』でゎなく、『宏』です(^ω^)

知ってる人ゎいるかしら(?_?)

続きゎまたあした・゜・(つД`)・゜・

Adios,Hasta manana.

!Ciao!

| | コメント (1)

2006年2月13日 (月)

おまちかね!

アルペンスキーがはじまりました (゚▽゚*)♪

あたしにとって冬期オリンピックといぇば、

やっぱりアルペンスキーなんです。

あたし自身、競技スキーをやっているだけに、

自然と思い入れゎ深くなります。

特にスキなのゎスラローム

あたしの得意な種目です(^▽^)

観ていて参考になるだけでゎなく、

むしろ単純に観ていて楽しぃからでしょうね(^-^)

今日ゎ男子ダウンヒル

技術系のスラロームとゎ対極の、

スピード系の種目ですが、

見た目がハデでオモシロぃですょね(*^¬^*)

注目してたのゎ、

   ヘルマン・マイヤー、

   チェティル・アンドレ・オーモット、

   ボディ・ミラー

   ミハエル・バルヒホファー

が、金メダルゎデネリア

アルペンスキーゎ出走順位が早ければ早いほど有利です。

人が滑れば滑るほど、コースゎ溝ができ、デコボコになって

タイムが出にくくなります。

30番スタートのデネリアゎ、

まさかまさかの大逆転でした。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

日の丸飛行隊、残念でしたね(´・ω・`)

特に原田選手。

板の規定違反で失格。

これゎ不運でしたね(/△\)

ラージヒルでの巻き返しに期待です。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

このところ、毎日ものすごくいそがしぃんです。

寝る時間がまともにとれないくらいヽ(ー´_`-)ノ=3

  (昨日ゎ1時間、今日ゎ2時間…(´Д`))

ちょっとの間、

トラックバックやコメントが満足にできない

時もあると思いますが、

どうぞ、ご容赦くださいm(._.)m

| | コメント (1)

2006年2月12日 (日)

便利だぁ ヽ(´▽`)ノ

トリノ初日から終電コースです(´Д`)

そしてあしたゎ朝早い(/△\)

そんなあたしですが、強い味方がいます。

HDDDVDレコーダー!o(≧ω≦)o

録画予約ゎシンプルだし、

画質もキレイ。

そして、

録画しながら録画してるものを追いかけ再生できるヾ(´▽`*)ゝ♪

しかも1.5倍速で見られるし、

CMごとにチャプターが入るから、

CMはないにひとしぃ(*^¬^*)

貧しいなりに、一点豪華。

無理をしたかいがあった…(T▽T)

が、

250GBあるHDがいっぱいいっぱい(ー∇ー;)

は、入りきらない…_| ̄|○

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

上村選手、里谷選手、伊藤選手、予選突破オメデトー(≧∀≦)

畑中選手は残念でしたが(´・ω・`)

伊藤選手、ポテンシャルを感じさせる滑りでした。

ラフカット・ダイヤといった印象です。

今大会ゎ様子見ですね。

これからが期待です(^-^)

 

里谷選手、技術の高さを感じさせる、

ソリッドな滑りでしたね。

まずゎ手堅く、といったトコロでしょうか。

本番に強い選手だけに、

決勝での爆発が楽しみです (゚▽゚*)♪

 

上村選手、あぶなげないエアでした!

練習でミスが出てるようですが、

攻めている証拠なんでしょう。

予選での滑りゎ、里谷選手もそうでしたが

コンサバティブでしたね。

それでいてあの順位です。

いやがおうにも決勝への期待が高まりますヽ(´▽`)ノ

 

高橋大斗、残念でしたね(/△\)

コンディションが悪いなりによくやっていたんですが、

棄権ですか…。

 

たしかに、クロスカントリーは過酷ですょ。

同じ距離なら走った方が楽ですからね。

やったコトあるひとならわかると思うんですが、

あんなに簡単に前に進めるもんじゃありません。

ヨコにヨコに力が逃げて、思うように進めない。

バランスをとるのがムツカシくて、

バタバタして体力を消耗する。

クロカンの板ゎ後ろにもコケるんですょ!

コーナーでゎ、板にエッジがついてないんで、

曲がらない、曲がり方がわからない。

  「踏み替えて曲がるんだ!」

頭でわかってても、バランスを保つのが容易じゃない。

外へ外へと逃げてってしまう。

カラダのコントロールがきかないから、

ペースをコントロールできず、最後ゎ気力だけ。

ゴールと同時に倒れ込みます。

シロウトがやるとこんなありさまです(´Д`)

 

だめだ。

もぉ寝なきゃ。

女子モーグルの決勝ゎ明日観ますヽ(ー´_`-)ノ=3

| | コメント (5)

2006年2月11日 (土)

はじまった (*^¬^*)

いよいよトリノオリンピックの幕開けですねヾ(´▽`*)ゝ♪

ミーハーのあたしとしてゎ安藤美姫上村愛子

清水宏保に注目です (゚▽゚*)♪

 

ほかに、フィギュアスケートでゎ村主章枝

彼女の表現力にゎ鳥肌が立ちますね。

 

女子モーグルでゎ里谷多英

プライベートでゎ散々たたかれてますが、

それでも周囲の雑音を退け代表の座を手に入れた彼女は、

勝負強さと魂を感じます。

 

男子スラロームの佐々木明

コースの内でも外(!)でも、彼のパフォーマンスにゎ大注目ですね。

 

スキーゎアルペンもノルディックも注目してます。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

さて、話ゎまったく変わるんですが、

加護ちゃん、やっちゃいましたねぇ ┐(´-`)┌

自業自得です。

芸能人としての自覚、認識の甘さから引き起こされたことです。

まぁ、あまり興味ゎなかったんですが、

ちょっとオモシロぃものを拾ったので…(^-^)

http://wolf_2.shrine-maiden.org/cgi-bin/up/src/w2_1964.wmv

もしくゎ

http://mikitea.dyndns.ws:8080/takikawa/upload/takikawa2255.wmv

同じものです。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

最後に残念なお話。

 

ジャンルカ・トト富樫こと、富樫洋一さんが亡くなりました。 

わたしはミラニスタですが、

インテリスタでも富樫さんが大好きでした。

くだらなくてつまらないだじゃれも、

あの寒さが逆に心を温めてくれたものです。

それももう、聞くことが出来ません。

富樫さんからは、フットボールの素晴らしさ、視点、

そして何より楽しさを教えていただきました。

本当はもっと書きたいことがたくさんあるのですが、

言葉がまとまらず、

想いをうまく形に出来ません。

残念で、残念でなりません。

心より御冥福をお祈り致します。

| | コメント (7)

2006年2月10日 (金)

きょおも接骨院に行ってきました☆

腰痛の原因ゎスキーと思われます。

スキーに行ってる時のことでしたから(>_<)

初めて板をはいたのゎ、物心がつくより以前、

3歳の時です。

たまっていたんでしょぉねぇ ┐(´-`)┌

痛みをこらえて滑ったのが致命傷だったもよぉ…(´Д`)

なにぶん貧乏性なもので(ー∇ー;)

あたしのカラダは、先生曰く

 

 「全身ボロボロ」

 

だそうです…(/△\)

腰をカバーしていたため、

 

   まずゎ背中が痛くなる。

   肩が張る。

   首が固まる。

   座骨神経痛であしがダルくなる。

   肋間神経通から胸が締め付けられるように痛み、

   うずくまって動けなくなる。

 (これって、例の『持病のシャク』ってヤツですか!?)

 

首がどうにも痛くて、

 

  「首がいけないコトになってるんですが…」

 

と先生に言ったら、

 

  『いけない』っておもしろい表現ですね(笑)」

 

と笑っていたんですが、

いざさわってみると、

 

  「…これはたしかに『いけない』です」

 

即針治療になりました(;Д;)

最近ゎハムストリング(ももの裏)がパンパンで、

歩く度に痛みます(;_;)

もはや満身創痍(;□;|||)

難儀な体です…。

まめに接骨院に通い、地道に治していくしかないみたいですねヽ(ー´_`-)ノ=3

健康ゎ失って初めてその大切さに気づくもの。

みなさんもなにとぞ、御自愛ください。

あたしのようになるまえに…(;_;)

| | コメント (6)

2006年2月 9日 (木)

接骨院に行ってきました☆

最近身体がヒドぃらしぃ。

ことの始まりゎです。

やっちゃったんですねぇ、ギックリと(´Д`)

いや〜ぁ、最初はビックりしましたょ☆○(゜o゜)o

朝目が覚めて、起きようとしたら…

 

 「!? かっ、身体が動かなぃ!!!( ̄□ ̄|||)」

始めゎ金縛りかと思ったんですが、どうも様子が違う。

手足ゎ動くのです。

でも、

 

 「起き上がれない…/( ̄ロ ̄|||)\」

不安と恐怖でパニクって来て、

 

 「マズぃ、マズぃぞ…ガクガク(((゜Д゜)))ブルブル」

なんとかしようと気合いで起き上がったら、

 

 「ぎゃぁぁぁぁぁ(;□;|||)ぁぁぁぁぁぁぁ!!」

腰に激痛です(;□;|||)

この時点であたしゎ終わりました(/△\)

一生のパートナーの誕生です。

この先死ぬまで腰痛とつきあっていかないといけないんです(;_;)

夜中に腰痛で目が覚めたりするんですよ!

そうなったら最後、立っても座っても横になっても、

どんな姿勢になっても痛みゎ執拗に腰を攻めて来ます(;Д;)

その時の正直な感想。

 

 「いっそころしてくれぇ!!(;□;|||)」

コイツばっかりはやったコトあるひとしかわからないでしょうねヽ(ー´_`-)ノ=3

がんばりすぎると腰からイエローカードをもらうことがあります。

 

 「ピキり!!!( ̄□ ̄|||)」

     チョウシニノッテンジャナイヨ
     ツギヤッタラ ワカッテルヨネ
     アカ ダスヨ アカ 


 「ごっ、ごべんなざぁい…!(;Д;)」

赤(レッドカード)をもらっちゃうと、白ビル送りです(;_;)

腰は年齢、性別、体型、体力、関係ありません。

一度やったら治らないので、まだのひとゎ気をつけましょぉね\_(δ_δ*)

          明日へつづく…

| | コメント (1)

2006年2月 8日 (水)

んうぅ・゜・(つД`)・゜・

きづいてみれば、また落ちてた(´Д`)

あたし、寝るのがニガテなんです ┐(´ー`)┌

寝るのゎ大スキなんですよ。

でも、どうやら不眠症のけがあって、

眠くても眠れなかったりするんです…ヽ(ー´_`-)ノ=3

じゃぁ、寝ないのゎ楽かといえば、

それもそうはいかない。

がまんしてても、気を失っちゃうんですょ。

どうにも睡眠をコントロールできない。

時差ボケしちゃいそぉ。

まいったなぁ(/△\)

| | コメント (1)

2006年2月 7日 (火)

また雪だ☆

やっぱりうれしぃなぁ♪

むだに(‘▽‘;;)ワクワクしちゃう。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

きょうもスクーデリア・サミィの会合。

(なし崩し的に…(ー∇ー;))

いつもいがみあってる(`へ´)のに、

ギスギスギスギスしてるのに、

気づくといっしょにかたまってる(^▽^)

なんだかんだ仲がいいんだなぁ(^-^)

このメンツだけで集まってる時が、

おたがい一番リラックスできるみたい。

思ってることをつつみかくさず言いあえるんだな。

本人を前に陰口もたたける(≧∀≦)

どうやらこの先も長いつきあいになりそぉ ┐(´-`)┌

| | コメント (0)

2006年2月 5日 (日)

ざむねん…(/△\)

昨日とゎうってかわり、精彩を欠いたヒンギス。

 サーブが入らない、

 ミスが多い、

 リズムに乗れない。

時折輝きをみせるものの、

ファーストサーブが入らなかったり、

ミスによって流れが止まる。

 「うまくいかないなぁ(ー∇ー;)」

といった印象でしたね( ̄〜 ̄)

やっぱり、シャラポワ戦で燃え尽きてしまったんでしょうか(?_?)

シャラポワ戦に照準を合わせていたのは間違いないでしょう。

その大一番に勝利し、目的をなくしたため、

集中力が途切れてしまったんですかねぇ( ´_ゝ`)

対照的に、デメンティエワはキレてましたね(^ω^)

優勝にふさわしいプレイでした。

意外だったのは、ティア1初優勝だったんですね☆○(゜o゜)o

 

ヒンギスが優勝を逃したのゎ残念でしたが、

目的は達成できたんでゎないでしょうか。

負けてなお、清々しい表情でしたね(^-^)

今大会、改めてヒンギスのスゴさを再確認した思いです。

3年のブランク明けで、

しかも復帰したて。

それにもかかわらず、全豪オープンではミックスダブルスで優勝

直後のティア1の大会で、シャラポワを下して準優勝

並の選手じゃこうはいきません。

十分な休養明けでコンディションが良いのかもしれませんが、

3年も休んでて、ここまでコンディションを高めてくるのゎ

逆にむつかしぃことだと思います。

それをやってのけるヒンギスゎ、やっぱり天才なんでしょうね(^-^)

スタイル的にも、シャラポワゎスゴぃ選手だと思いますが、

ヒンギスとくらべると、やっぱり天才とゆう言葉は

当てはまらないように感じます。

 「シャラポワゎたいしたことない ┐(´-`)┌」

と言ってるワケじゃありませんよ。

あの年であれだけ完成されたテニスができるのゎ、

天才といってもさしつかえないでしょう。

ただ、恵まれた体格と、それを生かしたプレイスタイルを

努力によって確立した秀才型だと言えるのでゎないでしょうか(?_?)

シャラポワのテニスは条件(体格やパワー)がそろえば

マネできることがあると思います。

でも、ヒンギスのテニスゎマネできないんじゃないでしょうか。

いとも簡単にやってのけるんで、一見マネできそうな気にもなりますが、

それゎテレビで観てるからでしょう。

ラケットを握ってコートに立つとそうは行かないはずです。

視点からして違いますしね(^ω^)

バードビュー(俯瞰の視線)をも持ち合わせてるんでしょうね。

そんな芸当ができるヒンギスとゆうのゎ、

やっぱり不世出の選手なんでしょうね。

シャラポワとヒンギス。

どちらが優れているかとゆう問いゎ意味を持たないでしょう。

どちらも素晴らしい選手だと思いますし、

あたしはどちらも大スキです(≧∀≦)

気付いてみれば、さいきんすっかりテニスプログと化していますが、

あたしの批評はあまり気にしないでくださいね。

しょせん、

 ラケットも握ったコトないし、

 ナマで試合を観たコトないし、

 雑誌や本を読んで勉強したコトないし、

そんないないないづくしの『にわか』のたわごとなんで( ´_ゝ`)

聞き流してください。

つっこまれても引き出しがないんで答えられませんし(^ω^)

ただのテニス好きのサミィでしたm(._.)m

| | コメント (9)

2006年2月 4日 (土)

…ほぅぅ……

ため息しかでませんょ…。

ヒンギス、凄すぎます。

実はシャラポワが勝つと思ってたんですょ。

ヒンギスはまだトップフォームに戻っていないと。

それがですょ。

 

 ヒンギス 6-3 6-1

 

のストレート勝ち!

あのシャラポワが、まるで格下に見えたほど☆○(゜o゜)o

全盛期を彷彿させるような、

いや、

むしろ今の方が力強く感じさせます。

シャラポワ、苦しかったでしょうね。

まるで詰め将棋を観ているようでした。

返せども返せども打った先にはヒンギスが待ち構えている。

気がつくと追いつめられてる。

知らぬ間に自分の行動がコントロールされてる。

 これは怖いデスョ。

どこに打てばいいかわかんないし、

ヒンギスの手のひらの中でコロがされてるとゆう閉塞感。

1枚、また1枚とはがされてく自信。

第2セットのシャラポワの不安そうな表情。

この試合の印象は、

 

 女王 vs ぽっとでの若手

 

あたしはシャラポワがキライでも、

過小評価してるワケでもありません。

シャラポワは大スキな選手です。

ただ、この日のヒンギスがスゴ過ぎただけなんです。

まさしく女王の風格を漂わせていました。

いやぁ、いいゲームでした(^▽^)

 

ヒンギスについて気づいたこと。

以前にくらべてテニスを楽しんでるな、

とゆう印象があります。

以前はプレッシャーに押しつぶされ、

自分を見失い、

見ているこっちが息がつまるほどつらそうでした。

いまはなんとものびのびとプレーしてますね。

表情もあかるく、

なんだか若返ったようにも見えます。

 (まちがいなく肌年齢は若返ってる!)

この調子でデメンティエワを下して優勝!

さらには、ローランギャロスで

悲願の優勝をねらってほしいですね(^ω^)

 

追記

ミスキナ、ざんねんでした(/△\)

| | コメント (9)

キタ───────(゜∀゜)───────!!

夢のカードが実現しましたねo(≧ω≦)o

 

 シャラポワ vs ヒンギス

 

いよいよこの新旧対決が観られる!

今日はテレビにかぶりつきだな(^ω^)

| | コメント (2)

2006年2月 3日 (金)

節分☆

鬼はぁ〜外ぉ!

福はぁ〜内ぃ!

基本ですね。

でも、こんな昔話がありました。

うろ覚えなので要約して話すと、

 

 むかしむかしおじいさんとおばあさんがいました。

 その日は節分で、まわりはみんな

 鬼はぁ〜外ぉ!

 福はぁ〜内ぃ!

 とやっていました。

 これじゃ鬼はたまらない。

 逃げども逃げども豆が鬼を責め立てます。

 鬼の目にも涙(使い方がちがうなぁ)です。

 そんなさまを見ていたおじいさんとおばあさんは

 鬼がかわいそうになり、

 おうちにかくまってあげました。

 鬼はたいそう感激し、

 お礼に宝物をあげました。

 それ以来、節分が来るとおじいさんとおばあさんは、

 福はぁ〜内ぃ!

 鬼もぉ〜内ぃ!

 言うようになりました。

 めでたしめでたし。

 

…。

ほう…。

宝物をね…。

鬼が…。

…。

 

福はぁ〜内ぃ!

鬼もぉ〜内ぃ!

歳の数だけ豆をたべましょお(≧∀≦)

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

東レ パン・パシフィック・テニス

あっけなく日本勢は敗退です(;_;)

ハンチュコバも負けました(;Д;)

なんたるちあ…_| ̄|○

あとは杉山選手とのダブルスに期待します( ´_ゝ`)

と思ったら、両方負けてんじゃん(;□;|||)

それにしても杉山選手、調子が上向きませんね。

心配です…(´・ω・`)

1日も早い復調をお祈り致します。

ハンチュコバも日本勢も敗退してしまったものの、

シャラポワとヒンギスはコマを進めましたね。

個人的に楽しみなのが

 ヒンギス vs キリレンコ

ヒンギスは復帰後、

 「シャラポワとやりたい」

と言っているだけに、

このロシアの新星とどう戦うか。

ってゆうか、キリレンコがけっこうカワイイので注目(^▽^)

 

日本初登場のミスキナ。

次はリホフツェワとのロシア人対決ですね。

最近はすっかりシャラポワの影に隠れてしまった印象ですが、

伊達にグランドスラムを穫っちゃいない!

そんなトコロが見たいですね。

それにしても、なんだかロシア人だらけだなぁ。

クルニコワはどうしてるんだろうか…。

引退してエキシビジョン・マッチなど、

ドサ回りをして細々と暮らしてるんだとか。

 「現役復帰はないことはない」

と言っているらしいんですが、

元祖ロシアの妖精のその後を知っている方、

良かったら教えてくださいm(._.)m

| | コメント (6)

2006年2月 2日 (木)

フラストレーション

観て来ましたょ、

 

 『THE 有頂天ホテル』

 

感想とゆうか、なんとゆうか…。

あの、キレていいですか?

 もうサアイアク!!

作品が、とゆうことではないんですよ。

環境がサイアクなんです!

確かに夕べ思い立ったことなんで、出遅れた感はいなめません。

チケットを買う時には既に立ち見の札が。

「どうしたものか」と思っていたんですが、

なんとか席は確保出来たので観ることにしました。

席は前から3列目。しかも一番隅っこ。

ナナメからみたスクリーンは観にくいことこの上ない。

それはしかたないでしょう。出遅れた自分が悪いんです。

座れただけめっけモンです。

でもね…

最低限のマナーってもんがあるでしょう(`へ´)

 

 上映中にしゃべくるバカップル。

 

 はしゃいで歩き回るおこちゃま。

 

 仕舞には地震のおまけ付き。

 

おこちゃまに関しては仕方ないこともあるかもしれません。

善悪の区別がついてないだけかもしれないですしね。

問題なのは、一緒に観てる親!

親なら子供のしつけくらいちゃんとなさいな。

映画に集中出来たモンじゃありゃしないヽ(ー´_`-)ノ=3

何度途中で席を立とうと思ったことか…。

でも、善良な観客に迷惑をかけるわけにはいかないし、

なけなしのお金ももったいない。

結局最後まで我慢して観たんですが、

本編が終わり、クレジットが流れると、

次々と席を立つ人、人、人。

「あたしはまだ観てるのに!」

そんなあたしの前をまたいで平然と通り過ぎて行く。

もう、

 「金かえせー!!(;Д;)」

と、心の中で叫んだとさ。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

ここいらへんのことは、映画を観に行くリスクですよね。

観客とシンクロした時は、独りで観るよりよっぽど楽しいです。

でも今日みたいな時は、

せっかくの大スクリーンも音響効果も台無し。

あたしはいいトコ悪いトコ含めて

 「映画は映画館で観るもの」

と考えています。

が、

こんなありさまじゃ、その考えも揺らいじゃいます。

なんだかなぁヽ(ー´_`-)ノ=3  

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

それはさておき、感想です。

ストーリーは有って無きに等しい。

シチュエーションの面白さで展開して行く、

善くも悪くも三谷幸喜らしい作品でした。

『王様のレストラン』

を思い出しました。

 

王様のレストラン DVD-BOX La Belle Equipe DVD 王様のレストラン DVD-BOX La Belle Equipe

販売元:ポニーキャニオン
発売日:2003/09/03
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

王様のレストラン DVD-BOX La Belle Equipe 王様のレストラン DVD-BOX La Belle Equipe

販売元:ポニーキャニオン
発売日:2003/09/03
Amazon.co.jpで詳細を確認する

やっぱり舞台くさいんですよねヽ(´ー`)ノ

それが悪いと云ってるワケじゃないですよ。

おもしろけりゃ文句はありません。

実際おもしろかったし。

登場人物が盛りだくさんで、

しかもキャラが立ってて、

最後には広げた風呂敷をちゃんとたたんでる。

そのへんの構成は素晴らしいですね(^ω^)

感嘆させられます。

まぁそのぶん長いんですけど。

出演者も芸達者なひとが多いですね。

それだけで観ていてあきません。

それから特筆したいのはディテール

役者の技もあるんでしょうけど、

そのへんが実に丁寧で、作品の世界に引き込まれてしまいます。

もっとも、シチュエーション主体の作品なんで、

そこがイイカゲンだったら観られたモンじゃないんでしょうが…。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

サテ、この映画の『サミィの評価』は、悩んだんですが

 

 

  70pts

 

 

なぜ悩んだかとゆうと、

なにせ観た環境が環境だったんで、

そのあたりで冷静な評価がくだせなかったんです。

実はもっと低かったんですが、考慮した上でもうちょっと高くしました。

なので、ホントはもっと低いかもしれないし、

逆に高いかもしれません。

「テレビで観ても問題なさそうだなぁ」

とも思ったんで。

映画館で観ることにこだわりあるあたしとしては、

それでも観に行きますけどね。

結論としては、環境に影響され、冷静に観られなかったことが残念だし、

作品に対しても失礼だったな、と思いました。

どうか次は環境に恵まれますように…(;_;)

| | コメント (8) | トラックバック (14)

2006年2月 1日 (水)

行くぜ!

あしたは映画の日

行ってきますよぉ。

もう観るものは決まってるんです。

 

『THE 有頂天ホテル』

 

を観に行って来ます♪

あしたはこの感想を書きぁます(^ω^)

| | コメント (1)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »